★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
ee091.jpgee060.jpgee094.jpg0215_2019011721445149e_20191103002349c89.jpg0216_20190117214453d5c_20191103002350be4.jpg0217_20190117214454178_20191103002352fa3.jpg0218_201901172144563f5_201911030023536c5.jpg
02110_20191223120159698.jpg02120_2019122312020001e_202008051241076d2.jpg02130_20191223120201e39.jpg02140_2019122312020355a.jpg02150_20191223120205172.jpg02160_20191223120206b8d_20200805124109230.jpg02170_2019122312020780c.jpg
イイ女の条件とは、何か。美人。スタイル良好。性格がいい。そんなところか。しかし、個人的にはゼヒもうーつ加えたい条件がある。名器だ。女性経験は数あれど、オレはいわゆる名器の女にお目にかかったことがない。アソコがよく締まる程度の女なら何人もいたが、力ズノコ天井だのイソギンチャクだのは皆無。恐らく、世の大半の男性がオレと同じ思いだろう。そういう意味では名器の女はメチャクチャ美人でスタイルのいい女より、ずっと貴重な存在といえやしまいか
名器の女性に出会いたい。もしそれが実現したら、大げさでなく、女性観まで変わってしまうような気もする。では、そんな女はとこにいる
もちろん、このままヤリ続ければいつかは遭遇する可能性もあるが、もっと積極的に見つけ出す方法はないもんだろうか。ないことはない、かもしれない。昔から、耳の形や足首の細さなどで名器が判断できるという。むろん単に迷信だったり、全く根拠のないものも多いだろうが、これをあえて検証してみたらどうだろう。と、各種文献、インターネット等から名器の種類とその見分け方について調べた結果が下の表だ。いや、一口で名器と言ってもいろんな種類があるもんだが、この中で、イソギンチャクだけは想像がつく。本誌のかつての人気コーナー「名器道」で試みていたように、鍛えて腔圧を高めれば、後天的にも作れそうだ。しかし、それ以外は恐らく先天性のモノだろうし、どんな風に気持ちいいのかもまるで想像できない。とりあえず、名器を見極める条件を整理しておこう
ミミズ千匹、ヒダ系、力ズノコ天井、締まり系、タコツボ、特徴ヒダが本数、深さともに倍近くあり、ベニスへの刺激が強い農前壁に沢山の細かな突起が並んでいてペニスを刺激する腔内に2カ所(3カ所)起伏(凸凹)があり、べニスを締め付ける腔口周辺の控括約筋が発違しており、ペニスを強く締め上げる瞳内が狭く、愛液に満ちた控壁が吸いつくようにベニスに絡みつく、ガニ股耳の穴の入り口が狭く、下部がトックリ状の溝手のひらがふっくら、湿っている、足が小さい、足首が細い、切れ長の目で下まぷたブックリ、耳の穴の入口が狭く、下部がトックリ状の溝、手のひらがふっくらして、湿っている
諸説が正しいなら、この特徴を持つ女にアプローチすれば、名器に出会えることになる。オレ的には少なくとも2項目は合致してもらいたいが、果たして・・
19才ユキちゃんとは何度かメールでやり取りする仲となり、そのうち写真も入手する。中島美嘉に似た感じでなかなか力ワイイ。おまけに適当な理由を付けて聞いた足のサイズが22・5センチときた。ええやないか。しかし当然ながら、これしきのことで名器と出会えるなんて思っちゃいない。
実際に街に出てガンガン行動するのが河内
真佐久の真骨頂。名器の特徴を持つ女性を探し出し、口説き落としたろやないか。最初はタコツボに多いという手のひらが湿っている女だ。確認方法は、相手の手に触るしかないか、見ず知らずの女性にお願いしたところで、不気味がられるのがオチ。手相を見る占い師を装うという案も現実的ではない。で、考えたのが次の作戦である。手のひら湿り気チェックと称した雑誌の取材を装い、街頭の女性に、20センチ四方程度のセロハンを手のひらにくっ付けてもらう。見事くっ付いた名器候補の女性には、「詳しく話を聞きたい。謝礼も出す」と喫茶店に連れて行き、口説きまくる。かなりムリ目な計画だが、案ずるより生むべし。オレは文房具屋でセロハンと粗品を買い込み、ミナミの街へと繰り出した。それで彼氏、いっつも早いんかなあさっそく、ハタチ前後の女のコに声をかける。背が低いので恐らく足も小さいはず。これで手のひらが濡れていたら見事条件クリアだ。まずは粗品を入れた紙袋の中を見せる。「このセロハン手にくっ付くか試してみるだけやで」「そんならやりますー」さっそく、彼女の手を取り、セロハンを強く押しつける。結果は×。何度やっても、ハラリと落ちてしまうのだ。うーん、残念。その後ー時間ほどで、十数人に声をかけたろうか。うち協力してくれたのが7人。さらにセロハンがピッタリくっ付くほど手のひらが湿っていた名器候補も3名いた。が、予期していたが、誰も喫茶店までは付いて来ない。やっばり企画倒れか。
