★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
144.jpg145.jpgw101.jpg
世の中にはセックスの相手として選ぶベかざる対象がある。言わずもがな、近親者である。
父が娘と、息子が母と姉が弟と。近親者同士の性行為は、仮に間違って生命が宿った場合、出産に" 異常“を伴う危険性の多いことからも昔から決して犯してはならぬタブーとされてきた。しかし、そんな倫理常識を陵辱するかのごとく、いや倫理常識だからこそ、それを犯す快感に取り憑かれる者がいることもまた事実。この夏、オレが遭遇した家で近親相姦に溺れるある家族について話そう。
前世はね、坂本龍馬だったんだよ
去年の冬、自宅にほど近い場所に軒を構える1軒の雑貨屋に足を踏み入れたのが始まりだった。木造2 階建ての屋根に立派な看板が掲げられ、軒先には値札の付いた自転車やタヌキの置き物、入口にはな
ぜかビ—チボールがぶらさがっていた。この奇妙な品揃えは店内も同様で、健康食品に銀のアク
セサリー洋服の他に腐るほどの陶器類が無造作に置かれている。どぅ見ても異様だ。
「いらつしや〜い」
突然、背後から声がかかった。振り向けば、ショ—コスギ似の40過ぎのオッサンが立っている。店の主人と思われるが、アンタ、なんでオレに握手を求めて来るんじやい。
「ゆつくり見ていってくださぃね」
「はあ…何か変わったモノがたくさんありますね」
「ここで四代お茶っ葉を売ってきたんだけど'茶器とか取り揃えていたら、色々と扱いたくなってね。それより、ボクの飲まない?」「は?」「おいしいよ。さあどうぞ」
あれよあれよという間に喫茶の丸太席へ案内されるオレ。オッサンはよほどヒマだったのだろう。カップをテーブルに置くと、ますますロが滑らかになってぃった。
「自己紹介しとくね。名前は吉泉啓介。前世はね、坂本龍馬だったんだよ」「へっ?」
「その前は中臣鎌足。大化の改新の中臣だよ」
典型的な電波系である。飲んだらさっさと帰つちまおぅ。ところが、意外にも虚言を吐くのは前世ネタだけで、他の話題に関してはごく普通。怪しげな雰囲気を醸し出しているのは間違いないが、オレはそのままオッサンの話に付きあった。1時間ほどたったころ、奥から一人の女性が現れた。
「女房です」「こんにちは〜」
両手を頰に当てて桜田淳子のよぅな挨拶をする奥さん。似た者夫婦とはよくいったもので、彼女、雑誌家庭画報に載った桃井かおりの写真を自分の顔に並べて「桃井よ〜」
