★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
bb099.jpgbb070_20200424090334fc3.jpgc075.jpg
俺の勤める会社に26才の派遣社員、樋口さんがやってきた。しょこたん系のアイドル顔、犯罪的にデカい乳。性格も何だかフニャフニャして、可愛らしいことこの上ない。
当然のように、職場の男どもは浮き足だった。用もないのに彼女の周りをうろつく者。連絡先を交換する者。食事に誘う者。しかし、俺は動けなかった。恋愛スキルの乏しい非イケメンが、あんな上玉を落とせるハズがない。所詮、自分には関係ないこととあきらめていた。あいさつすらロクに交わしたことがないほどだ。やっぱりこの声、樋口さんだとんでもない事実を知のは、つい2カ月ほど前のことだ。アダルト系ライブチャットのトップ画面、ずらりと並ぶ〝待機中〞の女の画像のなかに、樋口さんそっくりなチャットレディがいたのだ。すぐに画像をクリックして部屋を覗くと(この段階ではまだチャットは始まらない)、ウェブカメラに映されたその女は、ますます樋口さんに似ていた。ミニスカートに、胸の谷間がモロだしになったシャツという出で立ちは、日ごろのスーツ姿とはだいぶ印象が違うが、やはり顔は瓜二つ。まさか本人・・・。半信半疑のまま2ショットボタンを押し、キーボードを叩く。〈どうもこんばんは〜〉正体がばれないよう、こちらからの発信は文字のみで、音声や映像はカットした。ただし彼女の声はマイクを通して聞こえるようになっている。
「こんばんはー」うわっ、やっぱりこの声、樋口さんだ。〈かわいいねぇー〉
「ありがとうー」 挑発するように谷間を見せつけ、ニコリと笑う彼女。なんてこったい。
〈アダルトだし、当然、脱ぎはあるんだよね?〉
ドキドキしながら尋ねたら、あっけらかんとした答えが返ってきた。
〈即オナもOKだよ〜。指示だしてくれる?〉
即オナだと!?オマエそんな淫らな女だったのか!!
〈じゃ、裸になってクリトリスいじって〉
「はーい」 PC画面の向こうで、秘密のベールに隠されていた女体がお目見えした。やや垂れ気味だが弾力のありそうな巨乳、白い肌に張りつく濃いアンダーヘア。なんてエロいんだ。先輩社員に視姦されてるとも知らず、樋口さんは頬を赤らめてパンティーの中をいじりはじめた。
「う、あん、あん」〈今度は四つんばいになってアソコに指を入れて〉
「はい。あ、気持ちいい…」
〈もっと激しく〉
「あ、そんなにしたらもうイっちゃう。あ、あ」
こんなことがあっていいのだろうか。樋口さん、あなた、超清楚なお嬢さんだと思って
たんですけど。今晩も俺にオナニー見せつけるくせに同僚にバラしてしまいたい気分は山々だったが、そんなことをすればいずれ彼女は退社し、チャットも辞めてしまうだろう。こっそり一人で楽しみ続けるほうがはるかに賢いに決まってる。職場での樋口さんは、あいかわらず人なつっこい笑顔を振りまいていた。おそらく同僚の誰もが、ブラウスの下の裸体を妄想していることだろう。
―妄想でなく、ホンモノの裸を知っているのは俺だけ―俺は会社でも勃起しそうなほどだった。樋口さんは数日おきにチャットに現われた。時間はいつも深夜だ。〈今日はローター使って〉
「うん、ああ、スゴイ!ヤバイよこれ。もうイっちゃいそう。イク!イク!」
ボーナスもない派遣社員、アルバイトに精を出すのもムリはないが、こんな大手サイトで働くなんて脇が甘いと言うしかない。職場で何食わぬ態度の彼女を遠くで見つめながら、俺は毎日ほくそ笑だ。
(マジメぶりやがって。どうせ今晩も俺にオナニー見せつけるくせに)
特に会社の男どもにチヤホヤされる光景を見た後などは、いっそう興奮が増した。
「樋口さん、お花習ってるんだって?」
「もう2年ほど続いてます」「そういうの似合うよなあ」そんな女が、夜になると、
