★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
201506074_20200815120221279.jpg201506075_20200815120223453.jpg0059_2018090409300703d_20190814185559576_202008151204119b9.jpg0058_20180904093006472_20190814185558bc4.jpg0064_20180905090817746_201908141856074de.jpg0065_20180905090810a87_20190814185608c3f.jpg0060_201809050908119ed_201908141856014c6_20200815120634ae6.jpg0061_20180905090813e39_20190814185602491_20200815120635066.jpg0062_201809050908141d0_2019081418560449f_202008151206365b1.jpg0063_20180905090816852_20190814185605989_20200815120638705.jpg1、毎年、若者が1万5千人くらい集まり、夕方のスタートから、終了時間の翌朝6時までブッ通しで盛り上がる—。なんて音楽雑誌とかには書かれてますけど、ウソです。早朝はくたばってしまう女の子が多く、開場わきの通路で寝てます。まんがのような感じで、パンツ丸出しとかなって。
毎週水曜日の夜、横浜みなとみらいエリアで行われているこのジョギングイベント、初心者コース(参加費2300円)は、参加者のほとんどが女性だ。1時間で約5キロを走るという、ゆっくりペースだからだろう。先日私が参加した日は、参加者11人のうち、9人が女性だった。いざ走り始めると、メタボ体型の私はすぐに息が上がった。しかし、みんなに遅れまいと、必死に腕を振る。自然、隣にいた女性と会話が生まれた。
「ふぃー、疲れますね」
「そうですね」
「 僕、初めてなんですよ。ちょっとお腹をへっこめようと思って」
「 ははっ。そんなに目立ってないですよ。大丈夫ですよ」
急に元気が出た。足もグングン動き出す。何やかんや喋りっぱなしで、1時間半。心から気持ちのい
い汗を流した。その後、彼女を飲みに誘うまでは行かなかったが、「また一緒に参加しましょう」と、メアドは聞き出せた。近々、また走りに行くつもりだ。
2、毎月何回かライブ演奏も行われている100人は入りそうな大箱のライブバーで、渋めのオッサンバンドの時も若手バンドの時も客は比較的若い子ばかりです。店内は薄暗いシブイ雰囲気の内装で、ダーツがあったり料理が美味かったりと普通にいいバーだなって雰囲気ですが、何よりいつもゆったりした動きの名物店長さんのノリが良く、頻繁にバーベキューやら納涼祭やらと銘打ったライブイベントを立ち上げて客同士の横の繋がりを拡げようと頑張ってくれてます。この頻繁に開催されるライブイベントがこの店の狙い目です。イベントの日は「友達の友達」という希薄な関係同士の女性客が多く、ライブ演奏が終わるころにはみんないい感じに酒が回っている。そこにマメに客同士を紹介してくれる店長はじめスタッフの援護射撃が入るので、いつも一見客と常連客が入り交じっての仲良しパーティ状態になります。1人だろうがグループだろうが男同士で行けば女性グループをユルイ感じで紹介してもらって一緒に飲める。そんなわけで俺もここの常連になってしまったんですけど。
3、みなさんは、『シングルズバー』というジャンルの店に行ったことはないでしょうか?気になる異性の客をスタッフに伝えれば、一緒に飲めるようにセッティングしてくれるバーです。行ったことがない方なら、さぞや面白そうだと思われるかもしれませんが、そこは店によります。たとえば首都圏の有名店、六本木「GREEN」や横浜「M」なんかは、金持ち男目当ての若い美人ばかりで、一筋縄ではいきません。が、この横浜「エスカルゼ」はオススメです。どういうわけか客層がアラフォー女とアラフィフ男メインなので、私みたいな50過ぎのオッサンでもちゃんと勝負できるのです。実際、即日お持ち帰りを決めたこともありますし。どうですかみなさん、行ってみたくなりまし
たか? とりあえず私は、今週末も足を運ぶつもりです。 
4、カップル成立数は一目瞭然!カレー屋のおばちゃんが客同士の縁を取り持ってくれる
