★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
ee092.jpgee078.jpgw070.jpg138_20200407074601b1d.jpg
生でいい→生フェラのことお尻舐めて→デキない・約束違反のテレクラ娘にハメ撮り
76_2020040611441564e.jpg77_20200406114416fba.jpg78_20200406114417f66.jpg79_20200406114419d13.jpg80_2020040611442007b.jpg81_20200406114422a2e.jpg
これまで、生保レディを騙し喰ったことが2回ある。1人目の30代前半の女とは保険契約の手続きをしてセックスを楽しみ、後日クーリングオフの葉書を送りキャンセルしてやった。2人目も同様に散々もて遊んだが、終わってみれば「保険はどうでもいいの、頭がすっきりしたから」と言われて、ずいぶん拍子抜けした。今回、紹介するのは、社会的性悪度が高く、懲らしめる大義名分に十分な生保の女だ。自称32才の清美と出会ったのは、日暮里に続くババア度の高い上野のテレクラだった。「仕事の途中ですけど、1 人でお昼を食べるのも寂しいから」
そう言われ、アブアブ前で約束した。2 、3才はサバ読みで地味な顔面に真っ赤な口紅。アンバランスなうえに俺の好きなパンツスーツ。悪くない。アメ横方面に戻り目についたホテルへ。コー卜を脱がせチャコ—ルグレィのパンツス—ツ姿にさせ、お尻をなでた後、スラックスをずり
「また会ってほしいわ」そんなに俺のペニスが気に入ったか。下半身裸にして陰部を開いた写真を撮った後、一緒に風呂に入る。乳はショボクレだが、尻好きの俺には関係ない。軽く洗った後、ベッドの端でペニスをくわえさせた。ペニスを半分ほど入れながら舌で全体をまさぐる。気合いの入ったフェラ。勃起度は高い。「入れようか」「まだダメ。坊やが大きくなるの、すごくうれしいから」
「ガマン汁出ちやうよ」「いいの心配しないで」
さすがセールスレディ言葉遣いがジンジンくる。ベッドに倒して前から挿入。柔らかいモモ肉さげた。歳の割りに尻肉の締まりはいいようだ。女がパンティを脱ごうとする。おっと、まだ早すぎる。
「そのままにしてて」右手をパンティの上から入れ、左手は脇から入れて陰毛を探る。
「なんかへン、じらされてる感じ」立ったまま、女は困惑したように笑う。真っ赤な女の唇に口をつける。吸い込まれる舌。この前戯こそ至福の時間。俺は静かにジッパーを下ろしてペニスを見せつけた。「初めての人だから洗ってからにして。次はするから」が俺の腹にあたり気持ちよく、少し動いただけで射精した。
アナル舐めもしないで契約を取ろぅってのか
「お願いしていい?」終わった後、女が言った。「なに?」「月に一万円でいいから…」「えっ?」
「保険に入ってほしいの。そうすれば毎月1回会ってもいいのよ」
「担当の職域もあるけど、行って顔だすだけ。あとはこういうとこへ電話して時間をつぶすの。いももらえる」と自慢げに言う女は断固として許せない。もはや、この女に気遣いはいらない。10日後に契約する約束で2回目を要求する。女を寝そべらせ自分で性器を拡げさせる。尻の中から2つの穴が見える。大きいほぅの穴を指でほじくると女はだらしない声を出した。2回目の前戯は定番のアナル舐めからだ。「お尻の穴を思い切り吸ってよ」「え、舐めたことないな」とぬかす。若い美女ならともかく、アナル舐めもしないで保険を取ろぅってのか。いい根性してるじやないか。
「しないんだったら帰るよ」
脅すと、女は舌を出して俺の肛門を舐めた。しかも穴の中心に唾液を入れてヒダまで吸ってくる。できるじやないか嘘つきめ。勃起が最高になったところで後ろから入れた。締まりは中程度だが尻肉が俺の腰にあたる感じがいい。後ろから首を軽く締めると膣がビクンとする。女の脚を抱え上げる正常位で足首を握ると締めがよくなるのと同じ原理だ。強く締め上げて射精した。
19才の援交女リナ池袋のテレクラで繋がった。その日は鳴りが悪く、午後2 時までに3 本取れただけ。みな40前後のババ電話で「割り切って」とくる。家に帰ってオナニ—かと思ぅとクソ面白くない。終了間際にかかってきたのがこの女だった。1分過ぎても延長になる。相手のことも聞かず三越の横にある入り口に向かった。リナは俺を見る急いで立ち上がり手を振った。150センチほどで若いくせに白っぽいファ—コ—卜にブーツのキャバクラコギャル姿。高校出たてふうのあどけない顔。アヤしい感じテンテコ盛りの女だ。女の名を呼ぶと、リナはそれには答えず大声で言った。
「お金ないのアタシ。助けてくれる?」
まったく物語のない女だ。だが小型で性能のよさそうなボディを喰いたい俺もいる。断ろうか断るまいか。とりあえず、ストレ—卜に希望を口にした。「エッチな写真撮らせてよ。超エグいヤツ。それとお尻の穴舐められるの好きだよ。あとナマでやりたいな」
