★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0110_20200617132630519_202008041108366b5.jpg0111_20200617132632e4b_2020080411083728c.jpgm067_202004090849446aa_2020080411083839b.jpgm072_2020080411084068d.jpg0065_202004091804508af_202008041108345d3.jpg0052_20190103105239f71_201910271811148d6.jpg0053_201901031052403c0_20191027181116f56.jpg0054_20190103105242c35_2019102718111792d.jpg0055_2019010310524384a_20191027181119054.jpg
0058_2019010314194248c_20191027181125cec.jpg
ネットカフェに潜入した撮影者が、別の個室に入っている女の子に手紙を渡してエンコー交渉するというもの。そんな荒唐無稽な設定でもガチだと思わせるほど、女の子の反応がリアルで気に入っている。妙にチンコのデカイ撮影者は、OL風の女性とフェラエンコーをかましている。隣に客もいるだろうに、女の子は手で顔を隠しながらデカチンを美味しそうにほおばっていく。この子がすごく地味というか、エンコーとは結びつかなさそうな雰囲気なのが非常にイイのだ。お金のために仕方なく汚いチンポをしゃぶる姿は、オレのチンコもカチカチにしてくれる。
マンガ喫茶の個室をラブホ代わりに使うカップル乱交パーティー
毎日の楽しみといえば'バイトが終わった後のマンガ喫茶だ。リクライニングシー卜に足を伸ばし、好きな漫画を読みあさる幸福は何物にも代え難い。が最近どうにもムカつくことがある。ズバリ、個室
席でいちやつくカップルだ。ヤツラ、ここを自分の部屋とでも思っているのか、昼間っからシー卜を倒してはレロレロモミモミ。特にオレが行きつけの店は、ドアさえ閉めておけば完全な密室と化すため、もはやラブホ同然だ。「ちゃんとゴム着けてよね」「バカ、声デカすぎだって」「ムグゥだってぇ〜」ぐあ〜つ、いいかげんにしやがれ!ストレス満点の日々を過ごすうちふと素敵なアイディアを思いついた。最近、マンガ喫茶のパソコンには、ネッ卜上で互いの顔を見ながら会話ができる〃ビデオチャット〃用のカメラが付いている。こいつを使いヤツラのエロ〜いシ—ンをのぞいてしまったら
どうか。まず部屋が無人のうちに力メラを起動し、オレ専用のチャットルームを作成。そこへ自宅のパソコンからアクセスすれば、個室の風景が動画で届く。たとえ店員がマシンの電源を落としても問題なし。起動項目にカメラの設定を放り込んでおけば、再起動後に、自動で同じ状態へ回復してくれ
る。完璧だ。作戦当日。朝イチでマンガ喫茶へ入り、空室のマシンを、片っ端から設定して回った。一度だけ店員が注意に来たが、「部屋を間違えました」と言えば疑う素振りもない。作業を終え、いそいそと店を退散。自宅からチャットルームへつなぐと、果たしてモニターには無人の個室が映し出された。画質は荒いが、室内の照明が明るいおかげで、のぞきに支障はない。あとはヤツラの登場を待つだけだが、1日中画面を見張るわけにもいかない。考えた末、ビデオソフトで録画しておくことに。さあ来いエロカップル。結果は衝撃的だった。半日の間にセックスに励んだカップルが実に10組。大半は10代前半らしき若い男女で、みな惜しげもなくカメラの前で痴態をさらしている。ケバいギャルがシー卜を倒して全裸でからみ合いマジメそうな女子が、スカ—卜をたくしあげ騎乗位で尻を振る。中には、友人を呼びだし、乱交パーティーまで始めるヤツまでいたぐらいだ。う、うらやまし——
風俗密集エリアで真面目が取り柄な元彼女とバッタリ会う悲劇
オレは本誌連載「東京尾行物語」を担当している。
実は、今月の尾行中、大変ショッキングな事件に遭遇した。誌面の都合上、本編では紹介できなかったので、この場を借りぜひみなさんに報告したい。記事を読んでもらうと話は早いが、オレは今回、東京上野でセリクラ女を追いかけた。その店は雑居ビルの2階に位置し出入口は通りに面した階段のみ。ひたすらそこを見張り、女が姿を見せたら後を尾ける。結果、夕ーゲットとして抜擢したのが、本編にも登場するオセロ松嶋似のギャルだ。
事件は、彼女の尾行を開始して2時間半ほど経過したころ起きた。そのときオレは、ジャイアンツ清原似の男と喫茶店で雑談して再び店へと戻る松嶋似を確認後、缶コーヒーで一服ついていた。セリに参加すれば、しばらく動きはないからだ。そのままボケっと待つこと1時間2本目の缶コーヒーを買おうとポケットから小銭を探っていたとき、1 人の女が階段を下りてきた。ヤツか?