2日後。気を取り直し、今度はキタで勝負を挑む。営業を早めに切り上け、5時すぎかり行動開始したところ、30分足らずで派手目の3人組が足を止めた。
なかなかノリがいい、しかも実験の結果、全員セロハンかべったり。
「手が湿ってるって、オッサンみたいでハズカシー」よーし、この名器候補3人組の中から絶対ー人は落としたるぞ。4人して小廼洛た居酒屋へ、3人は大学の同級生で、よくつるんで遊んでるらしい。とにかくノリがよく、酒の勢いも手伝い、話はどんどんシモネタの方向に広がっていく。
「キャー、そしたら、ウチらみんな名器いうこと?すこいやんー」
「他にもいろいろ見分け方があるんやで、足のサイズ言ってみ」
こんな調子で3人をチェックをしたところ、一番派手目の力ナコが、手の湿り気、足のサイズ、足首、耳の形の4項目で条件をクリアした。
「ウソーそれで彼氏、いっつも早いんかな」「たぶん名器やで、自分」
それ喜んでええんよねこもちろんや。何ならオレと試してみようや。と、心の中で口説くも、3対1ではとうにもならないとりあえず、もうー軒行っときますか。で、彼女たちのリクエストもあって、キタで人気のクラブに足を運んだのだがこれが大失敗だった。3人とも健康的にガンガン踊っているだけで、オレのことなんか放ったらかしなのだ。結局、3時間以上付きあわされ、ー人かり携帯の番
号を聞き出したのみ。カナコを落とすのはあきらめた方がよさそうだ。あー、しんど。小さい靴を買う女はすなわち作戦変更。今度は、一番わかりやすい「足が小さい女」を狙ってみる。声をかける手段としては、オレが開発した究極のナンパ法《力ップル喫茶の取材アシスタントしませんか》で臨むのが手っ取り早いだろう。ターゲットは当然、足のサイズが小さいことが予想される背の低い女になるが、両者が必ずしもイコールとならないのも事実。もっと確実に小足の女を見つけ出す方法はないものか。・・あった。靴屋だ。衣服にビッグサイズやスモールサイズ専用の店があるように、靴にも小足(女性なら21-22センチぐらいか)の人専門のショップがあるはず。当然、そこに来る女性客は全員足が小さく、すなわち名器候補生…。名案やーさっそくネットで調べた結果、心斎橋にスモールサイズ専門店をー軒発見。翌日、営業途中に覗いてみたところ、これが予想に反し、イメージがよろしくない。店内は暗く、まったく人気がないのだ。話になりまへんな。
ならばと、次に同じ心斎橋の某デパートに足を向ける。予想が正しければ、靴売場に小さいサイズのコーナーがあるはずだ。読みは当たった。売場の片隅にお目当てのコーナーが設置されている。女性客もちらほらおり、しかもその姿がちょうど椅子から確認できるという絶好の口ケーションだ。オレはすぐさま会社に直帰する旨、連絡を入れ、捕獲作戦に取りかかった。ロビーで獲物を待ち、百貨店かり出たところで声をかける、という計画だ。2時間頑張って、7人目でやっと話を聞いてくれる女のコが捕まった。ハタチのフリーター、マミちゃん。身長は145センチくらいで、かなり小柄。頬がぷっくらとした童顔で、なかなかかわいい。おまけに、よく見れば切れ長切目に下まふたかプックリ。期待できるぞ。彼女、力ップル喫茶がなのかまるでわかってなったが、「時間はあるの協力してOK」と言う。フフフ、今までの経験からして、ヤレたも同然だろう。
力ラダが小さいだけに体位も自由自在ミナミの某力ップル喫茶では、すでに2組の力ップルがイチャつき、店内に吐息を漏らしていた。「・・すごいところですね・・・」
一応、基本的な内容は教えておいたが、さすがにマミも驚いた様子。そう、そのショックな表情がたまらんのや。
「一応取材とバレないようカップルのふりしててな」「はい」
隣の力ップルの女性がフェラチオを始める。それを黙ったまま見つめるマミ。明らかに興奮している。オレは肩にまわしていた手で、ぐっと彼女を引き寄せた。「だめですよお」そう言いなから、抵抗する様子は皆無。手を握ると汗でぐっしょりだ。キスをしながらタンクトップの上から胸を愛撫。思ったよりずっと大きい。スカートの中に手を伸ばし、パンティーの股のところから指を滑り込ませるクショクショだ。マミもズボンの上からオレのムスコをギュッと握っている。
「出よか」黙ってうなずくマミを連れ、すぐそばのラブホに入った。すでに2人ともエンジンは十分あったまっている。シャワーも浴びずベッドに倒れこんだ。ここで一応、彼女の名器の条件をチェックしてこう。なんと4項目で条件クリア。嬉しい結果に期待感が高まる。さっそくビショビショのアソコに指を入れてみる。オッ、かなりキツ目。んじゃたっぷり骨撫して、挿入といきますか。まずは正常位で合体。うーむ、やはりかなりキツ目だ。が、愛液が多すぎて、どちらかというと、口ーションを付けながら手でしこかれてる感じに近い。いずれにしろ、相当気持ちがいいぞ。しかし、それ以上によかったのが、彼女の小さな身体だ。扱いやすいというか、入れたまま体位を変えたりするのも自由自在。加えてマミ自身の反応も抜群なものだから、まさに大満足のセックスだったのだが、肝心の彼女が名器だったかどうかは、正直よくわからない。キツ目はキツ目、少なくとも最初の表にあったような特徴はなかったように思う。ホテルを出てマミが言った。
「河内さん、力ップル喫茶、すぐ出ちゃったけど、取材になったの」
あくまで取材だと信じて疑わないマミ。キミはいいコやねえ。
