★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
w061_20200415115005fdd.jpgh108.jpgh104_20200415115106743.jpg1_2020010817262521c.jpg2_20200108172627c79.jpg3_20200108172628a11.jpg4_20200108172630ca5.jpg5_2020010817263158d.jpg6_20200108172633871.jpg
→ここからは今日こそやれると思っていたら彼氏を紹介されるとは・・・
セックスレス(嫁のぞく)の日々がずっと続いている。白石さんを落としてから2ヶ月以上になるが、嫁さん以外の女性には指一本触れていない。スージーを攻めあぐねているからだけ
ではない。他の女に対してもヤッてやろうという気が起こらないのだ。先日もミナミのバーで、俺の隣でそこそこ可愛いOLが一人で飲んでいたのだが、なぜか声をかけようという気にならなかった。今までなら、少々ブサイクな女でもこんなシチュエーションを放っておくことなど絶対になかったはずだ。白石さんとヤレた後の燃えつき感もあるだろう。暑い日が続く中、仕事も非常に忙しく、夏バテ気味で気力、体力が落ちているのも事実。しかし、こんな状態が長く続くことは今までなかった。どうしたんや、俺!?  もしかしてこのまま朽ち果てていくのか……。
そんな危機的状況の俺に、泊りで東京出張の仕事が入った。よっしゃ!
東京には白石さんがいる!
白石さんの大阪最後の日、USJデートの後に結ばれて以来、何度かメールのやり取りはあったものの一度も会っていない。東京に打って出て見知らぬ土地でひとり頑張っている彼女、なんとしてもビジネスを成功させようと大きなプレッシャーを感じながら、寂しい思いをしているかもしれない。
この俺が元気づけてやろう。優しく癒してやろう。そうすれば、東京で再び彼女とヤルことはそんなに難しいことではないはずだ。大阪で結ばれたときのいい雰囲気からして確信できる。問題は、出張の日に白石さんの予定が空いているかだけだ。
『出張で東京に行くので、久しぶりに会いましょう』とメールしたところ、
『うれしい!久しぶりにお会いしたいです!色々と河内さんにお話ししたかったんです。絶対にその日は予定を空けておきますね』との返信があった。この言葉からして、100%ヤレるに違いない。白石さんは再び俺に会うのを心待ちにしているのだ。
ヤレる、白石さんともう一度ヤレる!あんなに誰に対してもヤル気が起らなかったのに、白石さんには違う。ヤリたいという思いが下半身に満ちてくる。よし、彼女と再びセックスすることで元気を取り戻すぞ!彼女は強力な回春剤なのだ。それからの数日、遠足を心待ちにしている学生のようにワクワクしながら東京出張の日が来るのを待った。そうそう、ラブホじゃなく彼女のマンションか俺が泊っている部屋でエッチすることも考えられるので、コンドームも財布に忍ばせておかねば。準備は万全だ。
出張当日。東京での用事を早々に済ませ、待ち合わせ場所の渋谷に向かう。すでに到着していた白石さん、遠くからでもすぐにわかる〝いい女〞オーラを放っている。この日の彼女は白っぽいパンツスーツ姿。俺の経験からして、女性が白いパンツをはいている時は生理中ではない確率が非常に高い。よしよし、
「今日は生理だからゴメンなさい」というリスクも回避できそうだ。しかし、俺がこんなに「ヤル」ということに対して高いテンションになるのは本当に久しぶりだ。回春効果がすでに現れているぞ。
「白石さん、久しぶり!」
「ほんとに、ご無沙汰しています。今日はありがとうございます!」
はじける笑顔の白石さん、元気そうで何よりだ。
「あの、急で申し訳ないんですけど、今日、河内さんにご紹介したい人がいまて……。後から合流するんですけどいいですか?」
エッ、誰か来るの?そう言えば、東京進出を薦めたビジネスパートナーを一度ご紹介したいってメールに書いてあったよな。予定外だけど、1軒目だけ3人でサラッと食事して、あとはうまく二人っきりになるしかないか。
「いえ、実はその人ではなくって。ビジネスのパートナーでもあるんですけど、お付き合いをしている人で」
「………」
お付き合いの意味がすぐに呑み込めなかった。えっと、つまり彼氏ができたってこと?
「はい、はじめは仕事の付き合いだったんですけど、気がつけば付き合ってましたね」
少しバツが悪そうに話す白石さん、でもなんで彼氏を俺に会わせるわけ?