さりげなく顔を確認して、目ん玉が飛び出そうになった。眞鍋かをり似のルックス。黒くて長い髪。薄いメ—ク。半年前に別れたときと全く変わっていない。そう、その女はオレの元カノ、さえ子だったのだ。「ワタシ風俗に行く男って絶対許せない」
さえ子と初めて会ったのは1年前。友人が催した女子大との合コンだった。
「悪いな。地味な子ばっか集まっちやってさ。この埋め合わせはするからよ」
幹事の申し訳そうな曝きは耳に入らなかった。オレはその地味な女になぜか強く惹かれた。携帯番号を交換、メシに誘い、夜の公園で唇を奪うまではたやすかった。が、
「あなたは好きだけど、Hはもう少し待って。ああゆうことってお互いが信頼してはじめてできるものじゃない?」衝撃だった。今どき、真顔でこんな白々しいセリフを吐く女がいる。それが逆にひどく新鮮だった。ベッドを共にするまで丸々3ケ月。初めて結ばれたときの喜びといったら言葉では、とても言い表せない。それから交際は順調そのものだった。週に1度、彼女はオレの安アパートへ晩メシを作りに訪れ、夏には、2 人で温泉旅行にも行った。実に幸せだった。さえ子は事あるたび、オレに言った。「ワタシ、風俗に行く男って絶対許せないの。あなたは大丈夫よね?」
超のつくカタブツ。そして、それが2人の関係にもピリオドを打つ原因となった。ある日、彼女が暗い顔で部屋を訪ねてきた。「サイテーよ。どうしてあんな店に行くの」「へ?」
ロの軽い友人から、オレがヘルスに度々行っていたことを聞いたらしい。
「しばらく、電話してこないで。少し離れた方がいいよ。アタシたち」
それっきり別れた彼女が今、目の前でセリクラから現れた。信じられない、とはまさにこのことだ。
まるでよく知る人間のことを話してるような…さえ子はオレの存在に気付いていないのか、まっすぐ近づいてぎた。知らんふりして素通りするか。いや、ここで声をかけなかったら一生悔やむ。
「よよお」「え…」「ひさしぶり」「うそ!やだ!な何してんのよ」
慌てふためく彼女。背に『セリクラ』の看板があれば誰だって狼狽する。
「ちよっと仕事で通りかかってさ」「ふ、ふ—ん」
「最近はどう?そろそろ就職活動だろ」「あ、うん。まあ適当にやってるよ。で、そつちは何してんの。まだライタ—してんの?」「ああ、まあね…」
彼女と同様、オレもかなり慌てていた。なぜなんだ、さえ子。ここはオマエみたいな女がくるとこじゃねえだろ。松嶋似ギャルのようにオヤジとお茶して小遣い稼ぎをしているのか。それともまさかエンコーとか…。
「なあオマエ今、あそこの店から…」
切り出したそのとき、階段から松嶋似が、大きなカバンを肩にかけて現れた。
くそ間が悪い。さえ子を問いつめたいのは山々だが、今までの取材がパアになってはたまらんぞ。
「今日の夜、電話してもいいかな」「ううん…」
頷く彼女を確認、オレはダッシュで松嶋似の背中を追いかけた—。
★その夜、さえ子が電話に出ることはなかった。翌日もその翌日も…。
あのとき、ヘルス通いを激しくなじった手前、会わす顔がないのはわかる。ただ、教えてくれ。オレと別れた後、オマエに何かあったんだ。悪い男にそそのかされたか?金に困っているのか?…いや、どんな理由も納得いかん。セリクラは、オマエが最も軽視していた男たちが集う場所なんだぞ。
「風俗に行くのもサイテーだけど、一番ヤバイのはエンコーオヤジだよね」
憎悪に満ちたさえ子の顔を思い返し、突然、気づいた
「あいつらホントにサイテーだもん。金さえ出せば若い女は何でも言うこときくと思ってるし。もう死んじゃえって感じ」どうして今まで気づかなかったんだろう。まるで、よく知る人間のことを話しているみたいではないか。まさか…。
良い女を抱きたければ街で援助交際パパ活ナンパせよ
テレクラ待ち合わせのメッカとされる公衆電話ボックスの前で獲物を狙っていた。他人が引っかけた女を横取る腹づもりだった。店で必死コイてる連中には悪いが、こちらの方がよほど効率的だ。10分後、バスの方から白いコー卜を着た20代前半の痩せた女が現れた。所在なげに辺りを見回す姿はどう見てもテレクラ女のそれ。私は迷うことなく声をかけた。女の反応はやけに悪かった。
もしや人違いか。…いやここはもう少し押してみよう。
