★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0180_2019010410362674c_201910272123538a6.jpg0181_20190104103628a9b_201910272123544f2.jpg0182_20190104103629c4c_2019102721235611e.jpg0183_2019010410363174d_20191027212358029.jpgbb049.jpgbb063.jpgbb061.jpg0065_20200211165928484.jpg0088_20180726090619bb6_201908240711517cf.jpg0064_20200211165927d6a.jpg0058_20190818122321321.jpg0059_201908181223220a4_202001241420102e0.jpg0060_20190818122324e61_20200124142049fe8.jpg0061_20190818122325d01_20200124142135a04.jpg0062_20190818122327807_20200124142216917.jpg0063_20190818122328d22.jpg
1_20200108113044af9.jpg2_2020010811304543d.jpg3_202001081130478c7.jpg4_202001081130485f9.jpg5_20200108113050a47.jpg6_202001081130511b6.jpgエッチ経験少ないファザコン学生の相談にのってあげたらおっさんでもSEXできた
西口のマック前に現れたのは、頭のユルそうなポチャギャルだった。池袋をシマとするナンパ氏でも手を出さないだろう。
前、池袋で若い男から「雑誌のモデル探してる」と声をかけられた。何でも、来週に撮影があって、ギャラを10万払うと言われたらしい。
「で、乗ったの?その話に」「うん」「ミエミエじゃない、詐欺だって」
「でも、クラブに行く予定でお金欲しかったし」
車に蝶かれたダブルバーガーみたいな顔して《モデル》かよ。
「で、相談って?」
「脅迫されてんの、マユ」
女によれば、昨日「登録料5万を払えば、すぐ仕事を紹介する』と電話があり、さすがにアヤしいと断ったところ
「ざけんじゃねえ。払わないとヤクザか行くぞ」
と凄んできたらしい。関わりたくない話だ。
「お願い、何回かつきあってもいいから」
女は手を合わせる。デブめだが喰えない女ではない。
「家の住所も書いたし、パパに知れたらブン殴られる」
「何回つきあってくれる?」「3回くらい」
「今日だけでいいからエッチな写真も撮りたい」「いいよ。撮られるの嫌いじゃない」
失敗したら逃げればいいか。女の携帯で、男に電話をかけた。
「マユの父親で弁護士の田中です」「はあ」「娘を脅迫したね。池袋警察にも届けたよ」
それだけで終わった。
「ねえねえ、どんな写真撮るの?」「やってるとことか」
「今までたくさん撮った?」「100人<らい」
「すごい。あたし、どんくらい可愛い?」「30番くらいかな」
「それって、ビミョーに嬉しい」
唇を合わせると、舌にあたる歯の感触がいい。
「キレイな歯だね」「パパが買ってくれた電動歯ブラシ使ってるの」
女がジーパンとパンティを下ろす。寸胴の腹と三浦大根3本分くらいの太股が現れた。
「上も脱いでアソコを開いて」「ヤー、彼氏にも見せたことない」
陰毛は深く、紅門まで伸びていて陰唇が確認できないほどだ。クリトリスを探して指でこする。
「えー、もっと」
女がさらに脚を開く。クンニの催促か。
風呂場に連れてゆき、念入りに駐門と胆口を洗ってやった後、男上位のシックスナインでクリトリスに口をつける。同時に、尻を下げて女の顔に軽く乗せた。
「お尻の穴を紙めて」「先にクリちゃん紙めて」
女が腰を動かす。しょうがない。陰毛をかき分けてクリトリスを紙めると、女も肛門に口をつけてきた。
「もっと」「こんくらい」
舌を入れる女。脂肪質のボディなので体重がかけやすい。5分ほどアナルなめの快感に酔いしれた。おっと、まだフェラをしていない。
「忘れてたよ、フェラの写真」「ハハハ、さっきしようと思ったら、お尻、っていうから」
舌の回し方が丁寧なフェラだった。が、女は笑顔のままだ。
「感じてよ。写真撮ってんだから」
