★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
日銭を稼いだ風俗嬢がどこに行くのか確かめる。楽しい遊びだと思います。実は僕も、似たような趣味を持っていまして。ただし、ターゲットは完全な素人。エンコー女の尾行です。出会い系サイトでエンコー女と会い、ゴム付きセックスを楽しんで、ホテルを出たところでさようなら。みなさんそんな感じだと思いますが、私のお楽しみ第二幕はそこから始まります。
駅に向かうフリをしつつ、女の子のあとをつけるのです。時間帯にもよりますが、一番多いのは買い物や食事に行くパターンです。
ドンキや服屋などでちょっとした買い物をしたり、カフェやレストランで食事する。日銭が入ればみんなそういう発想になるのでしょう。
ショッピング街をブラブラして、ファーストフードに入ったときは、すぐに自分も同じ店に入って本人の近くに座り、わざとニタニタしながら視線を送ります。目が合うと驚いた表情から怯えたような顔になって、女はすぐにお店を出て行きます。さっきまでエッチしていた仲なのに寂しいものです。
 友達と待ち合わせして店に入ったときにこれをやると、かなり動揺します。なるべく近くの席に座ってこちらの存在を気づかせる。目が合った瞬間、ものすごい表情でこちらを睨んできます。よっぽど友達に援交してることがばれたら困るんでしょう。最高に笑える瞬間です。同じようにパチンコに一直線に向かったコも、隣の席に座って驚かせてやります。
夕方にバイバイして後をつけたら、郊外の駅前スーパーで一人分の食材を買い込んだ子もいました。玉ねぎを吟味してカゴに入れる姿を目にしたときは、心に灯がともるような気持ちになりました。エンコーして自炊。なんて健けな気げなんでしょう。電車を乗り継いで真っすぐ帰宅するパターンもあります。
 駅から離れた郊外の住宅街のボロアパートなんかに入っていったときは、静かに玄関の前まで行って、郵便受けの蓋をゆっくり開いて中を覗きます。
 服を脱いでシャワーに入ったり、テレビをつけてソファに座ったり、すでに裸も見てるので新鮮な興奮はありませんが、生活感のあるパジャマなぞに着替えたりされると、なんとも言えないほっこりとした興奮が湧き上がります。逆に立派な一軒家に帰っていく女の子の場合も。人の幸せとは何なのか、などと考えずにはいれません。
 僕はいつも、なるべく素人っぽい女の子を選んでいますが、中には判断を誤ってセミプロ風情を捕まえてしまうこともあります。そういう子は、僕と別れた直後に待ち合わせ場所に戻って別の男とアポっています。あの男は僕がさんざんねぶり倒したおっぱいを喜んで舐めるのか、と優越感に浸れますが、僕の前に誰かがおっぱいをねぶってる可能性もあるのでどっこいどっこいです。
これは一度だけですが、僕と別れた直後に男と待ち合わせしていた子もいました。2人でデパートに入ったので、少し距離をとってつけていき、店内でニタニタしながら近づき、僕が視界に入った瞬間、彼女は鬼の形相になりました。
彼氏とデートする直前に、見知らぬ男とホテルでエッチして小遣いをもらうなんて、どういう神経をしてるんでしょう。
y46.jpgy47.jpg
h73.jpg
男と女の関係にはこんな勘違いも
0198_20200403153655c99.jpg0199_202004031536578b1.jpg0200_20200403153658c82.jpg0201_20200403153700d00.jpg女が乗ってきたのは午前2時半を回ったころだ。宗右衛門町あたリで客を物色していた卷正義(仮名35
才) のタクシーに1人で乗ってきた若い女性は、一目で水商売とわかる服装をしていた。
「東淀川区役所の近くやから」赤と黒の派手な縞模様のサマーセーターに黒いミニスカートに膝まで隠している黒いブーツ。ヴィトンのショルダーバッグを持った女が乗り込むや、香水の匂いがぷんと鼻を突いた。夕方から街に出る遅番勤務がメインで、ミナミ界隈を流すことの多い卷にとっては珍しい客ではない。「お仕事の帰りですか?」「そぅ。疲れたわ一」
卷が意外に感じたのは、やけに女の愛想がいいことだった。水商売の女は、タクシーに乗ると例外なく無愛想になり、高飛車に出るのが常である。例えば、男性客を送り届けるとそれまで嬌声を上げ媚びていたホステスが一転、「疲れてるんやから話しかけんとい
てよ」「はよ運転しいや」と運転手にドスをきかせる。これまで卷は、そんなホステスたちを何人も見てきた。が、その女は違った。「きようはしつつこい客がおってね。ほんま、くたびれたわあ」
呂律は怪しい。酔っているのだろうが、卷は気分よく女のお喋リに付き合った。乗客のホステス、小川奈美( 仮名22才) が上機嫌だったのには理由がある。この夜、ひいきの上客が「店、持たしたろか」とパトロンになることを申し込んできたのだ。相手はチェーン展開の居酒屋を営むオーナーの二代目。早くからミナミでホステスをしていた奈美は、同僚が次々とパトロンをつかまえ独立していく