「ごめんなさい。ボク、メル友と待ち合わせしてたんだけど、フラれちやったみたいなんですよ」
「…はぁ」「ところで、もしよかったらこれから餃子でも食べいきません。もちろん、ボクがおごりますし」「…じゃあ、少しだけ」果たして彼女は居酒屋で呑んだ後、すんなりラブホに付いてきた。テレクラ女にもかかわらずだ。彼女が何が気に入ったのかはわからない。が、これがぎっかけで私はナンパにのめり込む。中年男でも女が引っかかるのだ。が結果は散々だった。それこそ町中の女に声をかけたものの、誰1人振り向いてくれない。どころか、「キモイんだよ、ジジイ! 」とスネまで蹴られる始末。しよせん無謀な考えだったのだ。
3力月後宇都宮駅東口で、奇妙な光景に出くわした。6 0、5 0代らしいやせぎすとこれまた5 0代と思われるガタイの良いシャツの3人組が、道行く女に声をかけまくっている。まさかナンパ?興味をそそられ、思わず声をかけた。「こんにちわ〜。調子はどうです? 引っかかります?」「ん〜?いまいちだねえ」リ—ダー格と思しき男が言う。彼らは、宇都宮をテリトリーとする中年ナンパ師のグル—プで、他にもこの界隈に似たようなグループが二つほどあるらしい。
「宇都宮は尻の軽い女が多いし、若い男もダラしねえから、ナンパ目的のオッサンが集まつてくんのよ」「へえ〜」「オレは年金生活で、こいつらも自営業だからさ。ヒマなときはたいがいここで女の
ケツ追っかけてるわ」信じられなかった。なんとこの御仁、ここ2年で100人近い女を食っているというのだ。「なんならナンパしてみる?」「え、いいんですか?」「ああ減るもんでないし」
「お願いします!」これでオイシイ思いにありつけると期待した私がバカだった。女が駐輪場に下りるエレベ—夕に乗り込んだ瞬間自分もサッと飛び乗り、2人っきりの空間を演出するまではいいのだが、その後、あっさりエンコー話をフッてしまうのだ。なんだよ、結局は金かよ。
「バカ、そんな常識的なこと言ってっからダメなんだよ」
リーダーは言う。遊び場の少ない宇都宮の場合、時間をモテあましたビンボー学生が駅前やデパ— 卜にタムロしている。コイツらを安く買い叩かない手はないのだ、と。
「テレクラなんぞ行っても、ブタみてえなのが平気で二だの三だのつてヌかしやがるだろ。自分の目で選んだ方がよっぽどいいじやねえか」「…でも」「若くてイイ女とヤリたくねえのかよ」
翌日から、私は人が変わったように町中の若くてイイ女にエンコーを持ちかけるようになった。駅東口で拾った坂下千里子似の朝子はイチゴ—、東武デパート前で携帯メ—ルを打っていたモー娘。新垣似の美恵子はイチと、どいつもこいつも面白いように股を開く。やはり頼るべきはカネだ。そしてーカ月後、いつものように駅東口の前で女に声をかけていると、背後からドスの利いた声が突き刺さつた「オマエ、こんなところでやっていいと思ってんの」
振りかえれば、と対立関係にあるグループのリーダーだった。
「いまからケーサツいくか。コラ」そう言えばコイツ、ヤクザと関係があるとか…。
「…いやあ、カンベンしてくださいよ。これからは気をつけますから」
「……ったく。もぅ二度と宇都宮に来るんじゃねえぞ」
現地セフレにする適度な距離間の良さ
メシでも食うかと町中をブラブラと20分、めぼしい店が見つからない。ときおり個人経営のコンビニが現れる以外は、人影まばらな住宅街と稲畑のみだ。どうすっかな。運良く通りかかった老婆に聞くと、この周辺に商店街はなく、外食するには、駅前のJという大型スーパーへ行くしかないという。
仕方なく、徒歩でさらに30分。そろそろ息が切れ始めたとき、畑の中に4階建てのビルが見えてきた。小走りに地下の食堂へ入り、ハンバ—グ定食を食いつつ腕時計を確認。うう、まだ一時間も余ってるよ。昼メシを終え、行く当てもなく店内をさまよっていると、1階レジの脇に、こじんまりとしたホワイトボードがあるのに気づいた。
<みんなの掲示板>
ボ—ドが小さなメモ用紙でビッシリ埋まっている。
<売ります5月15日。東京ド—厶巨人X 阪神ライト外野指定席。2 枚連番で>
<探してます!グー二ーズのビデオ(日本語吹き替え版)をお持ちの方>
ただの個人売買のようだ。つまらんのう。…んこっちのカラフルなメモはなんだ?
