★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
20_20200406135342bcc.jpg21_202004061353435b0.jpg22_20200406135344cbd.jpg23_20200406135346ea7.jpg24_2020040613534733a.jpg25_2020040613534997e.jpg26_20200406135350dd5.jpg27_202004061353529dc.jpg28_20200406135353406.jpg29_202004061353551e4.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
南米はブラジルで、ある有名なイベントが催されることをご存知だろうか。リオ(リオデジャネイロ) のカーニバル。 陽気なリズムに合わせて半裸の女が激しく腰を振ることで有名な世界最大の祭典だ。
が、この熱狂の宴には、実はもうひとつ別の顔がある。古今東西、祭りの夜は無礼講、見知らぬ男女が性欲にまかせて交じわうことも珍しくない。リオの力ーニバルも然り。祭りの期間中は、ハメを外
してハメハメしてもいいらしいのだ。実際、過去、力—ニバルに参加してきた者は言う。どんな男もモテモテで、盛り場にいけば逆ナンの嵐。ブラジルは混血の歴史なので人種はフィ—リングさえ合えばギャルはパカパカと股を開く、と。んなアホな。わかる。オレだってこの手のヤリまくり、モテまくり話には正直、ウンザリだ。が、世界は広い。情熱渦巻くラテンの国だ。サッカーの勝敗で暴動が
起こるアツイ国民性である。アホなことがまかり通ることもあるやもしれぬ。そうは思わないか? 少なくともオレは思うぞ。誰が何と言おうと、オレは地球の裏側でモテまくってくるのだ。
オレを乗せたブラジル航空の便がリオデジャネイロ国際空港に到着した。成田からロス、サンパウロを経て28時間。ヘロヘロになった体に'容赦なく夏の日差しが襲い掛かる。暑い。さっそく空港のトイレで短パン、T シャツ姿に着替え、バスで市内へ向ぅ。ハイウェイは数珠繋ぎだった。世界中から力ーニバルを見ようと観光客が集まってきたらしい。ふと窓の外を見れば、崩れかけの住宅が果てしなく続いている。麻薬やマフィアの温床、ファーベラ(スラム街) だ。現在、リオには650以上点在しているらしい。凶悪犯罪も多発している。昨年の殺人事件はなんと6千件。最近もマフィアと警察の銃撃戦に市民が巻き込まれ、多くの死者が出たらしい。治安の悪さは世界でもピカイチだ。が、ビビっていても始まらん。中心街にほど近いグロリア地区のホテルにチェックインするとオレはカリオ力(リオで生まれ育った者) であふれるセントロ(旧市街) へと繰り出した。ブラジリアへ遷都されるまでブラジルの首都だっただけあり、近代的な高層ビルが立ち並んでいる。が、機関銃を持った兵隊さんがやたらと目につくのはなぜ?そっか。力ーニバル時期は観光客を狙った強盗やスリがブラジル全土から集合するって話だから、その警備に当たってるんだな。こりゃ頼もしい、と胸を撫でおろしたとき、「マイガッ!」叫び声に振り返ると、短パン姿の白人男性が頭を押さえて道の真ん中で倒れていた。地面を蹴る音、数人の男たちが小脇に何かを抱えて走り去っていく。ひったくり!?目撃者によれば、犯人は背負っていたリユックをナイフで切り、奪い去ったらしい。バイオレンスな手口〇コワすぎ。が、それよりコワかったのは、ショックで起きあがれぬ被害者に、通行人がまったく無関心なことだ。こんなの日常ってことかよ…。
日本人ナンパ野郎に美女は気軽に微笑んだ。期待に胸を膨らませてバス停を降りると、遥か遠方までズラッと並ぶビーチ。パラソルが目に飛び込んできた。人、人、人…夏の江ノ島も真っ青のイモ洗い状態。これが南米有数のリゾート?Tバックもおるけどなんかダセいぞ。いや、んなことはいい。ここを訪れた目的はひとつ、力ーニバルを前にモテ具合を確認するのだ。さっそくあのウイノナ•ライダー似に…。「ハ—イ、コモエスタ、セニヨリ—夕(はじめまして、お嬢さん) 」
「ハ—ィ」おつ、好感触。ブンブン手を振り返してくれたぞ。
「アイア厶•ロンリ—ボ—イ• フロ厶• ジャパン。一緒にビ—チバレーでもやらな—い?」
「フフ、ソ—リ—。チャオ(さようなら) !」
彼女が目配せした先を見ると、ホイス• グレ—シ—似の胸毛モジャモジャ男がガンをくれている。あらら失礼しやした〜。ここかと思えばまたあちら、「渚のシンドバッド」よろしく、美女から美女へ声をかけまくるが、なかなかゲットまでには至らない。が、オレは確かな手応えを感じていた。日本の海水浴場でシカトされまくり男が、このビーチではコブ付きギャルまで愛想よく相手をしてくれるのだ。ブラジル男はヤキモチで有名と聞く。なのに日本人ナンパ野郎に微笑むってことは…
