★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎

SnapCrab_NoName_2020-3-25_22-5-44_No-00.pngSnapCrab_NoName_2020-3-25_22-6-3_No-00.png

SnapCrab_NoName_2020-3-25_22-11-31_No-00.png

すぐ近所に住んでいるにも関わらず、紺野さんになかなか出会えない。気持ちはモンモンとしてくるが、さすがに彼女の家の近くで待ち伏せするなんて訳にはいかない。
そんなこんなで1カ月近くがたったある日、仕事帰りに嫁さんに頼まれて駅前のスーパーに立ち寄った際、偶然、店内で彼女を発見した。すぐさま近づき声をかける。
「こんばんは、久しぶり」
「ああ、こんばんは。今、仕事の帰り?」
この日の紺野さんに、いつものセレブオーラは皆無だった。気合いが入っていないカジュアルな服装に、顔はほぼスッピン状態。こんな普段着状態の彼女に会うのは(浜やんから紺野さんになって)初めてだ。顔もよく見れば小じわやシミが少し気になるぞ。実際の歳よりは少しは若く見えるものの、明らかに和代の女性の肌だ。テンションが少しだけ下がってしまった。ああ、頼むから外ではいつも、あの上品でセレブな紺野さんでいてくれよ。気を取り直して、せっかく出会えた貴重な機会を逃さないよう、K子(大学時代の共通の友人)を含めた飲み会を提案してみた。
「K子は元気にしてるの?」
「うん、旦那さんと別れてからはよく飲みにいったりしているみたいよ。あそこはうちと違って子供も大きいから」
そうか、K子、バッイチなんや。彼女とは6,7年前にばったり神戸で出会ったきりだ。

「K子も絶対飲みに行きたいって言うと思うわ。私もぜひ一緒に飲みに行きたいんやけど、今はちょっと難しいなぁ。子供の受験も近づいてきたからねえ。来年、子供の受験が終わってからでもいい?」
そうか、彼女の息子は中学受験するんやった。でも、待てよ。飲み会すらNGってことは、来年2月までとても手が出せる状態じゃないってことなのか?それは困る。それはツラい!
この状況のなかで、なんとか彼女にアプローチする方法はないんだろうか?俺の息子が受験するのなら、お互い受験生の親同士、情報交換もできるだろうが、残念ながら俺の息子は地元の公立中学に進学だ。
結局、今から俺にできることと言ったら、来年2月までに、出会える機会を最大限活かして、彼女との距離を縮めることぐらいしかないのかもしれない。いろんな意味で、ちょっとがっかりモードに突入して数日を過ごしていた俺の携帯に見慣れぬ番号から電話が入った。
「もしもし、○○です。K子です。お久しぶり!よかった、携帯の番号変わってなかったんやね」なんでおまえが電話してきたんや?
「浜やんから昨日電話があって、河内くんがいつぺん3人で飲みにいこって言ってたよって」
大学時代から変わらず、明るく、声が大きい。
「そうやねん。でも彼女、子供の受験でしばらく無理みたいやけどね」
「そうみたいやなぁ。でもちょっと急やけど、明日の夜って河内くん、空いてへん?」
えっ、もしかして明日なら3人で飲みにいけるのか?
「違うねん。私、明日仕事で梅田に行くんやけど、よかったらご飯でもいかへん?」