店の前にハーブの植木鉢が並ぶおしゃれなカレー屋です。一見カフェみたいなので女性客でも一人で入りやすく、実際にそこらのカフェ並に若い女の子が来ます。すべては外の小さなトビラにまつわる評判のおかげです。モノを出し入れするために付けられているこのトビラ、誰が言い始めたのかはわかりませんが、カレーを食べて店を出るときにくぐると、願い事がかなうと言われてるのです。占い好きの女性を中心にクチコミで噂は広がり、一部では東大寺の柱の穴レベルの力を秘めてるとも噂されてます。そんな状況にある上に、店主のおばちゃんはここ数年、出会いを求める女性客が来ると真剣に相談に乗ってあげ、居合わせた男性客と会話をつないで仲良くさせようとします。恋のキューピットとしてのおばちゃんの力は、壁に貼られたカップルたちのポラロイド写真をみれば一目瞭然でしょう。
5、オトコ漁りする中年女性がわんさか
ここ数年、巷の中年男女の間でディスコブームが再燃しているのをご存じか。JR横浜駅西口から徒歩10分。東急ハンズ裏側にあるディスコ「L」でも、バブル世代を中心に毎晩のごとく盛り上がっているのだが、実はここ、セックス目的でやってくる女性客が多い。そもそもディスコとは男女の出会いの場である。ナンパしたり、口説かれたりするのが当たり前の場所である。若かりしころさんざんディスコで遊びまくった40代熟女が、昔を懐かしみハメを外しにきたところで不思議はない。狙い目は、彼女たちに人気の高い、70年代ソウルディスコのイベントだ(毎月第2火曜日)。ヒマそうに踊る女性グループを見つけたら、ワインボトルの1本でもおごってやろう。これだけで簡単に食いついてくる。その後の展開は腕次第だが、相手は青臭い小娘とは違い、遊ぶ気マンマンの熟女。さほどの苦労はないハズだ。健闘を祈る。
6、夜はカップル昼はAV撮影。ノゾキ材料には事欠かぬ
山下公園は横浜を代表する観光スポットだ。だだっ広い敷地には、赤い靴はいてた女の子像があったり、木陰があったり。何やかんや散策ができるため、老若男女がいろんな目的で訪れる。注目すべきは、公園の西端「世界の広場」。死角がいっぱいあるため、深夜はあっちもこっちもカップルだらけ。ハデにいちゃつく連中も多く、俺はいつもこっそりのぞきまくってやる。この広場、日中も要チェックだ。平日の昼間は、入り口の階段下を塞ぐようにホームレスが溜まっているせいか、世界の広場はガラガラ。人気が無いのいいことに、AVメーカーが撮影をまれに行っている。撮影は、プレイに入る前のインタビューシーンと、ローターやフェラ程度が大半だが、真昼の公園で堂々と繰り広げられるエロスは、夜のノゾキとはまた違った興奮がある。
7、湘南海岸沿いにあるデニーズです。並びに何軒かファミレスはありますが、やはりネームバリューでしょう、海水浴客が一番多く来てます。店内で女性客たちの様子を眺めて下さい。海から上がったばかりでまだカラダが湿っており、肌に洋服がくっつくのか、Tシャツやスカートを手で持ってヒラヒラさせている連中が10人以上はいるでしょう。そのうち2人くらいは、スカートの中を、メニューとかでパタパタと扇いでいるはずです。あそこがムレるわクロッチがかゆくなっちゃうってな感じで。
8、断食して痩せるなんて、体のことを考えればかなり危険なダイエットなんだけど、とにかく痩せたい一心で若い女性たちが集まっています。僕が参加したのは夏なんだけど、女子もたくさんいましたね。寝る場所こそ違うけど、男女一緒に居間でくつろいだり、健康ランドに行ったり、滝行で水遊びしたりと、きわめて自由度の高い毎日を送ることになります。飲み食いできないだけに、学生の合宿のような盛り上がりにはどうしても欠けるわけですが、自然と親しくなっちゃいます。
断食に挑むなんてずいぶん精神力の強い女性たちだと思いがちですが、一歩踏み込んで考えればわかるように、手段を選ばず痩せたがるなんて、どこか心に危うさ、モロさを持ってる証拠ですから隙はある。僕がいたときは、悩み相談のため、寝室にのこのこやってきた子もいましたし。
9、横浜の福富町は外人ホステスの飲み屋が多い。だから深夜から朝方にかけて、仕事上がりのネーちゃんたちで界隈のバーやディスコが賑わう。このディスコもその一つだ。イラン人の兄弟が2人でやってる店なのだが、客の6割は外人ホステスで、フィリピン、イラン、ロシア、ルーマニアなど、いろんな国の方が集まってくる。酔っぱらった彼女たち、さすがはあっちの人だけあり、テンションが高い。オシリをふりふり踊りまくっている。フツーに魅力的な状況だろう。とはいえ、ここまでなら他でもありがちだ。が●ジャヴはちと違う。どのホステスにアタックしたらいいのかを、簡単に見分けることができる。どういうことか。店主のイラン人兄弟が(たぶん自分たちがヤったから言えるのだろう)どのオンナがセックスできるか教えてくれるのだ。聞き方はシンプルだ。カウンターに座って、兄弟に「どの子に声をかけたらいいですかね」と聞けばいい。オレの経験上、背が低くてメガネをかけた、弟のほうがフランクな印象だ。「あの女、3Pでも4Pでもできるよ」なんて情報を教えてくれたこともあった。そして実際にヤレた。オレの場合、ホステスに声をかけるときは、まずメシに誘う。朝方で腹が減ってる女を近所の安酒屋で口説き、ラブホへ。これがパターンだ。参考にしてほしい。