「でも、楽しくやってる雰囲気のほうがいい」
正常位で挿入し、前に動いて奥まで入れる。3分ほど動いて射精した。時計を見ればー時間たっている。さっきの男が不審に思って、またかけ直してくるかも。手早く服を着てホテルを出た。
それから半年ほど過ぎた今年7月、バルコの前でマユを見かけた。新庄とGacktを掛け合わせたようなキャッチ男と笑顔で話している。懲りてないようだ。
ファザコン娘をホテルに誘う物語
18才のチカとは今年の6月、新宿のテレクラでつながった。
「今、新宿なんです。相談に乗ってもらえますか」
目の前の新宿プリンスホテルの地下で会った。小柄ショートカット。生まれた歳を詐称すれば、テレクラは簡単にID番号を発行する。淫行で捕まるのはいやだ。
ラウンジに入った。女はとつとつと話し始めた。ーカ月ほど前、弟に頼まれ自分の携帯をー日だけ貸したところ、つい先日、女の声で電話がかかってきた。
『電話会社ですけど、申し込み書のデーダが紛失したので、確認したい』
番号非通知なのに特に不審に思わず、名前、住所、自宅の番号を教えた。と、翌日、今度は男の声で電話があった。
サイトの利用料ー万と延滞料5万、合計6万を振り込んでください
もちるん弟に事情は聞いたが、生返事で要領を得ないらしい。
「いわないと家まで来るっていうし、ホントに来たらどうしよ」
この業者の振込先は、U銀行K支店の個人名義だ。この前に会った某週刊誌の編集者が、詐欺師が使うロ座は足立や葛飾のU銀行に多いと聞いていた。
「払うことないよ」「払わないと不安で」
「じゃあ、こうしよう。俺がー万立て替えて振り込んであげるから、何もなかったら、また会おうよ」「うん、ありがとう」
信用したのか、女が学生証を見せた。近くにある情報関係の専門校生で18才。
ヤレる。コンビニで学生証をコピーして銀行でー万を振り込み、携番を交換して別れた。それから2週間ほどして電話があった。
「電話が来なくなりました。すみません、ありがとうございました」
「昨日のタ刊見たら、何人か捕まったらしいよ」「ああ、そうかも」
翌日の午後2時、前と同じプリンスホテルで会った。
「はい、これ」
女がー万円札を差し出す。
「そうじゃなくて、仲良くなりたいんだけど、俺」
「ホントにいいんですか、チカで」
バイアグラを飲んで伝票を取る。
「ホント、経験少ないんです」
申し訳なさそうな顔で女は付いてくる。歌舞町交番の前にいた若い警官がチラッとこちらを見る。とっさに女の手を握ってカップルを装った。「お父さんみたい」「ん?」聞けば父親は交通事故で亡くなり、今は母親と弟と暮らしているという。ファザコン娘に甘えられて、なんとなくホテルに誘ったら意外やOK。そんな物語が好きだ。
ホテルへ入ってデジカメを取り出す。「なんですか、それ」しまった、写真のことを忘れていた。「記念の写真だよ」「えー、どういうの」
「少しエッチな感じで」「2、3枚なら」
抱き寄せてキスしたら、途端に勃起し始めた。
「触って」女の手をズボンの中に入れると、「いや」と手を戻した。ウエットティシュでペニスを拭く。女がおずおずと手を出してペニスをしごく。軽い握り方で気持ちがいい。ギュッと握られると痛くて快感どころではない。男の性感もソフトなタッチが一番効く。寿司を握るような。女を立たせてジーパンを下ろす。陰部がレースで透けている薄いピンクのパンティだ。決して普段履きの下着ではない。なんだ、その気で来たのか。尻を開けば、10代特有の鮫肌で肛門は小さい。そのまま尻を捕まえて腔口に指をあてる。コリコリした陰唇。指を入れると「お風呂のあとで」と尻を自分で閉じた。拒絶するロ調は甘い。全裸にして鏡の前でツーショット。
「約束してください。これ以上は撮らないで」
「わかった。そのかわり楽しくやろうよ」「はい」
笑顔で俺の手をつかみ風呂場に誘うチカ。わずかに膨らんだ乳。薄い腹。骨っぽい腰。脂肪のない尻。まだ東京に淫行条例がなかったころ遊んだ女子高たちを思い出して新鮮な性欲を感じる。風呂から出て、ベッドに寝かせ性器を拡げる。小さめの腔口がある。さらに拡げると空間はなく処女膜の残津と思われる筋が見えた。クンニうめいた。
「俺のも紙めて」催促すると女は起き上がり、かがんでペニスに口をつけた。髪をなでたら、さらに奥まで含む。いじらしい横顔だ。女がコンドームの包みをとって「つけて」と渡す。枕を腰の下に敷き大きく脚を拡げさせて挿入を試みる。が、緊張しているのか亀頭から奥がうまく入らない。「力を抜いて」女の腰を引き寄せて腰を入れる。なんとか挿入成功。「でも、少し痛い」女がうめいた。性交用潤滑ゼリーを塗って再度挿入、腰をスライドさせる。女は「ウンウン」と堪えているようだ。
