★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0070_20200327124126efc.jpga071_20200406095218f25.jpgh100.jpg0216_20200328112325856.jpg0217_202003281123276a2.jpg0218_20200328112328064.jpg0219_202003281123307cc.jpg
洒落なカフェや喫茶店には、可愛くてキレイな店員さんが多い。が、仲良くなりたいと思い、勇気を出して話かけたとしても、簡単な挨拶ぐらいは交わせるが、その先へ進むのはなかなか難しいものだ。というわけで、ない頭をひねって考えだしたのが、この印象づけ&待ち伏せ大作戦だ。
まずは狙った店員さんが自分に近づいたタイミングで、コップの水をテーブルにこぼす。
「あ、すみません! うっかりしちゃって」「大丈夫ですよ〜。服は濡れてないですか?」
すぐに布巾を手にした店員さんがこぼした水を拭きに来てくれるわけだが、たったこれだけのことで、簡単にこちらを印象づけることができる。あとはターゲットの退店時間を狙って、お店の近くの路上で偶然を装って本人に声をかければいい。
「あ、○○の店員さんですよね。さっきはお水こぼしちゃってすみませんでした」
「あ〜、あのときの。いえいえ」
このように、さきほどのお詫びを伝えるという名目で、店内でいきなり話かけるよりもはるかに自然にアプローチできるのだ。しかも職場を離れ一人という状況だけに、「今日はもうお帰りですか?」とか「あのお店は長いんですか?」などと雑談に持ち込んでも応じてくれやすい。もちろん、この先の会話力も当然必要になるわけだが、こちらのことを覚えてもらっているというだけでも大きなアドバンテージがある。話がはずめば、連絡先の交換ぐらいはできるはずだ。
彼氏がいるのに都合が合えばセックスさせてくれる女
ミナコとは付かず離れずの関係が続いている。
«結婚式の2次会って何を着たらいい?»
«実家から送って来た和菓子を食べたいでしょう» などとメ—ルが来て都合が合えばセックスする仲だ。とあっさり書いたがこれはスゴイことだ。このオレにまるで暇つぶしのようにセックスできる相手ができたなんて。
読者のみなさん、今後、赤澤をモテないと嘲笑することなかれ。ともかく先々の対応を考えるためにもミナコと彼氏の関係を探っておかねば。
「オレの部屋にいるとき、彼氏は怒ってるやろ」
「どこに行ってたのとか、もちろん聞いてくるよ」
「トラブルにならないんか」
「う〜ん、無視したらそのまんまだよ」
沈黙が流れ、オレは考えた。ほぼ同棲状態の彼女が一日家に帰らずに、その理由をスルーしてしまうことは|般的なのだろうか。これまで彼女がいたことのないオレにはわからないがおそらく普通ではないだろう。「変な彼氏やなあ」「彼氏というか一緒にいるからそう呼んでるだけだよ。男ってみんなロを開けば、付き合っている人はいるの?とか『彼氏は?』とか聞いてくるから、彼氏はいるって答えている」
「なんだ、それ。一緒にいれば、彼氏でしょ?別に好きでもないわけ?」
「まあ、そんなことは些細なことだからね」
彼氏との関係はよくわからなかった。結局のところ、大事なのはオレがミナコを愛せるかどうか、ただそれだけのことだ。彼氏からミナコを奪い取るか、このままの関係を続けるかはオレのサジ加減次第なのである。関係はこのままでよかろう。
セフレのように付き合っていけばいいのだ。今後は何人もの女を同時に抱ける器量と財力、知力があることを示していこうと思う。
そんな知力を誇示したいオレが新たな女を捜すために向かった場所がパン教室だった。
「絶対ええでえ、パン教室。和んだ雰囲気の中で自然に仲良くなれるで」
いつも女の集まりそうな場所をアドバイスしてくれる編集部の佐藤氏がオレに推薦してくれたのだった。「佐藤さんの話はいつも信じがたいですね。かわいい女の子が来るとは思いませんが」
「それはわからんけど、たぶんじっくり赤澤の話を聞いてくれるんちやうかな」
なるほど。顔より卜—ク、男気よりインテリジェンスがりのオレにとっては確かにストリ—トナンパより都合がいいだろう。ナンパだと二の句を継げる前に立ち去られてしまぅことも多いが、パン教室だとじっくり話をする機会が多そぅだ。日曜の午後、佐藤氏と2人で一日体験パン教室の会場に向かった。ところが、である。まったくかわいい子が見当たらない。
「どういうことですか、これは。かわいい子なんて皆無やないですか」
「確かにひどいな。どぅしよぅ」
憤りを抑えきれないまま、パン作りが始まった。パン生地は4 人あるいは3 人1組でつくらなければならない。オレたち2 人はポジショニングの悪さが祟ってか、見たところ38才ぐらいの小太りな女
性と同じグループになってしまった。
小太りが「じゃあ、パン生地をこねますか」と小声でささやくが、オレは完全に無視だ。佐藤氏が仕方なく女性とパン生地をこね始めた。手伝ぅ気などまったく起きない。オレはパン生地をこねるためではなく、美女の体をなめまわすために貴重な休日をつぶしているのだ。
オレの候補は1人に絞られた。顔はいまいちだが、少しおしゃれな雰囲気の子だ。よし、ベ—コンエツグパンはこの子と作ろう。
「あんまり料理は得意じゃないから教えてや」
「うん、手つきでわかる。赤澤さんパンに興味がないでしょ」
「え、なんでわかるの?」
「一緒にいた人に連れてこられたんでしよ」
「そうだけど。あの人、先輩やねん」「私、ああいう他人の家に土足で入ってくるような人が苦手なのよね」
さっきのわずか一分ぐらいの会話で佐藤氏の厚かましさを見抜くとは。聞けば、先ほど「こんな材料も道具も用意してもらって作るのは料理と呼べない」と発言したのが許せないそうだ。
「そうだよね。許せないよね。じゃあ今度飲みに行こうよ」
さりげない誘い文句が功を奏した。女が「いいよ。合コンでもする?」とメールアドレスを交換してくれたのだ。ただし女は付け加えるのを忘れなかった。
「でも、あの先輩は呼ばないでよ。赤澤さんは女の友達が少なそうだけど、男友達は多そうだから、そっちに期待してるから」
この台詞を喜んでいいのかどうかわからないが少なくとも今までオレをさんざんコケにしてきた佐藤氏よりもモテることがわかったのは収穫だった。
«ゲンキ?最近時間が空いたから連絡してみました!食事行こうよ介近々空いてる日ある?»
