★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎

y82.jpgy83.jpg

bb075.jpgbb085.jpg

0134_20200319111200156.jpg0135_20200319111158a02.jpg

ヨメさんのクールビューティなママ友の巨乳を水着越しに視姦したい
息子が園に通うようになってから、ヨメさんが子供の同級生の母親たちとプライベートでも交流するようになった。ママ友というやつだ。週末、彼女らを我が家に招いてランチをしたり、互いの家族総出で外食に出かけたり。そんな流れ上、当然、俺も彼女たちと顔見知りになったのだが、やがて1人のママ友に密かな好意を寄せるようになった。周囲から「エリカちゃんママ」と呼ばれる彼女、細身の体型ながらすばらしく胸がでかく、顔も吉瀬美智子のようなキリッとした美形。まさにクールビューティという言葉がぴったりのイイ女なのだ。
ああ、一度でいい。あのエリカちゃんママとスケベなことができたら。彼女と顔を合わせるたび、ポケットに突っ込んだ手で股間を甘モミする俺だった。
「ねえ明日、クルマ借りてもいい?エリカちゃんママと子供たち連れて区民プールに行くことになってさ」
仕事から帰宅するや、出迎えたヨメさんが言う。
「あそこの家、車ないから私の運転で行こうって約束したの」
「全然いいけど」
平静を装うのに苦労した。エリカちゃんママとプールだって!?彼女の水着姿、めっちゃ見たい!あの巨乳を水着越しに視姦したい!
「俺も仕事休みだし一緒に行こうかな」「え〜やめなよぉ。お父さんまで来たら恥ずかしがるって」
「まあ、それもそうか」
くっそ〜〜、ツマんねえことぶっこいてんじゃねえよ、ボケ嫁が!
その一件以来、ヨメさんはエリカちゃん親子とたびたびプールへ行くようになった。よほど楽しかったのか、子供たちがまた連れてけ連れてけとせがんでくるらしい。ヨメさんが苦笑する。
「目的はプールだけじゃないの。最初にプールへ行ったとき、帰りにお茶しようと思ってファミレスに寄ったのよ。そしたら子供たちがパフェにハマっちゃって。だから毎回ファミレスに行くの」
「どこのファミレス?」
「近所に●●●ってあるじゃん。あそこだよ」  
それからしばらく、風呂に入って湯船で体を伸ばしていると、いきなり脳天にカミナリが落ちてきた。アイツらが毎回あのファミレスに立ち寄るということは…。絶好のチャンス到来!
翌週末。例によって、またぞろ連中がプールへ出かけたその日の午後、俺はスマホに手をかけた。ヨメさんにラインを送る。
〈何時ごろ帰ってくる?タバコ切らしたから途中、買ってきてほしいんだけど〉
ややあって返事が。
〈いまプール上がって着替えたところ。これからファミレス寄るし、夕方5時くらいには帰宅できるかな〉
ふっ、そうか。いまからファミレスですか。では俺もそろそろお出かけの準備をしよう。 ファミレスへは徒歩で向かい、駐車場が見渡せる少し離れた場所に身を潜めた。そのまま20分ほどやりすごしていると、間もなくヨメさんの車が。パーキングからゾロゾロと店内に入って行く一団の中にはもちろん、エリカちゃんママの姿もある。よし、今だ!車に近づいた俺は、持参したスペアキーを取りだし、ドアを開けた。ガチャ。
車内のリアシートにはエリカちゃんママ親子のものらしき大きめのバッグが転がっている。そう、使用済みの水着が入ったバッグがそこに!
予想どおりの状況に笑いをこらえきれない。バックから取り出したのは濡れた、色気に欠ける水着だ。ママさんだけに仕方あるまい。おもむろに水着の股間部分に鼻を押しつける。さすがにアノ匂いはない。だがそこは先ほどまで間違いなくエリカちゃんマ
マのマンコが接着していた場所である。そのド興奮が、チンコを握る手にダイレクトに伝わった。シコシコシコ!やがて亀頭からガマン汁がつゆつゆと溢れてきたところで、俺はラストスパートの体勢に入った。シコシコシコ。ヤバイ、もうそろそろだ。
シコシコシコ。ダ、ダメだ、出る!
この素晴らしい思い出は一生の宝物となるだろう
娘がいる。その関係で、ヨメには当然のように何人かのママ友がいる。送り迎えのときだけでなく、プライベートでも子供を交えて遊ぶような奥さん連中だ。我が家は幼稚園からほど近いため、そんな彼女らの集い場となっている。もっぱら平日にワイワイやってるので、勤め人のオレには直接関係はないのだが、ときどき土日にもガキを連れてやってくるのが困りものだ。
1階のリビングで騒ぐぶんにはまだよくても、子供らは2階のオレの部屋にも遠慮せずやってくる。これではおちおち昼寝もしてられない。まったくせっかくの休日をどうしてくれるんだ。が、それでも我慢しているのはママ友の中にオレ好みのしっとり系美人さんがいるからだ。彼女にも娘がいて、幸いウチの娘と仲良しなものだから、ときどき母娘2人だけで我が家に来ることもある。そんなときはオレも居間に下りて、彼女の胸元などをソロッと横目で見たりする楽しみがあるわけだ。
ある日曜日のお昼。その美人ママさん母娘が2人で家にやってきた。こじんまりと手巻き寿司パーティをやるんだそうだ。例のごとく居間に下りて、子供をあやしつつ、チラチラふくらはぎなんかを眺めていると、ヨメがあわてた声を出した。『あー、海苔がない。ビールも足りないかも』
こんなときお使いに行くのはオレの役目と相場が決まってるのだが、なにやら薬局にも小難しい用事があるらしく、ヨメが外へ出ることになった。家に残されたのは、子供2人に、美人ママさんとオレ。もう1年以上の付き合いだが、今までにはなかったパターンだ。心なしかママさんも落ち着きがないように見える。こんなとき並のパパなら、子供をまじえつつどうでもいい会話で時間をつなぐのだろうが、オレはそんな男じゃない。この状況なんとか利用できないものか。ヨメが戻るまで30分として、さあ何ができる?
電光石火で脳みそを働かせたオレは、ある行動に出た。まずは2階の自室に戻る。そしてチンコを取り出しシコシコシコ。あらかた硬くなってきたところで下に声をかける。
「涼子さーん(ママさんの名前)、ちょっといいですかー!」
階段の下に涼子さんがやってきた。子供2人はついてきてない。居間でテレビでも見てるんだろう。
「すみません、ちょっと上がってきてもらえます?」
彼女が階段を上りだすや、オレはベッドの布団の中に潜り込んだ。シコシコ再開!
「どうしました?」
部屋に彼女が入ってくる。なぜオレが布団に潜り込んでいるのかワケがわからんだろうが、ここは続行するしかない。
「涼子さん、このまえ洋楽が好きだって言ってたから、そこの棚のCD持っていっていいですよ」
「あ、ありがとうございます。具合悪いんですか?」
「いや、ちょっと目まいがしたもんで」
やや不審な顔をしつつも、彼女はCD棚に目をやった。その横顔を見ながらシコシコシコシコ。今までも何度か妄想に使わせてもらったことはあったが、生オカズにするのは初めてだ。異様に興奮する。あー、もう出る!
「じゃあ、これ借りてもいいですか?」
「どうぞどうぞ」「目まい、治りました?」
優しい声が、射精後の耳に心地よく響いた。バレてはいないのだろう。寿司パーティは和やかに終わったし、その日以降も彼女ら母娘は家にやってくるのだから。あるいは彼女も二度目を期待しているのかも。早くヨメさんが出かける日が来てくれないかな。