今日のテーマは『処女破り』。
「もっと、奥まで」とか絶叫されるより風情があっていい。女の両足首を握って屈曲位で責める。
受験補習を口実に自分の部屋に連れ込んで秘密課外授業。このテーマだけはどんな男にとっても永遠の婿薬だ。目をつむった女を見ながら射精した。
「すみません。うまくできなくて」「いやいや、楽しかった」「ホントですか。よかった」布団かり顔を出した、その表情を見ただけでも今日の価値はある。このコを調教してみるか。考えながらゆっくり風呂につかる。
女の携帯の着メ口が聞こえた。少したって風呂から出ると女がいない、女の靴もない。トイレも空だ。まさかー急いでズボンを点検する。財布はそのままで残金にも異常はない。デジカメの画像も残っている。ハテ?フロントに電話をかけると「先に出られましたよ」とのこと。わけがわからないまま女の携帯にかける。「ごめんなさい。これっきりにしてください」調教の夢が消えた。まあいいか。逃げもしないでどこの誰だかわからない俺とセックスする気で来たし、いい物語も体験できた。礼儀もある女だった。学生証のコピーは捨て、携番も削除した。ちょっと寂しかった。
正直、50才を超えてしまうと、よっぽど金を持ってる男じゃないかぎり、若い女の子に相手にされることはないと思っていたのだが、捨てる神あれば拾う神ありというか、世の中にはおっさんのことが好きな、ファザコンと言われる女がいることを知った。女子は、小さいときに両親が離婚したり父親から暴力を受けていたり、ちょっとしたトラウマ体験を持っていたりすると、ファザコンになりやすいんだそうな。そんなファザコン娘がどこにいるのか。答えはスナックだ。
スナック好きの人間ならわかってくれると思うが、キャバクラやガールズバーなどの女の子たちと比べて、スナックの子は荒れた家庭環境だったり、母子家庭で育った子が多く、結果としてファザコン率が異様に高いのである。ガールズバーにハマっていた時期は、どんなに通い詰めても女の子には金づるとしか思われてなかったが、ステージをスナックに移した途端に、プライベートで会ったり、ホテルに行けたりということができるようになったのは、ファザコンのおかげだと思う。実際に、そう
いう子たちの話を聞いてると、やはり家庭環境に難アリなパターンばかりだった。同時にスナックにおっさん客が多い理由も、今さらながらわかった次第だ。あの人たち、ちゃんと気づいてたんだなと感心する。
路上でチラシを受け取る女は断れない性格である
路上ナンパが苦手な人は多いと思うが、もしも声をかける前に、その子が押しに弱い女だとわかっていたらどうだろう。少しだけ勇気が湧いてくるのではないか。押しに弱い女の見つけ方は簡単だ。路上で、コンタクト屋だの、居酒屋オープンだのと配っているしょーもないチラシを受け取っている女がそれだ。彼女たちは、チラシの中身に興味があったから受け取ったわけではなく、受け取らないと「悪いから」手に取ってしまっただけ。いかに押しに弱い女か、考えるまでもないだろう。性格というのはこんなシンプルな形で表れるものなのだ。このチラシ受け取り女は、ナンパの声かけをしても、悪いから無視しないし、お茶の誘いも悪いから断らない。うまくカラダの関係に持ち込んで無理なプレイを強要しても、悪いから断らない。チラシではなくポケットティッシュの場合は、欲しいのであえて受け取りに行く女も紛れるので、避けた方がいい。あくまで飲食店やイベントなどのチラシを受け取る女なので、間違わないように。
年の差があるとデートもアポもうまくいかない!?

「ミナコとは付かず離れずの関係が続いている」
と書いたが、あれからひと月も経たぬうちに、彼女はあっさりオレのもとを離れていった。
一度だけミナコから「さっき家に帰ってきたんだ。今日は上司の家族とバーベキューに行ってきたの」と電話がかかってきたことがあった。そのときの対応がまずかったのかもしれない。
「バーベキューか。オレも行きたかったなあ」
「楽しかったよ。お酒を飲みすぎた」
「また酒飲んだんか。あんまり飲んだらあかんで」

「今ね。冷蔵庫を開けたら酒しか入ってない。お茶がいいよ〜」
「お茶なんか沸かしたらいいやん」
「お茶の葉とか持ってないもん」
そのとき、オレはなんとなく気付いていた。これは「お茶を買って来い」という合図なのでは?
