★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
泡盛飲み放題だからみんなベロベロ。
0100_20180407190629128_201908141557070e0.jpg0101_20180407190630c0b_2019081415570801d.jpg0102_20180407190632869_20190814155709e9c.jpg0103_20180407190633fca_20190814155711d65.jpg0104_2018040719063555e_201908141557125e5.jpg0105_20180407190636b34_2019081415571452c.jpg0106_20180407190638d9d_20190814155715019.jpg0107_20180407190639abd_20190814155717a90.jpg
0128_20200602120036e9e.jpg0129_20200602120037d47.jpg
泡盛飲み放題だからみんなベロベロ。熟女喰い放題ディスコ
熟女ディスコのことが取り上げられている。いまどきのディスコには、バブル期にイケイケだった熟女たちがわんさか集まっており、そこへ行けば彼女たちと簡単に仲良くなれ、コトによってはセックスだって可能という内容だ。確かにそのとおりなのだろうが、ひとつ残念なのは、裏モノで熟女ディスコとして紹介されているのが東京や大阪にある有名店「マハラジャ」だけという点だ。実はマハラジャより何倍もスゴイ熟女ディスコが沖縄にあるってのに。いったい何がどうスゴイのか、俺の実体験をとおしてきっちり教えよう。
昨年、沖縄旅行に行った際、現地に住む友人からディスコに行かないかと誘いを受けた。何でも、そのディスコに来る女の客層が30半ばから40後半のオバハンばかりで、熟女好きの俺にはおあつらえ向きの場所らしい。さらには、「その店の女客って本当に男に積極的だから、簡単に喰えるぞ」とも。そこまで聞いて行かぬわけにはいくまい。そのディスコは店名を「エイリー(EILLY)」といい、那覇市・国際通りの雑居ビル3階にあった。入口のトビラを開けると、大音量のディスコミュージックと熱気で店内はどえらいことになっていた。さほど広くもないフロアに大勢の男女がぎっしりとひしめいているのだ。パッと見、100人近くはいるだろうか。さらっと女客に目を向ける。20代と思しき子もチラホラいるが、やはりメイン層は30 後半から40代で、友人が言ったとおりの状況だ。驚いたのは彼女たちのフレンドリーさだ。ちょっと目が合うだけで笑顔が返ってくるのは当たり前。こちらから軽く声をかければ、普通に会話がスタートするだけでなく、話してる最中に腕を回してきたり、体をぐいぐい密着させてくる。もはやフレンドリーというより色じかけだ。話す内容もストレートで、たとえば、なんでこの店に来たのなんて尋ねると、こんな答えがバンバン返ってくる。
「そりゃイイ男を捕まえるために決まってるでしょ」
「たまにはワンナイトラブもいいかなって。うふふ」
沖縄の女は性に奔放だと聞いたことはあるが、さすがにここまで開けっ広げなのはおかしいと思わないだろうか。そう、実はこれにはちゃんとした理由がある。このディスコ、入場料(2千円)さえ払えば、なんと追加料金いっさいナシで、泡盛が飲み放題なのだ。実際、店内に充満した酒の臭さったらない。このディスコへ誘ってくれた友人に、俺は心の底から感謝した。もともとエロに大らかな性
格にくわえて、ベロベロに酔っぱらっている熟女があちこちに。ナンパ目的の男にしたらこれ以上のヘブンはないだろう。そんなわけで、誰を狙っても落とせそうな雰囲気のなか(沖縄の男客はシャイなのか、あからさまにナンパしている者がほとんどいない)、群を抜いてキレイな熟女2人組が目に留まった。すかさず友人を引き連れて襲撃する。
「こんばんは。この店、よく来るの?」
「ううん、結構久しぶり。昔はよく遊びにきてたけど」
受け応えはまだしっかりしているが、まぶたはちゃっかり重くなっている。ソートー酔ってますな。
「今日はなんでここに?」
「ちょっとはしゃぎたい気分だったから。こうやって知らない男の人と話すのって楽しいし」