ホテトル嬢をチェンジしまくって
今度はプ口の女で試してみよう。ホテトル嬢を呼び、名器の条件に合うコが来るまでチェンジするのだ。
「小柄で足の小さいコ、いてます?」「ハハハ、足の小さいコはアソコもいいっていいますもんね」うわ、バレてるがな。「それなら25才、小柄でお薦めのコがいますよ?10分ほどでお伺いできますが」「んじゃそのコで」15分後。チャイムの音にドアを開けると、松居直美似のパッとしない女が立っていた。身長は155センチくらいか
「私でいいですか?」「ゴメン、足のサイズは何センチ?」「23・5ですけど」
「ちょっと手のひら見せて」「は、はい」あかん。乾いてるで。条件にかすってもおらんやん。チェンジや。で、2人目がやって来たのだが、これまがまた腹の出たひといブス。名器以前にオレか勃たんぞ。もう1回チェンジ
「お客さん、ぶっちゃけていいますけどね、最初にできるだけ希望にそったコをお届けしてるんで、キャンセルされればどんどん厳しくなっちゃいますよ」ホテトルのニーチャンは、だいぶムッとしているようだ。けど、いくら何でもあれはひどすぎるで。「わかりました。幸い、もうじきかわいいコが戻ってきますんで、そのコに行ってもらいますわ」最後のチャンスということだろうが、果たして来たコは、前の2人よりはひどくないものの、これまたボッチャリのパッとせん女だった。ただ、見た感じ、靴は小さそうへ!しゃーない、いっとくか。
耳は耳角と対耳角の幅が狭く、かなり窮屈そうな入り口だ。ってことはキンチャクの可能性ありか7風呂で身体を洗い、ベッドに横になる。オレの乳首、ムスコを舌で責める女。さすがプ口、技術は確かだ。「じゃ、最初は私が上でいいかな」
女が跨り、ゆっくり腰を落とす。締まりもある方だろ~。腰を振りながら女が聞く。「どう、気持ちいい?」「うん」「でしょ。結構いいもの持ってるってよく言われるもん」自分から自慢するほどのものではないと思うが、まあ悪くはない。けど、名器と言うまではなあ…。こ、この感触は、2段締めに違いない
芳しい結果が得られないなか、最初出会い系サイトで見つけたユキと、ようやく会える約束を取り付けた。ー力月間、メールで親交を深めていった成果である。待ち合わせ場所に現れた彼女は、写真どおり中島美嘉に似たかわいいコだった。小柄ながら、豹柄のピンクのスカートにタンクトップといっワイルトな格好がよく目立つ。
「河内さんってやっぱり若く見えるよね。私の倍以上の歳には感じないよ」
なかなかうれしい事を言ってくれるやないか。そしたら、ひとまずキタの無国籍料理の店でも行こか。酒を飲みつつ、彼女が言うことには、2カ月前に彼氏と別れたらしい。付けいる隙は十分ありそうだ。恒例、名器の条件も、足が小さい〇足首が細い〇ガニ股〇斜視×切長の目、下まぶた耳の形〇手のひらが湿っている×と、なかなかの好成績◇よつしゃ絶対落としたるー
なんて気合いを入れる必要はなかった。あまり酒に強くないのか、ー軒目で早くも目を潤ませたかたと思うと、2軒目ではー杯力クテルを飲んだだけでオレにしなだれかかってくる始末。そのまま、ホテルにもすんなり付いてきてエレべータの中でキスしたら、ユキちゃん、思わずこう言ったのだ。
私な、お酒飲んだらエッチしたくなるねん
まったく、拍子抜けするほと簡単や部屋に入り、服を脱がせる。下着まで豹柄、横を紐で結んでるエッチくさいパンティ。一緒にシャワーを浴び、少しアルコールが抜けたのか、ユキは見る見る元気になった。「このホテル、口ーションおいてるよ。使おー前の彼が口ーション大好きやってん」19才で口ーション遊びすんなや、と思いつつ、風呂場で身体に口ーションを塗りたくってさわりっこ。ウヒャートランジスタグラマーのオッパイの感触がたまらない。もうガマンできんとばかりにベッドに移動。シックスナインかり正常位で挿入。ペニスを半分ちょっと入れたところで、先が何かに当たってしまった。こんなに浅いのか。「奥まで入れてとエッ、もっと突っ込んでいいの?」グッと腰をいれるとペニスの先がズブズブと中に入っていく。なんじゃこりや。「あーん、それイイー」何度も体位を変えながら奥まで突きまくる先っぽが握られてるような、初めての感触。特に騎乗位で腰を振られたときは、こちらも思わず声を上げたほどの快感である。
「ああ、もう、イク、イク」端ぎまくるユキを下にし、再び正常位に。と、今度は入り口の方がギューと締まってくる。タ、タマラン。
2人同時にイッた後もペニスはピンピンで、そのまま2回戦に突入
もはや間違いない。ユキのアソコは、いわゆるニ段締めってヤツだ。ついに、オレは名器に遭遇したのだ。名器の定説は、結構当たってるのかもしれない。ユキはもちろん、他の2人もかなり締まりはよかった。ただ、例のホテトル嬢が超名器だったとしても特別うれしくなかったろうし、逆にマミやユキか多少ユルマンだったとしても、十分興奮できたに違いない・・・そう思うと、オレの中で名器は、イイ女の条件としてはさほど大きな要因ではないようだ。聞くところによると、女はセックスのとき、燃えれば燃えるほど、感じれば感じるほど腔の収縮、ひだの運動が活発になるらしい。結局、名器を作るのは男性側の努力しだいなのかもしれない。
名器のおまんこの美人は耳の形や足首の細さなどで判断できるのか
AV男優に名器度を採点してもらう