文章にすると相当奇異な印象だが、実際には不思議と違和感はない。独特の雰囲気にさらされ時間がたっていたし、奥さんが美人だったせいもあるだろう。結局その日は3時間ほど長居をしてしまった。母親が家を飛び出し長男が後を追いかける以降、オレはちょくちょく吉泉家に顔を出し、長男(24才) 、長女(23才) 、次女(18才) とも親しくなっていく。夫婦はもとより親子同士でもボケ、ツッコミ合う吉泉家の楽しげな雰囲気にひかれたのと同時に、美人姉妹に対し下心もあった。突然長女に電話で呼びだされたのは、家族と親しい間柄になって半年が過ぎたころだろうか。ひょっとして気があるの?なんて浮かれ気分で出向いたところ、彼女はいきなり泣き崩れた。
「ウチの両親、離婚することになったの…」「えっ!?」
ウソだろ!あんなに仲のよかった夫婦が別れるものか。しかし、事実だった。それから約1 力月ほど後、ひさびさに店を覗いたところ、奥さんの出ていった家でオヤジさんが一人寂しげに店番をしていた。とても事情を聞ける雰囲気ではない。適当に世間話でもして帰ろうと思ったところオヤジさんの方からロを開いた。「実は息子も家を出ていっちまってねぇ」
「え!どこ行っちゃったんですか?」
尋ねても首をクルクル横に振るばかり。虚空を見つめる瞳が明らかにおかしい。大丈夫かよ。お節介とは知りつつ長女に兄貴の行き先を聞いてみた。すると彼女は「たぶん、お母さんが住んでるアパー卜」と言う。長男は母親と一緒なのか。別段不思議な話ではないが、長女のことばを濁すような言い方がどうも気にかかる。何か隠していることは間違いなかった。
ボクが娘とヤツても問題ないだろ
母親と息子について触れない父親。急にオレを遠ざけ始めた長女。そして、表情の暗くなった次女。あの家には何か秘密がある。ある日の午前9時。雑貨屋の開店前を狙い、オレは吉泉家を訪れた。熱海で購入したおまんじゆう片手に「急いで渡さないと腐るから」と門を叩くと、目の下にクマを作った父親が現れた。「ああ、どうぞ」汚れたパンツに喰いかけのカップラ—メン。居間は異常なまでの散らかり様だ。ん、その黄緑色の物体は…コンドーム!?なんでこんなモノが無造作に置かれてるんだ。途端に心臓が高鳴り始めた。「朝食を作らせるから娘たちを起こしてきてくれんか」
トイレから出て来た父親が頭をポリポリ搔きながら笑う。「ボクがですか?」「そうそうその先のボクの寝室で寝ているから」「はぁ…」って、今、確かにボクの寝室って言ったよな!?
どういう意味だよソレ…。ゴクリと唾を飲み寝室のドアノブに手をかける。
<ガチャリッ>「うわっ!」思わず声が出た。なんとベッドに裸の次女がうつ伏せで寝ていたのだ。脇には使い終えたコンド—ム。この状況の答は一つしかない。コイツら親子でセックスしていたんだ!声をかけることも忘れ居間に戻ったオレにオヤジさんが笑いながら話しかけてぎた。
「洋平くんウチの娘とセツクスしたいかい?」
「息子と母親がヤツてるならボクと娘がやっても問題ないだろ、なあ!」
★父と娘、母と息子。いつからそんな禁断の関係が続いていたのだろうか。その日以来、オレは吉泉家を訪れていない。
近相姦の魔カ・娘を抱きたい親がいるという現実

