112_2020032306375404b.jpg113_20200323063755117.jpg107_20200323063747a0b.jpg108_20200323063748c3f.jpg109_20200323063749348.jpg110_20200323063751474.jpg111_2020032306375212b.jpg
彼氏や夫と同じでありようがないでしょう?基本的に彼氏はマンネリ。例えば、ずつと同じ体位で何回イケるか、若しくは何時間イケナイか、とか。まあ、はじめは優しくないと次に会おうとは思わないような気がする。その次は、あら? こんな激しい一面もあったのねと思わせてくれるといいのでは?
最初は普通、その後普通のに飽きたら、軽く縛るとか。でもイタイのはやらない。何事も最初が肝心。別に注文つけて引かれたとしてもどうでもいいので、最初から同じ。大体最初に望み通りのセックスが出来なかったとしたら、そいつをセフレにするわけがない。お試しは1回のみが鉄則。
回数、長さ、アブノーマルなこと彼氏と違う部分は求めたいけど、ノーマルなセックスでもする相手が通えば同じセックスってないでしょ。
シチュエーションを設定して別人になりきってしてみたい。ベタなとこで言うと会社の上司と新人OLとか。高校の時着てた制服使ってしてみた。彼氏にはつかえなくてもセフレにはつかえる。そこにセフレの存在意義がある。
コスプレはする。職場の制服使ったこともある。彼氏とは逆のキャラクター。性格が違うとHも違うか確かめてみたい。もちろんテクニックは上手いほうがよい(彼氏は上手くなくても許せる)。恋愛と結婚の違いってヤツかねえ。
長時間一緒にいて疲れるヤツでも短時間のセフレなら大丈夫。将来性がなくても、セフレなら無関係。つまり、彼氏より選択肢はバカ広い。つまり社会的背景は無視できるわけ。彼氏は、この人のすべてを知りたいと思う。セフレはこの人のセックスを知りたいと思うだけ。
遊び人は彼氏にはしない。とっても上手なエッチをする人も今までどんな生き方をしてきたのかが不安になるので彼氏にはしたくない。前戯で愛情が感じられるかどうか。H以外でも、自分を大事にしてくれそうかも感じられるか。感じたら彼氏にしたいし。セフレはセックスの相性が一番。彼氏は極端な話不能でもOK。セフレ……会ってる時楽しけりゃ良い。作りでもなんでも良いから、おもしろいこと話してほしし、。セックスも含め楽しませてくれる人。セフレとのセックスは自分がして欲しいことを要求する、彼氏とのセックスはできるだけ彼のペースに合わせる。セフレは一回きりで終わっても良い(むしろその方が良い)。彼氏はそう思えない人。出会った日とかに勢いでセックスしちゃって、体の相性が良くてその後セックスのためだけに数回会う程度がセフレ。彼氏はセックスするまでにある程度時間をかけた人。要するにお互いのことをよく知っている上でセックスした人。
俺の場合、いつも付き合ぅって形でキープして切りたいときは素直に別れを告げるんです。付き合うって嘘つくのは簡単なんですよ。俺、特定の彼女もいないし、別に電話するのも部屋にあげるのも問題ないんで。セフレ候補をどこで見つけるか。
まあ多くの人は出会い系サイトとかクラブでナンパなんてパターンが多いでしょうけど、自分はあらかじめスケベスポットにいる女を狙うのが手っ取り早い気がしますね。
たとえばハプニングバー。素人の単独男女とかカップルが集まってSMとか、スワッピングするバーの
ことです。最近、都内に増えて来てるんで知ってる人も多いかと思います。実は、こういうところに1人で遊びに来てる女がいるんですよ。もちろん数は圧倒的に少ないけど。そういうコには必ず声かけて、できればその場でハメちやって、携帯の番号も聞いちやう。そうすれば、間違いなく別の場所で会ってもヤラせてくれますよ。しかもお互い最初に出会った場所が場所だから「恋人として付き合おうか」みたいな話にはならないし。そうやって今まで六本木のハプニングバーで3人ゲットしてます。そのうち、1 人は外人。アソコはクサイけど、友達に自慢するためにキープ中です。
フ—ゾクの女を落とすのもいいですね。性感へルスとかイメクラで女のコと仲良くなって携帯番号を聞き出してあとはなるべくセックスの匂いのしない誘い方をすると。たとえば、河原で2人でバ—ベキュ—しようとか、カプチーノの美味い力フェがあるから行ってみようとか。ホント、なんでもいい。いっつもシメは、酒ガブ飲みホテル。相手がちょっと恋愛モ—ドになっても気にしない気にしない。「フ—ゾク辞めたら真面目に付き合う」とか何とか言ってりゃいいんです。ホントにヤメられたときはさすがに恐くなって携帯番号変えましたけどね。
