★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
188_202004101625317ae.jpg189_20200410162532549.jpg190_20200410162533eb8.jpg191_2020041016253060f.jpg94_2020092515395128d.jpg95_20200925153950893.jpgp74p_20200804130436763.jpg1_2019112723333069c_20200804130435af4.jpg
2_20191127233332a12.jpg
婚活パーティで出会った美女を自宅に連れ込むも指一本触れることなくお開き
20191011074149.png

なんと今月は奇跡が起きてしまった。この連載史上初の、どん底からの一転、夢のようなV字回復だ。 担当サトウ氏や読者のみなさんの蔑みにこの数年耐え抜いたオレが、ついにある地平へたどりついたのである!
11月の末、唐突にラインをくれたのは、オグだった。そう、今夏の婚活パーティで出会ったオグシオのオグ似のゆかりちゃん30才だ。二度デートし、その後は『またこちらから連絡します』とラインをくれたきりだった、あのオグである。
てっきりフラれたものと、こっちからクビ扱いにしていたのだが、なぜ今ごろになって連絡を?
〈寒くなってきたけれど風邪をひいてませんか?〉
内容はオレの健康を案じるものだった。返事をかえす。
〈元気ですよ。元気ですか? 今度食事でも行きましょうか〉
ずっと連絡をよこしてこなかった女に対し、この返事は甘すぎるようにも思えるが、吉本興業も極楽山本の復帰を許したように、オレも寛大なところを見せてやらねば。
なぜかラインはトントン拍子に進み、次の土曜に恵比寿で会うことになった。ずっと放置されていたのに、このスムーズな展開は何だろう? 
可能性を推理してみる。
①他の男と別れた
このセンは濃厚だと思われる。他の婚活男と付き合いかけたけれど、体目的っぽかったので逃げたとか。

②クリスマス前でさみしくなったこれもあるだろう。もしこのパターンならクリスマスを過ぎたらまたナシのつぶてだ。
③オレを好きだったが、本当に忙しくて連絡できなかった

できればこれであってほしい。 ま、とにかく現状でヌカ喜びしてられない。会ってオグの真意を聞きださねば。
土曜夜の恵比寿駅。一応はお洒落タウンのはずなのだが、待ち合わせしてる連中の中にはブサイクちゃんも多い。この町はいつからこんなになったんだろう。
なんてことを嘆いているところにオグが現れた。可愛いじゃないか! 
決して長澤まさみクラスではないけれど、オグシオのオグと言えば、かつては一世を風靡した美女だ。今の低レベル恵比寿の町では輝いて見える。
とりあえず居酒屋へ。開口一番オグは言った。
「忙しくて連絡できなくてすみませんでした」
このひとことを鵜呑みにするほどオレも童貞じゃないが、ここは信じてあげたほうがオグにとってもオレにとっても平和なことは間違いない。というわけで推理の結果は3番で確定にしよう。
「そうなんですか。嫌われたと思ってましたよ」
「すみません、私も勇気が出なかったんですけど、返事をもらえてうれしかったです」
うーむ、相変わらず殊勝なことを言う。どうしてこんなにおしとやかな女性が、モテない人生まっしぐらのオレを相手にしてくれるのだろう。 
ここでまたマイナスの可能性が頭をよぎる。
①デート商法
婚活で引っかかった男を1人ずつワナにかけてるとか。
②宗教やマルチ
油断はできない。それにしては時間をかけすぎな気もするが。 
もちろん直接聞くわけにはいかないので、居酒屋ではなごやかに過ごした。忙しかったと言うわりには、女友達とメシを食いに行った話が出てきたりするところにやや不審なものを感じたが、流しておこう。 
さて、ここでオレの頭に裏モノ的なアイデアが浮かんだ。
今2人のいる場所は恵比寿である。オレのマンションまではタクシーで数分だ。そして部屋には以前の出張で買ってきた宮崎土産がある。つまり…。 
かつてこんなスマートな口説き文句を使ったことはないが、今こそ裏モノファミリーとして口にすべきではないのか。よし、どうせ一度はクビにした女だ、思い切って言ってやれ。
「あ、そういえば家にお土産あるんやけど、取りに来ます?」
「はい。ありがとうございます」 
あっさりOK!ついに、ついに、部屋に女性がやってくる!
思えば3年前に中目黒に引っ越したのも、全てはモテるためだった。界隈のお洒落女子を引っ張り込むために、高い家賃を払い続けてきたのだ。その目論見はあっさり崩されていたのだが、今夜ようやく投資が回収される!
居酒屋を出てタクシーに乗り込みマンションへ。散らかっている裏モノをあわてて隠し、オグを招き入れ、コタツに座らせる。
手紙ナンパの彼ならば、しばらくしたところで接吻するのだろうが、オレにそんなテクはない。本棚やCD棚を眺めるオグをただ見つめるだけだ。 
現在、我々の位置関係はコタツにL字に座った状態だ。手を伸ばせば接吻のひとつやふたつ、さらにはそれ以上の性行為も考えられる。ここは行くべきなのか? 
が、ここで第3のマイナス因子が頭をよぎった。
③美人局
考えすぎだとは思うが、絶対0とは言い切れない。町田足土さんみたいにヤクザに絡まれるのはゴメンだ。
そんなこんなを悩んでいるうちに、オグが言った。
「そろそろ終電が…」
え、もうそんな時間?
「あ、ああ、じゃあ駅まで送ります」
大チャンスをもらいながら、結局、指一本触れることなく、お開きとなった。しかし、ここからオレは男になったのだ。 
駅へ歩く道すがら考えた。オグは、オレの理想とする長澤まさみクラスからはかけ離れている。でも美人ではあるし、性格も穏やかだ。連絡の途絶えたブランク期間が気にはなるけれど、部屋に来たぐらいだから今は赤澤慎吾一本に絞ったと見ていい。
きっとそうだ。
「あの、もしイヤじゃなかったら付き合ってほしいんやけど」
白い息を吐きながら勇気を出した。オグが前を向いたまま答える。
「はい、私も」
え!え!!  私もだって!
手もつながず、接吻もせず、駅に着いた。ぼそっとオグが言う。
「赤澤さん、私のカレシですね」
主体が逆のような気がした。
「私、赤澤さんの彼女なんですね」と照れ臭そうにするのが、オレの求めるハニカミちゃんなのだが。
まあ、オグはちょっと変わった人なのだろうと思っておこう。さあ、今年のクリスマスは2人でどこへ行こうか!
以下の展開が予想されるため、しばらく連載は継続します。
①ヤラせてもらえない
②すぐフラれる
③イヤな部分が目について別れる
④もっと長澤まさみレベルを目指したい

