★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
SnapCrab_NoName_2020-7-21_18-54-14_No-00.png
皆さんはないだろうか?
AVの出演者が身近な人に少し似ていると言うだけで、異常なほど興奮した経験が。例えばよく行く歯医者の受付嬢だったり、ファミレスの店員だったり。
オトコなら誰だって、自分の周りにいるオンナのセックスを覗き見たいと思うはずだ。顔見知りの女性が日常生活で絶対に見せることのない乱れた姿は、どんなAVよりも興奮するってモンだろう。
だから、4年前のその日、近所のレンタルビデオ屋にあったAVのパッケージで幼馴染みのミカによく似たオンナを見つけたとき、オレは小躍りした。オレは迷うことなくその一本をチョイスしレジに向かった。
田舎で幼馴染みだったミカは高校の頃から、愛くるしいルックスと常に絶やさない笑顔で男子に絶大な人気を誇っていた。しかも学業優秀&生徒会長と来たモンだから、高三の冬には推薦で東京の有名
私大に進学が決定。才色兼備、いわゆるみんなのマドンナだった。
そんな憧れのミカに似てるオンナが出てるビデオを借りない手はない。コンビニで奮発してエビスビールを2本購入し、いそいそと帰宅の途についた。
家に帰り、まずはビールを一口。くつろいだ格好でビデオを再生した瞬間オレは思わず固まりそうになった。
「アーン」
画面の中で端ぐ女優が、パッケージ以上にミカに似ていたのだ。
(史上最高のおかずだ)
心の中でガッッポーズ。それにしても似てる。似すぎだぞこのオンナ。
場面は変わり、フェラチオのシーン。既にオレのペニスからはガマン汁が潮を吹いている。右手を最速で動かし、画面の中で夢中にチンコをむしやぶる女優の顔のアップで
(イク〜)その瞬間、思わず腰が抜けそうになった。
「ウ、ウソだろ〜」
目の下の泣きぼくろ。間違いない。画面に映っているのは、ミカ本人だ!同じ小中学校に通い、高校時代はほのかな恋心を抱いた相手だ。見間違える訳がない。
「なんでAVになんか…」画面の中の彼女は騎上位でうれしそうに腰を振り、精液をかけたイチゴミルクをおいしそうに食べていた。どうしてミカがAVなんかに出てるんだよ
カラダは正直だ。オレはこの後、朝まで何度もビデオを巻き戻し、狂ったように抜きまくった。
☆後日聞いた話では、匿名性の高い某掲示板で、超有名大学現役学生AV嬢と前々から話題になっていたらしい。ビデオに出たのはスカウトマンにちやほやされていい気分になった勢いとか。確かに昔からおだてられると調子に乗るきらいはあったが。それにしても…。
キレイな想い出を一つ失うことになった、オレが大学3年時の苦い実体験である。
c101_202009080728116cf.jpg132_2020040815233622a.jpg133_20200408152335322.jpg
男を犯すハイレベルな男性受け身AVの快感
作品の特徴のーつに、セックスレスが挙げられる。AVなのにセックス場面がないといっのは、まともに考えれば不親切な作り方だと思うが、マニアの世界ではそれが有り難いと受け止められるのだから奥が深い。元々この世界は、創る側も観る側もレンタルビデオに飽きてしまったところから始まっている。「ウソ」と目を疑うような可愛いコがAVギャルを名乗って惜しげもなくフェラチオシーンゃ本番姿を世間にさらすようになり、AV業界は確実にレベルアップした。が、美女のセックスはかり見せられると、オナニストも飽きる。ブロイラーはかりの生活に嫌気がさして「地鶏を食わせろ」と叫び出したのだ。それに応えて登場したマニアビデオ群に、メーカーやエロ思想が鮮明に反映したのはいうまでもない。中でも鷲本ひろし監督が撮る作品群は鮮烈だった。本番はなくともセックスを拒否しているわけではなく、不自然で押しつけのセックスはいらないと独自のエロを提供するのである
