★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
134_202004051203329de.jpg135_20200405120330d22.jpg
1、少年野球のコーチは人妻ママに不自由なし
SnapCrab_NoName_2019-8-2_20-9-19_No-00.png 
野球ギャルを喰いまくる。少年野球のコーチは金と女に不自由なし
「やっば、女は若いコに限るな。肌が違うよ」
突然の人事異動で故郷の支店勤務になって3カ月。久しぶりに中学時代の悪友、小峰(仮名)と飲んでると、ヤツがポロっと漏らした。
出会い系で知り合った女子と援交でもやってるのかと思ったら、違うらしい。そういえば、小峰は親父さんが始めた防犯グッズ屋を手伝ってるって言ったな。ってことは、客の奥さんに手を出してるんじゃ。。
「そんなんじゃないよ。実はさ」
小峰の話にオレはぶっ飛んだ。
5年ほど前に少年野球チームのコーチを引き受けた途端、女にも金にも不自由しなくなったと言うのだ。甲子園に行っただけで岡山じゃ町のヒー口ー少年野球といえばリトルリーグ(全日本リトル野球協会が運営)が有名だが、他にもボーイズリーグ(日本少年野球連盟)やヤングリーグ(全日本少年公式野球連盟)など、全国規模で活動する団体がいくつもある。
なぜか岡山は昔から野球人気が高く、それぞれの団体に所属するチームが複数存在。男の子は小学になるといずれかの野球チームに入り、土日ともなれば家族総出で練習。を見に行くのが当たり前だったりする。
もちろん、小峰もオレも野球チームで毎日遅くまで練習した口だ。でも、オレは親の転勤で上京する高3まで野球を続けたが、小峰は小学校止まり。その程度の経験でコーチが務まるのかっ
「いや、26のとき見合いで結婚して家業を継いだんだ。そうすると商店街の集まりってのがあるわけ」
そこで小峰は、自分は甲子園経験者だと大ボラを吹く。隣県の工業高校を中退したくせに、和歌山の名門高にスポーツ推薦された、と。
「補欠だけど2年の夏季大会でベンチに座ってたんですよ、って。冗談なのにジイサン連中が真に受けちゃったもんだからウソとも言えなくて」
補欠だろうが、岡山じゃ甲子園に行っただけで町のヒーローだ。すぐに少年野球チームのコーチをやってほしいとの話が舞い込む。こうして小峰は、甲子園のヒー口ーやプロ野球選手が何人も出ている伝統チーム・岡山ジャイアンツ(仮名)のコーチに就任したのである。
子供をチームに入れるため体を提供する母親
「やってみるとコーチなんて簡単なんだ。ジャイアンツは。名門だから、腕に自慢の子供が勝手に集まってきて、勝手に上達する。ノックさえできりゃ誰でもやれるよ」
しかし、親の目にはそう映らない。うちの子をチームに入れてくれ、レギュラーにしてほしいと、金品持参で小峰の元を訪れる。名前だけの監督より、現場で練習を仕切るコーチに実権があるからだ。最初はとまどっていた小峰。も、すぐに慣れ、自らどん欲に役得をし始めた。
「基本は、ビンハネだな。グラブ代の領収書で服を買うとか、本来10万の遠征費を、バスの運転手に20万の領収書を切らせて残りをいただくとかさ」
ジャイアンツには、野球の名門高校から引き合いも多い。そこで、うちのエースをやるからとバックマージンを取る。
コーチは半分ボランティアのようなもの。会計もどんぶり勘定だし、金についてはわからないでもない。しかし、女ってのは何だっ
「チームには小学から入れるわけ。小学の母親ってのは、十分、オレのストライクゾーンなんだ」
うちの子を入れてほしいと金品の他、自分の体を投げ出す親が少なくないという。ただ、これには小峰の容姿も関係しているだろう。180センチを超える長身に、38才には見えない鍛えられた体。一
見、さわやかなスポーツ青年に映る。
「相談に乗りましょうってホテルの茶店に誘って、冗談めかして『もっと静かなとこで話しましょうか』なんて水を向けりゃあさ」
呆れたもんだが、相手が大人ならまだ許せる。ところが小峰の魔の手は子供たちにも伸びる。
「うちのチームでレギュラー張ってりゃ、それだけで地元のヒーローなんだ。練習試合でもやろうもんなら野球ギャルってのっ女子中生がわんさか集まってくるんだ。その中から遊んでそうなのに声
かけるわけ。オジサンはジャイアンツのコーチやってるんだ、好きな選手に会わせてやろうかって。メシでも喰わせりゃ、簡単にホテルに付いてくるよ」
さらには選手さえも利用する。補欠の中で顔のいい子にこう持ちかけるという。
「おまえ、よくファンレターもらってるよな。オレに女のコを紹介してくれたら今度の一試合に出してやるぞ」
よくそんなことを10年近くも続けてボロが出ないもんだ。普通ならパクられてるぞ。
「その辺は大丈夫。オレがコーチになってからも甲子園に出たりプロになった選手が何人もいるからさ。少しぐらい悪いウワサがあったところで誰も気にしないよ」
呆れたコーチがいたもんだ。こんな体たらくじゃ、野球離れが進むのもムリはない。うちの子も巨人の星をつかめますか?