<優しい彼氏募集!遊びに連れていってくれる人は、いつでも連絡くださ〜いのんたん>
これはいったい…。思わず隣で仕分け作業にはげむオバサンを呼び止める。
「あの、これって恋人探しにも使えるんですか?」
「ああ、それ? 違うのよ。若いコたちが勝手に貼り付けてるの」
「ほほう」「気がついたら剥がしちゃうんだけどちょっと目を離すと5枚ぐらい増えてるんだから。ホント困っちゃう」「えっ」
慌てて掲示板を見直し、該当する7枚の張り紙を探し当てた。そのうち一件が男からの募集で、残りはすべて10代後半の女のコだ。かけてみるしかあるまい。ルックスは中の下だがあどけない雰囲気は〇翌日、メモ帳に書き留めた番号へ、かたっぱしから電話をかけた。取初につながったのは、19才のプータロー、ヒトミだ。「はい。どちら様?」「えっと掲示板を見たんだけど」
「あこんにちはぁ。お兄さんどこの人?」「埼玉だよ」
「え〜!そんな遠い卜コからワザワザ来たのお?すご—い。そんな人初めて」うむ好感触だ。「ヒトミちゃん、良かったら今から晩ご飯でもどう?もちろんおごりだよ」「え本当ですか?どうしようかな…」「オレ車だから、どこでも好きな場所に連れてってあげちゃうよ」
「あ、それじゃ長岡の中華屋さんに行きたい」1時間後、約束の駅前に、Tシャツにジ—ンズ姿の女が
現れた。正直ルックスは中の下だが、あどけない雰囲気は悪くない。挨拶もそこそこに、車を飛ばして中華屋へ。まずは疑問に答えてもらおうか。
「あの張り紙って、反応はどうなの?」「う一ん、悪くないよ。週に5回ぐらい電話がくるもん」「でもあんなトコに番号を出しちゃって怖くない?」「だって、ヒトミ、お金がないんだもん」
彼女は言う。スーパーで恋人を探すのは、無職で貧乏な人間がほとんど。なにせ、この町で金がないと、1 日中ひきこもってテレビを見るしかない。それよりは、気前のいい彼氏を見つけたほうが断然マシだ。なるほど。けど、なぜスーパーの掲示板なんだ?出会い系サイトでも使った方がはるかに効率はいいはずだ。「それは友達に聞いたの。スーパ—のほうが'金持ちからの電話が増えるって」
「へ?なんで?」「知らない。だって、そう言ってたんだもん」
ワケがわからん。都市伝説みたいなもんか?「ね一、それより、早く注文しようよ。おなか空いちゃった」「お、おう」そのままヒトミに老酒のボトルをガンガン飲ませ3時間で陥落に成功。無事、合体までこぎつけた。
★調子に乗り翌週地元埼玉の系列デパ—卜へ行ってみたが今度はまったくダメ。そもそも、掲示板自体が存在しないのだ。あきらめきれず、その後出張のたび各県で調査を繰り返したところ、この現象、どうやら栃木から北の地域に特有のものとわかった。特に熱いのが東北地方で、田舎町に限らず、主要駅の近辺でも同様の張り紙を見かけたほどだ。こうして現在までに喰った女が半年で8名。とにかくみな極貧で、食事とカラオケをエサに誘えば簡単に乗ってきた。皆様、現地へお出かけの際はお試しあれ。
地方限定掲示板を開設してささやかなエロライフを送る
東北の田舎町に住む私は、昔から妄想を繰り返していた。東京、大阪、福岡。大都市に暮らす人は、刺激的な生活を送っているんだろうな。それこそ毎日のように出会いがあって、セックス相手も選り取りみどりなんだろな、・・。事実かどうかはわからない。ただ、田舎に住む者にとって、テレビなどで見聞きする都会の光景は、うらやましくてならない世界だった。
しかしある日、私の発想は逆転した。地方だから、田舎だからこそ、ビンポイントで相手を探せるのではないか。ライバルが少ないので、実はかえって有利なのではないか。そう思うがいなや、さっそ
く私はネット上に無料掲示板を開設してみた。
ー〇〇限定パートナー募集掲示板ー〇〇に入るのは、県庁所在地でもない、県で5番目程度の町の名前である。我ながらあまりに限定しすぎなような気もした。こんな人口1万程度の町に、食いついてくれる人などいるだろうか。当初は、芳しい反応などなかった。何かカキコミがあったかと思えば、どこぞの業者ばかりだ。しかたなく管理人の私だけが、無人の掲示板に黙々書き込む日々。〈メールでエッチな話でもしませんか〉
00の皆さん同士で交流しましょう
虚しい作業が続く中、あるときー人の女性(自称)が、力キコミをくれた。
〈はじめまして。〇〇に住む40代女性です〉年は食っているが、板を盛り上げるためにもムゲにはできない。
管理人の山田です。エッチな話を楽しみませんか
〈エッチな話ってたとえばどんなのですかっ〉
地元意識のおかげか、あるいは管理人という立場に安心してくれたのか、彼女は徐々に露骨な書き込みをするようになった。
カラオケ館のファーストクラスルームにマンガ喫茶アプレシオ・自由空間の完全個室がエッチに使われやすい!?