ミナコの家がタクシーで20分ぐらいの場所にあることはわかっている。しかし、時刻は深夜2時。お茶のために駆けつけるのは面倒くさい。
「水飲んだらええやん。水道水」
ミナコはむっとした。電話の声に怒気がまざる。
「東京の水道水なんか飲みたくないよ。コンビニに買いに行くよ」
それっきり音沙汰がない。
新しい男でもできたのか。オレの愛情の薄さに気付いたのか。よっぽど熱心な再アプロ
ーチでもかけなければ、ミナコは戻ってこないに違いない。人間関係はとかく難しい。

来ない連絡を待っていても仕方がないので、先月パン教室で知り合った女性とあってみた。
「大雑把に言えば、好きになった人がタイプですね」と、以前誰かから聞いた台詞をマネして、話題を変えた。
「そういうサオリさんの好きな男性のタイプは?」
「私は自分が我の強い人間なので、おおらかな人が好きなんです」
「おおらか?裸の大将みたいな人ですか?」
「ちょっと違います。たとえば前の彼と車で高速道路の料金所を通ったときに、彼が料
金所の人からお釣りをふんだくるように取ったことがあったんです。そういうのを目にすると一気に冷めてしまいますね」
オレは洋服に醤油がこぼれたら、10分ぐらいおしぼりでふき取っているような男だ。さらに言えば、停車しているバスの運転車に「早くバスを出してくださいよ」と無理難題を要求することもしばしばある。しかし本性は隠しておかねば。
「でも、パン教室で会ったときとは印象が違いますね。あのときは大人しい感じの男性だなって思ったんですけど……。結構、じっくり話すと好き嫌いがはっきりした人なんですね」
この発言はどうとらえるべきか。さらにサオリは続ける。
「一番嫌なのは、たとえば何も相談せずに勝手に食事をする店を決めたりする人。これは最悪です」
ちなみに、そのときテーブルにはオレが《勝手に》頼んだ生ハムとパエリアが並んでいた。
「『何か食べたいものある?』って聞いてくれたから、非難してませんよ。最悪なのは私がタバコを吸う人が嫌いですって言ったら、「私があなたのタバコをやめさせてあげますってぐらいの器量がないと」って言ったんです。そう、私の嫌いなタイプってまさしくあの人なんです」
結局、やっぱりその日はセックスもできず、「今度、飲み会しようね」ということでお開きになった。最近調子がまったく出ない。ナンバした子にメールをしてもアポれない日々が続いている。まったく音沙汰ナシならあきらめもつくのだが、返事がくるにもかかわらずアポれないとなると、どこかオレに間違いがあるのかと不安になってくる。
そこで今オレが狙っている女性とのメールのやり取りを紹介するので、どこがいけないかご教授願いたい。
相手は奈緒。女子大生だ。一例を挙げる。オレはこんなメールを送った。
《今週の金曜日か土曜日は予定入ってますか?もしくは来週の平日とかにご飯でもどうかな》
対する返事は
《全部うまっちゃってしまいました。ゴメンなさい》
まあ大学生は忙しいから仕方があるまい。突然メールしたオレも悪いので、反省したいところでもある。そこで時間を空けて再度メールした。
《毎週毎週お誘いして申しわけないけど、今度の日曜日バトミントンしない?その後ご飯に行こうよ》バトミントンに深い理由はない。ただいつも食事に誘うだけでは能がないと思っただけだ。奈緒の返事は好意的だった。《いいよ、ゆうはん一緒に食べれるにぁ☆☆☆》
思わず小躍りした。ブレザーを脱いで、大人の階段を上っている奈緒。早く手をつけないと、同級生の男どもに取られてしまう恐れもある。
ところが、アポ前日の土曜、確認のメールを送ったところ、こんな返信が。
《ゴメン私間違えて(泣)金曜日の午後なら空いているっていう意味だった(泣)》
そんなバカな。金曜といえば昨日じゃないか。それならなんで昨日連絡してこないのだ。あきらめきれないオレは再度メールを出した。
《来週土曜日の午後はあかんかな?》
《まだわからないけどぉ明日連絡しますわ》

母子家庭や父親とコミュニケーションがない女は年上OK不倫できる

母子家庭

父親はいるがコミュニケーションがない
こういった境遇の女は、出会い系の男に対して(実生活でもそうだろうが)すぐに股を開く。百発百中といっていい。父親の不在は、自分の律しかたがわからない、男との真っ当な距離感がわからない、といった影響をムスメに与え、結果的に性生活をも乱れさせる。小難しい理屈で言えばそういうことだ。彼女らはどこかで父性を求めているため、かなり年上の男に入れ込みやすく、不倫も厭わない。また、しょっちゅうダメンズ(ろくでもない男)に引っかかるのもこのタイプだ。
出会い系ならば、
お父さん、門限にうるさかったりする?