なんや、期待させやがって。まあ、いい。明日は暇だし、久しぶりにK子と会うことにしよう。いろいろと紺野さん情報も聞きだしたいことだしな。翌日、待ち合わせ時刻の午後7時に現れたK子は、スーツ姿にケバ目の化粧。派手目の生保レディといった印象だ。香水の匂いもプンプンさせている。上品な紺野さんとは大違いだ。
「久しぶり!神戸で会って以来やね」
「そうやね。今も神戸で仕事してるの?」
「うん、ずっと神戸」
エスニック料理の店に入り、K子の希望でワインをボトルで注文する。K子は大学卒業以来、ずっと繊維系のメーカーに勤めているそうだ。3年前に離婚。現在大学生の娘は彼女が引き取ったらしい。
「なんで別れたん?」
「もうずっと家庭内別居みたいなもんやってん。娘も大きくなったし、もういいかなと思って。でも、お互い歳取ったなぁ。あれから20年近くになるんやもんね」
大学時代のK子は、地味な女子が多い同級生のなかでは派手な方だった。大学では音楽の趣味が合うこともあり、よく話したが、いかんせんルックスがイケてなく女として意識したことは一度もなかった。それは今も変わらないが。K子の身の上話はもういい。それより紺野さんのことを聞こう。
「企業に就職して、旦那さんとは社内結婚やねん」
そうだったのか。エリート同士の結婚という訳やね。
「河内くんって、浜やんのことを「紺野さん」って言ってるけど、あの子と話す時も「紺野さん」って呼んでるの?」そう言えば、紺野さん浜やんが判明してからはどちらの名前でも呼んでないような気がする。でも正直、俺の中では紺野さんは紺野さんだ。あのダサい浜やんのイメージを思い出したくはない。
「それにしても浜やんも精麗になったよね。もしかして河内くん、狙ってる?」
ギクッー鋭いやないか。
「だって、そうでもないと、河内くんが3人で飲みにいこって言うはずないもん」
どうやら、K子にはバレバレのようだ。
「でも、かなり難しいと思うで。あのコ、真面目やし、旦那さんとはラブラブやし」
ワインをガブガブ飲みながら、K子は楽しそうに話している。
結局、その店でワイン2本、2軒目でさらにもう1本開けた。K子は酔っぱらってかなりご機嫌な状態。キャッキャと騒ぎながら俺の身体にペタペタとスキンシップしてくる。2軒目を出て、帰ろうと思ったら、K子が俺にしなだれかかってきた。手をぎゅっと握りしめてくる。…いつとくか。俺は流れのまま、K子とラブホテルに入った。キスしてベッドに倒れ込む。彼女の顔から化粧はほとんど落ちてしまっていた。服を脱がすと、派手なレースの下着と、しまりのない緩んだ白い肌が露わになった。そうだ、これが女の身体なんだ。紺野さんの身体がこうだったとしても全然不思議ではない。イッたあと、ベッドに横たわるK子の裸体を眺めながら、先日の紺野さんのスッピン顔を思い出し、少しブルーになっている俺がいた。
「今日はごちそっさまでした。今度は来年の3人の飲み会やね」
そう言って、K子がタクシーを降りた。彼女と寝てしまったことで、紺野さんを攻めにくくなるかもしれない。いや、K子のことだ。すべてをわかったうえで協力してくれるかも。一時の欲情でK子とヤシてしまったことが吉と出るのか、それとも凶と出るのか?紺野さんと大学時代の共通の知人、K子と酔った勢いでヤシてしまった。もし彼女が紺野さんにこのことを告げてしまったら最悪だ。紺野さんとヤルことが難しくなるだけじゃない。間遠いなく浮気者の最低な男として軽蔑されるだろう。そうなれば、近所で彼女と顔を合わすこともできやしない。やっぱり急いでK子には口止めしといた方がいい。なかなかメールでは伝えにくい内容なので、翌日、直接携帯に電話してみた。