今年のゴ—ルデンウィ—ク、1年以上前に声をかけた女、薫から突然メ—ルが届いた。今までナンパはすれど、相手から誘われたことはなかった。しかし、このメ—ルはどうだ。連休になって体が疼い
てるのか?何回求められてもいいように、オレはコンドームを3つ財布に忍ばせて待ち合わせ場所に向かった。女の年齢は21才。南野陽子の鼻を低くしたような顔だ。
少しギャルっぽく、絶世の美女というわけではないが、胸の谷間からのぞく形の良さそうな乳房は垂涎ものだ。店に入り、最近どう?といった当たり障りのない会話を振ってみる。すると、ラッキーなことに、最近彼氏と別れたという。これはチャンスだ。間髪入れずに「なんで別れたの?その話を今後の人生の参考にするから」と詳しく問いただした。
「急に冷めちゃって…」「なんで、また」
「言ってなかったかもしれないけど、彼氏がアメリカにいて遠距離だったんだ。ついこの間、会いにいったときにもう好きになれないと思っちゃって。理由はよくわからないんだけど」
風が吹いているのを感じた。もちろん追い風だ。遠くのイケメン(イケメンかわからないが) より近くの赤澤。ハワイに行くぐらいなら熱海で十分。おそらくそういうことだろう。口説け口説け、と風が背中を押す。
「彼氏と別れたと聞いたから、言うんじゃないけどオレは薰ちゃんがタイプやねん。もし寂しいときは電話してや」「ありがとう」決まった。今夜はいける。しかし、そう思ったのもつかの間、薫が「でもね」と言葉をつないだ。でもって何だ。
「今まで彼氏のことが大好きだったのに、急に好きになれなくなったんだよね。じやあ今までの私の気持ちって何?このことを考えると自分が信じられなくて、なんかしばらく彼氏はいらないって思っちやう」
追い風はあっけなくやんだ。どこかの恋愛小説みたいなことを抜かしやがって!鼻で笑ってやりたいところだが、「その気持ちわかるよ。オレも経験あるもん」と言っておいた。
しかし、実際はそんな経験はないので、話を進めることができない。恋愛経験を捏造しようと熟考していると、ありがたいことに薫のほうから話題を変えてくれた。
「ところで、赤澤さんの夢は何?」「夢?おかしな質問をするね」
「私やっぱり夢を追って努力している人が好きなの。たとえば会社起こしたいとか、将来はハワイに別荘持ちたいとか。何かあるでしょ」
「そりや、できればサッカークラブのオーナーになりたいよね」
「それってどうやったらなれるの?」
「楽天の三木谷社長ぐらいになれば、サッカ—クラブを持てるよ」
「いいじやん。頑張ろうよ」
頑張ろうって、三木谷社長でも弱いチームしか持てないんだよ。オレにどうしろって言うねん。苦笑しているオレに薫は言った。
「私はね。最近すごくいい出会いがあって、時間を自由に使えてお金を稼げるようになつたの。少し前まではお金も時間もまったくなかった私が、すごく変われた。赤澤さんも変われると思う」
「その出会いって何?そんなうまい話、世の中にあるかな?」「私はラッキ—だったの」
「何の仕事やねん」「仕事というかビジネスだよ。詳しいことはあまり言えないけど」
仕事もビジネスも一緒やろ!しかし、結局、しつこく聞いても内容は教えてくれなかった。
「じゃあまた連絡するね。赤澤さんの夢を聞かせてね」
帰り道、駅に向かう途中で薫は「私、少し用事があるから」と雑踏に消えすぐさま携帯で電話をし始めた。どこにかけているのだか。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