0014_202003231542453d9.jpg0015_202003231542469b8.jpg0016_202003231542486f8.jpg0017_20200323154249dbf.jpg0018_20200323154251764.jpg0019_202003231542549c0.jpg0020_20200323154255a5a.jpg0021_20200323154257431.jpg0022_20200323154258470.jpg0023_20200323154300dd2.jpg
毎年、東京の人気お花見スポットの一つ、渋谷区の代々木公園で、ある特殊な現象が起きている。
野ション女子の大量発生だ。通常ではありえない数の人間が一度に集まって酒を飲むので、公園トイレの前には長蛇の列ができるのだが、特に一番サクラが多い渋谷門近くの公衆トイレは、1時間以上もの行列になる。公園側も仮設トイレを設営して対応しているが、人の数が多すぎてまったく追いつかず、結果、並んでいては間に合わないと判断した女性たちが、トイレ脇の雑木林の中で用を足してしまうのだ。そんな現象を、野ションマニアが放っておくわけがない。数年前からこの公園の花見シーズンは、女性の放シーンに興奮する男らが集うようになったのである。
いったい彼らはどんな連中なのだろう。
女子トイレの列が数十メートルにまで
3月最後の週末の午後1時、代々木公園。天気予報は快晴で、最高気温20度を超える絶好のお花見日和だ。
園内を歩くこと数分。毎年長蛇の列ができる渋谷門脇のトイレに到着した。すでに男女共に10人ほどが列を作っている。女子トイレ前はこのとおり
そのすぐ脇には、女性専用の仮設トイレが20台ほど並べられ、やはり10人程度の列ができていた。
トイレの裏側は、サクラのない雑木林のような空間で、立ちションするにはちょうどいい雰囲気だ。早くも列に並びたくない男たちが、木影や建屋の裏などで立ちションし始めているが、野ション女子の姿はまだない。ウロウロしながら園内を一周し、再びトイレのエリアに戻ってみると、女子トイレの列が数十メートルにまで伸びていた。ここまで長いと我慢するのもしんどそうだ。
トイレ裏の雑木林エリアには、立ちションするわけでも桜を見るでもなく、トイレの列の方向をじっと眺めたり、雑木林の間をウロウロ歩いたりと、明らかに怪しい動きをする男たちがチラホラいる。おそらく、こいつらみんな野ションハンターだろう。男の立ちションがすごい増えちゃったのよ
午後2時を過ぎた。酒が回ってきたのか、立ちションする男たちも一気に増え、入れ代わり立ち代わりやってきては次々に物陰で小をしていく。が、野ション女子はなかなか現れない。周りをウロツくハンターたちもイライラしていることだろう。雑木林エリアをうろつく怪しげな男たちの数は徐々に増え続け、ざっと数えても7〜8人は確認できる。浄水設備の建屋近くに、女性の列をじっと眺める怪しげな男が立っていた。黒いヘアバンドをしたオタクっぽい雰囲気の男で、さっきから何度か雑木林エリアを歩きながら女子トイレの方角だけを眺め続けている。
同好のフリをして話し掛けてみよう。
「さっき、西側のトイレの方も見てきたんですけど、まだそんなに並んでなかったですね」
「え、西側のトイレ? あれ? もしかしてアナタ、仲間?」
まんまと乗ってきた。「まあ、そんなもんです」「え、え? よく来んの?」
「いえ、僕はまだ去年から来はじめたぐらいですよ」
「え、え? いたんだ。ホントにいた? いたかな〜」
どうやら彼は去年もここにいたらしい。ごまかさないと。
「いや、いましたけど、去年は友達と花見をしながら1人で抜け出して…みたいな感じだったんで、ちゃんと見れてはいないんですよね」
「あ〜なるほどね! 西側はやっぱダメでしょ? ボクはここが一番だと思うけどね〜」
男は完全にオレのことをハンター仲間だと思ってくれたようで、ペラペラとこの現場の情報を語りだした。「去年までここにも仮設の男子トイレがあったんだけどさ、今年からなくなっちゃったおかげで、この辺で男の立ちションがすごい増えちゃったのよ。それで女の子が来づらくなってんのね。まいるよね」
彼が代々木公園に来るようになったのは6年前。最初に何人かの野ションを目撃して以来、毎年欠かさず来るようになったらしい。
「でもさ、当たりの年はたくさん見れるんだけど、ダメな年は全然ダメだね。去年もダメで、あんまり見れなかった。オレは西側よりココの方がいいと思うよ。オレ、いつもココだから」
などど言いながらも、常に視線をキョロキョロさせ、野ション女子を探している。目が真剣だ。プロのハンターっぽいぞ。
「撮影したりとか、それを販売したりとかしてるんですか?」
「え? いやいや、そんなことはしない。オレは見るだけ。あっ…」