〈両手でマンコを開いて見せて〉「あん、恥ずかしい」
〈何にもしてないのにもう濡れてるじゃん。清楚な顔して変態だね〉
「うん、私、ド変態だもん」〈じゃ、はやくバイブ突っ込んで〉
「あ、あ、こんなに激しく出し入れしたら壊れちゃう〜」
ああ、バラしたくてそわそわする。驚くべきは、いまだに樋口さんが会社の誰にも気づかれずにチャットレディを続けていることだ。二人になる機会があれば、「見たよ」と脅してみたいものだが、なかなか勇気が湧かない。
女性はやっぱり大きなペニスに興奮、巨チン写メ作戦で会社の後輩OLが抱けた話
スカイプやライブチャットを使って相手女性にいきなりチンコを見せつける「チン凸(とつ)」に性的興奮を覚えるオトコである。
だが、それはあくまでプライベートでの話であって、仕事ではチン見せの話は一切持ち出さず、あくまで面倒見のよい上司として部下や女性の前では振舞っている。そんな会社での平穏な日々に大きな変化が訪れたのは、いまから3カ月前、社内の送別会の2次会がきっかけだった。その日は、長年辛苦を共にしてきた同期が社を去ることもあり、俺は一次会から勢いよく酒を煽っていた。迎えた2次会は、同じ部署の5人で飲み直すことになった。メンバーは俺に加えて部下の男、残りは同じ部署の20代女子3人だ。かなり酔っていた俺は、席に着くや女子たちにこう言い放った。
「お前ら、みんな彼氏いるんだよなあ? だったら毎日ヤりまくってんだろ?」
いつもとは違う話題を振る俺に対し「またまたあ〜」と楽しそうに3人がごまかす。きっと、俺はこれに気をよくしたのだろう。店から渡されたおしぼりを受け取り、さらにこう続けた。
「じゃあ、彼氏のこんなチンコを毎日咥えてるんだろう?」
 おしぼりを持って軽くしごく仕草を見せると、3人のなかでもっとも若い24才の女子社員が楽しそうにこう返してきた。
「えーそんなにないですって! ていうか、課長はそれが普通だと思ってるんですか?」
「なに?お前の彼氏のマックスはこのおしぼり以下ってことか?」
「そんなの当たり前じゃないですか〜!ていうかそんなにおっきい人いないですっ
て!」
彼女は俺が持っていたおしぼりを手に取り「たぶんこれくらいかなあ?」と、おしぼりの7割くらいの長さのところに手をあわせた。なんだコイツ、ノリノリじゃないか!
「そんなんじゃ、満足できないだろう?俺のはこのおしぼりより一回り大きいけどな」
「え〜?それだとたぶん入らないですよ私!」ノリノリの彼女を前に、俺は2次会中のほとんどをチンコトークに費やした。そしてその晩。なにをトチ狂ったのか、気持ちよさそうに酔っ払った俺は布団の中で携帯を開き、ストックしていたチン写メをその日もっともノリノリだった彼女に送りつけたのだった。
︿さっき言ってた写真ね。大きさ、嘘じゃないでしょ?﹀
だが、その晩彼女から返信はなかった。酒の勢いというにはあまりにもリスクの高い行動をしでかしてしまった。とてつもない後悔の念が俺を襲う。
月曜日、背筋が凍る思いをして出社したその日は、運悪く会議室で例の彼女と2人で業務報告の打ち合わせをすることになっていた。チン写メの話題は出ずに穏便に済ませたいところだが。一通りの話を終え、会議室を出ようとしたところで、彼女が俺を呼び止めた。
「課長、あの写メ、ウケました!」
「見たの?」
「あれ、ホントに課長のなんですか?」
まさか、向こうから話題を振ってくるとは。
「ホントだよ。なんならいま確かめてみるか?」
「ホントですか?」
冗談のつもりで言ってみた台詞に、彼女は思いがけない好反応を示した。一瞬躊躇したものの、俺はベルトを外しはじめた。
「だいじょぶ、だいじょぶ」
彼女がワクワクしたような表情でそれを見守る。本当にこんなことがあっていいのか? 何かの罠かもしれないが、こうなったら毒を喰らわば皿まで。どうにでもなれ!
