★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
237_20200403090758646.jpg236_20200403090757f8c.jpg238_20200403090759b71.jpg239_20200403090801bf3.jpg240_20200403090802f4f.jpg241_2020040309080422a.jpgキャバクラ・風俗しつこい客引きはたった一言で撤退する

新宿歌舞伎町。お目当てのキャバクラを目指していると、例によってヤツらが立ち塞がる。「オニイさん、今日は何系をお探し?ヌキ?オッパイ?」
無視して突き進むも簡単には引き下がらない。ウザいことこの上なしだ。あっち行けよ!叫んだところで効果はない。ヤツらを黙らせるには、毅然とした態度でこう言うといい。「アンタたち、条例違反だよ」
客引き行為は所属店から離れたところで行うと犯罪になる。この魔法の言葉で連中は脱兎の如く退散するだろう。工夫もテクニックもなくて何だか申し訳ないが、実際、コレが一番効くのだから仕方ない。大事なパーティがあるのにヒゲ剃ってくんの忘れた

お見合いパーティに向かっている最中、同行した職場の先輩が急に叫んだ。
「ヒゲ剃ってくるの忘れた!」
見れば確かに口回りがゴマをふりかけたようにぷつぷつしている。まるでブサイクなイチローだ。これじゃモテへんぞ。電車を降りた先輩はまっすぐ家電量販店に足を運んだ。ヒゲ剃りならコンビニで買えばいいのに。不思議に思っていると、先輩は店内の一角でフェイシャルスチーマーを物色しはじめた。温かい蒸気で顔の肌をケアする、女性用の美容マシンだ。で、その中からお試し用に電源の入っているものを見つけてスイッチオン。

「これでな、毛穴を開くんや」ほおほお、それで?「次はあっちや」
向かった先は電動カミソリコーナー。そこで再びお試し用の一台を手にした先輩は、おもむろにジョリジョリとやりだした。
「うーん、やっぱブラウンは切れ味がちゃうな。よっしゃ、今日はもてまくるで」
先輩への憧れがまた一段と強くなった1日だった。

【黒人の客引きクラブやバーに付いていったらどうなるか概略・全文は上記記事をお読みください】
都内に住む方ならご存じだろう。数年前から、六本木や歌舞伎町の路上に黒人の客引きが立っている。ヒップホップ風の強面や、190の屈強な男。読者の皆さんの中にも、声をかけられた人はいるだろう。「アニキ!かこいいねえ。ちよっと飲んでいかない?」
正直、めちゃ恐い。どうせボッタだろう。8 千円とか言ってるけど、30万くらいむしり取るんだろ。払えなかったら'ボゴボゴにすんだろ。誰が飲むかよ!なんてことを編集会議でロに出したのがイケなかった。んじゃ、仙頭、おまえが行って実態を調べてこいよ—何げにおっしゃる編集長。周りの面々も『お—、行ってこいよ』と嬉しそう。イジメか?
とりあえず答は保留にしたものの他にいいネタも浮かばない。黒人の客引きに付いていったらどうなるか?自分でもルポとしては面白いテ—マであることは、よくわかってる。でもなあ
もはや腹を括るしかない。行きます。わたくし仙頭、勇気を出して潜入してまいります。覚悟は決めたが'何の事前情報も無いのはツラい。そこで、歌舞伎町に詳しい知り合いに話を聞いたところ、
「ボッタって聞いてるよ。ATMで黒人にサラリ—マンがせかされている現場を見たことがあるし。最悪の場合のために力ードの類は置いて行った方がいいよ。解放代のために5万くらいは用意しといたら大丈夫じゃね?」
じゃねって…。なぜ言い切ってくれない。スゲー不安。スタンガンでも持っていこぅか。黒人にゆっくり接近すると、ヤツは優しく微笑み言った。
「ヘイアニキ」
同時に、するりとアームロックをキメてくる。反射的に腕を引くとギュッとバカカを入れる黒人。キャッチなんてレベルじゃない。拉致だよ、拉致。「アニキ、今日どこいくの」「決まってないけど」「じゃあ飲んでいかない?90分5千円飲み放題ね」「ほ—。どんなとこ?」
「ここだよ、多国籍バーね」
キャップ男が、水着姿の金髪や南米系の女の写真の載ったチラシを、手のひらで隠すようにオレに見せる。「お触りOKだから」「いくら?」「5千円だよ」「本当に?それ以上かかんな?」
「前払いだから大丈夫。アニキ心配しないで」
終始笑みを絶やさぬ黒人。かえって心配じゃねえか。携帯の電波が入ることをチェックした後、店の中に足を踏み入れる。…薄暗い。ホステスは4人。客は一人もいない。いきなりやられた。チラシに載っていた金髪のダイナマイトボディなどどこにもおらず、女は全てアジア系だ。さらに、力ウンターの中の男性従業員は2人とも黒人。コエ——。
「オニイサン、何飲む?」
風俗エステによくいるよぅな韓国女が声をかけてきた。まったくソソらない。さっさと触って次のコに変わってもらおぅ。んじゃ、ビールを頼むよ。
「わかった。じゃあ私はワインでいい?」へ? いきなりオゴってくれってか?
「すごく安いからたった3千円」「チップみたいなものです。ちょっとは残ってるでしよ」
「持ってないし」
「日本人だからお金もってるでしょ。飲めないなら、私が楽しくなれないよ」ちよっと笑顔になった女がテキ—ラを煽る。せっかくだから、胸でも触るか。「ダメよ!」
手を伸ばした瞬間、パチンと払われた。
「まだ、酔っぱらってないからダメなの。お酒すぐなくなるから、あのボトルを頼んだら、酔っぱらぅかも。ATMに行ってもいいから」出たよ、出ましたよATM。
結局タケノコ剥ぎってことか。いや違ぅな。この女、いくら飲ましてやっても、触らせるつもりなんかないに決まってる。女とオゴってオゴらないの不毛なやり取りを繰り返すうちカウンタ—の黒人が近づいてぎた。「アニキ時間だから」金払いの悪さにあきらめたようだ。ってこっちから願い下げだよ!
今言ったことばもう1 回言ってみろよ
1軒だけでは実態を把握したとは言えない。気乗りはしないが再チャレンジといこう。
「オニイサン、ワイン飲んで?」もぅ結構。おまえらの手口はよくわかった。誰がオゴるかよ。女は抵抗するかと思いきや、オレにその気無しとわかると、すぐに席を立った。なんかさつきの店と違ぅ。意外な展開はさらに続く。まもなくやって来た女がなんと日本人だったのだ。
「そぅ日本人だけど、悪い?てか、遊びにきて遊ばないのダサイって。ワイン頼ませてよ」物言いは生意気そのもの。外人ならまだしも、同じ日本人の女になんでこんなロの利き方をされなきやならんのだ。ざけんな!急速に怒りが沸き起こり、つい口走った。「おいお前今言ったことばもう一回言ってみろよ」
女が豆鉄砲を喰らったような顔になり'席を離れた。従業員の黒人に何やら英語で話している。意味はよくわからないが、ファイトという単語が何度も使われている。体が凍り付いた。はははっ。で何なのあんた?「女の子と合わないみたいだから、話そうと思ってね」
なに、アンタが接客してくれるんかい。どうなってんだよ。ま、とりあえず付き合うか。
「お兄さん、名前は?」「オレ?アビオラ」
現在31才。4 年前にナイジェリアから観光ビザで来日したらしい。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