あたりの質問で探りを入れていき、ビンゴが確定してからは、ややダラしない男を演じるのが得策だろう。
数カ月ごとにメアドを変更する女、通称メアド変えたガール。その理由は推して測るべしだ。
①迷惑メールがよく来る
②ストーカーから逃れたい
③男と別れたので、生活を仕切り直したい
①は出会い系に限らず、しょうもない懸賞サイトや買い物サイトに登録する癖があるオツムの弱さを推測できるし、②は、ストーカーに狙われやすい隙のあるタイプと考えられる。もちろん共に、会いさえすれば即ヤレる種類の女だ。そして③。彼女たちは環境が変化するたびに人生そのものを清算したがる「リセット体質の女」だと言える。リセットボタンを押すクセがついたのは、過去何度も間違いを繰り返したためで、今後も治ることはない。男には簡単に引っかかる。自然な形でメアドの遍歴を尋ねるには、
「メアド面白いね」
「このメアドどんな意味?」  などと相手のメアドについて話を振ったり、
「携帯買い換えたらから、メアド変えないといけないな」
などと自分もメアドを変えるタイミングだとアピールし、その流れで、
「メアドよく変えたりする?」
と持っていけばいいだろう。
都市部限定のワザである。都市部とは、出会い系アポのとき駅前で待ち合わせし、近くの居酒屋へ入るパターンが一般的な町のことだ。この流れ、ヤレずじまいで終わるパターンが避けられない。さんざん飲み食いして「そんなつもりじゃない」と断られればオゴり損もいいとこだ。悲しい結末にならないために、〝即ヤリ〞が可能かどうかは、会う前に把握しておきたい。手法はカンタン、こう誘うだけだ。『車で迎えに行くね。ドライブでもしようよ』
断言しよう。へぇ、車もってるんだぁと喜んでドライブアポを了承するような女は、難なく即ヤリできる。逆に「いきなり車は怖いから」などと拒否してくるようなら、居酒屋へ行こうがどこへ行こうがまずヤレない。もちろんアポ時はバカ正直にクルマで向かう必要はない。あくまで即ヤリの資質を問うやりとりなので、「道が混んでそうだから電車で来ちゃった」などとごまかせばいい。地方部においては、いきなり男の車に乗る文化ができあがっているのでこの判別法は使えないが、都市部ならば百発百中だ。
メールでだいぶん関係を温めたから、会えば即ヤレるはず。と目論んでたのに、飲み食いしただけで帰られる展開ほど悔しいことはない。何度も苦汁を飲まされた人は、会う前の段階で、ヤレるヤレないリトマス試験を実践するといい。繁華街から3駅ほど離れた場所でのアポを打診するのだ。二つ返事で応じてきたら、すでにこちらのペースに巻き込まれている証拠なので、ダダをこねられる心配はない。女もヤル気ありだ。逆に了承してこなければ、まだまだ温め方が足りない。おそらく食い逃げの憂き目にあうだろう。もちろんこれはあくまでリトマス紙なので、実際のアポはと変更してかまわない。
オッサンが若い女をセフレにするには、ファザコン娘を探すのが一番手っ取り早いです。実際、25才のスポーツインストラクターをセフレにした俺も、そういうアプローチでした。
mixiに、ファザコン好きの女が集まるコミュニティがあります。代表的なコミュを挙げると、
ファザコンですが何か?
ファザーコンプレックス
めっちゃ!年上!年下!
これらのコミュを使って、具体的にどう女を引っかけるかというと、私の場合は、こんな爆撃メールを送りつけました。
〈●●コミュから来ました。同じ趣味を持つ人とたくさん仲良くなれたらなと思って。
40過ぎのオヤジですけど、よろしくお願いします!〉●●に入るコミュ名は、さっき挙げた
ファザコン系のものではなく、相手の女が入っている趣味系コミュにしました。でないと下心がバレバレですので。
 そうすると、何人かの女から返信が届いたので、あとは普通にメールのやり取りを続けただけ。ホントにごく普通の内容です。昼メシにカツ丼食ったとか、武勇伝風に職場の部下を叱りとばしてやったとか。実際は年上の素敵なおじさまを気取った方が良かったのかもしれませんが、そんなしゃれた文章、自分には思いつきませんし。
でも、さすがはファザコン女というべきか、それでもグイグイ食いついてくる女がひとりいて、結構はやい段階でアポれたのです。それが件のスポーツインストラクターで、食事の後、当たり前のようにホテルに付いてきました。 何でも彼女、中学のときに両親が離婚して、それ以降、父親と別居することになったのですが、そのオヤジさんと私がかぶって見えたらしくて。それも冴えないところが特に似てると言うもんだから、参っちゃいました。まあ、ファザコン女ってのは、みんなそういうものかもしれないんですけど。
会社社長とセフレ関係のパパ活女子大生と寝取りSEX