「AV男優さんにキミの名器度を採点してもらおうと企画してたんだよ」
ボンっ。なるほど、今後の課題が明確になるというわけですね。
ってそんな!見知らぬ人とセックスするなんてはしたない真似できるわけがありません。
「ショッパイこといってんじゃね-つ-の。プロのテクを堪能したくね-のか.極楽に行きたくねえのか」
「・・・」
輝度のことながら強引な展開です。
モノのように扱われる私って何なんでしょうか。
で後日、無理やり編集さんに連れてこられたのが都内某所のラブホ。やけに豪華な造りの部屋に入ってみると、ん?誰か、すでにベッドの上でたたずんでいますけど…。
「こんにちわ。望月未来です。」

本物のAV男優、しかもジャニーズ顔のかなりいい男です。恥ずかしながら、スマップのファンクラブに入会している私。この人とならヤってもいいなあ。っていうかぜひヤリたいです。
あいさつもそこそこに、交代でシャワーを浴びると、さっそく未来さんがこちらににじり寄ってきました。
「じゃ、ボチポチ始めましょうか」
「え、はい…」
困惑する私をよそに、彼はスルスルとバスローブを脱がせにかかります。すかさずねっとりした指が私の体をモゾモゾ。
きすがプロ。女の快感ポイントを熟知した攻めに、思わず声がもれてしまいます。傍らでカメラを橘える編集さんのニヤけ顔も次第に気にならなくなってきました。
「感じてきたね。もっとイイことしてあげる」
ジュボ。
今度は私のアソコを吸いだす未来さん。なんてイヤらしいんでしょう、気持ちいいんでしょう。
ジュババ
「イヤ、んぐぐぐ。ああん、ダメ」
「そろそろ指入れるね。きっと潮がでるよ」
ぐにゆぐにゅ。Gスポットっていうんでしょうか。膣を強く刺激されてもうかなりヤバ…。
「あああああ!」
「ホラホラホラホラ、出るよ!」「ワーー・」
…潮、ぶつ飛び。てなわけにはいかなかったのですが、それでもかなり濃いのがアソコから垂れるわ飛れるわ。もう、濡れネズミです。
未来さんの責めはさらに続き、今度はコンドームを装着したかと思うと、おもむろにアソコヘ突っ込んできました。頭の中はすでに真っ白ですが、白目を剥いているヒマはありません。ようやく今までの努力が試されるのですから。
「うっ。栗原さん、キッキッ」
きつきつ…。え、キッキッ?いつの間にか膣圧が上がったのでしょうか。だとしたらスゴイ。きっとこの連戦の賜物に違いありません。
「うわぁ、すごいよ。」
感無量です。いやしくもプロの男優
ざんが私のアソコに悲鳴をあげるとは。これはもう、名器といっても過言じゃないはず。安心したのでそろそろ私もイキたいと思います。では。
未来さんと同時に昇天、余韻を楽しんでいると、今回影の薄かった編集さんがしやしやり出てきました。雰囲気、ぶちこわしです。
「いやアッバレだったよ。ご苦労さん。じゃ望月さん、採点表に忌憚のない評価をお願いします」
「はい、わかりました」