鷲本の初期作品は注目に価する。特に4-5年前の憎いほど男殺し・女教師編ー女に犯される快感は、鷲本作品のエ口思想を知る上で重要なー本と言えるだろう。登場するのは、水城千春といっ有名なイメクラ嬢。そんな女、知らないと言ったらムチが飛ぶ。現在、彼女は3代目・葵マリーといっ由緒正しきSM女王様の名を襲名して活躍している人だが、当時は、男を犯すハイレベルなイメクラ嬢として有名だったのだ。女に犯される男とは、言い換えれば受け身の男。受け身になり切るといっのも、鷲本監督作品の特徴である。まあ普通に考えれは、男女のセックスといつものは、男が女をリードするものだ。ハウツーセックス本にもやさしく愛撫して挿入。女性は乱暴な男が大嫌いなのです」などと書いてある。そんな正しいセックスとは反対に「僕、何もしませんから、どうぞ好き勝手に僕を犯してください」と、お願いするビデオなのだ。当然、男優さんは無抵抗で情けない姿が似合
う人でなければいけない。鷲本監督の作品にはマッチョやテクニシャンな男優は登場せず、出てくるのは口べたで華著な男ばかり。我々と同じ人種だからこそ同化し、気持ちよくなれるのだ。女教師は、気弱な男を徹底的にいたぶってくれる。武器は言葉だ。
「あーら、いけない子ねえ。もうこんなに大きくなっちゃって」とチンチンをピンピンと弾く。普通のAVなら、ここでパックリくわえてくれるところだが、女教師はそう簡単にこちらの欲求を満たしてはくれない。お預けをくう男優の表情も情けないが、観ているこちらもお預け状態だ。何度も何度も我慢を重ね、最後の最後になって、ようやく手で抜いてもらう。誘女に操られ、我慢させられ、ようゃく訪れる放出感。日常、使命感を背負ってセックスしている男ほど気持ちよくなれるはずだ。
また一転し、鷲本作品には我慢する女の、恥ずかしがる表情を観て楽しむビデオも少なくない。『美人令嬢・エ口小説朗読ー目と耳で感じるビデオが、その代表だ。気持ち良いセンズリをコクためには「五感をフルに活用しなければいけない」という鷲本の主張が込められている。作品の内容は実に簡潔だ。清楚で上品なお嬢様が下品で露骨なエ口小説を朗読する。淡々と朗読するお嬢様だが、「そのとき卑狼に曲がった男根が」などと読み進むうち、顔を紅潮させ足をもぞもぞ動かし始める。オナニストはこのあたりの微妙な女の差恥心を察知する。しかも作品は意地悪くも、お嬢様が差恥心を崩さないままに終わってしまい、「なぜだ」と思わず叫んでしまいたくなる。が、目を閉じて先ほどのお嬢様の恥じらいを思い返すと、もうたまらない。ドーバミンが刺激され、頭の中は妄想でいっばいになる。結果的に我々は、お嬢様に焦らされたのである。このパターンは一見、難解なようにも見えるが、その後文学才女・エロ小説朗読お嬢様・エ口ビデオなど、現在も新作が出るシリーズだ。
アロマ企画は、接吻フェチモノのベロシティ、母乳・乳首マニア向けトップレス、そしてM男ビデオ専門の『新宿Mシティ』といったマニアショップを展開しているが、入門者にはアロマだけでなく他メーカーのインディーズビデオも扱っているズロがおすすめだ。
ここ数年素人モノが大流行のAV業界。ルックスの整った単体女優の絡みより、路上ナンパや応募で集めた普通のネーチャンの痴態の方が、ずっとリアルでエロいというワケだ。
が、裏モノ読者ならお気づきのとおり素人モノの作品は大半がヤラセ。普通の娘に思える彼女らは、実はそのほとんどが、プロダクション所属のセミプロだったりする。そして『素人モノ』では、女の子の自室に上がり込んでのハメ撮りシ—ンが特に人気なのだが、モデルがセミプロである以上、その部屋もまったく別の女性の住居を使っていることが少なくない。いや、むしろモデル本人の部屋を使
う方がマレだ。ごちゃごちゃと前置きが長くなって申し訳ない。実は私は、1人暮らしの女性の部屋をAVやグラビア撮影用に貸し出すレンタル業を仕事にしている男だ。始めてもう4年。日本広しといえども、こんな仕事を生業としているのは、恐らく私以外にいないハズだ。究極のスキマ産業ともいうべき、このビジネスの詳細をお話ししよう。
撮影に部屋を使わせてくれる女知らない?