昨今、中年男性と付き合うオヤジ好きの若い女のコが増えているらしい。
もちろん大半の若い女性は若い男の方がいいんだろうが、
それでも40過ぎた俺としては実にありがたい傾向である。
オッサンがモテるようになってきたのはなぜか? どうやら若いヤツよりオッサンの方が金を持っているという単純な理由だけではなさそうだ。
先日、俺が知り合った大阪のドスケベOLは無類のオヤジ好きだった。彼女はいったいなぜ、年上のオッサンとのセックスに惹かれるのだろうか。
若者の合コンの中にオヤジが一人参加
8月、お盆休み前に取引先を訪ねた際、先方の女性担当者と話が盛り上がった。
入社2 年目23才の担当さんは、大学時代に付き合っていた彼と別れて一年以上、結構寂しい日々を過ごしているらしい。
「ここだけの話うちの会社、あまり対象になるよぅな人いなくって。河内さん、誰か紹介してくださいよお〜」
「じや、俺の会社の若いのと合コンでもする?」
「いいんですか?やった!私の友達にも彼がいないコ何人かいるので声かけます」
驚くほどの反応である。そんなに出会いがないのか。まあ、うちの課の若手にも彼女がいなくて寂しいは少なくない。ここは自分の損得ヌキで、寂しい若者たちのために合コンをセツティングしようじやないか。というわけで、« 俺の会社の若手社員»VS«高木さんの大学時代の同級生» の4対4の合コンがお盆明けに実現した。
全員20代のメンバーの中に40代が一人いてはお邪魔だろうと、当初参加する気はなかった。が、男性1人が仕事の都合で出席できなくなり、急遽メンバーに加わることに。何だか申し訳ない気分で、1 軒目での自己紹介のとき、俺は女性チ—ムにわびを入れた。
「ゴメンね、オッサンがひとり混じってしまって。みんな、怒ってない?」
「別にいいんですけど、多分話題が合わないですよねぇ…」
正面の女が、いきなりキツィ一言を飛ばした。
やっぱり来ん方がよかったかなあ。
「ぇ—、私はオジサマ大好きですょ〜」
少々へコみ気味の俺に、斜め前に座っていたメグミがうれしいことを言ってくれた。派手すぎず、カジュアルすぎない服装と大きく巻いた黒髪がお嬢様っぽぃ
「じや、河内さんはメグミちやんの前に移動!」 
他のメンバ—は、オッサンの相手が見つかったとばかりに、嬉々としている。おまえら、ちょっと露骨すぎるぞ。
縛られたり、野外でオモチヤ使ったり
終始和やかム—ドで進んだ一次会は10時過ぎにお開きとなり、女性1名を除いたメンバ—で2軒目のバ—に。にしても、誰1人口説こうとしない。
これじや、まるで茶話会やで。俺が20 代のころは、コンパのときは、女が好みかどうかは二ので、いかにお持ち帰りするかしか考えてなかったのに。かくいう俺は、しっかりエロモ—ドのスィッチを入れていた。夕—ゲットはもちろんオヤジ好きのメグミである。
お嬢様学校から有名大学に進み、今は商社勤務。名実ともにエエとこのお嬢さんといった感じだが、俺には、夏だというのにほとんど日焼けしていない白い肌から色気がムンムン漂ってくるよう感じる。エロい女だ。
間違いない!
他のメンバーがさわやかな話題に花を咲かせるなか、テーブルの隅にメグミと陣取った俺は徐々に話題をシモネタへ移行していく。彼女もエロ話に抵抗がないようだ。
そのうち、俺が裏モノでエロいレポートを書いているという話になった。と、メグミはピクッと反応し、小声でこう尋ねるのだ。
「河内さんも縛ったりとか、3 人でしたりとかするんですか?」
ん?質問の意図がようわからんぞ。
「まあそんなこともしたりすることもあるかな」
「やっぱり。私も、縛られたりとか、男の人2人としたりとか大好きなんです。あと、野外でおもちゃ使ったりとか…」
まさに衝撃の告白である。いくら周りに聞こえない小声だといっても合コンの席でそんなことカミングアウトするか?
いずれにせよ、俺の勘は正しかった。いや、メグミは想像をはるかに超えたドスケベ女である。では、さっそく口説きにかかろう。
と思いきや、残念ながらこの日はタィ厶アップ。メグミ含め全員が親と同居で、どうしても終電で帰らないといけないらしい。クソ—、もうヤル気満々なのに—
「じゃ、今度二人で遊ぼな」
テーブルの下でこそっと差し出した俺の手を、メグミは少し湿った手でぎゆっと握り返してきた。く—タマラン!
梅田駅で解散の途中、メグミからメールが入った。
また遊びに行きましょぅね
たったこれだけだが、別れてすぐにメールが来るとは好感触。なんとしても、もぅ一度会ってあのエロい白肌を堪能させてもらわねば!
翌週土曜、思いのほか早く仕事が終わり、ダメ元で、メグミにメールしてみた。
今日、昼から時間あるけど会えへん?一
5分もしないうちに返事がきた。
いいですね。あんまり遅くなれないですけど
じゃあ2 時に難波でどう?