不覚にも肉親と性交する夢を見て、ジトッとした冷や汗と共に目を覚ましたー。そんな経験はないだろうか。起きた後もしばらくは胸ヤケのような感覚が続き、当人とも顔を合わせられない。それほどまでに、インセストタブー(相姦)とは多くの者にとって足を踏み入れる気すら起きない禁忌だ。

しかし一方で、近親者とのセックス願望を強く抱き、さらには実行してしまう者たちがいることも否定できぬ事実である。この春、編集部に電話をくれた西川氏(仮名、33)は、現在中学2年になる実の娘と過去4年間にわたり性的関係を持ち、今なおその関係は続いているという。しかもそれは、近ごろよく家庭問題として耳にする「自動虐待」「性的暴行」といった意味合いのレ〇プ行為ではなく両者合意の上でのことらしい。

普段の親子関係もいたって健全なのだ、と彼は話す。なぜ実の娘と?なぜ4年間も?我々が自問したところで、答は見つからない。ただ想像できるのは、そこには大
の男を惑わせる何かがあるのではないか、ということだけだ。5月下旬、編集部は、ラフな服装に身を包んだ、まさに絵に描いたような家庭的お父さた風情の西川氏と対面した。

これ、いったいどこまでいくんだろう?

「いつも肌身離さず持ってるんです」

できるだけ人の少ないところを、と選んだ郊外のファミリーレストランで、氏はクシャクシャになった1枚の写真を財布から取り出した。写っているのは、女の子2人に男の子が1人。どこかの観光地だろうか、揃って笑顔のピースサインがほほえましい。

ニッコリの長女、長男、次女の3人。彼が4年間に及ぶ肉体関係を持つのは右端に映る長女、恵さん(13才)である。氏が20才のときにもうけた娘で、現在は都内の中学で吹奏楽部に入り忙しい毎日を送っているという。

「・・この子が、そうですか」「ええ」

目の前の男性にどことなく面影の似た彼女の笑顔に、暗い影は微塵も感じられない。まさかこの子が父親と抱き合っていょうとは…。

コトの発端は今から4年前。酒を飲んで帰宅した氏が、恵さんと一緒にお風呂に入ったときのことだった。恵さんは小学4年生、まだ性に目覚める年齢ではない。

「疲れてたんで、体を流してもらったんですよ。そしたら、アノ部分まで洗ってくれて、思わず反応しちゃったんですね」

彼女にしてみれば、体の一部をキレイにしてあげょうとしただけのことに過ぎない。しかし可愛い娘の前で勃起してしまった父親は、それを契機に、愛情をあらぬ方向へ向かわせる。行動を起こしたのは、その数日後のことだった。

当時、恵さんには、必ず深夜の1時過ぎにトイレに起きる癖があった。そのため、帰りが遅く1人で晩酌をすることの多い西川氏と台所で対面し、そのまま話し込むこともしばしばだった。学校での出来事、友達のこと。深夜とはいえ、父と娘にとってかけがえのない時間だったという。

そして、勃起事件数日後の深夜、その日も2人はキッチンで顔を合わせる。いつものように学校の話題を話す娘の顔を見ながら、氏はふと疑問を抱いた。どこまでいくんだろうなっどこまでいけるんだろうか?その、父親が抱くにはあまりに単純な好奇心が、現在に至るまで続く秘め事の第一歩だった。
抑えきれぬ好奇心を抱えたまま、西川氏は、それまでもよくあったように、娘を寝かしつけるべく彼女の寝床、二段ベッドの2階に潜り込んだ。すぐ下では、まだ小さな4才の長男がすやすや寝息を立てている。いつもなら、眠りにつくまで頭を撫でる程度だったのが、その日は違った。不意に生じた疑問を解決するため、氏の体は動く。唇へのキス、胸の愛撫。

「抵抗なかったんですかっ」

「ええ、もう、ほんとにジャレ合うような感じですから」

「しかし、ここまで?」の疑問を抱く者が、ジャレ合いで満足するわけもない。初日は胸を触るだけだったのが、日を重ねるごとに行為はエスカレートし、後に、股間部への愛撫や自身のペニスを口に含ませるといった、さらなるステージへ向かう。この期間がおよそ2年余り。

「学生でもしっかり濡れるんですよ。お尻のほうまで垂れるくらい濡れるんです」

そして初めての結合は、恵さんが6年生のとき。場所は同じく二段ベッドの上だった。ゴムの匂いがイヤだからナマで口出し疑問は解決されたものの、いったんラインを踏み越えた彼がおとなしくできるはずはない。なぜなら彼は、娘とのセックスがまたとない快楽だということに気付いてしまったのだ。氏はそれを「麻薬のようだ」と言う。

過去に多くの女性と関係を持ち、「ひと通りの遊びはすべて済ませてきた」と認める男が、他に比肩する快楽はないと言い切るほどの、秘めたるクスリ。それは単にタブーを破ることから来る喜びではない。

「守ってやりたいといっ気持ちを持ってセックスした経験なんて他にないですから」

過去の恋人にしても遊び相手にしても、さらには妻であっても、所詮はアカの他人でしかなかった。しかし娘は紛れもなく血を分けた肉親、加護してやらねばとの思いが常に頭から離れない。その責務は、体を強く抱くことで初めて果たされるのだ。

