★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0061_20200327092142d05.jpg0060_2020032709214187e.jpg0062_2020032709214475f.jpg0063_20200327092145653.jpg0064_20200327092147896.jpg0065_20200327092139e8b.jpg
女が濡れるエッチ中に使える言葉責め
愛撫はなにも舌ワザ指ワザだけではありません。イヤラシ〜い囁きもまた、女性の想像力をうんと高め、いっそう淫らにさせる髙等技術なのです。てなワケで、巷のスキ者たちに聞いてきました。
女とハメてる最中に聞く意外と臭いフェチの女って多いんですよ。「イカ臭い」なんて答えながらしっかり濡れますからね。しかもコレを言うとフェラがいつも以上に丁寧になったりします。
童貞喪失の際に言ったこの一言
相手の女は高校の先輩だったんだけど、それ聞いた途端「カワィィ」とか言われちやって。ケツの穴まで舐めてくれた。
ボク普段はすごい優しい口調なんですけど'エッチのときだけ命令調になるんです。
これだけで彼女、ゾクゾクと身震いしますね。ギヤップがたまらなくイイみたいっす。
相手にチンポ好きって言わせたいときまず自らこう叫びます。成功率は4 割くらい。
自分で見ない場所だから
誉めようもないブスにはかなり有効。舞い上がった挙げ句援交代タダにしてもらったこともある。
女のコがだんだん高まってきたな—と思ったらすかさず言う
相手を笑わせるのってかなり重要 いったんリラックスすると女のカラダって
感度が高まるんだよ。知ってた?もう1つ
リラックスに打って付けなセリフがこれ。
聖職者がマンコからヨダレ垂らしちやって
女は赤ちゃんことばがメチャクチャ大好きって知ってる?こんなの言うと顔では笑ってても体は絶好調モ—ドになっちゃうから。母性本能なのか知らないけどとにかくマジだよ
女ってスゲエ—濡れます。
絶対コレ下手なことば責めより、よっぽど興奮させられるよ。ポイントはポツリと言うこと。
ポッチャリ好きやSM好き偏った好みの人向きのSNS

ヤリマンが集う、アダルト系SNSの最大手sexi。そう聞けば、登録するだけで誰でもあっさりとセックスができるような気がするが、実際のところ、ち
ょいとマトモな女を狙おうと思えば、やはりそれなりの努力は必要だ。日記にマメにコメントを残すだの、爆撃メールを何十通も出すだの。
 ところがそんな面倒くさいことをしなくても、シロート女をさくさくと食える方法がひとつだけある。ヒントは、「太めの熟女が安心してお友達を募集する秘密の場所」なるコミュニティだ。
 名称を見ればすぐ想像がつくように、このコミュの女たちは見た目のパッとしない、30~50代のぽちゃ熟女ばかりだ。少数のマニアックな男ども以外、誰も相手にしようとは思わない連中である。
 だからこそ女の書き込みにメールすると、ビックリするほどの確率で返信が来る。「こんにちは。あなたのエロい画像で勃起しちゃいました」みたいなしょーもないメールにさえ、「うれしい! ありがとう!」とがっついてくるほどだ。大半がこんな
調子だから、難なくアポへこぎ着けられるのは言うまでもない。
 もっとも、デブス熟女とヤレたところでそもそも嬉しいのかという問題もあるけれど、少なくとも彼女たちはみなド淫乱なので、やりたい放題できるという楽しみはある。変態プレイ要員として1人くらい抱えておくのも決して悪くはないと思うのだが
どうだろう。sexiのコミュ「とりあえず会ってみて飲みに行こう☆」もです。
 このコミュのコンセプトは素晴らしいのひと言に尽きます。
 掲示板でこれから一緒に飲みに行ってくれる人を募集し、実際に酒を酌み交わしてみて、相手がこちらを気に入ってくれれば、セックスもできちゃうというのが暗黙の了解になっているのですから。つまり、出会い系で
言うところの、即アポが常態化しているような場所なのです。これを使わない手はないでしょう。
 掲示板には女性の書き込みが滅多にないので、必然的に男性側は待ち作戦をとることになりますが、「今日の夜7時、新宿あたりで飲みに行ける人メッセくだ
さい」のような、ありきたりな書き込みでは、やはり反応も今ひとつです(実際の掲示板も、こんなシンプルな書き込みばかり)。