「さてはイイ男がいないか物色しにきたな? でもオネーサン、既婚者でしょ? 旦那にバレたらヤバくない?」「既婚者も男遊びしたっていいでしょ。旦那には絶対バレないから平気なの」
ここまで話したところでふと隣を見ると、友人が片割れの熟女とすでにディープキスをしていた。思わず俺も目の前の彼女を引き寄せる。
「ねえ、お隣り、もうあんなことになってるよ。俺たちも仲良くなろうよ」
「え〜どうしようかな」
目が笑っているので、OKの意味とみなし、遠慮なく唇を奪ってやった。直後、まるで大トロのように甘い舌が、勢いよく俺の口に入ってくる。かと思えば、今度は舌をチュウチュウと吸い上げ、ズボンの上から股間をまさぐってくる熟女。大音量のディスコミュージックが響き渡る店内の片隅で、俺はただただ朦朧とした気分を味わうのだった。
以上、俺がエイリーで体験した一部始終だ。熟女を落とすイージーさは、マハラジャと比較にならないことがわかっていただけただろう。蛇足だが、ディスコを出たあと、俺と友人が2組に分かれてラブホへ直行したことも一応、つけ加えておく。
沖縄の風俗案内所は自由恋愛のチャンス
館内の「ゆんたく」と呼ばれる共同スペースで毎晩のように宴会が開かれるのだ
SnapCrab_NoName_2019-7-27_13-13-13_No-00.png
プリウスが売れてくれたおかげで豊田市に沖縄っ子の乳が戻ってきた
オレはトヨタとまったく関係ないけどいいことだ。この町にまた沖縄ムスメたちの活気が戻ってきたのだから。
自動車会社や大手電機メー力ーで働く期間エは、たいていが男の出稼ぎ労働者だ。寮に入って手っ取り早く稼いでは、また別地域のエ場に向かう、そんなバターンだ。しかし我らがトョタ様にはいらっしゃるのだ。女子の期間エがたんまりと。
3年前のある夜。隣町、狩谷市のダーツバーに出かけたところ、運良く女子3人組の横に陣取れた。みんな目鼻立ちがはっきりして力ワイイ。
「かんばーい」ビール片手に声をかけると、向こうから一緒に遊ぼうと誘ってきた。怪しいぐらいのノリの良さだ。
「名前はっ」「土路生ケイ」「トロブワ珍しい名字だねっ」
彼女たち、3人とも沖縄の子らで、トョタの期間エとして働いているそうだ。
「女の子も来てるんだ?」「沖縄の子いっばいいるよ。こっち来たら月30以上稼げるからあ」
沖縄が就職難で四苦ハ苦してるのは知っていた。女の子の場合、仕事を見つけたとしても月15万くらいしかもらえず、だからどんどん九州、本州に出稼ぎに出てるとかなんとか。
「沖縄の出稼ぎの6割は愛知に来るからね」
トョタが大きな受け皿になってるんだろう。さすが世界一の会社は違う。でまあ、結局エッチはできずにそのまま彼女らとは別れたわけだが、その日を境にオレたちは沖縄っ子のナンパに励むようになった。ノリがいい。寮生活でうっぷんがたまってる。ホームシック気味で隙がある。ナンバ相手としては最高の条件だからだ。
金曜のタ方、エ場(同じ敷地に寮もある)から最寄り駅に向かって専用バスが出る。社員はほぼ自家用車通勤なので、バスに乗ってるのは全員が期間エだ。
普段は徒歩で寮とエ場を往復するだけの期間エも、休日前にはハメをはずす。駅前で降りた連中が向かうのは、まず飲み屋だ。その中から、沖縄ムスメをどう探すか。特徴としては服装が派手。服の色が原色。
声がでかい。とにかく笑う。見た目が陽気。露出がでかい(特に夏はすこい)顔つきがエキゾチックこんなところか。さらに彼女らは同郷意識がとても強いので、たいてい沖縄人同士でつるんでいる。ばっと見の雰囲気でなんとなくわかるものだ
「ねえねえ、エ場に働きにきてるのっこれから暇なら飲みにいこっか?」
こんな誘い文句じゃ、まず食いついてこない。暇じゃないです、ぐらいの台詞を返される。でも沖縄の子らは優しいんです。おおらかなんです。そしてとっても情にあついんです。そして出稼ぎだから貧乏なんです。
「おこってくれるなら行くよー」
こうして飲みに行って、最後までいただけた子が2人、付き合った子が1人。ありがたいことです。
★ナンバを再始動してからも何人かの友達ができた。この調子だと再び沖縄娘をいただく日は近い。トョタ様、もっとプリウスを売り続けてくださいませませ。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。