話は今から5年ほど前。当時、渋谷で現役バリバリのAVスカウトマンだった私のもとにAV監督やグラビアカメラマンから、こんな依頼が頻繁に届くようになった。
「春木さんの知り合いで誰か部屋を貸してくれる女いないかな?」
時は折しも素人モノの人気に火が付き始めたころ。ホテルやスタジオでもいいが、より出演モデルの素人さを出すため、実際の女の子の部屋でカメラを回したいというのだ。もちろん、当の出演モデルには毎回、部屋を使わせてくれと頼んではいるものの、自分の股ならホイホイさらすくせに、どいつもこいつも、こと自室の撮影となると嫌がるのだという。仕方なく、当初は監督や撮影スタッフの自室やレンタルルームに小道具を持ち込み、それらしい部屋に偽装。撮影を続けていたが、どうも雰囲
気が違う。あれこれ話し合った結果、やはり本物の女の子の部屋でなきゃダメだという結論に落ち着いたらしい。そこで白羽の矢が立ったのが私。長年のスカウト歴で培った人脈を買われたというワケだ。まったく面倒くさい依頼だが部屋見つけてくるたびに3万のバイト代が出ると聞けば、マジにもなろうというもの。さっそく私は、部屋の提供者を探し出すベく動き始めた。作戦は実にシンプルで過去スカウトで知り合った女の子に話を振るだけ。ダメならその知人を次々に紹介してもらい、とにかく数を当たる。大抵はそれで数人の協力者をゲットできた。ちなみに彼女らに支払うギャラは一時間で3 千円程度。通常、撮影は長くても5時間で終わるので、毎回バイト代3万のちょぅど半分が私の懐に入る計算だ。本業であるスカウト業ともリンクし、なおかつラクチンな割に実入りもヨシ。何ともおいしいサイドビジネスを見つけたもんだと、素直に喜んでいた。部屋の提供者探しが本業になったのは、それから一年ほど後のことだ。私の話をどこからか聞きつけた他のAV関係者からの依頼が増え片手間ではこなせなくなったからだ。思った以上に、みな場所探しにはソートー難儀しているらしい。転職をはかるには、ある意味絶好のタイミングといえよぅ。まずは、現在ストック中の10部屋を写真に撮り、カタログを作成。それを手にAV、エロ系出版社、果てはテレビ局などに営業をかける。なお、料金システムや女性へはほぼ今までどおりだ。必ず二ーズはある。その予想通り、依頼数は順調に増え、現在では一日平均、4 軒の貸し出しを行うまでに成長した。月にして50万の収入を得
るようになったのだ。これだけでも上出来なのだが、実はこの仕事にはもう1つ、とってもおいし〜い副産物がある。新規の部屋を紹介された際私は毎回そこへ下見に訪れる。日当たりはどうか、妙な
ペットを室内に飼っていないかなどを事前にチェックするためだ。そのとき、部屋には貸し主と私の2 人。考えてもみてほしい。見知らぬ女性の自宅に、堂々と上がり込めるのだ。スカウトマン時代の口説きテクを使うまでもなく、実にあっさりハメハメへ持ち込めるのである。あまり大きな声では言いたくないが、いただいた人数は50人は下らないのではないか。むろん、いいことばかりではない。ときに面倒なトラブルも起きる。撮影中何も知らない貸し主の彼氏が、部屋を訪ねてきたときだ。必ずといっていいほど撮影が中断する。それをとめるのも、また私の仕事なのだ。
幼馴染に東京で再会したら風俗嬢になっていた・いろいろあったようだ

ネットで興味深い掲示板を見つけた。
『ひろこさんを探しています。千葉出身・女性・47才。心当たりの方いませんか?』
『広之さん51才を探しています。痩せ型、首に薄いシミ。大切なお父さんです』
人探しの情報提供を求める書き込みがずらっと並んでいる。知らなかったけどこんな場所があるんだな。…もしかしてオレを探している人もいたりして?
