★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
68_20200409092956412.jpg69_2020040909295828f.jpg70_202004090929596d6.jpg71_202004090930001e4.jpg72_202004090930023c3.jpg73_20200409093003d3d.jpg74_20200409093005104.jpg75_20200409093006bfe.jpg68_20200715130419ef0.jpg69_202007151304217e4.jpg70_20200715130422406.jpg71_202007151304249f8.jpg72_20200715130425cf1.jpg73_20200715130427b52.jpg74_2020071513060576d.jpg75_20200715130430d51.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
イスラム教徒御用達ホテルとして有名なグレースホテルを訪れていた。喫茶部のモーちゃんに会うた
めだ。彼女とは昨年知り合った。毎日のようにロビー横のカフェにやって来ては世間話に興じ、すっかり顔見知りに。その後もバンコクを訪れるたび、彼女の顔を見に足を運んでいたのだが…。
「あれ?今日はモー休み?」「それ誰?」あらら、どうやらモーはウェイトレスを辞めてしまったらしい。退職したのかリストラにでも遭ったのか?こんなコトならもっと早く口説いておくんだった。とりあえず、これまた馴染みにしている地下のコーヒ—ショップへ足を運ぶ。
「あれ、お前また来たの?」あら、この濃い顔は、ここを常宿にしてるパキスタン人のべッシ—ル君ではないか。ラホ—ルの商人でバンコクにはよく商用で来るらしいけど、商売してるよりここで女物色してるのが主目的なスケベオヤジだ。ホモの気も多少あるようで、俺がここに来るたび、人の手とか握りながらやたら親しく話しかけてくるんだよな—。
「ね、モ—って娘、今はどこにいるか知らない?」「う〜ん、わかんないなあ」
売春婦にはやたら詳しいけど、それ以外のモノには何も興味ないんだよな、このスケベオヤジは。
「あ、でもホテルや土産品店に勤めてる女が'最近はバービアでバイトしてるって話は聞いたことあるよ。給料も安くなって厳しいのかもな」「パキスタン人のあんたが、バービアとか行くの?」
「俺は行ったことない。話に聞いただけ」
うむ、情報の精度としては疑わしいけど、ありえない話ではないなぁ。さて、知らない人のために
説明しておこう。バービアとは、パタヤやプーケットのリゾー卜地によくあるオープンエアのバーのこと。女の娘たちが常駐しており、話し相手はもちろん、意気投合すればホテルへのお持ち帰りも〇だ。最近のバンコクでは、このバービアが急増中とのことで、当然人出は足りない。逆にいえば、不況でリストラになった素人娘の受皿にはもってこいの場所なのだ。なんせ客の大半は欧米人、ホテルや土産品店に勤めてた女の娘なら英語が話せる点でも好都合。彼女らにしても、
いきなりゴーゴーバーで裸踊りしたり、マッサージパーラーの雛壇に並ぶより'よっぽどプレッッシャーが少ないに違いない。と、理屈ではわかるのだが、たとえ二流でもホテルのウエイトレスって、タイではそこそこ高学歴の女の娘の職場。モーも一応、タイの短大にあたる学校を卒業しており、以前のバンコクならそんな娘が風俗産業に転職するなんて考えられなかったはずなのだが…〇