10、良きマイホームパパである私は、春になると家族とこの海岸に潮干狩りにやってきます(無料)。アサリを取りながら、若奥様の胸チラが楽しめるんですよね。こちらは品川駅から京浜急行に乗って約45分、新宿からも約1時間10分の場所。都心からのアクセスがいいため、多くの家族づれが集まるのです。潮干狩りの料金が無料ということもあり、行楽にあまりお金をかけられない若夫婦にも重宝されてます。自然と奥さま方の年齢層も下がってくるのです。ムネチラの見方はクドクド申しません。周りに目をやれば、いくらでもお宝に遭遇することでしょう。
11、水着ギャルがノリノリで踊る海の家のダンススペース神奈川・藤沢 海の家KULA
ダンススペース併設の海の家だ。音響や照明、ミラーボールなんかを構えたちょっとした小屋で、なかなかイカしている。なんせ水着で入場できるし。現場の光景は、漫画のような感じだ。ビキニのねぇちゃんたちがノリノリでダンシング。おっぱいやおしりが他人に当たるのも気にせず踊りまくっている。マジで行くしかないっすよ。
12、神奈川県のほぼ中央を南北に走る相模川。その上流にかかる高田橋周辺の河川敷は知る人ぞ知る、カーセックスのメッカです。週末の夜になると、地元相模原市はもちろん、東は東京町田市から、北は同じく東京八王子市からぞくぞくとカップルを乗せた車が集まり、上下に揺れ出します。その様子を覗きに行くだけでも十分楽しいのですが、高田橋がスゴイのは、カーセックスだけじゃ物足りず、露出までやっちゃうカップルがいることでしょう。ワザと車のドアを開けっ放しにし、獣のような喘ぎ声を立てる40代の中年男女。車のボンネットに若い女を寝かせ、そのままの状態でハメ始めるスキンヘッドの怖そうな男性。もっとも最近見かけた30代半ばのカップルなどは、ヘッドライトの明かりの下、レジャーシートを敷いて合体してました。その間、他のカップルたちが食い入るように見守っていたのは言うまでもありません。今年もそろそろハイシーズンが始まります。みなさん、他のカップルの邪魔にならぬよう、マナーを守ってノゾキましょうね。
13、スパ「Y」には男女別で入浴する内風呂や露天風呂の他に、カップルや家族が一緒に楽しめる水着ゾーンが併設されている。広大な野外の敷地に、20種類近くの露天風呂が点在する、一種のアミューズメントパークのようになっているのだが、実はそこで、ちょくちょく〝けしからん〟ことが起きとるわけで。とにかく死角の多い場所だけに、発情カップルがあっちでもこっちでもいちゃこいているのだ。なかでも「トルコ風ハマム(イスラム式の風呂)」と「ふしぎな洞窟」は、破廉恥なことこの上ない。両者とも、周囲が完全に壁で覆われているため、フェラや手マンなど、ハードなプレイを強行する連中が後を絶たないのだ。そこへUボートのように接近し、こっそりと覗く楽しみ。一度見たらマジで癖になります。
横浜・桜木町は屈指のデートスポットだがデートで絶対に行ってはいけない店
横浜・桜木町と言えば首都圏屈指のデートスポットであります。海の見える夜景スポットや中華街での食べ歩き、どこを歩いても絵になる横浜の風景はまさにデートコースとして最適です。 
しかしそんな横浜・桜木町にも
「デートで絶対に行ってはいけない店」が存在するとの怪情報が巷で流れており、紳士淑女の読者諸氏がいざという横浜デートの際に失敗しないようにと、この度チェックしに行ってきました。 
桜木町駅からほど近くのこの界隈はかなりの飲み屋が軒を連ねており、まして滅多に訪れない土地ということもあり、該当の店が見つけられるか心配だったのですが、ふらふらと探索していると50メートル先からでも一軒だけ浮いているのが確認できました。一軒だけ空気を読めてないのがわかりました。
外装はまっ黄色で店の周りに看板がいくつも貼り付けられています。その看板には「チンチン麺」「チョメチョメ麺」「ボーボー麺」などの文字が太い筆字で記されていました。また裏モノJAPANの誤植かと思われたかもしれませんが、そこに並んでいた文字は間違いなく、「チンチン」「チョメチョメ」「ボーボー」でありました。一つだけなら偶然かと思いますが、この3つが同時に揃ってしまっては万事休す。この法治国家で