いつも出会い系の血液型検索でB型の女ばっかり狙ってます。バカにするかもしれないけど、やっぱセフレにしやすいのはB型なんですよ。今のセフレもやっぱりそうだし。こいつは会ったその日に、過去の出会い系遍歴をニコニコ話してきたんです。聞いてみると、本人は楽しかった思い出になってるみたいなんだけど、客観的に見ればヤラれてすぐ捨てられてるだけでして。反省せずに何度も同じ失敗を繰り返すこれがB型です。ホントですよ。だからこちらとすれば、会うたびに「すごく楽しいよね」ってことを強調しさえすればいい。
チャットでエッチな話をする関係が半年くらい続いて会ってセフレになってからもう2年になります。この年になると浮気相手なんてそう見つかるものじやないので、お互い大事にしてるんですよ。
彼女は顔もイマイチですし、もうくたびれた人妻なんですけど、聞いたところでは近所の奥様連中もほとんどみんな浮気をしていて、井戸端会議でこんなことしたあんなことしたって自慢しあうのが日課なんだそうです。で、そこでは相手がどんな男かよりもどこで2 人が知り合ったのかってのが重要らしいんです。テレクラは論外で、出会い系でもエロっぽいのじゃなくて普通のとこでじっくり時間をかけたほうが高く評価されるんですって。そういう意味では私なんか若くはないけど評価は高いんですよ。半年もチャツト関係だったから。変わったセックスをしたがりますけど、それは私への興味ではなく自慢のためみたいですね。
喫茶店で聞いた話では、彼女、結婚して名古屋から東京に出てきたばかりなんですって。友達もいないし、旦那もあまり構ってくれないっていうよくありがちなパタ—ンで。どうしていきなりメッセージくれたのかって聞いたら、名前が気に入ったとか言って。確かケンタとかって平凡なハンドルネ—ム使ってたんですけどね。夜になってホテルに引っ張っていこうとしたんだけど、いきなりそれはイヤだって言われてカラオケに行ったんです。そこでなんとかキスだけはして、その日は終わったと。もう2回目はないかなって思ってたら、次の日に電話がかかってきて「また会いたい」って。セックスしたのはそのときですね。そこからは会うたびにエッチです。ただ別に彼女、セックスに対して貧欲なわけじやなくて、どっちかといえば映画とか食事に行きたがってるみたい。そのついでにヤラせてくれるくらいの感じで。恋人気分なんでしょうね。でもこっちにすりやセフレだし、映画代くらいなら出してもいいかなって。おもしろいのは、彼女の妹が上京して遊びに来たときに、俺に会わせ
てくれたことですね。「ほら、この人がおネエちゃんの彼氏だよ」って紹介してくれて、妹も普通に納得してて。あれはワケわかんなかったですね。
ここからはセフレと結婚する相手の違い・熱い恋愛結婚話
4月下旬、大学時代の友人からバースデーパーティに誘われました。ホントは仙人の誕生日なんか祝ってる場合じゃないんだけど、気分転換にはいいかも。参加メンバーは内輪だけとのことなので、「ステキな出会い」には期待できない。そう思って特にオシャレもせず会場のレストランに足を運んだところ、いたんです。ストライクど真ん中の男子が。ワイルドなあご髭。熊さんのようなキュートな顔。いい!ビンゴ!是非お近づきにならなきゃ。
「あのう、お名前を聞いてもいいですか?さっきから気になっていたんです。カッコいいから」
酔っ払った勢いとはいえ、あまりにもストレートなアプローチ。彼の顔が一気に赤くなります。
「えっ、恐縮です。そんなこと言われたことないんで…。えっと渡辺です。周りからはナベちゃんって呼ばれてます」
「私、美加。よろしくね。ナベちゃんはいくつなの?」
「え-!うちの姉貴と同い年ですよ。え-」
よほど年の差がショックだったのか以降、彼はずっと私に対し敬語で話し続けました。なんだか壁を作られたみたいで、こっちも引け目を感じ、テンションがた落ち。縁がなかったんだと早々にあきらめムードになったのでした。だから後日、ナベちゃんからメ
ールが来たときは驚きました。
〈来週、渋谷のクラブで友人がDJイベントをやります。美加ちゃんも来ませんか?〉これってデートの誘い?てことは私に気がある?