よし、それなら、今回はモーを探して、バンコクのバービアを彷徨ってみよぅじやないか。ひと昔前は、ゴーゴーバーを卒業した年増女があふれる乳母捨て山だったバービアが果たしてどのように変わったのか。興味津々す。さて、まず目指すはテルメカフェの対面あたり、スクンヴィット通りに面するバービア街だ。ここは近年になってできた新スポットでそこそこ若い娘が勢揃い。俺的にはかなりのお気に入りなんだが…あれ、ない!?ほんの3力月前まで、何十軒ものバービアが並び女の娘たちが客引きしてたのに、今はフェンスで閉鎖されて広大な空き地になってしまってる。ど—しちゃったんだろう。地上げ屋とかの仕業か?まあ、トタン張りの掘建て小屋なだけにブチ壊すのは簡単だろぅけど。ムチヤするなあ。しゃあない次イッてみよぅ。スクンビット通りをさらに東へ。ソイ•カウボーイのあたりまで歩く。最近はこのソイ• カウボーイに隣接したスクンビット通りとアソーク通りの交差点にも、大きなバービア街ができており、客引きのミニスカねーちゃんの姿も多数。
「いらつしや—い」
ニコニコ笑顔で俺の袖を引く彼女らは飲物を驕ってあげれば、1 時間でも2時間でも話相手になってくれる。収入は、飲物のキックバックとチップそして、客に買われてのセックスの報酬が主。店と
の雇用関係はなく、出勤時間も嫌な客を拒否する自由もある。つまり、コーヒーショップに集まるフリーの娼婦のように、限りなく自営業に近い風俗嬢なのだ。俺を誘ったミニスカの女の娘は言う。
「スクンビットのスーパーマケットに勤めてたのよ。仕事に行く途中、ここの前は毎日通ってたの。そしたら田舎の友達にばったり会って、この店に勤めてたのねぇ。彼女に誘われて時々ここに来るようになったの」
現在も昼間は普通の仕事をもち、ここへ来るのは時々。アルバイト感覚で働けちゃう気軽さがあり、また、店側にしてもべつに給料を払うわけでもないので、来る者拒まず。気軽に採用できるらしい。
「あなた、どこのホテル泊まってるの?」
誘われてるなあ。でも、俺にはモーを探すという目的があるんよ。残念ながら今夜はパス。さらにスクンビット通りを東へ。ソイのリージェンシーパークホテル隣にも小さなバービア街がある。他の場所よりも、女の娘の数はかなり少ない感じ。雰囲気も静かで大人しい。売春目的のヤツがあまりいないのだろう、客層もどことなく上品だ。地元の金持ちタイ人夫婦の姿なども見える。女の数も少ないながら、いかにも素人っぽいOLとか女子学生風もちらほら。稼ぎを考えれば、ソイ•カウボ—イやソイ•ナナに隣接したバービアのほうが有利なんだろうが、初心者の素人娘には、こちらの方が働きやすい環境に違いない。小さな店がならぶ狭い路地を歩く。ほかのバービア街のように煩い客引きをしてこないぶん、店内をじっくり覗いて観察できる。モーはいないか、あの清楚な女子大生風はどっかにいないか…。雨期の旅行シ— ズンオフのせいか、どの店も女の数は少ない。もちろん、彼女の姿はない。さて、どうしたものかな。「あなた、どこいくの?」
«思案しながら歩く俺に日本語で声がかかった。タイ人女性独特の間延びした言い回し。ナナプラザとかパッポンあたりなら、よく聞かれるフレーズだが、このソイで日本語を使う女性は珍しい。もしかして日本人?マジで思った。30代前半の熟女だが、顔立ちは日本人そのもの。タイ女性には珍しい
ショー卜の髪型、質素な服装。日本人の専業主婦といった感じの女がカウンター席に座っている雰囲気もなくはない。「飲んでいかないですか?」
誘われるままに彼女の隣に座る。スワイ30才。友人がこの店をオープンしたので、お祝いがてらに飲みにきたのだとか。とは言うものの、今日で3日連続というし、俺にレディースドリンクを驕らせてるし、ほとんど、ここでアルバイトしてるのと変わりないんじやないの?