「付き合う前から河内さんの話を時々していて、彼も会ってみたいって言ってたんですよ。で、今日河内さんと会うって言ったら、俺も紹介してほしいって」 
当然ながら、俺とのことは仕事ですごくお世話になった人としか言ってないらしい。
「すいません、よろしくお願いします」
……ショックだ。たった2ヶ月あまりで俺の白石さんに彼氏ができるなんて。で、その彼も一緒に3人で会うって、酷なことするよなぁ。
こいつらヤリまくってるんやろなぁ
テンション急降下の状態で、まずは2人で店に入る。東京での仕事や生活について一生懸命報告してくれるのだが、まったく耳には入ってこない。なんとか笑顔をつくりながら相手をしていると、目の前に背の高いイケメンが現れた。
「はじめまして。○○と申します」 
身長は185センチくらい。向井理をキリッとさせた感じの20代後半の爽やかな男前が、白石さんの彼氏だった。 
聞けば、彼氏は某超有名大卒で、超有名企業で海外勤務をした後MBAを取得し、独立。コンサルティング会社を経営する若きエリートであることがわかった。性格もすごくいいヤツみたいやし、俺が勝てている要素ってまったくないやん。というか、こんな男をモノにするとは、さすが白石さんだ。
「河内さん、杏子ちゃんから聞いてた感じだと、大阪の元気で楽しいビジネスマンっていう先入観があったんですけど、お会いしてみるとすごく落ち着きのある大人の方だなって思いました」 
やかましいわ。お前のせいで元気がないだけなんじゃ! それにしても、白石さんも幸せそうだし、肌艶もいい。くっそー!こいつらヤリまくってるんやろなぁ。一緒にいてもむなしいだけだ。俺は1軒目で失礼して、タクシーでホテルに帰ることにした。財布に浮かんだコンドームの輪っかの形を指でなぞりながらため息をつく。はぁ、つかれたなぁ。マッサージでも呼ぶか。
回春どころか、いっそう落ち込んで東京出張を終えた俺だが、スージーへのアプローチをあきらめたわけではない。仕事が忙しく、毎週とはいかないものの英語のプライベートレッスンを続けている。 なかなか彼女との距離を縮められないなか、7月末の某日、レッスン場所の喫茶店に行くと、スージーの隣に白人の男が座っていた。前にバーで紹介されたスウェーデン人の彼だ。なんや、また彼氏含めた3人でのお話か?
白石さんだけで勘弁してくれよ。スージーによると、彼は来年春に大学を卒業、日本の企業に就職したいのだが、就活が思い通りにいかなくて困っているのだそうだ。
「相談できる社会人の知り合い、河内サンしかいなくって……」
結局、スージーの彼氏の就職相談にのる羽目になってしまった。いったい俺は何をしているんだろう?
コートで体型を隠せる、化粧崩れがしにくいので冬は人妻の不倫の季
冬は人妻の季節らしい。
冬はコートで体型を隠せる、化粧崩れがしにくいうえ若い女に比べて寒さに強い。さらに何回男に断られてもメゲずに電話をかけ応くるから人妻専門テレクラにいくのも珍しくない。今年ー月2人の人妻を連チャンで喰った。
小柄な女が座っている。なんだ、去年の秋ごろに会った女だ。大きな胸だったので写真を要求したが断られた覚えがある「おひさしぶり。写真とか言ってた人じゃん」「うん、オッパイ撮らせてよ」ー人の女が店から出てきて、そばに座ってタバコを取り出した。が、風で火がつかない
アポった女がしつこい。「写真撮らせてくれるなら」もう一度言って、ようやく「えー、ダメ」と立ち去った。タバコを吸う。さっきの女と目が合った。髪がじゃまして目はよくいが、全体に寂しい色気がある。
「喉が痛いでしょ。お茶でもしません?」
女がうなづいた。こんなこともあるもんだ。35才の人妻、名前は朝子と言うらしい。三越の隣にある330円コーヒーショップに入った。改めて見ると、かなり厚化粧だが、髪の手入れはいいし、テレクラ人妻にありがちな貧乏臭さもなく、そういう意味では新鮮だ。さてどうしよう。先に女が口を開いた。
「女性の写真撮りたいの」「聞いてました?」「はい、プ口の方じゃないみたい」「ええ趣味で」
「こんなオバさんでよかったら、撮ってもよくってよ。子供生んでないから、たるんでないわ」
なんてこった。声が震える。「いや実は…、あのう、エッチ系なんですよ」
「いいわよ。そうだと思った。でも生理前なの。いいかしら」
ここまできてイイもイヤもない。レビトラを飲み、西口のホテル街へ向かった。
抜かないで。もう少し感じさせて
「ビールいただいていい?恥ずかしいから」