高得点ですよ。ん-努力って素晴らしいことですね。歩んでよかった名器道。耐えてよかったイバラの道。うふ。
よし次。「性器のルックス」、「味」はあまり良くありませんね。それにしても「ビラ黒し」ってねえ。色素抜きは前回失敗しましたし、これ以上はピ
クにならないでしよ。だからもう色については却下、却下。
ただ酸味、これは改善の余地がありそうですよ。食生活とかも関係あるらしいですからね。
残りは「濡れ具合」に「恥毛」ですが、…なんか吐き気がしてきました。
「この得点、どう受け止めたら…」
「え、マンマじゃん。半人前以下のアソコってことでしよ」

「カズノコ天井」「ミミズ千匹」「三段締め」名器の定義って何?

「名器になりたくない?なりたいでしょ。ねえ、なろうよ名器に」

実は私、以前雑誌で、シマルッチという、膣を鍛えるバーベルの実験台として登場させていただいたことがあります。そのとき「ユルイユルイ」と自白したものだから、編集さんもこんなバカな企画を思いついたんでしょう。

「で、どうなのよ、今の膣で満足してるわけ?」

「え、いや、そういうわけでは…」

恥ずかしながら、私がお相手する男性はなかなかイキませんし(結局、最後は口でイカせることもしばしば)、お風呂に浸かると自然とアソコにお湯が入ってきます。ユルイとはっきり告げた男も2人ばかり知っています。

中2のときに初体験を済ませて以来、70人以上の男性と経験してきた私。いよいよ体にもガタがきているのでしょうか。昔はそうでもなかったの

「いいでしょ。ユルマンがさあ、日々の努カを経て名器になるんだよ。感動するね」「わかりました、やります。名器への道ですね」

「そう、道。名器道」名器道か・・。絶対、平坦な道じゃないだろうな。

言ったはいいけれど、ところで名器とは何でしょう。

「カズノコ天井」「ミミズ千匹」「三段締め」とかって一言われてるアレですよねえ。中がザラザラしてるとか、勝手にウネウネ動いたりするとかってやつ。他に思いつくこととい、つと、締まり具合、見た目の良さ。あと濡れ具合やニオイなんかも名器の判断基準になるんでしょうか。

ああ、書いてて自己嫌悪に陥っちゃう。そこで、名器とは何かとの教えを乞いに、裏モノが過去にお世話になった整形外科「十仁病院」の院長先生にお話しを伺うことにしました。