「あはは、そうかも。私、この店の仕事も向いてるです。好きです」「でも、日本語上手だね」
本業は美容師らしい。スクンビットの日本人街に近い場所に店があり、客の大半は日本人。必要に迫られ日本語を勉強中という。
「もう1杯ビ—ル飲む?」「はい、いただきます」
酒豪だね一。けっして美人ではないけど、そそられる雰囲気もある。俺って熟女マニアなのかも。誘え!「ここ暑いから、俺のホテルで飲まない?」「はい、行きましょ」
色つぽい視線をこちらへ向けながら、同意のサインを送ってくる。モーちゃん探しは、今夜は中止。まずは据膳を食わなくちゃあ。そのまま店を出てタクシーを拾ってホテルへ。途中でペイバー(連れ出し料。通常400バ—ツ) を払ぅの忘れてたことに一気づいたけど、スクイ日く
「私、店とは関係ないから、大丈夫」「恥ずかしいですね」
ホテルの部屋に入り裸にすると彼女はしきりに照れた。決してデブにはならない程度に贅肉のついた体。これはこれでソソられる。肉は腐る直前が一番美味いって言うもんな。いただきます。
「日本人、ナメられるの好きですね」
彼女は俺を仰向けにし、あちこちナメまわしながら、ロを股間に移動した。サオの部分を舌先でペロペロ、さらに、キンタマをロいっぱいに含んでカポカポ。ゴムフェラながら、めちゃ感じる。これは間違いなく日本仕込みのテクニックだ。フェラチ才嫌いが多いタイ人男性では、絶対にこんなこと教えてくれねーぞ。「はぃ昔私には日本人のボーイフレンドがいました…」
あれ?なんか寂しげじゃない?人は誰も触れられたくない過去がある。この場合ふれてもいいのはオマンコだけ。こちらは遠慮なく触れたり弄つたりしちやつて。ていうか、もうグショグショの洪水じやん。「うつうつうつううう〜」挿入するとすぐ、彼女はそれを深々とくわえ込み、腰を激しくグラインドした。おい、そんなに動いちゃ…あああ〜!セックスを終えると、彼女はすぐにシャワーを浴び帰り支度を始めた。そんなに急がなくてもいいのになあ。
「家に主人います。帰らないとダメです」
え!結婚してるんかい!?彼女の年齢を考えたら亭主がいても不思議ないけど、夕イで主婦売春ってのは初めて。これは貴重な体験だったかも。「ありがと、じゃあまたね」
1千バーツあげたら、彼女はニッコリ微笑んでサイフにしまった。そして、「これ私の電話番号、今度からお金いりませんから電話ください」
店々からは、女の娘たちが必死の客引き。その数、軽く客の数倍はある。
「こんばんわ、どこ行くの?」いきなり女が俺の前に出てきて、両手を広げて通せんぼした。ちよっと工藤静香に似た感じもあり、そこそこ好みだな。誘われるまま、またフラフラとついて行く。
「たぶん、私もここで働くの先月からだから、よくわかんないけど」
「前はなにやってたの?」「不動産会社に勤めてたわ」
「名前は?」「モ—というの」「え!」思わず絶句した。もしかしてキミ…って、顔見りや別人だわな。モ—なんて名前、夕イじゃ珍しくないもんなぁ。ま、でもここで同名のモーちゃんと知り合ったのも何かの縁。けっこー好みだし、英語もちゃんと話せるし、性格も良さそぅ。これ以上何を望むんだ。「俺のホテルに来る?」「ぅん」もちろん、断るワケねーよな。さっきから俺に色っぽい視線おくってきてるし。ちなみに、ここもペイバ—は400バ—ツ。そして彼女のお値段は??
「1晩いくらでつきあってくれる?」「うん。2千バ—ツくれるならいいよ」OK
即座に交渉成立。海千山千の銭ゲバばかりのゴーゴーバーや日本人クラブとは違って、バービアの女の娘は金の駆け引きはあまりしてこない。この辺りも素人っぽくてよろしい。そこを強引に抱き寄せ服を脱がせ全裸に。一緒にシャワーを浴び、ようやくリラックスした顔を見せた。
「ポ—スはこれでいいの?」 セクシ—ショットの撮影にも応じてくれるけど、体に卷いたバスタオルを取りあげるでと、やっぱ恥ずかしいのかねぇ、部屋の照明を全部消して布団の中に逃げ込んでしまう。その後を追って俺もベッドイン。胸や股間を触りまくる。「あっはぁ〜」
まもなく小さな吐息が漏れてきた。よ—し、いいぞ。「コンド—ム、コンドーム!」 モーが思い出したように飛び起きて、自分のバッグからタイ製スキンを取りだした。それを慣れない手つきで、俺のぺニスに装着。モソモソやるとこが、実に可愛い。無事に完了したところで、彼女を押し倒して、ググッとご挿入。両足首を掴んで大きく開いたり、腰から持ち上げてみたり。しかしこの娘、体が柔らかいなあ。よし次は帆掛け船だあ!なんて気合い入れまくりの俺に対し彼女はまったくなすがまま。反応もあまりない。よーするに、マグロ状態ってわけだ。
「セックスって、キモチいいと思ったことないわ」
これが、今のモーちゃんの偽らざる心境みたいだ。ったく正直で嘘のつけない娘なんだなあ。演技で声をだすなんてこともしないし。ただ、ちょっと白けちやったかも俺的には。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