勝機。ウオ—ミングアップはこれぐらいにして、体力温存といきますか。夜はドエライことになりそうだからな、くくく…。さて、ここで簡単にリオの力ー二バルについて説明しておこう。基本的に街全体がお祭り騒ぎとなるのだが、特に盛り上がるのは「サンバ学校」対抗のパレード。中でも注目は「特別グループ」と呼ばれるハイレベルな上位16チ—厶の争いである。1チー厶の参加者は5千人、各々決めたテーマや音楽で約1時間のパレードを行い、衣装、演奏、踊りなどのポイントで勝敗を競い合う。ドン!ドン!ドン!夜空に大輪の花火が打ちあげられた。窓の外では、ものすごい数の人間がサンボドロモを目指している。スゲ武者震いしつつ入場すると、中は異常なまでの盛り上がりを見せていた。白人、黒人、ヒスパニック、アジア…あらゆる人種がごった返し、ビールで乾杯。キンキラの仮装をした連中もパタパタとその辺を駆け回っている。割れんばかりの歓声と大音量のサンバに圧巻されつつ、スタンドに上がる。客はみな総立ちでノリノリだ。その前を全身羽飾りのおネーチャンを乗せた巨大なフロー卜( 山車) が通過していく。例えるなら紅白歌合戦の小林幸子のステージ。それが回転寿司のよぅにエンドレスで流れていくといえばイメージしていただけるか。とにかく華やかさ筆舌に尽くし難し。ディズニーランドのエレクトリカルパレードなど子供ダマシだ。ちなみに、ブラジルでは力ーニバルの準備に丸々1 年かけ、その費用は国家予算にも匹敵するといわれる。彼女は言った。KUBOTAという響きがブラジルで意味するもの。それは肛門。こちらでは中指を立てるあの言葉と並ぶ下品なものらしい。それでか。ナンパした女たちが去っていくとき、決まって戸惑いと憐れみの表情をしたのは、そのせいだったのか。ケツの穴。オレ様はアナルさん、ミスタ—アナルか。ぶわははは、こいつぁケッサクだ…。って、ザケんじゃねえ!アナルを名乗る男に女がなびくわけがね一じやねえか。チクシヨ—、「クボタ」姓でなければ…。オレが自らのル—ツを呪っていた頃、サンボドロモには朝日が差し始めていた。
目が覚めると午後3 時をまわっていた。昨夜のことは忘れよぅ。だいたい観客席でチマチマとナンパなんてオレの性に合わん。決戦は今夜だ。パレードには観光客も踊りに参加できる枠がある。実はオレ、事前に「マンゲイラ」なるサンバチームに参加を申し込んでいたのだ。これなら確実に、パレードで腰をクネらすカリオカ娘とお近づきになれる。なんてったって、マンゲイラは昨年の優勝チーム。盛り上がりは折り紙付き、あわよくばノリにまかせイチヤつけるかも…。意気揚々とサンボドロモへと向い、衣装を手渡される。って、これマシすか。
司祭の衣装、魔法使いのような杖。そして、首に卷きつける羊のヌイグルミ。何でも、今年のテーマは旧約聖書だという。不安。とっても不安。そんな色気のないパレードに果たしてオネーチャンが参加するのか?…いなかった。花道のスタート地点にスタンバイ、右を見ても、左を見てもオレ同様に羊を首にまいた司祭しかいない…サギだ!慰めるかのように、隣のサミュエル•L•ジャクソン似のオヤジがピンガ(サトウキビの蒸留酒) をすすめてくる。くそっ、オレは機嫌が悪いんだ。酒クセ〜から近寄んな一こうなりゃ道はひとつ、 パレードが始まったら集団から抜け出し、ギャルを探すのだ。
目もくらむスポットライトと腹の底まで響くサンバに導かれ、パレードが始まった。それ、さっそく興奮状態の人々をかきわけ…。
突然、係員に怒鳴られた。どうやら列を乱すなと言ってるらしい。ケッ、オカタイこと言うんじゃねーよ。認めよう。オレは負け犬だ。たった一人のギャルもゲットできないダメ男だ。
だが、それもサンボドロモで、と限定させてもらおう。先に述べたように、力ーニバルはリオデジャネイロ中で行われている。夜はこれから、まだまだ挽回のチャンスはある。オレは向う、コパカパーナへ。逆転劇の舞台はココしかない。ビーチ沿いのアトランチカ大通りには多くの屋台が軒を並べ、サンバで踊る者、ハウスを流して路上をクラブ代わりにしている集団などであふれ返っていた。そこにジャネット• ジャクソン似の女が一人。イイ女がずいぶんヒマそうじやないか。いくか? いや、ちよつとムリ目かも…。ウジウジしていると、信じられないことが起きた。オレの視線に気づいたのか、彼女の方から微笑みながら歩みよつてきたのだ。「イ、イングレ—ス(英語)OK?」