「話を聞くだけでいいのかなあ」道すがら、編集さんは言います。

「現在の腔状況みたいなの、調べてもらったほうがいいんじゃないの?」

「え、調べるって…」

「だから締まりはもちろん、ザラザラ感とか濡れ具合とか」

「股開くんですか」

「そりゃ開かないと、診察できないじゃん」

失礼なことを言う人です。いくらヤリマンだからって・・・
接室に資料を用意してくれていた院長先生は、開口一番にこうおつしゃいました。

「名器っても、そりゃ一概には言えないんだよ」

セックスというのは脳で感じるものなので、ある男にとっては名器でも別の男にはそうじゃなかったりする。つまり絶対的な名器というのは存在しないー。

うん、私もそう思ってました。そもそもアソコだけ素晴らしくても、それで男を満足させられるわけじやありませんし。

「とはいっても、他の条件が同じでキッマンとユルマンの2人がいれば、キッマンのほうがいいわけですよね」

編集さんは食い下がる。のっけから名器など存在しないとなれば企画そのものが消えてしまうのだから当然でしょう。
そこで「締まり」という観点で突っ込んでお聞きしたところ、面白い話が出てきました。本能的に、東洋人は横の締め、西洋人は縦の締め(子宮が下に降りてくる感じ)、そして黒人は縦横両方に締めるんだそうです。

なるほど、黒人とヤルと忘れられなくなるって言うもんなあ。あ、あれは男の話だっけ。で、これは本能の話だから努力とか根性でどうこうするのは不可能。縦であれ横であれ意識的に締めようと思えば、随意筋(自分の意志で動かせる筋)をなんとかするしかありません。

「どの随意筋を動かすと締まるんですか」「それは、ここここ」

先生は、机の上の女性器断面写真を指さしました。「骨盤底筋群」と書いてある。「あ、ホントだ。こんなとこに筋肉があるんですね」

「そう、これはお尻ともつながってるから、肌門を締めるとアソコも締まるんだよ」「へえ」ポイントが見えてきた。名器への道は、この随意筋を鍛えることから始めればいいのだ。

「診察台でちょと診てやってもらえませんか」

編集さんはどうしても現在の医学的なデータがほしいみたいです。もうどうしてこんなに失礼なのかしら。しかし、私の困った顔を察してくれたのか、先生はあっさり却下します。

「だから、男とヤルときと診察台の上とでは違うんだよ」
そのとおり。やっぱ肉棒があるとないとじゃ、全然違うもんね。

病院帰りの喫茶店で、編集さんと私は今後進むべき道について話し合いました。

「いや、もちろん色や匂いも大事だよ」

「ええー先生はそんなこと言ってませんでしたよ」

「バカ、先生は一般的な話をしただけなんだよ。お前、黒とピンクならどっちがいいよ」

「ピンク・・・」

「だろ。男だってピンクが好きなんだよ。脳で感じるってのはそういうことなんだって」

そっか。そういうもんかもな。でも色なんてどうすれば…。やっぱできることと言えば、随意筋を鍛えるしかないなあ。

「ま、できることからやればいいんだよ。道は長いからな」「イバラの道ですね…」

とりあえず次からは、腔圧を強くすることから始めてみようと思います。

ゆるまんのおまんこを名器にする秘策

おまんこ名器の条件って何?
1、女のオナニーを、未だ生で見たことがないというみなさん、人生を損してますよ。カノジョやセフレが、自らの手でくちゅくちゅする姿を想像してください。ヤバイでしょ。普通にお願いしても、なかなか見せてくれないので、この方法を使ってご堪能あれ。受け身一辺倒に慣れきった女は、せいぜいフェラぐらいしか覚えようとしない。騎乗位での腰の上手な振り方なんて学ぶ気すらなかったりする。でもせめてこの2つぐらいは命じてやろう。シンプルで簡単なのですぐマスターできる。
2、ユルユルのアソコを名器にする秘策
「ケツを締めろ!」と命じるのが手っ取り早いが、いかにもユルイことをなじっているようで機嫌を損ねる恐れがある。ここは肉体の自然な反応を利用しよう。
3、あらかじめ女に言わせたい台詞を考えておこう女に恥ずかしい言葉を言わせたいときも、やはり事前にいくつかのパターンを覚えておいたほうがいい。いざゼロから考えていたのでは、凡庸なアエギ声だけしか聞けぬままタイムアップだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