「昨日は遅くまでお疲れさんでした」
「あ、河内くん。どうも、ごちそうさまでした。ところで、昨日のことってまだ浜やんには話してないよね」
「うん」
「ああ、よかった。飲みに行ったことは別に話してもいいけど、その先のことは絶対に言わんといてな」一方的に話し続けるK子。彼女も同じことを心配していたようだ。
「で、河内くん、今日はどうしたの?」雨や別に、用事はないねん」
「じゃ、今、忙しいから。ごめんね」
自分の要件が済むと、さっさと電話を切られてしまった。昨日の今日なのに何もなかったかのようなさっぱりした対応。別にK子に気があるわけじゃないが、ちょっとさびしいなぁ。子供の受験で頭がいっぱいの紺野さんに対して積極的にアプローチすることもできず、なかなか近所で出会う機会もない。やっぱり彼女の息子の受験が終わるまでは進展がなさそうな気配だ。まあ、焦って取り返しのつかないことになってもよくない。じっくり、気長に攻めるとしよう。そんなことを考えていたら、仕事中の俺にK子から連絡があった。この間はごちそうになったので、お返しに今度は箸りたいという。バッイチで彼氏もいないK子にとって先日のエッチは久しぶりだったらしい。寝た子を起こしてしまったのかもしれない。俺としてはもう一度彼女とセックスする気は全くないが、紺野さんに対してまったく打つ手がない現状、K子がキーマンであることは間違いない。ここは会っとくか。出かけたのは、K子と紺野さんがよく行くというおいしい有機ワインを飲ませてくれる店だ。K子は、相変わらず少々ケバ目の化粧と服装だ。
「浜やんに河内ぐんと飲みにいったって言ったよ。もちろんそれ以上は言ってないけど」
なぜかK子はうれしそうだ。
「浜やん、いいなあって、うらやましそうやったよ。最近、全然飲みにいったりしてないようやし」
お互いに、ヤシてしまったことには触れずに世間話をしていたところ、K子が切り出してきた。
「河内くん、前も言ったけど、浜やんが気になってるんやろ」
バレバレなのにしらばつくれても仕方がない。正直に言うか。
「そやなぁ、彼女、かなり魅力的に変わったもんなぁ」
「浜やんを口説くのは絶対にムリやとは思うけど、あのコ、河内んが近所に住んでるってわかって嬉しかったみたいやで」
えっ?どういうこと?
「知らんかつたけど、浜やん、大学のとき、河内くんのこと結構気になってたみたいやねん。男として好きだったってわけじゃないけど、河内くん、全然自分と違うタイプやし、なんかちょっと意識してたみたいやで」
何でも、先日、K子と紺野さんで長電話した際にそんな話題になったそうだ。
「浜やん、河内くんの髭が好きやったみたいやで。髭があった方が河内くんっぽくていいのにって言ってたよ」
男として好きだったわけじゃないにせよ、紺野さんが浜やん時代に俺に興味を持ってくれていたなんて全然知らなかった。もっとも、俺が彼女にまったく興味がなかったので気つかないのも仕方がないが。でも、これはすごく勇気つけられる話だ。紺野さんは少なからず俺に興味を持っていたのだから。しかし、別の見方をすれば、髭をそり、普通の中年になっている俺に少しがっかりしているということかもしれない。せっかく俺にとって彼女の価値が上がっているというのに、俺が下がっていては仕方がない。この日は、早々にK子と別れ帰宅した。そして、自分でも馬鹿だとは思うが、俺はその日から詣年ぶりに髭を伸ばし始めることにした。ところで、最近、紺野さんとは別に、1人の女性が気になり始めている。最初に彼女を見たのは、如月の終わり、雨の土曜日の夕方だった。近所のコンビニに行こうと歩いていると、大通りで一人の女性が立っていた。タクシーでも待っている様子だ。背が高く、スタイルがいい。濃いめの化粧をし、高そうな服に身を包んでいる。傘をさしていたため、はっきり見えたわけではないが、間違いなく相当の美人だ。もしかしたら、今から新地の高級クラブにでも出勤するのか。やはり、この女性、間違いなくどこかで会ったことがある。紺野さん同様、昔の知り合いか?いやいや、それどころか俺、彼女とヤシたことあるんじゃないか?そんな気もしてきたぞ。こんないい女といつ、どこで……?う-ん、思い出せない。
週1程度の嫁さんとのセックスを含め、女とエッチした日以外は必ずオナニーするのが俺の習慣だ。雨の日も、風の日も、風邪をひいていても毎日シコリ続けてきた。最近はエロ動画配信サイトを手っ取り早いズリネタとして活用している。サイトをいくつか見ているうちに、俺は思わず「あつ」と叫んでしまった。急に先日会った女性のことを思い出したのだ。今までダウンロードしたお気に入りのネタを保存したフォルダーを開き、目当ての動画を探す。そうそう、これこれ。
XというサイトのM子さんだ。昼間見かけた女性は彼女じゃないだろうか?動画を再生してみる。何回もお世話になったその動画、インタビューの内容や彼女の端ぎ声までよく覚えている。私生活でイッたことがないという新婚のM子さんが、本当の快感を味わってみたくて応募。男優のテクニックの前に卜口トロに感じさせられてイッてしまうというありがちな展開ではあるが、M子さんの艶っぽい雰囲気とモデルのようなスタイルのおかげでかなり興奮度は高い。俺の中では90%ほどの確率だ。『X』は素人若妻系動画サイトだが、生身の彼女とエッチしたらどんなに興奮するだろう。想像するだけでクラクラしてきた!