女のリクエストに、冷蔵庫から缶ビールを出して渡す。
「ご主人にバレない?」「今日は出張。女も一緒よ」なるほど、そういうことか。
顔を近づけると積極的に口をつけてきて開いた。甘ったるい唾液。ブラの中の一乳首はガチガチに固い。ペニスの部分に女の手を誘う。女は蹄曙なくジッパーを下げた。
「すごい、光ってる。女の人、たくさん泣かせたでしよ」
ことばを聞いて大きくなる。「可愛がってよ」
催促すれば、ペニスの先端に舌をつける女。フェラ顔に味がある。早く入れてみたい。
「いいわよ」女が素早く全裸になった。腰、尻、乳房は言うとおり肉の崩れはなく、左右の乳首にキスしながら陰唇に触ると、女の体から力が抜けてョロョ口とした。抱きしめてベッドに座らせて、さらに深いキス。応えて女は、舌を思い切り俺のロの中に差し込んできた。頭がクラクラしてくる。女を横にして尻を向けさせ、陰部を見るど「なめて」ときた。ありがちなトイレットペーパーのカスもなく、匂いもない。大陰唇を開いてクリトリスの位置を確認して軽く舌でころがす。角度によっては結合部が腹で隠れる。まずは後背位で挿入してパチリ。すぐ抜いて正常位で入れる。腰は柔らかく、両足を高くすると奥まで入った。この女の腔と俺のベニスの相性はいい。よがって苦悶の表情を浮かべる女の腔に射精する。
「抜かないで。もう少し感じさせて」
しばらくそのままにして、縮んできたところでペニスを抜く。コンドームの先端に血がついてるぞ。「イヤ、見ないで」女がティシュで包んで処理した。テレクラや出会い系でもなく、声をかけただけで体を開く女。さらに女として最も恥ずかしい寧真まで撮られて…。
「どうして俺なんかと」「安心できそうだったから」「それだけ」
「魔がさした、っていうのかしら…。いつもしてるわけじゃないわよ」
「また会いたいな」「うれしいけど、これっきりにしましょ」
タダでは悪い気がする。今夜は個食に違いない。デパ地下で崎陽軒のシウマイと寒ブリの刺身、それにトマトサラダを買ってやり、JRの改札で別れた。女は振り向きもせず人波に消えた。
気象予報士、半井小絵に似た30女
レビトラは効果が長く続く。昨日はー回戦だけだったので、翌日の朝も言い知れぬ性欲が残っていた。ましてや、近年にはなかった不思議な出会いセックス。いいセックスをした翌日は「また今日もできるかも」とテレクラに行き、反対にクソ女に当たると「明日こそは」と結局続けて行ってしまう。ギャンブルにハマる心理と同じだ。池袋を歩けば、また昨日のような女がいるかも知れない。そうだ、出会いの部屋「L」に行くか。以前にも本誌で紹介したが、個室で待っていると、男のプロフィールカードを見た女がその個室を訪れるシステムで、都内近郊に6店舗ある。中でも池袋店と巣鴨店がお気に入りだ。池袋は20才前後のフリーター、巣鴨は30代前半の人妻、とはっきり色分けされており、気分次第で使い分けできる。いつもはチップで室内プレイをしていたが今日は「店外デート」に挑戦するか。午後2時、巣鴨駅前ケンタの4階にある「L」に入ると、受付のポチャ女と厚化粧オネエが「満室ですけど、すぐ空きます」と俺を迎えた。順番待ちの2人の男が座っている。待機室に出入りする女たちを盗み見しながらサービスドリンクを飲んでいると10分ほどで部屋が空いた。プロフィールカードに記入して部屋に入る。
「デバ関係・47才・バツイチ。明るいHな女性がいたら、私の部屋に来てください。楽しいひとときを」
最初にやってきたのは、見るからにデブ女で、「ちょっとごめん」と言うとすぐに出ていった。2番手は歳の頃30代前半のスラリとした女だ。顔は、夜7時のNHKニュースの華、元日銀のOLで気象予報士、半井小絵(なからい・さえ)に似ている。肌はキメ細かく、尻も腰も締まっている。逃がすもんか。聞くと、一局島平に住む33才の人妻で、友達の紹介で来ているらしい。
「時間があったら外に行きません」「外って」「空気が悪いから、どこかでお茶でも」
「割り切りっていうことですか」「それもありかな」「どのくらいですか」
「外で相談しましょうよ」「ちょっとトイレ」
出ていった女の背中を見ながら、妄想する。全身をなめまくって2回戦。考えただけで充血する。が、女はなかなか戻ってこない。受付に聞くと「お帰りになりました」と。クソー、俺よりいい条件の男と外で会っているのだ。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