 僕の場合、気をつけているのは、とにかく女性に安心感を与えることです。いくらエロ系SNSの女とはいえ、ロクにメールのやり取りもしてない男といきなり会うのは勇気がいるもの。まして一緒に酒を飲むならなおさらでしょう。
 女性の不安を取り除くには、こんな書き込みがベストです。
「明日、新宿で飲める人いませんか? もちろんこっちの驕りだよ~。しかも同意もなくギラついたりすることは絶対しません。なんなら最初に免許証と保険証も見せますから(笑)」
 たったこれだけのことで、格段に反応が良くなるならお安い御用でしょう。もちろん、実際に会ってしまえば、ほぼ確実にホテルへ連れ込めますよ。
ポッチャリ女に目がない人は、このSNSを知らなきゃ絶対ソンだ。メンバー数3万人。その半数以上を占める女性ユーザーは、1人の例外もなくデブという、天国の
ような場所なのだから。
 今まで、俺はこのSNSで20人以上のぽちゃ子を食い続けてきたが、もっとも簡単な方法は何かと問われれば、きっぱりとこう答える。
「近所で異性のぽちゃ友募集」コミュのオフ会に行け、と。
 俺がもっぱら参加している都内のオフ会を例に挙げると、規模は20人ほど。男女比は4対6と、毎回、女性陣の方が多く、しかもその多くは初参加のウブい娘たちばかりとうれしいこと尽くめだ。
 で、肝心の攻め方だが、ここはあえて奇をてらわず、ストレートに行った方がいい。とにかく誉めて誉めて誉め倒すのだ。これまでモテとは
無縁の人生を歩んできた彼女らがトローンとなるくらいに。
「めっちゃカワイイよね。彼氏いないってウソでしょ?」
「すごくタイプなんだけど。ちょっと独占してもいい?」
「えっ、モテたことない? またご謙遜、ご謙遜~」
 さらにデブ女は、食欲も旺盛だが、酒の飲みっぷりもほれぼれするほど豪快だ。ヨイショの合間にどんどんアルコールを投入していけば、十中八九、お持ち帰りが可能となる。
 ただし一つ注意点が。オフ会の常連オンナは、過去に何度もヤリ捨てられている経験があるため、男の誘いにはまったく乗ってこない。どころか、場
合によっては初参加女性を男の手から守ろうとさえしてくるのだ。会場に到着したらまず、どれが常連組かを見定め、距離を置いて活動すべし。

SM専門誌「SMスナイパー(現在休刊)」が開設したSNSで、当然ながらSMパートナーを探すことに特化した作りとなっている。
 SMに何の興味もない俺がここを頻繁に利用しているのは、淫乱なドM女がわんさかいるからに他ならない。変態プレイ何でもご
ざれな女をセフレに持つのは、男にとってこれ以上ない幸せだろう。
 とはいえ、こちらは緊縛やアナル調教など専門技術を持たないズブの素人だ。各コミュニティの掲示板でご自慢の調教法をアピールするような正攻法は使えない。
 では、どうやってM女を釣るのか。
 俺の十八番は、実際の音声で言葉責めを披露する手法だ。
「メスブタ、変態マンコをよく見せてみろ」
「なんで、そんなにビチャビチャに濡れてるの? いやらしい妄想してたんだろ」
「気持ち良くなりたいなら『私のドスケベなマンコの穴にチンポを突っ込んでください』とおねだりしてごらん」
 こんな台詞を収めてYouTubeにアップし、そのURLを「声フェチ」なるコミュニティの掲示板に貼り付けたり、直接、M女に送りつけるのだ。「言葉責めが得意です。女性に不快感を与えることなく、被虐の快楽を味わってもらうのをモットーにしています。興味があればメールください」というコメントを添えて。
 以上の方法を使えば、必ず女からの反応はある。あとは状況に応じてやり取りを進め、アポを取り付けるまでだ。
 なお音声を録る際は、なるべく低い声でゆっくりと話し、顔出しの場合はやや下品な表情を作るのがコツだ。卑猥な雰囲気が出るので、よりM女のウケがよくなる。また、いいフレーズが浮かばない場合は、SM系ブログを参考にするといいだろう。

【精神的に責める言葉責め概略・全文は上記記事をお読みください】
先日、会社帰りに同僚のNと飲みに行った際、ヤシが興味深い話を振ってきた。
「この間、俺のツレが京橋のSMクラブにいってなあ。すごい体験したらしいで」
何でもその男、別にMの気がある訳じゃないが、受身で責められたりしてみたいと興味本位で初めて行ったSMクラブで、思いっきり泣かされたそうだ。大の男が泣かされるって蹄よほどハードな責めを受けたのか?