今は紺野さんに集中しよう。近所に住む、息子の同級生の母親、紺野さんが俺の同級生だったとわかり、ヤルノートに載ってからはや半年以上。やっと二人で飲みにいくチャンスを得たのだ。この日をどれだけ待ったことか。さすがに近所で飲むわけにはいかない。子供が合格し緊張からの解放感、久しぶりの飲み会、大学時代の若かった頃への郷愁。そのスキを見逃すわけにはいかない。なんとしても今日決めてやる。ところが…。
待ち合わせ場所に着いて腰が抜けそうになった。なんと、そこに紺野さんの姿はなく、二人の共通の同級生、K子が立っているじゃないか。あれ?あれあれなんで?これって、紺野さんとK子が仕組んだドッキリなんじゃないか?
「河内くん、浜やんは少し遅れるんやて」
なるほど。そっか。って、納得してる場合じゃない。なんでお前がここにおんねん!
「河内くん、二人で抜け駆けしようと思ってたやろ。ズルイなあ」
何でも、K子から紺野さんにお祝いの連絡を入れ、俺を含めて三人で飲みに行こうと誘ったところ、今回の飲み会のことを聞いたらしい。
「河内くん、浜やんと二人で飲みたかった?」
「いや、別にそんなことは」
「まかしとき、私がばっちりフォローしたるし、空気読んで先に帰るから」今さらK子に帰れという訳にはいかない。援護射撃がどれだけ期待できるかはわからないが、邪魔だけはしないでくれ。特に勢いでヤシちやったことは絶対に言うなよ。店に入り、注文した料理が運ばれてきたころに紺野さんがやってきた。
「ゴメン、ゴメン!家で夕食の支度が遅くなっちゃって」
高そうなコートを脱ぐと、茶系でコーディネートされた服装。派手ではないが、華やかなメイクと髪形。今日はいつにも増して上品なセレブオーラを身にまとっている。同い年のK子と並んで座ると、残酷なほどの違いだ。正直、大学時代の二人には女としての魅力にそんなに差があったとは思わないのだが。
(もちろん当時は低次元での争いだった)。
3人で乾杯し、入試、子供、大学時代の思い出話と大いに盛り上がった。酒もドンドン進む。K子からのフォローはないが、それも構わない。とりあえず紺野さんに楽しくお酒をたくさん飲んでもらい、頃合いを見てK子には気を利かせて帰ってもらう。勝負はその後だ。が、K子は酔っ払ったせいか、気を利かせるどころか俺の隣に座り、ベタベタしてくる。前もそうだったが、飲めば甘えたくなるんだろう。いや、もしかしたらそれだけじゃないかもしれない。目の前にいる男(しかも1回ヤシた男)が、自分の友人を口説こうとしているのだ。ベタベタしてくるのは、女の嫉妬から、紺野さんに見せつけてるんじゃなかろうか。いずれにせよ、これ以上このまま引っ張るのは危険。そろそろココはお開きにしよう。いったん解散して、ご近所の紺野さんと俺は一緒に帰る。その途中で二人っきりで飲み直せばいいのだ。
「え、もう帰るの?もう1軒行こうよ」
帰りたくなさそうなK子に「コメン、私、もう帰らないとあかんねん」と紺野さん。
K子は渋々従いながら、帰り際に俺のお尻をボンとたたいた。「頑張りや」という意味なのか、それとも……。二人で心斎橋筋を歩きながら、俺は何気に切り出した。
「もうちょっとだけ飲めへん?」
「うん、私も河内くんと2人でちょっと話したいことがあるねん」
ドキッ俺と2人で話したいことっ
てなんやろ?勝手に期待が高まっていく。
ショットバーに入り、再度、乾杯。で、話ってなに?
「男の人って、やっぱり若い女の.がいいの?」
いきなり予期せぬ質問だ。
「うん、まあ、確かに若けりや若い魅力も確かにあるけど、女の魅力はそれだけじゃないしな。俺は歳は全然気にならないけど」
無難な答えではあるが、正直な気持ちだ。
「でも、普通は若い方がいいんじゃないの?」
「まあ、そういう男の方が多いやるなぁ。どうしたん?」紺野さんによると、去年あたりから、旦那がキャバ嬢らしき女と頻繁にメールのやり取りをしているらしい。店に通うだけじゃなく、食事やゴルフにも行っているようだ。
「付き合いで、たまにそんな店に行くのはしかたないと思うねん。でも、始終メールしたり、ゴルフ行ったりおかしいでしよ?」
紺野さんの旦那は見た目もイケメンだし、金も持ってそうだ。モテないわけがない。あまりに度がすぎるので「そんなに若い子といるのが楽しいの?」と訊ねた紺野さんに、旦那は「そんなん、当たり前やろ」と答えたそうだ。
「ただでさえ息子の受験で大変な時に主人は遊んでばつかりで頭にきてたのに、もうその一言でプッチンきちゃって!」
紺野さん、少し涙ぐみながら怒っている。まあ、わからんでもない。息子のために母親として一生懸命頑張っている一方で、女としては更年期を迎えようとする歳に差し掛かっている。そんなときに旦那に見向きもされずに若い女にうつつをぬかされちゃ、やってられないだろう。年取って汚ないオバハンになっているのならまだしも、こんなに椅麗でいるのは彼女の努力ゆえだろう。旦那の一言、不用意すぎるな。でも、この状況、俺にとっては活かさない手はない。旦那が浮気してるんじゃないか?女としての魅力がなくなってきたんじゃないか?不安で、いら立つ彼女を受け止め、自信を与えてあげることで、グッと気持ちを近づけることができるはずだ。なにより紺野さんが、俺に話を聞いてほしいと頼っているんだから。彼女の愚痴、ポヤキを聞きながら、「ほんまに椅麗になったなぁ」と褒めまくる。その甲斐あってか、1時間たったころにはすごく良い雰囲気になってきた。飲みにきてよかったわ。ありがと一旦酔いのせいかちょっと潤んだ目で俺を見る紺野さん。なんて艶っぽいんやヤリたい
「旦那に負けんと、紺野さんも遊んだらええれん。俺がいつでも相手するやん」
「それって、また飲みにいくつてこと?浮気するってこと?」
「そりゃ浮気でもよろこんで相手するよ」
突然、紺野さんの顔色が変わった。
「河内くん、奥さんを大事にする人やって思ってたけど、うちの主人と一緒やん!河内くんも浮気する人やったんやね。」それから紺野さんの尋問と説教がしばらく続き、いい雰囲気は消え飛んでしまった。旦那に続き、今度は俺が不用意な発言をしてしまったということだ。紺野さんに「ガッカリ」と言われたのも痛いが、それ以上に紺野さんの生真面目な性格。これからどう攻めていったらいいんだろう。