は通用しません。完全に下ネタに走ってしまっているようです。
「食事中にシモの話は駄目」と厳しい両親に教わって育てられてきましたが、食事のメニューの名前自体がシモだった時の対処法は教わっていなかったのでどうしていいか分からず店の前でおろおろと立ち止まっていると、ビニールで覆われた中から店員がこちらに気づいたようで「いらっしゃい!」と威勢の良い女の声がしたので怖くなって一旦そこを足早に立ち去りました。
近所のミニストップで缶ビールを買い一気に飲み干し、気分を高揚させてから再度店に向かうと、先ほどの女店員が店の前まで出てきており、バッチリと目が合って、そのまま目を逸らすことなく入店する運びとなりました。
店内は2人がけのテーブル4つ、カウンターには8人ほど座れるスペースがあり、10人ほどの客がいました。カウンターに座ろうとすると「ビールと餃子?」と女店員に訊かれたので「とりあえずビール」と言うと「ビールと餃子ね」
「餃子いっとこう」
「餃子おいしいから」とやたら餃子を押してきたので結局餃子を注文することになりました。店内には若かりし頃の浅丘ルリ子が来店した際の写真が何枚か飾ってあり、天井のほうには何故か毛沢東語録が記され、さらに「チンチン麺と餃子を食べて変化のない方は健康診断をお勧めします」とか「男性はビール呑み放題、但し、会計は呑んだ分だけ頂きます」などリアクションに困ることが記されていました。
厨房から餃子が届けられたので早速食べてみたのですが、なぜ女店員があそこまで強気で押してきたのかてんで理解できませんでした。そのあとお口直しに手羽先を注文し、ビールでチビチビやり、いよいよ締めのラーメンを注文するときがやってきました。 
上記のラーメン、それぞれの説明を読むとチンチン麺は「楊貴妃も腰を抜かすギャルのアイドル」チョメチョメ麺は「ジンギスハーンもいきり立つ、ぼくちゃんのアイル」、ボーボー麺に至っては「男のロマン」としか記されておらず、どれも何の説明力も持っておらず、しょうがないので間を取ってチョメチョメ麺を注文することにしました。
女店員に「この、チョメチョメって言うんですか、これお願いします」と周りに聞かれないように小声で注文したのですが「え?なんです?餃子ですか?」と何度か聞き返されてしまい、ようやく注文できたと思ったら「はい!カウンターお客さん!チョメチョメ一丁!」と店内中に響き渡るほど声高に叫ばれてしまいました。
10分ほど経ち真っ赤なお椀に入ったチョメチョメ麺が運ばれてきました。ワカメと卵が入っており麺は細からず太からず普通の中華麺。スープの味もやや薄く酒のあとにはピッタリかもしれません。しかし如何せん麺の量が異常に多く、残さず完食できるか心配になってきました。
ちょうどその時でした。入口のドアが勢いよく開き若い女の客が一人で入ってきて自分の隣に着席しました。こんな店に女一人で入ってくるなんて…と自分が店前で躊躇していたのが恥ずかしくなりましたが、さらに驚いたことにそのあと女は間髪入れず何のためらいもなく「チンチン一つ」と注文したのです。「チンチン一つ」です。綾瀬はるかならば一生言わない言葉をこの女は周りを気にせず堂々と言ってのけたのです。只者
ではありません。
一体全体ニッポンの道徳やモラルはどうなってるんだと肩をワナワナと震わせているうちにチンチン麺が女に届けられ、女は一心不乱にその麺をすすり始めました。隣ではチョメチョメ麺を食する自分。そこで突然天啓が閃き「これは声を掛ければ間違いなくヤ
レるのではないか」と根拠もなく思いました。チョメチョメの横でチンチン、間違いなくOKサインではないでしょうか。 
なので女がラーメンのスープを底まで飲み干したタイミングで「よく来られるんですか」と勇気を出して声をかけてみました。女はこちらを見て目を丸くして、首をひねり、何やら広東語らしき言語でペラペラと話し始めました。そこで初めて女が「チンチン一つ」と躊躇わずに言ったことに合点がいきつつも、もはやあとには引けず、スマホのアプリを検索して広東語をどうにか話そうとしましたが時すでに遅し。女はこちらを怪訝な顔でチラチラ見ながら会計を済ませてそそくさと店をあとにしました。一人残された自分はチョメチョメ麺と何故かもう一人前運ばれてきた餃子を涙をためながら食しました。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内