「見られちゃう」グダを崩すにはカラオケ館の〝ファーストクラスルーム〟
1年365日、全国各地のカラオケボックスで発生していると思われるトラブルがある。個室で手を出そうとしたけど、「ドアの窓から見られちゃうよ」と拒絶されるアレだ。お教えしよう。カラ館にはだいたいどこの店舗にも、〝ファーストクラスルーム〟と呼ばれる大部屋がある(通常料金プラス400円)。かなり広いので、入り口の窓からは部屋の隅々まで見渡すことはできない。漫画のような感じで。いいでしょ?
上も下も空いてないから堂々と手を出せる完全個室のマンガ喫茶
一般的なマンガ喫茶は上が空いていたりドアの足下から廊下が見えたりで、安心していちゃつけないのですが、全国各地にあるこのチェーンには完全個室があるので堂々と手を出せます。店舗によって「シアタールーム」「グループフラットシート」「ファミリールーム」など、呼び方は様々で、また小さい店舗によってはこれらの部屋がない場合もありますので、地元のアプレシオを調べてみてください。
聞こえる心配がないから女の抵抗も少ないですよ
漫画喫茶に誘われたくらいで警戒する女はいない。シートに並んで漫画を読むくらいなら危険性もなさそうだし。しかしオレの場合、いざ連れて行くのはこの「フアミリールーム」だ。畳ばりでコタツがあって、まるで1人暮らしの部屋みたいな空間である。まるでゴロゴ口せよと言わんばかりの。寝転んで漫画を読みつつ、ちょっかいをかけるには最適だ。部屋自体は完全個室、もしくは天井が開いてるなど、店舗によってまちまちだが、少なくとも覗かれるような心配はない。
気をつけなければならないのは、部屋数が少ないこと(1店舗平均3部屋ほど)
あいにく先客がいる場合は、「ファミリールームが空いたら教えてほしい」と店員に告げておくことを忘れずに
1年365日、全国各地のカラオケボックスで発生していると思われるトラブルがある。個室で手を出そうとしたけど、「ドアの窓から見られちゃうよ」と拒絶されるアレだ。
お教えしよう。カラ館にはだいたいどこの店舗にも、〝ファーストクラスルーム〟と呼ばれる大部屋がある(通常料金プラス400円)30分あたり100円ほど料金が上乗せ。 VIP会員カードを持っていれば通常料金で利用できる。かなり広いので、入り口の窓からは部屋の隅々まで見渡すことはできない。
カラオケボックスで、こんな経験はないだろうか
いい作戦を教えましょうカラオケ館には、〝First Class〞なる部屋があるのですが
いいじゃんいいじゃん
でも〜うーん見られちゃうよ〜
ふふふっわーいいいでしょ?
見えないから大丈夫だよ
ファーストクラスルームに入りたいんだけど通常料金プラス400円になります
マンガ喫茶アプレシオ
一般的なマンガ喫茶は上が空いていたりドアの足下から廊下が見えたりで、安心していちゃつけないのですが、全国各地にあるこのチェーンには完全個室があるので堂々と手を出せます。
店舗によって「シアタールーム」「グループフラットシート」「ファミリールーム」など呼び方は様々で、また小さい店舗によってはこれらの部屋がない場合もありますので、地元のアプレシオを調べてみてください。女の子とマンガ喫茶に入るならここに決まりです
普通のカップルシートはこんな感じなのでこうなっちゃいますが
この店には完全な個室があるんです
聞こえる心配がないから女の抵抗も少ないですよ
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