婚活サギ女の足下にも及ばぬイマドキこんな手口に編される男性

婚活サギ女の足下にも及ばぬイマドキこんなのに編される男性
男42才。すでに不惑の年齢に到達したハズの私だが、ここ最近、ある女を巡って心が乱れている。あいつは私をペテンにかけるつもりなのか。それとも好意を抱いてくれているのか。わからない。考えるほどに、あいつの真意がわからない。
はやくあなたの奴隷になりたいな

話は、今から2年前にさかのぼる

当時、私は様々な恋人募集コーナーに投稿をくり返していた。

当方、40才既婚の会社員です。食事や映画など楽しい時間を一緒に過こしてくれる女性と出会いたいです。住所・愛知県●●市0901××××・・

待てど暮らせど女性からの応募は来なかった。考えてみれば、男性読者オンリーの本で恋人募集すること自体ムリがあったのかも。諦めかけていた矢先、ー通の便せんが届いた。差出し人は見覚えのない男性名だ。

便せんには直筆で書かれた手紙のコピーがー枚入っていた。なんと大阪在住の30才未亡人が、私とお付き合いしたいというではないか。それもSMや露出プレイに興味アリの未亡人が(写真)

差出人に男性名を使ったのは、妻帯者の私に迷惑をかけないための配慮だという。なんて細やかな心遣いだろう。また、手紙がコピーなのは、別の男性2人にも同じ手紙を出すため、やむなくそうしたらしい。わざわざ『コピーでこめんなさい』と断るあたりに、誠実な性格が伺える。
さっそく私は手紙を書いた(電話番号は書かれていなかった)。ライバルどもに取られちゃかなわない。

『お手紙ありがとうこざいます。SMがお好きなようですが、私は責めるのが得意です。美貴さん(彼女の名前)はSですかMですか?』

数日後、返事が届いた。

「責めが得意とはステキですね。私はかなりのMです。なのではやく大矢さんの奴隷になりたいな」

全身の血が下半身に集中し、頭の中が空っぽになった。タマらん・・。しばらく手紙のやり取りが続き、互いの写真を交換してからは、寝ても覚めても美貴とのセックスを夢想するようになった。ドスケべで、なおかつバラの花が似合う女。私はいま、極上のセフレを手に入れつつあるのだ。

その年の暮れ、美貴から念願のお誘いが届いた。

ようやく大矢さんと会えることになりました。ただ大阪から愛知までは遠いので旅費としてー万円振り込んでくれませんかっ

もちろんソク振り込んだ。が、その直後彼女から、交通事故に遭ったのでやっばり来れないとの連絡が。しかたなく3カ月間、連絡を取りながらケガの回復を待った。だが、いつまでたっても会えそうな気配はない。なんだかバ力らしくなった私は、以後、文通を止め、彼女のこともキレイさっばり忘れた。

