★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0142_2020041814002017c.jpg0143_20200418140021c64.jpg0144_202004181400232b9.jpg0145_20200418140024162.jpg
レズビアンは美容師になる!?元クラスメイトのレズ話はエロい
SnapCrab_NoName_2020-1-17_16-13-50_No-00.png

今年の春、地元で高校時代の同窓会が開かれ、15年振りに旧友たちと再会することになった。
一次会を終え、二次会の居酒屋に移動したときのこと。たまたま隣の席に座っていたのが、クラスメイトの知子だ。
「ホント久しぶりだね。知子っていまどこいるんだっけ?」
「ずっと埼玉だよ。美容師やってる」
「へ〜、美容師やってたんだね」
学生のころからポテッとした感じだった彼女は、決して美人ではない。というか、むしろブサイクの部類だ。美容師といってもシャレた雰囲気はなく、どちらかといえば理容院のオバちゃんのような感じだ。その場では軽い近況報告をした程度で終わり、別の席に移動したのだが、そこで別の女から、知子に関する興味深い話を耳にした。
「知子さー、私の家に何人かで泊まりに来たとき、部屋でザコ寝してたら、めっちゃ私の胸を揉んできたんだよね。キスもされたし。あれはマジで焦ったよね〜、キャハハ」
笑い話として披露してくれたそのエピソードを聞いて、俺はピンときた。ひょっとして、知子ってレズじゃないか? レズビアンは「女性の頭や髪の毛が触れる」という理由から、美容師になる人が多いという話を聞いたことがある。それと、これはなんとなくそう思う程度の話だが、彼女を見ていると、服装や顔、全体的な雰囲気が、なんとなくレズを彷彿とさせる。高校のクラスメイトにレズが1人いるぐらい、どうってことない話だけど、女同士でどんなセックスするのか、という興味がふつふつと沸いてきた。作戦は決まった。俺のセフレ(28才・なんでも言いなりになる女)を客として知子の美容室へ送り込むのだ。「っつーわけでさ、○○って美容室にその女が働いてるのよ。ヘアトリートメントとかしてもらって、口説いてきてよ」
「面白そうじゃん。いいよ」というわけで、ここから先はすべて、後日、セフレから聞いた話になるが、結論から言うと、やはり知子はレズで、きっちりレズプレイをかましたらしい。
ヘアマニキュアをオーダーし、世間話からさりげなく粉をかけたところ、知子はあっさりと食事の誘いに乗ってきた。その2日後、新宿で再会した2人は、ワインバルで飲みながら食事をし、2軒目のバーでさらにカクテルを2杯。店を出るころには、手に指を絡めるようにしてラブホテルへ入り、コテコテのレズプレイへと突入したらしい。
「彼女はタチみたいでさ、けっこうリードしてくる感じだったよ。一緒にお風呂に入って洗いっこしたんだけど、めっちゃヌルヌルになってた」
「マジカよ! そんでそんで?」
「ベッドでお互いの体中をキスして〜、クリちゃんも吸い合ったよ。彼女のクリ、めっちゃ大きかった」うーん、元クラスメイトのレズ話は、やっぱエロいな。予想以上の大収穫に、大満足の俺なのであった。

c057_20200418143902d28.jpg
オナ禁のおかげで無事ED状態から復活を果たし、ヤルノートの次なるターゲットを求めて活動を再開した。オナニーは週1と決めたものの、情けないことについつい手が伸びてしまい、なんとか週2ペースで踏みとどまっている状況。どうせ回数が制限されるなら、自分で出してちゃもったいない。どんどん女性にアプローチしてセックスしていこう。そうしているなかで『なんとしても落としたい!』と思える次のターゲットも現れるはずだ。も明けて、仕事もバタバタと忙しいが、できるだけアクティブに行動していくことにした。一つはすでに出会っている女へのアプローチだ。また飲みに行こうやといいながら、ついついほったらかしていた女性たち全員に連絡を入れることにした。1、2回ヤッたあと放置していた女もいれば、ヤレないまま長いこと会っていない女もいる。携帯のアドレス帳、SNSをスクリーニングして15名に『元気にしてる?久しぶりに会えへん?』と連絡を入れた。もう一つの方法は、シンプルに『ナンパ』だ。さすがにストリートで勝負するのは難しい。バーやカウンターの一杯呑み屋などで女に声をかけたり、新幹線や飛行機での出張の際に隣の席が若い女性なら必ず話しかけるというのを徹底した。
一応、簡単に顛末を報告しておく。出会い済みルートでヤレた女はバツイチ35才のA子。2年前に友人に連れられていったスナックで働いていた彼女を、店からの帰りに送り狼になってホテルに連れ込んだ。その時は簡単にヤレた印象で、見た目もそんなに悪くなかったはず︵正直あまり顔を覚えていない︶なのに、なんでその後放置していたんやろ。そのスナックをすでに辞めて別の店で働いているというA子は、夜は仕事で忙しいとのことで、平日の昼間に会うことにした。
久しぶりに会った彼女は、『あぁ、こんな顔やったんや』という感想。70点くらいで印象に残らない顔だ。昼飯を食べながら適当に話をするが、なかなか盛り上がらない。酒も入ってないしなぁ。
「あの後、連絡もないし、店にも来ないし、嫌われたんかと思ってた。突然どうしたん?」