深夜の二段ベッドで始まった2人の関係は、長男の成長や後の次女誕生に伴い、場所の移動を余儀なくされる。奥さんがバイトに出かけているときは、タ方、夫婦の寝室で。下の子供たちが家にいるときは、近所のスナック民の父親が経営の2階で。2人は誰にも言わない約束を交わし、月一の頻度で抱き合った。コソコソと人目を気にしなくなってからは、恵さんも安の声を上げるようになる。当初は、くすぐつたいか気持ちいいかの2種類しかなかったのが、徐々にイクという感覚をつかんできたのだ。

「ちゃんとヨガりますし最中にパパ、パパって言うんですよ。それがもう、こう、なんて言うか…」

驚くべきことに、彼女がゴムの匂いをイヤがるからという理由でコンドームは使わず、行為はいつもナマ外出しで終了するという。最近では主に、口内に射精しているのだそうだ。なぜ愛する娘に対しそんな行為に及べるのか。そうとうと、彼は、愛するからこそ、教えてやれることは教えてやりたいのだと答えた。

「どこの誰だかわからない男に抱かれるよりは断然いいじゃないですか」

「そういっもんですかねえ」

「そうですよ。どこの父親でもみんなそんな願望を持ってるはずですよ」

確かに恵さんへの愛情はひしひしと伝わってくる。が同時に、まるで娘を玩具のように扱っているかのような一面も見られるから、実状は複雑だ。

「ピンクローターがあるんですけど、この前、お尻の穴に入れてみたんですよ。それがすこく気に入ったみたいで・・」

「家からスナックまでノーパンで歩かせたこともありますね」

それもまた、過度なまでの愛情の延長線上にある行為なのだろうか。タブーを認めないためにも子供が出来れば産ませる2人の関係が、氏の一方的な強要行為でないことは、恵さんからも求めてくるという話から伺える。さすがに子供、露骨な誘い文句ではないものの、手をからませる、首にまとわりつくといった態度で、父親の肉棒を欲しがってくるのだそうだ。

そしてまた彼女の口からは、お父さんの子供でよかった、と頻繁に聞かれるという。「つまり恵さんも現状に満足していると・・」

「ええ、洗脳と言われればそうなのかもしれませんけど」

「というか、普通は時期が来ればオカシイと気付くんじゃないですかね」

「いや、そういっのはないですね」「中学でもまだないですか」

いったいいつまでこの関係が続くのか、それは本人にもよくわかっていないようだ。恋人ができれば彼女のほうから自然に離れていくのか、それともどこまでも父離れできないままなのか。離れられないなら、それはそれで構わないと西川氏自身は考えている。むしろ次の話を聞けば、それこそが彼の本望なのかもと思えてくる。避妊らしい避妊をしていないことについて氏は気にする素振りなくうませる」言うのだ。
「おろすと、自分たちの行為がタブーだって認めることになるじゃないですか」

「それはそうですけど・・」

「さすがに私との子供だと公にはできないでしょうから、それこそレ〇プされたことにしてでも産ませますね」「はあ・・」

最後に彼は、極論かも知れないけれど、と前置きした後、強くこう言った。

「父親なら絶対すべきだと思いますよ。大切なものを守ろうとする!愛情が深まりますから」

★西川氏は過去に一度、インターネットを通じて相姦の体験者が集うオフ会に出席したことがある。参加者は、8人。彼のような立場の男性は少なく、息子と関係を持つ母親の参加が目立った。悩みを打ち明けるでも悔いるでもなく、いかに自分が子供を可愛がっているかを皆が一方的に語る、それはあくまで現状肯定のための集いだったようだ。愛情が彼らを盲目にしているのか、それとも彼らこそが素直に自らと向き合っているのか。

関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

イイオンナ、ヤリ放題。 推川ゆうり他シリーズ商品(:) 実力主義バイブ(:) SM-VIP 手枷足枷M字開脚ベルト アイマスク付他シリーズ商品(:)

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