2、我が子のためなら、どんな努力も惜しまない生き物らしい。いい学校に行かせたい、いい会社に入れてあげたい。世の母親たちは、愛する子供のためには、お金や時間はもちろん、時に自分の体までも差し出してくれる。それがたとえ少年野球のコ—チが相手だとしても。大小合わせいくつもの少年野球チ—ムが県大会優勝を目指して日夜練習に励んでいる。50人もの子供を抱えるKフアイタ—ズもその1つだ。1年から6年までの混合チームで、10年以上前は県大会で優勝するほどの強豪だったが、最近は一回戦敗退が当たり前。それでも、規定で子供たちは他地区のチ—ムに入れない。今の弱小軍団で我慢するしかないのが現状だ。チ—ムの監督は県内の名門校でピッチャ—を務めたこともある実力者だったが、成績不信と家庭の事情で、昨年、辞任。後任の監督として白刃の矢が立たのが、飲み仲間のAだ。地元の甲子園出場校の野球部出身だけに関係者から声がかかったらしい。実際のところ、ヤツはベンチ要員だったのだが甲子園経験者の肩書きはやはり強い。監督に就任して半年が過ぎたとき、A が興味深い話を教えてくれた。
「母親たちがものすごい熱心なんですよ。子供をレギュラーにしてくれるなら何でもしますって誘ってくるんですから」
なんと、信じられないことに、これまでAは3人の母親から体の接待を受けたといぅ。たかが、少年野球のためにそこまでするとは驚きだが、こんな美味しい話もない。さっそく嚙ませてもらうことにした。「俺にもコ—チやらせろよ。横浜高校の野球部ってことにしてよ」
俺の出身校は実際に神奈川県の野球の名門、横浜高校だ(現在はワケあって東北に身を寄せている) 。が、野球部とは無縁。小学時代のソフトボール大会に出たぐらいで、ろくろく野球のル—ルもわかっていない。さすがにAも渋っていたが、日頃からお世話している先輩の頼みはむげに断れない。結局俺はバッティングコーチの名目で練習に顔を出すことになった。ファイターズの練習は、第2第4土曜日と毎週日曜日の朝7時から午後2時まで。俺は、子供らを熱く指導した。
「腰をぐっと引いて球を引き付けて打って」
「走って走ってスタミナをつけないと夏の暑い中大会は乗り切れないぞ、走れない選手はプレイヤ—として2流以下だ。覚えとけ」
何のことはない、Aに教えてもらった理論を自分のことばにしただけ。それでも小学レベルなら、真剣に耳を傾けるから面白い。Aの話は本当だった。母親たちは毎回、弁当や飲み物を持参で練習を見に来て、監督のAやコーチの俺に我が子の売り込みをかけてくる。ある日、手作り弁当を渡され、開けると蓋の上にメモが入っていた。
<子供がレギュラーになれるのなら、何でもいたします>
当然のように、携帯番号とメ—ルアドレスも付記されている。あきれるほどの情熱だ。週末になると、練習が終わって子供達を家に帰した後に、監督とコ—チ、母親達が集まり親睦会が開かれた。全て母親達のおごりで、お酌までしてくれる。まるでホステスだ。用を足しにトイレに立つと、出入り口の前で一人の母親が待っていた。
「今度の大会なんですが、Cんのお子さんよりも、うちの息子をピッチャーとしてお願いします」
真剣な顔で茶封筒を差し出された。恐らくや現金。I応ポ—ズで断りはしたものの、無理やりポケットに詰め込んでくる。ならばもらっておくか。中を確認すると、万札が3枚入っていた。酔っていたこともあり、調子に乗った。その母親は、30代の年増だが、麻生久美子をスレさせて5割引したようなそれなりの美人。トイレの個室に連れ込み、くわえさせた。彼女とは翌日の屆I間に約束を取り付け、ホテルで合体。息子の試合出場を条件に、中出しで2発も抜いたうえ、アナルも頂いた。少年野球コーチ、想像以上においしいポス卜かもしれない。母親たちから接待攻勢を受けるのは、レギュラーを決める時期が近づいてきたときに限られる。「X月X日の練習試合でのレギュラーをこれからの練習を
見て決めたいと思います。みんな実力に差がないので決めるのは難しいですが、監督と相談して試合1週間前までには決定する予定です」
これで、すぐにアプローチが始まる。中には不細工な母親もいるが、50人近くいるだけによりどりみどりだ。母親達も我が子がレギュラーになれて近所にいい顔できて、旦那とのセックスレスの不満が解消されるとあってか、罪悪感は全くないらしい。にしても、なぜ彼女らは自分の体をかけてまで、我が子のレギュラ—獲得に必死なのか。何人かの母親に聞いた話では1つに、同じチ—ム内で他の子供には負けたくないという親の見栄。もう1つは、小学でレギュラーなら中学に上がってもレギュラーになりやすく、高校に推薦入学できて、もしかしたらプロへなどというふざけた願望まであるらしい。これまで食った母親は5人。当然、その子供は全員レギュラーにしたが、最近は母親同士の醜い争いに辟易しだしたのも正直なところだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