ee092.jpg57_20200407075736108.jpgc111.jpg138_20200407074601b1d.jpg
先日、ベッドの上でセフレのユウコが切り出した。「へ?どしたん?」
「気配を感じて振り向くと、カメラを構えた男がいるの。なんとかなんないかなぁ?」
気のせいとは思うが、可愛いセフレの頼み。ここはI肌脱いでやっか。果たして、ユウコの話は本当だった。3 日後、再び彼女のアパ—卜を訪れたところ、怪しい人影を見つけたのだ。20代前半だろうか。小太りな体にデカいリユック。手にはビデオカメラを構えている。間違いない。
「おい、アンタ。人の女に何してんだよ?」
プクッとした腕をつかみ、路地裏へ連れて行く。
「ヒエエエ。すみませ〜ん」なんて惨めな野郎なんだ。とにかく二度とこんなマネすんじやねえぞ。と、男の肩に手を触れた瞬間、ヤツが涙目で言った。
「あなた、ユウコさんの彼氏ですよね?」
「お、おう。なんだよ?」
「お願いです。彼女のイメージビデオを撮って下さい!」「はあ?」
「そのためにストーリーも作ったんです!」こいつアホか。
「お礼は10万です」ナニ、金くれんの?マジかよ。早く言えよ。
「あ、有難うざいます!後でシナリオを送りますから」
その夜、さっそく小太りからメ—ルが来た。うげっ、夕イトルがはじめてのおるすばん?しかも『メイド服着用』とか書いてあるぞ。勘弁してくれよ〜。が10万円のためオレは動いた。翌日自室の押し入れにカメラをセット。ユウコを呼び出しメイド服を見せる。
「着てくんない?」「え〜、それヤバくない?」「ま、まあ、たまには気分を変えてみようぜ」「え〜」
渋る彼女を強引に説き伏せ、プレイ開始。胸のリボンをはだき、乳首を舐め回す。そしてユウコが喘ぎ始めた所で、小太り注文の台詞だ。
「『お兄ちゃん、気持ちいいよう』って叫んでくれ」「えっ?なんで?」
「いいから頼む!」「…お、お兄ちゃん、気持ちぃぃよぅ」
「よし今度はマリおかしくなっちゃうって」「誰よそれ?」「いいから!」
2時間後、ユウが眠ったのを確認、テ—プを回収し外に出ると、すでにヤツが待っていた。
「…遅いじゃないですか」
「お前のシナリオが長過ぎなんだよ。ホレ、受け取れ」
小太りがテ—プを大事に抱え込む、そのときだった。
「何してんのシュウ君?その人ってまさか…」
振り向けば、脅えて立ちすくむユウの姿が。ヤバ!とっさに目の前のメガネに拳を一発見舞った。
「ついに捕まえたぞ!オマエは家に入っててくれ」「う、うん。お願い」
小走りに玄関へ向かう彼女を見届けた後恨めしそうな表情の小太りに言った。
「悪く思うなよ。今後も仲良くしようぜ」その後も定期的にイメージビデオを撮り続け、これまでに受け取った金が80万。関係は、いまだ継続中だ。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