は—い。楽しみにしてます
なんたるトントン拍子。この様子ならホテルにも楽勝で行けそうやぞ。
1時ちょうどに現れたメグミは今日も白いワンピースで清楚ないでたちだった。日傘を持っているところもお嬢様っぽい。
昼飯をとりながら、ぶっちゃけたところを聞いた。何でも彼女、高校とお嬢様学校に通っていた頃、エッチにすごく興味のある自分に気づいていたが、それを無理に抑えこんできたそうだ。異性と付き合うこともなく、もちろん処女のまま高校を卒業した。
ところが、大学に入って親元を離れ、モンモンとたまっていたモノが爆発。
18才で処女を失うと、堰を切ったようにセックスを楽しむようになったらしい。
「そのうち、だんだん自分は年上のオジサマがいいなあって思うようになって」
現在彼女はパパと呼んでいる神戸在住の40代の妻子ある会社社長と付き合っている。
パパといっても、お金をもらう『愛人』ではなく、どちらかというと『セックスフレンド』的な関係らしい。会うのは月1回程度。そのたびパパの友人等を交え、3PやSMプレイをハメ撮りしながら楽しんでるそうだ。親には、大学の友達と泊りで遊ぶということで了承を取ってるらしい。
「ハパに河内さんのこと話したら絶対会いたがると思うわ」
そうですか…。ところで、なんで若い男じゃなくてオヤジが?
「若い男は絶対にいや。だつて若いコは余裕がなくてガッツィてるしそれに早いし」
「早ぃ?」
「すぐにイツちやうでしよ」
ああ、そういうことね。でも、オッサンでも早漏はいるでしよ。
「そうかな。それに若いコは自分がィケば満足て感じで自己チューだし」
やってみたいこと、やりたくないことってある?
「犯されるみたいな怖いのは大好き。髮の毛つかまれたり。逆にやりたくないのは、スカ、レズ乱交。やっぱり他の女性にしてるとこ見られたくないし、女性とはありえない」
SMやハメ撮り、レ〇プもどきは〇でも乱交は〇 。この辺の基準はよくわからない
「あと、ロリ—夕のビデオとか見てみたい。小さいコが無理にされてるのを見ると、自分が子供の時に犯されることを想像して、怖くて興奮する」
う一ん、かなりキテルなあ。
こんなコ、俺が相手できるのか?
怒られたりして。
「で、河内さん、今からどこに行く?」
「そやなあどこ行こかJ
「あんまり外を歩きたくない。日に焼けるのいやだし」
さすがはお嬢さん、そんなに日焼けを気にするのかと思ったが
「だって白い肌の方がなんか艷かしくてエッチぽいでしよ」
もうここまできたら回りくどい口説きはいらんやろ。
「じゃ、ホテルでエッチしようゃ」
「そうですね、行きましよ」
話が早い!
カップル喫茶で騎乗位、バック
すぐホテルに入るのもいいが、せつかくの若くてドエロな女だ。久しぶりにカップル喫茶でも行つてみるのも面白いかも。メグミ、行つたことある?
「ないない。行つてみた一い—.見られるのは困るけど、人のは見てみた一い」
ならば、乱交スペ—スのあるようなとこじやなく、はっきりとブースに分かれている店がいいだろぅ。適当なのはA だな。あそこなら近くにSMル—ムのあるホテルもあるし。
「SMホテルつてB のことですか?久しぶりやわ」
さすが、よく知ってらつしやること…。
開店直後ということもあり、Aの客は我々が一組目。まもなく中年カップルがやってきて前隣の席に座った。少し話した後、カップルの女性がフェラを始めた。男は女性のパンティを下げて指でしている。その様子を、メグミはブ—スの仕切りに開けてある丸い覘き窓から必死に伺っている。
「人のエッチ、見るの初めて?」
「うん、ビデオでしかないから」
そのうち彼女からしなだれかかってきた。キスするとネットリと舌を絡ませてくる。そして、
「あ—ん、もう大きくなってるぅ」
ズボンの上から俺のムスコをさすりながら、メグミが悩ましげな声を出す。見るだけって言ってたのに、ヤル気満々やん。
じや、俺もお返しにとスカ—卜の中に手を入れ割れ目の当たりを触れば、パンティの上からでも湿ってるのがわかるくらいぐらに興奮ぶりだ。
股の間からするりと指を滑り込ませる。溢れ出た愛液がヌルヌルと俺の指に絡み付いてくる。
そのままクリトリスを刺激し…
…あれ、なんか変やぞ。もしや剃ってる?