「いやいや、違うねん。肉体的につらい目にあわされたっていうより精神的に責められたようや。女王様に真綿で首を絞められるように言葉で責められたあげくに、さめざめと泣きながら手でイカせてもらったらしいで。女王様、めちゃ美人らしいわ」
なんか気になる話だ。泣くほど気持ちいい体験って俺は今まで経験ないぞ。ぜひ、自分の目と身体で確かめてみたい。
「なんちゅう名前の女王様?」「それはわからんなぁ。店は確かアイシャドウとか言うとったな」翌日、さっそくネットから調べ電話をかけてみた。
「かくかくしかじかでボクの知り合いが泣かされたんですけど、どの女王様かわかります?」
「ぅ一ん、顔とかスタィルの特徴ってありますか?」
「いや、きれいな人だったってことしか…」
かなり間抜けな問合せではあるが話からして那智女王様に間違いないだろうとのこと。んじゃ明後日の予約でお願いしますわ。
不安がないこともない。童貞喪失から25年間、M の経験はまったくもってない。苛められたいなんて想像もしたことがない。そんな人間が果たして『涙を流すよぅな』経験ができるのか?もしかすると、女王様の貴めを我慢できずに逆ギレしてしまうかもしれない。痛いの苦手やしNなぁ。そぅいえば「ナチ」って名もしゃれならん。かなり精神的にハ—ドな拷問が待ってるのかも…。
ジ—ンズ姿でほとんどノーメイクだが、確かに美人スイルもモデル並である。身長は俺とそんなに変わらないんじやないだろぅか。どこか、宝塚の男役っぽい雰囲気も漂わせている。外見に少々ビビリぎみの俺に優しく微笑む那智女王様。よろしくお願いします! 
カバン、全部今日使う責め道具が入ってるんですか?
「ええ、初めてのお客さんなので、どんなのがお好みかわからないでしよ。一応全部持ってきたんです」「あの、1つお持ちしましょか?」
俺は自分が責められる道具がびっしり入った重いカバンを持ちながら、女王様に連れられ近くのラブホに向かった。初めての客ってことで相互理解が必要なのだろう。女王様が幾つか質問を投げかけてきた。
「河内さんってまったくMの経験ないんですか?」
「まったくないです!」
「じゃ、こんなのされたいって願望は?」
「う-ん、那智さんにすべてお任せします。最後には思いっきり泣いてしまうほど責めちゃってください」あれこれ話すうち、那智さんについても少しわかってきた。某大手企業のOLからこの世界に転職したのが3年前。以来今の店で女王様として働いているという。
「特に理由はないんですよ。OLに飽きたんで、なんか面白い仕事はないかなって。そしたら、たまたま友達に風俗関係の.がいて、風俗の求人誌も見たりしてたんです。私、お客さんとヤッたり、脱いだりっていうのはちょっと無理なんですけど、最近そういう風俗もあるじやないですか」
は、大のブ—ツ好きが髙じてボンテージに興味を持ち、たまたま店のサイトを見つけたそうだ。「面白そう」とさっそく面接に行き、採用決定。那智女王様の誕生となった。SMのエの字も知らなかった那智さんは、最初は客のリクエストにこたえていくだけだったという。先輩に聞いたり、サブに付いた時に研究したりしながら少しずつ自分のスタイルを築いていったそうだ。
「でも、かえってSMって何なのかわからなくなりました」
ところが、客とプレィしているとき不思議な感覚を覚え始める。SMプレイを通じて客と気持ちの繫がりを繰り返しているなかで、だんだん«頭で感じる» ようになったのだという。
男が望むモノをどんどん引き出していき存分に堪能させる。自分の目の前で、腕の中で男がそれに咽ぶのを、自分自身が主導権をもって行うことが得がたい悦びなのだそうだ。しかし、身体には指1本触れられなくても、頭で感じられるってホンマかいな?どんな感覚なのかまるで想像できない。
「実際身体の行為と同じかそれ以上ですね。お客さんとプレイしてて、何回か気を失いかけたことあるし」
何かスゴイなぁ。ある種、修行僧みたいなもんか。で、私生活でもやっぱSなんですか?