「いや、特に理由はないんやけど、アドレス見てたときに名前見つけて、どうしてるんかなって思って」「ふーん…」こんな感じで、エッチまで持ち込めるんやろか。まぁ、どんなことがあってもヤリたいってレベルでもないし、シラフやけどダメ元でホテルに誘お。「えっ、いきなりやねぇ。別にいいけど」楽勝でラブホに行き、エッチする。顔だけでなく、身体も、セックスも特に印象的ではなく、口説く過程を楽しめたわけでもない。まぁ、風俗でヌイたくらいの満足度レベルかな。
「じゃ、またね」「またって、河内さん、どうせまた全然連絡してこないんやろ」とA子。そのとおり!ナンパルートでヤレたのは、30前後のOL、B子。10時ごろ、梅田の地下街の立ち呑みワインバールの前を通ったときに女性が一人で飲んでいるのが見えたので、すかさず店に入り、少々混んできたが彼女の隣に陣取った。すでにほろ酔い加減の彼女、顔は多部未華子に少し似た感じで悪くはない。「よく一人で来られるの?」と声をかけると、「ううん、さっきまで友達と飲んでたんですけど、ちょっと飲み足りなかったので一人で入っちゃったんです」とのこと。
「ここ、よく来られるんですか? おすすめのワインあります?」
と尋ねられたので、適当に頼んで1杯おごってやると仲良くなれた。2、3杯飲んだらいい感じで身体を寄せてきたので、店を出てホテルに誘う。「私でいいんですか?」
そう言いながらホイホイついてきてくれた。ヤル気満々だったのか、ホテルに入ったらB子の身体はすでに受け入れ万全の状態になっていた。スタイルや反応もそこそこ良く、ラッキーな夜だったが、終わった後、ベッドでベタベタとしつこく甘えられたうえに
「寂しいとき、また一緒に飲んでくださいね」と言われ、こりゃめんどくさい女だと思った。成り行き上、連絡先を交換したが、別れてすぐに削除した。やっぱりこんなことしていても、性欲の処理はできてもヤルノートに載せたいようないい女にはなかなか出会えないな。2月に入って間もないある夜、遅めの時間にときどき飲みに行くミナミのショットバーに一人で立ち寄った。カウンターの奥の席に腰かけて、なじみのスタッフのノゾミと久しぶりに世間話をする。彼女はまったく色気はないが、明るくノリのいい女で、俺が女好きでよくナンパしていることも知っている。
「シンサクさん、あのコ、ヤレそうですよ。隣に座ります?」なんてときどきアシストしてくれるいい奴だ。バカ話で盛り上がっていたとき、店に一人の女性が入ってきた。入口の方にいる彼女の姿をチラリと見て、思わず目が釘付けになってしまった。すらりと背が高く、ショートカットにノーメイク。黒一色のパンツルックで、いわゆる女らしさの演出はまったくないが、ハーフかと思うほど整った目鼻立ちとクールで鋭い視線で、張り詰めた雰囲気、緊張感のあるオーラを放っている。どんどん俺の方に近づいてくるのでドキドキしていると、彼女はノゾミに「おぅ」と声をかけた。ノゾミが言う。「シンサクさん、私のツレなんですけど、隣の席、いいですか」
「もちろん、ええよ」「どうも」とボソッと答える彼女の横顔は、まさにクールビューティーだ。
今までに接したことのないタイプの女性なのでドキドキ感が高まっていく。
「ミサオ、仕事帰りなん?」「おぅ」
ミサオっていうんや。何の仕事してるんやろ。ヘアデザイナーか何か、アーティストっぽい仕事に就いているような感じだが。いつも飲む酒が同じなのかノゾミが彼女の前に「ホレッ」っとドリンクを差し出した。小さいグラスの中に透明のアルコール度数の高そうな液体がストレートで入っている。それを一口でクイッと飲み干すミサオ。カッコいい。男前や。いつもの俺なら「なに飲んでんの?」
とか「すごいなぁ」とか軽くちょっかい出して話しかけるのだが、未だに一言も声をかけられずにいる。ガラにもなく緊張しているようだ。ノゾミが口を開いた。
「シンサクさんな、ええ歳して女ナンパしまくって、アホな人やねん。まぁ。そんなとこ面白くて好きやねんけどな」おいおい、そんな紹介の仕方ないやろ。悪い印象を与えるやんか。
「ナンパ、楽しいっすよね」
ミサオが俺の方を向いて話しかけてくれた。顔は崩さずに右の口角だけちょっと上げただけの笑顔がカッコいい。俺は「う、うん」と答えるのが精いっぱいだ。ナンパ楽しいってことはミサオもナンパするってことか。狙った男を逃がさないスナイパーって感じやなぁ。 俺のニヤケ顔を見てノゾミが言う、「いやいや、コイツ、もっぱら相手は女ですから」
女? レズってこと? 不思議と驚きもショックもなかった。まぁ見た感じもそうやしなぁ。ミサオならノンケの女でも簡単に落ちそうや。普通に考えて、男に興味がないって時点でヤレる可能性が100%ないわけで、彼女のクールな美にドキドキしていた気持ちは消えてしまうかと思ったが、逆にワクワクと興奮している自分がいた。
彼女の横顔を見ながら、俺の頭の中に妄想がどんどん膨らんでいく。ナンパした可愛い女のコをメロメロにしてイカせまくるミサオ。クールに声も出さずに攻めている姿を見てみたいし、一緒に女を攻められたら最高に興奮するやろうな。そして、そんなミサオを男の俺が攻めたらどうなるんやろ。どんな声を発してどう乱れるんだろう。実現しっこない倒錯した空想に興奮しながら、俺は決意した。ミサオをヤルノートに載せる! 今までで一番困難なターゲットで、可能性は0%かもしれないけれど、なんとしても彼女に挑みたい。ミッション・インポッシブルのスタートだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