「いや—ん、恥ずかし。でもその方がエッチでしよ」
ギンギン状態の厶スコを上目づかいでしゃぶり始めた。最初は舌でネットリと、その後、ジュボジュボ吸い付いてくる。気持ちイイー
そうこうしているうち、今度は20代の若いカップルが入店、我々の後隣の席につくや、あっという間にフェラとクンニを始めた。こちらの様子に刺激されたのだろう、すぐにでも挿入しそうな勢いだ。
俺も負けじと、メグミのパンティを下ろす。目の前に綺麗に剃られて剥き卵状態の性器が現れた。舌でクリを刺激しながら指を挿入。クチュクチュといやらしい音は、隣のブースにも聞こえているに違いない。
カップルがバックで挿入するのを見ると、メグミはスカートをはいたまま俺の上にまたがり、自分の手で俺のペニスを中に導いた。そして、かなり深く挿入した状態で激しく前後に腰を振った。
中年オヤジが若い女の子と仲良くなるナンパ方法を考えてみた

頭の毛は薄く、顔も体もまん丸い、中年オヤジのお手本のような私にとって、素人女との出会いのハードルは高い。飲み屋でナンパなんてまず無理だし、出会い系を使って食事のアポを取るだけでも一筋縄ではいかない。だからここ数年、ずる賢い作戦をいろいろ練っている。そして、セックスまでは難しいがそこそこ楽しい出会い作戦を3つ考案した。
一つ目は、タクシーでの相乗りを狙うという作戦だ。利用するのは、相乗りパートナーを探せるスマホアプリ「タクトモ」である。このアプリ、使い方は以下の通りだ。
①プロフィール登録(名前、性別、年代)。
②掲示板に相乗り募集を出す
(例:9/24 01:00発。池袋→戸田)。
③興味を持った人間から連絡が来る。
④アプリ内のメール機能でやりとりし、待ち合わせへ。
とは言え、男がフツーに相乗り募集を出しても、女から連絡が来る可能生は極めて低い。女だって警戒心があるわけだし。そこで策を講じる。プロフィールの名前を女名に、性別も女として登録し、ネカマになって募集をかける。そしてターゲットが食い付いてくれば、素知らぬ顔で待ち合わせ場所へ。
 顔を合わせた瞬間、もちろんア然とされる。しかし、相手も早く帰りたいし、タクシー代金のことも頭をよぎる。「先に降りるんで、そこまでの運賃は払いますよ(つまり奢り)」と提案してやれば、逃げられることはまずなく、とりあえず相乗りの運びとなる。残念ながら、車内で話してるうちに意気投合し、飲みに行くみたいな展開になったことはないが、連絡先くらいは教えてもらえる。なにより狭い空間での女の子とのおしゃべりは、たとえ短時間でも癒されるものだ。では2つ目に参ろう。
 出会い系で女とアポり、待ち合わせの駅前へ。少し離れた場所から様子を伺い、相手が現れたらしばし放置した後、他人のフリをして声をかける。
「おねーさん、待ち合わせ? へー、ドタきゃんされたの? 実はオレもそうなんだ。一杯喰わされた者同士、ゴハンでも食べない?」お馴染みのナンパ作戦だろう。相手はドタキャンをカマされてヒマになっているから誘いに乗ってきやすいだろうという話だが、もちろん誰がやっても上手くいくとは言えない。ただこの作戦、ターゲットを選べば、私のようなオヤジでも高確率でゴハンくらいは行ける。狙うは、深夜に3Pセックスの援交相手を捜している女2人組だ。この類、援交掲示板には珍しくない。年齢は20代前半、とりあえず朝まで過ごしたいんだけど、金がないし、友達と一緒にいたいんで3P割り切りを、みたいな場当たり的なコンビが典型的なイメージだろうか。
 だから、中年オヤジでも攻めやすい。割り切りでアポってドタキャン工作後、「メシでもカラオケでも連れてってあげるよ」と持ちかければ、こいつオヤジだけどまぁ他に行くところもないし、と乗ってくるものだ。最後の作戦は、メイド服や学生服など、コスプレファッションでビラ配りしている女の子がターゲットとなる。東京の秋葉原や大阪の日本橋といった、いわゆるオタクエリアにいるあの連中だ。彼女らには、カメラ持参で声をかける。
「オレ普段、コスプレイヤーさんの写真をよく撮ったりしてるんだけど」
 まずは撮影好きキャラだと認識させてから、こう切り出す。
「キミ、かわいいね。よかったら写真撮らせてくれない? 千円払うし、2分でいいからどう?」
 スナップショットくらいなら、別に金なんか払わずとも撮らせてくれるのでは、と思われるかもしれないが、ポイントはそこではない。狙いは、このオジサンはたった2分のスナップショットくらいでお小遣いをくれる優しい方なんだ、と思わせることだ。これに食い付いてきたら、後はもうだいたいこっちのペースで進む。
「もっと撮影したいから、よかったら連絡先教えてもらえないかな?」
 かくして後日、ギャラを3千円くらい払うと提案すれば、相手はまず出てくるし、会えば普通にメシデートくらいはできるわけだ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内