突然、ヘアバンド氏が走りだした。どうやら女の子が一人、雑木林の方へ向かったのが見えたらしい。隠してあげるフリをすれば、近くで見れるんで
公園の西側エリアに移動することにした。この一帯はホームレスのテントも点在する森林エリアで、サクラの木がなく、ほとんど人が歩いていない。野ションするには絶好の環境のはずだ。森林エリアに入った直後、ケモノ道の途中に、一人の若い男が立っていた。携帯電話を耳に当てて誰かと話しているように見えるが、声が聞こえない。怪しいぞ。近づくと、男が電話を耳に付けたまま歩き出した。やっぱり声が聞こえない。間違いない。こんな場所でカラ電話する目的はただ一つ。怪しまれずに森の中で野ション女を待つためだ。男を追いかけ、声を掛けた。
「お兄さん、間違ってたらごめんね。ひょっとしたら同業の人かと思って」「………」
男が立ち止まって眉間にシワを寄せた。20代のイケメン君ではないか。
「この辺ばっかり狙ってるんですか?」「……いえ、色々と」
ビンゴだ。やっぱりな。
「こっちはどうですか?あっちは立ちション男だらけで、なかなか女の子が来ないんですよ」「ああ、はいはい。ですよね。男の仮設トイレがなくなりましたからね。てか、あっちはホモの人が多いっすよ」「え、そうなの?」「立ちションしてる男の股間を覗いてるんすよ。でも、コッチ側も今回はダメっすね。すぐそこに女子トイレが置かれちゃったんで」
なるほど、彼が指さした方向に、女性専用の仮設トイレが見えた。トイレ待ちの列もそれほど長くないし、これでは野ション女は現れないだろう。
「あと、アッチ側と、東の入り口にも仮設が増えましたしね。3〜4年前まではこの辺りがアツかったんですけどねえ」
オレが仲間だと確信したのか、イケメン君は色々と情報を教えてくれた。何でも彼には得意技があるそうで、この森林エリアをグルグルしながら野ション女を探し、これはと思う子がいたら声を掛け、一緒にトイレ探しを始めるらしい。
「『僕もトイレ探してるんですよ』って声かけて、一緒に歩きながら、『ないですね〜。じゃ、僕が見張っててあげるから、交互にしちゃいませんか?』って感じで持ってくんですよ。自分が盾になって隠してあげるフリをすれば、近くで見れるんで。これだと100パーイケます」
 おお、すごいテクニックじゃないか。もう少し森林エリアで獲物を待ちたいというイケメン君に礼を言って、別れた。東京の人が心底うらやましい再び最初の雑木林エリアに戻ってみたら、女子トイレ待ちの列が信じられない長さになっていた。仮設トイレ側にも余裕で100人以上は並んでる。これじゃ野ションもしたくなるだろう。
ヘアバンド氏の姿は見えないが、さっきまでいなかったハンターの数が増えたようで、ざっと見ても10人はいる気がする。が、雑木林の中をウロつく男たちをよくよく観察していたら、何度も何度も繰り返して立ちションのフリをする男が、何人かいることに気付いた。しかも他の男のチンポをチラチラ覗いてる。アイツらがホモか。気をつけよっと。ゲイのチンポハンターは4人いて、そのうちの一人は、小便をしてる男に毎回話しかけて笑わせていた。ずいぶんと入り組んだ性癖だな。
お、さっきのヘアバンド氏がいた。カメラを持ったパーマヘアの男と話している。仲間だろうか。近づいてみよう。「どうもー」「あ、どうもどうも」ヘアバンド氏に挨拶すると、カメラの男がこちらに会釈してくれた。彼も常連ハンターっぽい。
「ここはよく来られるんですか?」
「ボクですか? 毎年来てますよ。ここはね、東京の名物ですから。今日はもう、足が棒のようです。朝9時から来てるので」「早いですね。ココ以外にも行ったりするんですか?」
「ボクね、大阪から来てるんですわ」「マジですか」
なんと、野ション女を見るためだけに、はるばる大阪から来たのか。しかもパーマヘア氏、先週も来たというからすごい。
「もしかして、商売でやってらっしゃるんですか?」「いえいえ、完全な趣味ですわ」
パーマヘア氏によると、関西には代々木公園ほどの野ションスポットはないそうで、東京の人が心底うらやましいという。なんとも言えない見た目の雰囲気といい、この気合の入り方といい、ほかの盗撮もしてそうな雰囲気が漂ってる。と思って小声で聞いたところ、「更衣室系をちょこっと」とだけ答えてくれた。「傾向がわかってくるから、毎年メモってんのよ」
雑木林エリアをウロウロしていたら、しばらくどこかに行っていたヘアバンドとパーマヘアの両氏が、笑顔で近づいてきた。
「いや〜、今ね、ちゃんとじゃないけど、一応、見れたよ!」
めちゃくちゃ嬉しそうだ。ついさっき、公園の柵を乗り越えていった女の子の後をつけたところ、道路に停めてある車と車の影で用を足したんだそうな。「それはお疲れさまでした」
ヘアバンド氏がスマホに何かを打ち込んでいる。何してるんすか?