今年、ひょんなことから美貴の手紙を見つけ、また彼女のことが気になりだした。とっくにケガは治っているだろうし、もう会えるかも。

『大矢です、覚えていますか?もしよければ会いたいのですが』

最後のやり取りからソートー時間が経っているにもかかわらず、返事はすぐに届いた。『覚えてますよ、お久しぶりですね』よっしゃーと拳を握りしめたのも束の間、こんな文章が目に飛び込んだ。

『旅費としてー万円振り込んでくれたら、すぐにそちらへ参ります」前回とまったく同じ展開に、さすがの私も疑いを持った。もしやコレ、編しなのではっ
真相を確かめてやれ。

『ケータイに直接連絡してくれませんかっ露出が趣味ならその写真も見せてください。そうすればー万円送ります』

しかし結局、美貴から電話はなく、私のもとには彼女とは似ても似つかぬ女性のヌード写真だけが届いた。誰だこれっ

『美貴さんと違いますね。ご自身の写真をください』

送られてきたのは、2年前に彼女からもらったものと同じ写真だった。

「恥ずかしいから前はお友達のヌードを送ったの」

ー万を払うべきか否か。私はどうしたらいいのだ?

異業種交流パーティで出会ったプライドの高いドSの女の子とSEX
出会ったのは、異業種交流パーティでした。ここには、営業相手を探すために目をギラつかせている女性たちがたくさん転がっています。今回狙ったのは少し風変わりな女性でした。背丈が150センチもない彼女は、自己紹介用に胸に貼られたプレートに「食品メーカーでトップセールスの営業ウーマン」と堂々と書いていました。小動物のように目がクリっとしていてかわいらしく、とても営業トップには見えない彼女。20代後半くらいでしょうか。パーティでの注目度は抜群で、男たちが次々と声をかけていきます。
「おねえちゃん、かわいいね! お互い営業同士で仲良くしてよ!」と話しかける胡散臭いコンサル風オヤジ。
「都内で3軒バーをやってるから今度遊びに来なよ」
 とナンパする茶髪ロン毛の若者社長。みな、その肉体を狙っていることは明らかですが、驚いたのは彼女の態度です。LINEや名刺の交換を提案してくる男たちを次々とかわしていくのです。
「きっと相思相愛ならまた会えるから、連絡先は交換しないでおきます。会社から取引先にしか名刺を渡しちゃダメって言われてて…」
すぐに彼女の性格が垣間見えました。営業トップの彼女はとてもプライドが高く、男たちが口説けば口説くほどそれをあしらうドSの女の子。こういうコの攻略法は一つ。こちらがよりSな態度を示せばよいのです。群がる男たちの中に僕も入っていきます。
「お姉さん、男の子たちから大人気だね。普段どんな仕事してるの?」
「家庭用レトルト商品の通販や、飲食店への加工食材の営業をやってます。お兄さん、一人暮らしですよね?料理の時間ってなかなか取れなくないですか? レトルト食品を定期的にお届けする便もやってるんですけど、どうですか?」
さっそく営業トークを始める彼女。僕を単なる客としか思ってないようです。
「一般家庭の人を相手にするのは大変でしょ? ちゃんと休めてるんですか?」
「ううん、大変なのが仕事ですから。休みはとれてないですけど」
「じゃあ、彼氏もいないんだ?」
「うん、いないよ。モテるけど」
「そうみたいだね、じゃあオレのセフレ3号にしてあげるよ」
「えっ? なにどういうこと? 私が3番ってこと?」
急に動揺する彼女。ほかの男たちからはちやほやされていたのに、いくらセフレと言えども、ナンバー3という評価に納得がいかない表情です。
「うん、他に1番も2番もいるからね。キミは3番目に入るか入らないか、かな」
「1番と2番ってどういう人なんですか?」
負けず嫌いの彼女が食いついてきます。
「それはまた今度ね。実はオレも営業成績トップでね、いま忙しいの。次のアポがあるから帰るね」
その場を立ち去ろうとする僕を彼女が追いかけてきます。
「ちょっと待ってください! 連絡先だけ教えてもらってもいいですか? まだそのセフレの話、聞いてないですよ」
「なに? 聞きたいの? 聞いてもナンバー1にはなれないよ?」
「いいから早く教えてください!」
負けず嫌いの彼女に向けた戦略がバッチリ決まりました。こうしてLINEの連絡先を交換し、メッセージのやりとりがスタートしたのです。その後、事態は思いがけない方向へ転がっていきました。「営業成績トップ」と言った僕のことがよほど気になるのか、仕事についての悩み相談を次々と持ちかけてくるのです。
