★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎

p66p.jpgp67p.jpg人生捨てる神あれば、拾う神あり。失恋のショックと激しい嘔吐感で胸を痛めるオレに石川県に住む大学生から東京に行くので会いませんかとメールが届いたのだ。

迎えた当日、待ち合わせ場所の日本橋。約束より早く着いてしまったので、高島屋の前を行ったり来たりしていると彼女からメールが来た。
《今、日本橋に着きました。どこに行けばいいですか?あたし黄色いジャケットきてるんでわかりやすいと思うんですけど…》
いよいよときが来た返信する手が震えたのは寒さのせいだけじゃない。
《高島屋の入口にいます!》
送信後は、じっとしていられず軽いシャドーボクシング。ああ待ちきれない!と、そのとき黄色いジャケットが信号の前で止まっているのが見えた。もしやあれが里美か?お酒落な服装を想像していたが、ちょっと場違いなほどの蛍光色である。しかも遠目には、理想の美人像にほど遠い容姿に見える。とっさにオレは危険な気配を動物的勘でかぎとり、高島屋前を離れて通行人を装った。
さりげなく信号のほうに向かって歩いてみると、黄色いジャケットはとんでもないブスだった。信号が青になる。黄色ジャケットが近づいてくる。頭の中で危険信号がともる。しかし、まだ里美かどうかわからないぞ。

人違いかもしれないし。少しの間パニックになっていると、黄色いジャケットがどんどん近づいてきた。顔がよく見えるが、もう見たくなかった。どうしようか。声をかけるか、逃げるか。つまりは社会人として約束を守るか、本能に従うかの選択である。迷った末、投げやりな気分で声をかけてみた。「里美さんですか?」「あ、はい」

オレは女の子の容姿を説明するために、似ている有名人を引き合いに出してきた。しかし、今回だけはどだい無理な話だ。この顔を似た有名人など探しようがない。とにかく
ブスはブスで十分だろうし、ブスに形容詞は必要ない。ただ、網目のパンストだけには目と心を奪われた。ムチムチした太ももが素晴らしい。その辺はオレの好みに合わせ
てくれたようである。「何か東京でやりたいこととかある?」「う〜ん、特に」
何もやりたいことがないようなので、思い切って「オレは温泉ランドに行きたいんやけど」と、他の女の子には頼めない願望を口にした。「温泉ランド…ですか」
戸惑っている。やはりいきなり一緒に風呂に入るのは強引すぎたか。
「温泉ランドが嫌なら、何か希望はないの?何も提案できないようなら温泉に行こうや」

「そんなこと言われても……」
失言だったかもしれない。里美が悲しそうな顔をする。心が痛んだが、残念ながらその顔もブサイクだった。しびれをきらしスターバックスを出たオレたちは、駅に向かった。飯でも食って早く帰ろうという魂胆だ。いつもは積極的にタクシーを使うオレだが、ブスには地下鉄でよかろう。と、自分の考えに納得したまでは良かったが、並んで歩くだけで恥ずかしいことに気づいた。もっと清楚な服装だったらいいのに、なんでそんなに目立つ色のジャケットを着ているんだ!

会社の人や友達にこのツーショットを見られたら、なんて説明したらいいんだ。駅に到着し、地下鉄に乗るとさらに恥ずかしさが増した。しかも里美はミニスカート。オレが彼女のカラダを求めて必死に頑張っていると誤解されてるんじゃないか。ああ、こんなことならタクシーに乗ればよかった。数十分後、月島のもんじゃ焼き屋に到着。もんじゃを作っていれば、顔を見なくてもよいとの判断だ。「この店、ブラッド・ピットも来るぐらい有名らしいよ」

「そうなんですか。確かに有名人の写真が飾ってありますね」

「いつも何して遊んでいるの?やっぱり飲みに行ったりしてんの?」

「行きますね。でも私、お酒飲めないですから、いつも車の運転手みたいになってます」オレも病み上がりで酒を飲まなかったし、里美も飲まなかった。アルコールが入ればまた違った展開になっていたのかもしれない。帰り道、「せっかくだからもう一軒行こうよ」と誘うオレの申し出を里美は断った。友達の家に忘れ物をしたというのがその理由だが、オレの態度に問題があるのは明らかだった。里美はその容姿に見合わず繊細な人なのかもしれない。地下鉄の駅まで見送った後、しばしオレは落ち込んだ。せっかく会いにきてくれたのに悪いことをしたという気持ちももちろんある。

が同時に、なぜ休日返上で仕事ばかりしているこのオレが、せっかくの休みにブスに会わなければならないのだという思いのほうが強かった。事実、こうして夜の街を見渡しても、里美よりブサイクな人は見当たらない。なぜに神様はあんなクリーチャーを創造されたのだろうか。しかし、そうはいってもオレも里美も生まれたからには頑張って生きるしか術がない。それが人生だし、まあ、そのうちお互いいいこともあるだろう。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