「あ、これね、見れた時間を書いてんの。傾向がわかってくるから、毎年メモってんのよ」
すごい。チラっとそのメモを覗いたら、すでに5人分ほどの時間が書いてあった。
「しかしよくわかったな。あの子がするって」
「そりゃ、長年やっとるからな。どんだけここに来てると思てんねん。あははは」
どうやら第一発見者はパーマ氏の方みたいだ。この2人、かなり仲がいいみたいだけど、何年か前にここで顔見知りになっただけの関係らしく、いつもこうして集まっては情報交換してるそうな。2人と立ち話するうちに、今度はマスク姿の長身男性が近づいてきた。彼もハンター仲間みたいだ。挨拶しておこう。
「どうも、初めまして。お兄さんも、トイレ専門なんですか?」「まあ、そうだね」
軽く挨拶してから色々と尋ねてみたところ、彼は野ションハントのために神奈川から来たベテランだった。ここ以外にも、花火大会の会場やバーベキュー場、高速のバス停など、様々な野ションスポットに遠征してると教えてくれた。ちなみに、以前は上野の花見会場にも行っていたらしいが、最近は警備員が増えたのでやりづらくなったそうな。さすがはベテラン、情報量が多い。ふと、周囲を見渡すと、野ションハンターと思しき男たちが一気に増えた気がする。我々4人のほかに、10人はいるだろうか。「結構、同業者が増えてきましたね」
「うん、今日は多いですわ。ざっと数えただけでも、15人ぐらいはおりますね」
「だってさ、今が一番いい時間帯っしょ。これからバンバン見れるよ」
ヘアバンド氏、舌なめずりしながらキョロキョロしてる。やる気マンマンだ。時間は午後の3時半を過ぎたあたり。神奈川から来たマスク氏も、ちょうどこれからがコアタイムなのを知っていて、さっき公園に到着したのだという。4人で雑談していたら、ヘアバンド氏が「ん?」と声をだし、突然走り出した。ターゲットか?その先をみると、金髪の白人の女性が一人、茂みに入るところだった。よく気付いたな。残りの2人もスタスタとターゲットに近づいた。3人は一定の距離を保ちつつ、しゃがんで用を足す金髪女性から、わずか2メートルの距離を陣取っている。ものすごい反応の早さだ。
女性が用を足し終えて立ち上がると、何事もなかったかのように、彼らもすぐにその場から立ち去り、別のターゲットを探しはじめる。目撃時間をメモるヘアバンド氏は「見れた見れた。ガイジンだけど、よかった〜」と満足気だった。スボンならちゃんと下げるから丸見えでしょ午後5時。日が落ちて気温が下がってきたからか、野ション女の数が、素人目で見てもわかるほどに増えてきた。
覚悟した女の子たちは、酔ってるせいもあるのか、ハンターたちが集まってきても、まったく気にせず用を足す。15分に一人ぐらいの割合で、次々に女の子がやってきて野ションしていく。
例の3人は、雑木林の間をゲリラ戦闘兵のように動き回っている。その他のハンターたちも、それぞれの動きを観察しているようで、一人が動き出せばすぐに反応して、一気に野ション女の近くに移動する。中には男友達を連れてきてガードさせ、その影で用を足そうとする女もいる。ガードの男と揉めるのが嫌なのか、ハンターたちはその手の女たちには近づかないようだ。 休むことなく精力的に動き回っていたヘアバンド氏がこちらに近づいてきた。なんだか嬉しそうな顔をしてるぞ。
「いやー、さっきあっちでさ、すごい近くで見れたんだけどさ、スカートの子だったんだよね」「スカートじゃダメなんですか?」
「ほら、しゃがむとお尻が隠れちゃうじゃない。スボンならちゃんと下げるから丸見えでしょ。常識だよ」なるほどね。てかそんな常識なんて知らんから。ハンターたちは、その後も休むことなく活発に藪の中を動き回り、夜の8時ごろまで活動は続いた。やはり年に一度のチャンスだけに、気合の入り方が違うな。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