首を振るジャネット似。よし、んじや会話集を取り出して、と。え、よかつたらオレと1杯やらない?…OKらしい。がどうとか…もしやキミ、プロ?イエス? なんだよ〜。娼婦ではモテたことにはならん、パスパスいや…待て。こんなナイスバデイをみすみすリリースしていいのか。この娘だつて立派なカリオカ娘じゃないか。仕事で差別しちゃ悪いよ。無理矢理自分に言い聞かせ、US120ドルで商談をまとめた。
果たして、彼女、ヴアネッサの乱れつぷりは凄まじかつた。タクシーに乗るや、後部座席でチンコをシコシコ、乳首をペロペロ、運ちゃんが事故りそうになるほど過激サービスのオンパレードである。
部屋でも、勢いは止まらない。ズッポリ飲み込むフェラに暴れ馬のような腰のグラインド、そしてフイニッシュでは野獣のような雄叫びを部屋中に轟かせる。セックスするために作られたサイボーグ。そう言われても、オレは信じただろう。目の前に仮面の女が立っていた。
なんて素晴らしい夜なんだ
彼女の名はアリサ。19才の学生で、パレードを見に行った帰り道、友だちとはぐれてしまったらしい。「オレは…マサキ。ヒマならしばらく話でもしない?」「ぃぃゎょ」
マスクを取ると、ジェニファーロペスを幼くしたような顔が現われた。うっひょ〜、もろタイプ!な
んて喜んでいたのも束の間、5分ももたないうちに話題が尽きてしまったからどうしようもない。しかし、このピンチを救ってくれたのは、他ならぬアリサだった。「ねえ、アナタ日本人でしょ。じゃあ、ジーコ知ってる?」「おおジーコね。うんうん、日本代表の監督なんだぜ」
「フフフ、それはブラジルでもニュースになったわ」「ふ—ん、じゃ、彼がサラ金のCMにも出てることは?」「ええ!?それホント?」サッカ—の神様のおかげで、すっかり打ち解けたオレたちはビーチに腰掛け、語り合った。アリサの好きなハリウッドスターのこと、 オレの姓がポルトガル語でアナルになること。不思議だ。彼女の前では何でも素直に話せてしまう。
「少し寒くなってきたね…よかったら部屋に行かない?」「…うん」
夢か? 夢じやね—よな。…信じられん。ホテルに戻りシャワーを浴びた後、当然のようにベッドになだれ込む。彼女の焼けた肌からは日本では嗅いだことのない太陽の匂いがした。
「ハア、フウ、ハア、フウ」ヴネッサとは対照的に押し殺した吐息が逆にソソる。う、もうイキそう。アリサもオレの首に手を回し、天を仰いで声をあげる。「オウ〜、メウデウス〜、フウ〜メウデウス〜」
ポルトガル語で「素晴らしい」。そう、なんて素晴らしい夜なんだ。ベッドでまどろみ、テレビをつけると、サンボドロムのパレ—ドが中継されていた。ほう、あっちもだいぶ盛り上がつているじゃね一か。うわ、オッパイ丸出しで踊り狂ってるネーチャンもいるぞ
「ふん、あんなのシリコンよ」思わず画面に目を奪われたオレを見て、アリサが不機嫌そうに眩いた。
「みんな力—ニバルのために整形してるの」
マジか。パレ—ドの女は、みな美乳ぞろい。外人だからそれもアリと思ったが、言われてみれば確かに不自然だ。「私の胸は本物よ。だから小さいでしよ、フフフ」
おそらくAカップしかないであろう胸を寄せておどけるアリサ。うんうん、あんなホルスタインなんか、ぜんぜん魅力を感じないよ。
「でも、アタシ、サンバだったら彼女たちにも負けないわよ」そう言うと、彼女はベッドの上で立ち上がり、激しいステップを踏みはじめた。«ズンダガ、ズンダガ»
ああ、アリサ、オレのカーニバルはキミさえいればいい。もうサンボドロムなんかクソくらえだ。
「なあ、また会えないかな?」思わず、ロに出してはいけない言葉がついて出た。
「ダメ?」「…アナタ、明日の夜には卜ーキョーに帰るんでしょ」わかってる。そんなことは百も承知だ。ただ、言わずにはいられな力ったんだよ。「週末になったらコパカパ—ナまで会いにきてくれる? それともアタシに卜—キョ—まで来いとでも言ぅの?…ムリよ!」
「明日の夜、またあの場所にいると思うわ。よかったら空港に行く前に会いにきて」
朝方、アリサはオレの部屋を出ていった。彼女にすれば、ナンパしてきた外国人と好奇心にまかせ一発ヤツタだけなのかもしれない。いや、恐らくそうだ。なのにオレは、一体何を熱くなってるんだ?気持ちを切り替えて、最後の一日にもう一人ぐらいカリオカ娘を引っ
掛けなくては……。いや、できん。アリサの顔が頭から離れない。結局、オレは夜までリオの街を彷徨い、気がつけばコパカパーナヘと向っていた。昨夜同様、賑わいを見せるアトランチカ大通り。しかし、あのカポエラの見世物はやっておらず、代わりに3人の流しが、サンバを演奏していた。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

タグ