「それをあなたが知ってどうなるの?」
冷たく言い放つ那智女王様。すいません。余計なこと聞きました。
「じや、そろそろ始めましようか?私もるので、河内さんシャワー浴びてもらっていいですか」シャワーをすませ、腰にタオルを巻いて出てきた時、膝上までのブーツ、革のホットパンッ、シースルーのブラウスという姿の那智女王様が仁王立ちで待っていた。さっきまでの那智さんとはだいぶ雰囲気が違う。口元には微笑みを浮かべているが、目は笑っていない。ああ、なんか緊張してきた。俺のムスコも悲しいまでにチヂコマっている。おい、目の前にセクシ—な格好の美女がいるつていぅのにお前くらいしつかりしろよ!ふらふらと女王様の前まで近寄ると、彼女もグイッと前に進み立つたまま向かい合わせに密着した。ヒールを履いているので、那智さんの高い鼻が俺の目の前にある。結構な威圧感だ。「さあ何からはじめよぅか?」
女王様が耳元で囁く。「今日は気持ちよくなりたいのかい?」「ハィ」
「じや、どこが気持ちいいのか言ってごらん」「え—つと、ペニスの先つぽの裏側です」「乳首は?」「乳首も気持ちいいですね」「素直でいいよねぇ」那智女王様が、俺の乳首を両手の親指と人差し指でつまみながらコロコロ転がしている。「どう、気持ちいい?」「はい」
答えると同時に、彼女が俺の乳首を思いつきり抑りあげた。ヴゲッ.声にならない悲鳴が出てしまう。酒落にならないほど痛い。
「あらあら、まだ、そんなに力入れてないのよ」
女王様の手は俺の下半身に伸び、ペニスをしごき始めた。が、乳首の痛みで勃起どころではない。
「あら、全然元気ないじゃない。だめねえ。早く大きくしなさいよ」
そんなこと言われてすぐに勃つほど、俺の身体は単純じゃない。それでも、女王様にグイッと身体を引き寄せられ、しごかれ続けるうちムクムクしてきた。
「いいコね。元気になってきたじゃない」
そう言って、再び乳首を狐りあげる女王様。今度は強力で、時間も長い。
「痛たたたた’・ヒー!」
「動いちゃ駄目!」あまりの痛さに足踏みを繰り返す俺に女王様が命令する。いったい、いつまでこんなことが絞くんだ?
「私、こうやって男の身体に痛みの痕を残して返すのが好きなの」
そうですか。もう十分に痛みは残りましたから止めてください。お願いします!乳首を抓りながらベッドまで俺を連れて行くと'那智さんがりになって髪をつかみ頭を引っ張りあげた。そんなんしたら毛が抜ける!最近ちょっと薄くなってきたんだしそれだけは勘弁していただきたい。今度は上向きに寝かされるや.俺の顔にズンとまたがった。顔面騎乗ってやつだ。決して体重は重くないのだろうが、それでも息ができずに苦しい。
「もう一度元気にしなさいよ」
女王様がペニスをいたぶりながら言う。でもローシヨンを塗られようが自分でしごけといわれようが、ムスコはピクリとも反応しない。痛みと苦しみで激萎え状態の上に、「早く勃たせないと」という焦りが加わり永遠に勃起する気がしない。
そんな俺の状態を知ってか知らずか「なかなか元気にならないわね」とプレッシャ—を与え続ける女王様。これって逆効果じやないの?絶対勃つわけない。このまま時間が来て終わりだな。と、あきらめ力を抜いた瞬間、不思議な感覚に襲われた。
革一枚挟んで俺の顔に密着している那智さんの性器の感触、頰に触れる柔らかい太腿、彼女の匂い。そのすべてがリアルに感じられるよぅになったのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