〈お客さんから「冷たいね」ってよく言われるの、なんでだろう?〉
〈私が女だから契約したって目の前で言われたことがあって…〉
すべての悩みに対しての僕の答えは一つ。「そういうこともまだ乗り越えられてないなら、本当の営業ウーマンにはなれないよ」。
気づけば、彼女は僕を先生のように頼るようになっていました。そして──。
〈今度、私の営業見てくれない? 取引先のところに行くから、知り合いってことで隣で見ていてほしいの〉なんと、僕を営業するのではなく、自分が営業しているところを見てほしいというのです。
平日の夜18時。都内某所の某飲食店。本当に彼女の営業先に足を運んでしまいました。
「どうでした? 私の営業」
「ちょっとガツガツしすぎかな。大変そうで余裕がないカンジが出ちゃってるよ」
しばし無言になる彼女。いくら成績トップと言えど、いくらでもダメ出しなどできるものです。
「彼氏なんでいないの?」
「私、社会人なりたてのころに大失恋をして、それから仕事しかしない! って決めたの。でも、ギスギスしてるって最近言われてて…」
「うん、そういうところが『セフレ3号』なんだよね。こっちの言うことを素直に聞かないコはずっとそのまんまだよ?」
「…それはわかってるんです。でもきっかけもないし。こうやって今日初めて営業見てもらって本当によかったです。でも、一つだけ聞いていいですか? どうしたら1番になれるんですか? 1位の人ってどういう人なんですか?」
なんでも1番でいないと気が済まない彼女。作戦の効果が出ています。
「そんなの口で言ってもわかんないよ。近くにホテルあるから行く?」
少し真顔で答える僕。反応は…。
「えっ…。それはちょっと…」
会計を済ませて店を出る僕。わざと少し急ぎ足で歩きます。
「待ってください、どこ行くんですか?」
「帰るんだよ? ホテル行かないんでしょ?」
「待ってください、待ってください! 行きます行きます!」
こちらが右と言うと左と答えてしまう彼女の性格を利用したこの作戦。見事に成功してしまいました。マフラー巻いてる子って可愛いですよね。あごのあたりがちょっと隠れて、か弱いイメージも出たりして。でもそんな子も、太ももは寒くないようで。ありがたや。
さてこのお見合い系、真剣に結婚相手を探している『崖っぷち女』ばかりのように思いがちだが、現実はさにあらず。さすがにエンコー相手やセフレ募集をするようなスレた女はいないものの、何が何でも結婚を!と考える女も逆に少ない。基本は「結婚に至るかもしれないし至らないかもしれない」程度の出会い目的だ。アダルト色漂うよくわからぬ出会い系を使うよりは、信頼できる相談所のサイトで、くらいの感覚なのだろう。したがって、会ってから安易にセックスすることも可能だし、後腐れもない。ただやはり、誠実系を求めている女が多いので、そのあたりだけは間違えないようにメル段階でのエロ路線は、むろんのこと厳禁。むしろここで入れ食いを堪能するポイントは、メール開通できるか否か、しかもできるだけ金をかけずにできるかどうかにかかっている。本稿ではその秘策をお教えする。始めに身分証明の確認サービスがあるため、年齢や年収などのゴマかしが効かないと怯んでしまいそうになるが、このサービスを利用する女などほとんどいないので安心を。嘘八百でも、まったく構わない。キャラクター設定は、「誠実だけど、真面目人間じやない人」、これに尽きる。おちやらけやエッチの匂いはいっさい不要だ。自己誠実さアピールは次に回し、ここでは結婚したくてもできないダサ男くんと思われないことが肝要だ。「洋服を買うのが好きです」が効果的。さらに「千円もつたいないだろうから、いきなり直メ書いてくれてもかまわないよ」の文で、申し込みは増加する。女だつて金は使いたくないはず。システムをよく読めばわかるように、最初の一通を送るのはタダなのだ。相手への希望「誠実な方が好きです」と書き込んでおく。言葉多く自分の誠実さを訴えるよりも、相手への希望として伝えるほうが、誠実な男性に違いないとの印象を与える。以上のプロフィールの作成がイコール待ち作戦である。千円も払ってガッガツ出会いを求めてくる女など、ロクなのはいないように思えるし、現に当たりを引く可能性は低い。ただ、気合いが入ってる分、会ぅまでの展開が早く楽チンだ。また、申し込みに対して返事を出しても、メール開通の知らせが来ない場合が多々ある。いざ千円必要となったときに、迷いが生じるのだろう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