SnapCrab_NoName_2020-3-25_22-33-23_No-00.png

携帯に誕生日おめでとうのお祝いメールが入った。小西さんからだった。彼女を思い出して少し感傷的になっていただけに、非常にうれしい。でも、誕生日を伝えてないのになぜ、わかったんや?

『メアド見たらわかりますよ。お元気ですか?よかったら久しぶりにご飯でも誘ってくださいね』
ここ半年で嫁さん以外とエッチしたのは紺野さんの友人K子だけ。正直、興奮するセックスとは長い間ご無沙汰だ。が、それも紺野さんや、M子さんを落とすエネルギーになるかと、他の女に目もくれず、やせ我慢してきた。しかし、そろそろ限界。久しぶりに、〃いい女″とヤリたい。小西さんの誘いに、ソッコーで「いつ行く?」と返した。
翌週の昼間、ミナミで会うことになった。前に会ったのは昨年の6月。期間が開いたせいからか、なんか緊張するぞ。現れた小西さんは相変わらずいい女だった。セレブな雰囲気の紺野さんやゴージャスなM子さんとは違った〃隣の奥さん〃的な親しみやすくて可愛い魅力が彼女にはある。カフエレストランで昼食をとりながらお互いの近況報告。スーパーの次に始めたパートは今も続けているそうだ。食後のコーヒーを飲んでいるときに、彼女が誕生日プレゼントをくれた。チェック柄のお酒落なハンチング帽だ。
「河内さん、帽子、よくかぶってるでしよ。でも、気に入ってくれるかな?」

そんなん、気に入るに決まってるやんか!さっそくかぶる。小西さんから溢れ出る可愛さに俺は爆発寸前だ。レストランを出た途端、思わずストレートに誘ってしまった。
「小西さんエッチしよ」
「えっ、今からですか?」
彼女の表情には明らかに戸惑いが感じられる。しまった!あせりすぎたか?
「もう、いきなりでびっくりするじゃないですか。いいですけど…」よかった〜
車に乗り、一番近いラブホに向かう。ああ、前の車、なにトロい運転してんねん。俺は今すぐ小西さんとヤリたいんや。ホテルの部屋に入り、まずはベッドに腰掛けキス。舌をからませながら胸を操み、服を脱がせていく。興奮のため俺の鼻息はどんどん荒くなる。小西さんの鼻息も荒い。だいぶ興奮しているようだ。過去2回、シャワーを浴びないと恥ずかしいから絶対イヤと言っていた彼女が、今回はまったく嫌がらない。全裸になった小西さんは相変わらず、白くてむっちりとした工口い身体つきだった。
「やっぱり恥ずかしいから、少し暗くしていい?」
照明を暗くした状態のなか、久しぶりに小西さんと合体。
「ああ、ああ」
耳元でこんな可愛い端ぎ声を出されると興奮度はさらに上昇。ペニスもいっそうコチンコチンになる。大興奮のなか、正常位でフィニッシュ。彼女も慎ましいながらも、今までで一番の乱れぶりだった。小西さんもしたくてたまらなかったんや……。やっぱり、いい女とのセックスはいい!

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