のに焦っていたため、天にも昇るような思いでこの申し出を受けた。(16才のときからミナミで働いて、うちもやっとママやわ)嬉しさのあまリ接客中からしたたかに飲み、店がハネた後も飲み続けた。
卷に言った«しつっこい客» とは丸っきリ逆で、実は«とてもいい客» だ。酔っぱらいながらも「日記にも嘘を書く」といわれるホステス気質がこんなところにも出たらしい。卷が案外な聞き上手なことも、奈美の軽口を誘ったようだ。女は助手席の背もたれに肘をつき、身を乗り出すよぅにしてしゃベっている。ここまで自分との会話に没頭する乗客、しかもホステスを卷は知らない。
「お客さん、若いのにねえ。えらいねえ」「そんなにおだてても、何も出えへんでえ」女は「そうや」と言ってヴィトンのバッグを漁ると、名剌を助手席に置いた。
「これうちのお店の名刺。携帯の番号も書いてあるから、今度遊びに来て」
「タクシー運転手の分際でミナミのお店なんか行けませんわ」
「大丈夫。運転手さん男前やし、うちの好みやから、サービスするわ」
そう言って運転する卷の肩をさすリ、女は後部座席に身をもたれかけた。卷は、女の言葉を営業トークだとは思いつつ、一方で「オレに気があるのか?」と思い始めていた。しがないタクシーの運転手
に_ まで渡して、自分の店に誘うホステスなどいない。都合よく。«営業» 以上の« 好意» を女から感じ取ってしまった。当然ながら、奈美は卷に何も感じていない。気分よく酔っただけの軽口。パトロンが現れたというのに、何が悲しくてタクシーの運転手に営業する必要があろうか。ほどなくタクシーは東淀川区役所に到着。奈美は寝息をたてて寝ていた。「お客さん、区役所だよ」
睡魔に支配されたまま「2つ目の信号を左に」と奈美が答える。マンション前にタクシーが着き、金を支払って降りると、奈美の身体は大きく揺れ、路上に倒れた。転寝したことで酔いがさらに回リ、足腰にまできてしまったのである。「お客さん、大丈夫?」
卷が抱き起こすと、奈美は卷の胸に寄リかかるようにして目をとろんとさせている。突然、卷の中で、欲情に火がついた。奈美の部屋は8階だという。抱きかかえながらエレベータに乗せ、部屋へ。奈美は拒否しなかった。翌朝、目が覚めた奈美は驚愕した。裸であるばかりか、部屋に自分の服やティッシュが乱雑に散らばっていたからだ。。強い被害者意識が怒りと比例して膨らんできた。
バッグの中で携帯のけたたましい着信音が鳴り響いたのは、そのときである。
「ナミさんですか。僕です。わかります?」
携帯から飛び出してきた男の声に、今度は恐怖に包まれた。電話の主は奈美の沈黙の意味を、照れ隠しと取り違えたらしい。苦笑しながら言った。
「僕ですわ。ほら、きのう僕のタクシーに乗りはったでしよう?」
やはり運転手だ自分を犯したのは!
「覚えてはらんのですかあ?きのうは随分と酔ってはったもんねえ」
「……いえ、覚えてます。えらいお世話になりました」
(でも、なんでうちの携帯番号知ってるのやろ?)自分で名刺を渡したことすら、記憶にない。
「いえいえ、とんでもない。随分酔ってらしたもんねえ。車を降りても、1 人でよう歩けなかったですしね」奈美の身体を、激しい嫌悪感が駆け抜けた。«1人で歩けない»という言葉が、否が応でも«犯された» という事実を思い起こさせたのだ。やがて嫌悪感は、怒りに変わった。
「今日はお休みだと昨日言ってましたよね。何かありますか?」
下心を剥き出しにして、こいつはまた自分を味わおうとしてるのか!怒りが頂点に達すると、奈美はホステスの顔になった。「ええ、休みなんですわ。よかったらお食事でもいかが?」
「ええんですか?嬉しいなあ。どこでお会いしましようか」
「あのう、うち、あなたのお名前も聞いてなかったですよね。それとどちらにお住まいなんですか?あんま都合の悪い場所に呼び出しても申し訳ないですし」
「マキですわ。住んでるのは東大阪。そうですね、正確な住所教えておきますんで、メモってもらえますか?ええですか、東大阪市……」
メモをとった奈美は「折り返し電話しますわ」と電話を切った。しばらく携帯をいじリながら考えると、意を決したように通話ボタンを押した。彼女が電話した先は「110番」である。通報を受けた東淀川警察署の刑事は直ちに奈美の宅に向かい、事情を聴取。いったん届けを出したとしても、途中で被害者の気が変わって取り下げられれば捜査はストップしなくてはならない。刑事はこの点を何度も奈美に確認し、意思は変わらないかと問うた。
「絶対に取り下げません。泣き寝入りなんかしません。許せないんです」
それを聞いた刑事は奈美に、卷を自宅に招くよう指示した。「うちに来て」と奈美から電話を受けた卷は、飛び上がらんばかリに喜び自宅を出た。やっぱり彼女は、オレに気があるんだ。それにしてもタクシーに乗っててこんなにおいしい思いにありつけるなんて。花束とショートケーキを2つ手に持った卷が、奈美の部屋に着いたのは午後8時ごろ。うきうき気分で、前夜まぐわったリビングに上がる。途端、待ち構えていた刑事たちに取り押さえられた。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