単純な興味で、サイトの検索欄に自分の名前「川上」を入力してみる。するとどう
だろう、一件の書き込みがヒットした。
『川上さんを探しています。2002年ごろ船橋市のアパートに住んでいて、当時はファミレスで働いていました。どうしても連絡がとりたいです。ユキ・23才』 マジかよ? 確かにその時期、自分は船橋市に住んでいて、ファミレスバイトをしていた。つまりこれは同姓同名の誰かではなく、紛れもなくオレを指している。てことはユキ23才って…あの子?脳裏に過去の記憶が蘇ってきた。かれこれ十数年前、船橋でオレが一人暮らしをしていたアパートの隣室に、母親と2人で住んでいる少女がいた。当時小学4年生。それがユキだ。ある日の夕方、近所の公園で彼女が一人しょんぼりしているのを見かけた。
「帰らないの?」
何度か顔を合わせたことはあったが、しゃべりかけるのは初めてだった。
「お母さん心配してるよ」「ママは昨日から旅行してるから…」
えっ、ほったらかされてんのかよ…。
「ゴハンは?」「……ない」
「よし。おにーちゃん、ファミレスでバイトしてるから料理は得意なんだ。何か作ってあげるよ」
部屋で一緒にご飯を食べるうち、隣の状況が何となくわかってきた。彼女の母親は、育児放棄(ネグレクト)をやらかしてるのだ。以来、オレはまめにユキにご飯を作ってやり、彼女もオレになついてくれた。
「おにーちゃん、この洗濯物たたんであげようか?」「頼むわー」
「私、掃除もしてあげる」「ありがと」

学校生活の相談をされたり、お祭りに連れて行ってと頼まれたり。オレとしては妹ができたような気分だった。そんな生活が2年ほど続いたろうか。が、ユキが小6の春、別れは突然やってくる。
「うち引っ越すことになった…。ママが新しい男の人と結婚するから大阪に行くって」
久しぶりに家に行っていい?以来10年以上も会ってなかったそのユキが、オレを探しているとは。
︿こんにちは。アパートの隣のおにーちゃん、川上です。掲示板見たよ。元気にしてますか?﹀
書き込みのメアドにメッセージを送ると、すぐに返事がきた。
︿おにーちゃん、超久しぶり! ユキは今、東京に住んでるよ。会わない?﹀
おぉっ! 東京にいるんだ! 再会できるなんて夢みたいだな!
そして当日。待ち合わせ場所に現れたユキは、当たり前だがグンと成長していた。
「わぁっ、おにーちゃん。マジで久しぶりなんだけど!」
見た目は、板野友美をさらにこってりしたような、いわゆるギャルだ。楽しくやってるみたいじゃないか。ところが、居酒屋に入って近況を聞くと、いきなりドキっとした。
「今、風俗をやってんだ」

「…そうなんだぁ」
けっこう荒んだ生活を送ってきたらしい。中2のときに母親の新しい男にレ〇プされたとか、それが原因で家出した後、エンコーでかなり稼いだとか。子供時代を知ってる身としては何だか切ない。関東には20才のときに戻ってきて、現在は都内のイメクラの寮で生活しており、つい最近「人探し掲示板」を見つけたという。
「オレのことよく覚えててくれたね」
「忘れるわけないじゃん。ずーと会いたかったもん」
涙が出ちゃいそうだな。「ユキちゃんもいろいろあったんだね」
「大人になったでしょ?」「うん。かわいくなった」
「ヤリたい?」「…いやいや」
さすがは風俗嬢というか…。意外とホントにヤレちゃったりして? って、いかん、オ
レは何を考えてんだ。ところが、そんなこちらの気持ちを察したのか何なのか、彼女がこんなことを言い出した。
「ねえねえ、今日はおにーちゃんちに行っていい?」「え?」
「一人暮らしだし、彼女もいないんでしょ? 久しぶりにいいでしょ?」
結局その晩、ユキはオレの家に泊まりにきた。船橋時代とは違う、ちょっと高めのマ
ンションに。そしてオレは抱いた。あの泣き虫だった学生をがっつりと。ビックリしたのはその翌日の、彼女からの提案だ。
「私、またおにーちゃんと一緒にいたい。ここに住んじゃダメかな」
うん、そうだな。別にいいんじゃないかな。かくして始まった2人暮らしは、何となくの流れでオレがメシ作りを担当、ユキが洗濯や掃除係で、昔の続きをやってるようだった。しかも、そこにセックスが加わっている。そして彼女は風俗嬢だけあってサービス精神旺盛でノリがいい。それはもう楽しい日々だ。そんな新生活にちょっとした変化があったのは、半年ほど経ったある日、セックス中にユキがある告白をしてきてからだ。
「私、バイなんだ」「バイ?」
つまり女相手でもやれるってことか…。
「そうそう。で、今よく遊んでる女のコがいるんだけど、オニーちゃんも交じって3P
しない?」
ぶっ飛んだ話だが、これも彼女の生い立ちの影響なのだろうか。幼いころに虐待されると、性的にねじ曲がったりするもんなのかね?よくわからんけど。そんなわけで現在、オレはユキと一緒に暮らしつつ、ときどき彼女のツレを交えて3Pしながら楽しい日々を送っている。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