40オーバー女性は拝み倒せばヤレちゃう説

昔から女遊びが好きで、40代のころもよく人妻を口説いてたんだけど、拒絶されるとあっさり引き下がってたんだよね。だって妻や子供もいる四十男がさ、あんまりがっついちゃうのはみっともないでしょう。要するに格好つけてたんだよ。

でも実は、40オーバーの女なんて拝み倒せばわりと簡単にヤレちゃったりするんだよね。地味な感じのオバチャンなんかは特に。それに気づいたのは50も半ばを過ぎたあたりだったかな。それくらい歳をとっちゃうと格好なんかつけてられないから、開き直って「頼むから抱かせてくれ」って言い寄るようになってたの。

そしたらこれが、ビックリするほど上手くいくんだよ。パッとしないオバチャンほど、女としての自信を失ってるから、余計に落ちやすいんだろうね。自分が40才だからといってひるむな。勇気づけられます。

要するに変なプライドは捨てろってことだな。
40才のころは会社を経営してたからずいぶん羽振りがよくて、女にも結構モテたのよ。クラブなんか飲みにいくとオネーチャンが我先にと俺の隣に座りたがるくらいでさ。でも当たり前の話、その大半はカネが目当てなわけ。あれ買って、これ食べたいなんて平気で口にするし、それこそ露骨に愛人になりたいなんて言う女もいたよ。ハッキリ言って面白くないんだよね。

おまえら頭の中はカネのことばかりで、俺自身のことは屁とも思ってねえんだろってなるのさ。だからそういうハイエナ連中はあえて突き放してたんだけど、今考えるとあの40代のころが女を食いまくるラストチャンスだったんだよな。
50、60になったら、いくら女が寄ってきても相手をする元気もなくなっちゃうんだもん。我ながらバカだよなあ。
40代がラストチャンスとか。のんびり考えてるとエライことになりそうだ。 
40代の頃は寝る間も惜しんで働いてました。女房子供を養わなきゃっていう責任感があったのはもちろんですけど、老後のためにある程度蓄えなきゃとも考えてたんですね。定年後にカミさんと2人で海外旅行するのが夢だったんで。おかげさまで定年を迎えたときにはカネもそこそこ貯まってました。でもね、そこでちょっと自分の気持ちの変化に愕然としちゃって。旅行に行くだとか、今まで夢見てきた老後のプランがひどく面倒なことに思えたんです。カネはあるのにそれを使ってどうこうする気力が湧いてこないっていうか、家でボーッとテレビを眺めてる方がはるかに気楽というか。

40って体力的にも気力的にも一番充実している時期じゃないですか。こうなることがわかってたら、仕事量を抑えて、大いに贅沢して遊んでおけばよかったと思いますよ。
なるほど、老後に年老いたカミさんと旅行なんて、とてもする気になれないものかもな。

関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