「いいよ、そんくらい常識じやん。ベチョベチョに舐めてあげる」下半身がカッとなった。
「いくら欲しいの?」「2枚くれる?」「俺、失業中なんだ。ホテル代込みだったら」
「いいよ、パパと同じだ」リナの目の前で、ペニスをしごく。女はノッてこない。ふつうなら「舐めてあげようか」と男を発奮させるのに、ただ見ているだけ。「舐めてよ」としつこく要求して初めて口をつけた。下半身の«燃え» が少し消えた。いわゆる「処女太り」というのだろうか。服を脱ぐと、寸胴の体が現れた。ちょっぴりふくらんだ腹が生活習慣の悪さを感じさせる。水着の跡以外は薄黒い肌。どういう物語にしようか悩む。単純に「都会にあこがれて地方からプチ家出してきた少し生意気なギャル」に小遣いを渡して、そのフレッシュな体をいただくサラリ—マンてとこか。ストッキングを履かせると、幼い顔から女子高にも見えなくない。淫行気分で進めることにする。ベッドに寝かせて陰唇を開いてカメラをセッ卜。尻にデキものがあるとこも女子高っぽくていい。だが、クリトリスを丁寧に愛撫しているのに黙ったまま目をつむってるのはどうだ。反応がないのはシラける。
さらに、奥深いフェラをさせようとペニスを入れるが半分ほど含むだけで、女子より始末が悪い。このままダラダラとやってるとペニスが萎えてきそうだ。
正常位で生のまま入れリモコンスイッチを押してハメ撮り。少々アブないが「エイズヴイルスにも効果がある」と言われるイソジンウオッシュで洗えばいいだろう。
「すぐイクから」「え—、ゴムつけてよ」「ナマでいいって言ったじやない」
「それって、ナマフェラのことだよ」約束違反にもほどがあるぞ。
「じやあ、お尻舐めて」「それってデキない」「するって言ったじやない」
「口内炎ができてるの。バイ菌が入ったらイヤじやん」
ご老公様のお尻になんて失礼なことをいう女だ。この時点で金を払わないことを決めた。コンド—厶をつけて女の両脚を抱え上げ、大きく開いた陰唇に入れる。膣の当たり感がまったくないふざけた性器だ。これはセックスではない。ダッチワイフだ。
AVの脚本を作ってオリジナル動画イメージビデオを撮るという趣味
先日、ベッドの上でセフレのユウコが切り出した。「へ?どしたん?」
「気配を感じて振り向くと、カメラを構えた男がいるの。なんとかなんないかなぁ?」
気のせいとは思うが、可愛いセフレの頼み。ここはI肌脱いでやっか。果たして、ユウコの話は本当だった。3 日後、再び彼女のアパ—卜を訪れたところ、怪しい人影を見つけたのだ。20代前半だろうか。小太りな体にデカいリユック。手にはビデオカメラを構えている。間違いない。
「おい、アンタ。人の女に何してんだよ?」
プクッとした腕をつかみ、路地裏へ連れて行く。
「ヒエエエ。すみませ〜ん」なんて惨めな野郎なんだ。とにかく二度とこんなマネすんじやねえぞ。と、男の肩に手を触れた瞬間、ヤツが涙目で言った。
「あなた、ユウコさんの彼氏ですよね?」
「お、おう。なんだよ?」
「お願いです。彼女のイメージビデオを撮って下さい!」「はあ?」
「そのためにストーリーも作ったんです!」こいつアホか。
「お礼は10万です」ナニ、金くれんの?マジかよ。早く言えよ。
「あ、有難うざいます!後でシナリオを送りますから」
その夜、さっそく小太りからメ—ルが来た。うげっ、夕イトルがはじめてのおるすばん?しかも『メイド服着用』とか書いてあるぞ。勘弁してくれよ〜。が10万円のためオレは動いた。翌日自室の押し入れにカメラをセット。ユウコを呼び出しメイド服を見せる。
「着てくんない?」「え〜、それヤバくない?」「ま、まあ、たまには気分を変えてみようぜ」「え〜」
渋る彼女を強引に説き伏せ、プレイ開始。胸のリボンをはだき、乳首を舐め回す。そしてユウコが喘ぎ始めた所で、小太り注文の台詞だ。
「『お兄ちゃん、気持ちいいよう』って叫んでくれ」「えっ?なんで?」
「いいから頼む!」「…お、お兄ちゃん、気持ちぃぃよぅ」
「よし今度はマリおかしくなっちゃうって」「誰よそれ?」「いいから!」
2時間後、ユウが眠ったのを確認、テ—プを回収し外に出ると、すでにヤツが待っていた。
「…遅いじゃないですか」
「お前のシナリオが長過ぎなんだよ。ホレ、受け取れ」
小太りがテ—プを大事に抱え込む、そのときだった。
「何してんのシュウ君?その人ってまさか…」
振り向けば、脅えて立ちすくむユウの姿が。ヤバ!とっさに目の前のメガネに拳を一発見舞った。
「ついに捕まえたぞ!オマエは家に入っててくれ」「う、うん。お願い」
小走りに玄関へ向かう彼女を見届けた後恨めしそうな表情の小太りに言った。
「悪く思うなよ。今後も仲良くしようぜ」その後も定期的にイメージビデオを撮り続け、これまでに受け取った金が80万。関係は、いまだ継続中だ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