部屋の鍵が締まっていることを確認し、ズボンをズリ下げ6割勃ちほどのチンコを彼女に見せつけた。バクバクと心臓の鼓動音が聞こえてくる。
「これじゃあ、立ってないからわかんないですよ〜!」
あまりにもノリノリの彼女の反応を前に、俺も勢いづく。
「じゃあ、お前がちょっと立たせてくれよ」
すると、なんと彼女は黙って手コキを始めたのである。時刻は15時。業務の真っ最中
に、である。すぐさまチンコが膨れ上がる。ヤバい、このままだとイッてしまうぞ。
彼女のチンコを見つめる目は、うっとりとしており、あきらかに興奮している。ここ
で射精してしまうのもアリだが、俺はあえて焦らす作戦に出た。
「このあとは夜に続きな」
きっと、彼女は勃起したチンコに本当に興奮していたのだろう。その晩、俺は本当にその肉体を抱いてしまったのである。自分でも信じられないようなミラクルストーリーだ。そして驚くなかれ。以後、俺はこの「巨チン写メ作戦」で社内の女子社員を3人食えてしまったのである。エロマンガみたいだが、これらはすべて俺の身に起きた歴とした事実である。このチン写メ作戦、はたしてセクハラで訴えられたりしないのか、と思うかもしれないが今のところその気配は全くない。それは、訴えを起こしそうな女子に俺はチン写メを送りつけていないからだ。まず、飲みの席でのノリから下ネタ耐性をしっかりチェックしている。たいてい、チンコの話に食いついてくるような女子は、チン写メにも明るくリアクションをしてくるものなのだ。
ライブチャットオナニーでチンポだけ見せつける興奮
俺の場合、ウェブカメラを使って自分のチンポを女に見せつつ、相手の服を脱がしてオナニーさせて、そいつをオカズにオナる、というのが王道パターン。だが、最近少しマンネリしてきたこともありちょっとした工夫を加えたところ、凄まじい興奮が得られることがわかった。
チンコを撮影していたウェブカメラに自分の顔も映すようにしたのだ。これ、とにかくスリルと興奮がハンパない。カメラの前で全裸になり、チンポをしごきながら気持ち良さそうにだらしなく口を開いてる姿を見られるなんて。その恥辱感たるや凄まじい。こんな姿を映像で記録され、ネットにバラ撒かれでもしたら何もかもがすっとんでしまうだろう。が、女側もこちらが本気で興奮してるとテンションが上がり、本気のオナニーを見せてくれる。お互いにすべてをさらけ出した相互オナニーほど、興奮できるプレイはないと断言したい。
皆さんには女の子のあえぎ声だけでオナニーした経験はあるだろうか。オレは一度試してからすっかりハマってしまった。いつもお世話になっているのが音声掲示板の「KoeKoe」だ。男女カップル問わず、誰でも録首した自分のオナ声をアップでき、それらを自由に聞ける仕組みで、ここに載せている女の子たちのオナ声が、なんというか、ものすごく素人っぽくてリアルなのだ。それぞれの投稿者の再生ボタンを押すと、こんな感じのが流れる。
「今かりバイブオナニーします。よかったら聞きながらシコシコしてください。…あ、ああ・・」
そのうちクチュクチュと濡れた音が大きくなって、「イクイクッー」と盛り上がっていく。人気のオナ声はランキングの上位に上がっていく。気に入ったオナ声にコメントしていくと、彼女たちも嬉しいようで、どんどん過激なオナニー声を披露してくれる。とにかくヌケるので、一度試して欲しい。もちろんサイトは無料で利用できる。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