当日、ルンルン気分でクラブヘ行くと、ナベちゃんが忙しそうにあちこちの男女に挨拶をして回っていました。みな、彼が呼んだお客さんのようです。
「ナベちや〜ん、来たよ」
「あ、美加ちゃん。わざわざありがとう。あとでそっち行くからテキトーに飲んでて」
確かに彼は私のもとにやってきました。でも、5分だけ。ありきたりな世間話を交わしたあとは、また他の人たちのところへ挨拶に行ったり、DJの手伝いをしたりと忙しく、こちらに戻ってくる様子はありません。というより、私のことなんかまったく眼中
にないって感じ。うすうすわかっていたけど、やっぱりそうだったんだ。ナべちゃんのメール、私と遊びたいんじゃなくて、単なるイベントの営業だつたんだ。彼を恨むのはスジ違いだってことはわかってる。勝手に彼の好意と勘違いしたのは私だしもともと壁も感じてたし。でも、なぜだろう。なぜ、こんなにも寂しい気持ちになるんだろう。いつもいつも同じことの繰り返し。合コンでもパーティでも、誰も私に振り向いてくれない。もう自分に自信がなくなっちゃったし、応援してくれる皆さんにも申し訳ない。だから決めました。
あきらめる。とりあえずいつたん
こう書いて、急に泣きたくなってきたけれど、気を立たせようとしてもダメなんです。この先、何があってもまた同じ展開になるんだと思うと、前に進む勇気が湧いてきません。この連載が始まってから、影ながら応援してくれていた人がいます。私の母です。毎月送られてくる裏モノのエッチなページに眉をひそめながら、それでも私のぺージだけは笑いながら読んでくれていた母親。こんな弱気なセリフを聞いたら悲しむかな。「ねえ、ママ。私、結婚あきらめようと思うんだ」「あら、どうしたの?」
「ちよつと恋愛する勇気が出なくて」「そうね、少しお休みするのもいいわね。でもあの連載なくなっちやうのさみしいね」
少しお休みか。そうだ、お休みだって考えよう。あきらめるんじやなくて。だいぶんラクになった。ありがとうママ。キッチンの椅子に座って、母がロを開きました。
「ママとお父さんはお見合いだったのよ」
「知ってるよ。何でお父さんと結婚することにしたの? 一目ぼれ?」
「まさか〜!」母が大口を開けて笑います。
「一目ぼれどころか、全然タイプじやなかったわよ」四国から上京した母は当時
都内の会社で働いていました。そこにある日、祖母から帰省するよぅ連絡があって戻ったところ、いきなり父とのお見合いがセッティングされていたといぅのです。遠い目をして母は続けます。
「23 才のころだったかなあ。そのときお付き合いしてる人もいたし、すぐ断って東京に帰ったの。交際してる男性のこと、おばあちゃんに言ってなかったから、すごく怒られてね」
驚きました。父とのお見合いを蹴っただけでなく、ちゃっかり彼氏までいたなんて。やるじゃん。私と顔そっくりなのに。それにしてもあっさり母にフうれた父は、その後、どうして結贈にこぎ着けたんだろう。まさかその後、2人にドラマのような再会劇があったとか?
「ないない。お父さんがね、東京まで追っかけてきたの」
「うそ」
「ホントよ・上京してすぐに仕事を見つけて、毎日のように職場に会いに来たんだから。あのときは本当に困ったわ」
きっと明るくてキュートな私を忘れられなかったのよ、と得意気に言う母。ちょっと信じられない。あのお堅い父親がそんなアツい行動にでるなんて。
「それでも、毎日お父さんと顔を合わせるうちに、だんだん優しい人だなあ、マジメな人だなあって思うようになって。この人と結婚したら幸せになれるかもって」
「ふんふん、それで?」
「彼とは別れて、お父さんのプロポーズを受けることにしたの」
お見合いという言葉の持つイメージから、もしかして母は好きじゃない人とイヤイヤ結婚したのでは、とずっと思っていた。でもちゃんと好きだったんだ。そして私が生まれたんだ。今まで若いころの恋愛話なんてしたことのなかった母が、懐かしそぅな顔でしゃべっている。きっと私のために。でもそれは自分にできたんだからアナタにだってできる、という意味じゃなくて、なんて言ったらいいんだろぅ、すべてがまっすぐキレイに進むんじゃなくて女なんだからいろいろあるわよ、みたいな感じかな。
「いろいろあったんだね」
「そぅよ。いろいろあるのよ。美加にだってあったでしょ。これからもあるわよ」
女ともだちや担当編集さんの励ましはどこか空虚に閒こえるのに、母のことばはなぜか心にストンと落ちます。でもなぁ、なんで私と同じ顔した人がそんなにモテたのよ。不思議、不思議、不思議すぎるって。
「美加はね、愛嬌がなさ過ぎなの。かわいげのある女には、自然と男も寄ってくるの。見た目なんか二の次なんだから」
愛嬌か…。たしかに私は初対面の人から「愛想がない」とか「怒ってるの?」なんてことをよく言われます。人見知りな性格によるもので、自分では治しようがないとあきらめていました。でもこの人のDNAを受け継いでるんだから、なんとかなるのかも。そして私を形作ったもう1人、父のようになりふり構わず、好きなら本気で向かっていく姿勢も、いつか芽生えてきますように。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

タグ