★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0136_2020031911183017b.jpg0137_20200319111828334.jpg
117_20200401211938f22.jpg118_20200401211940288.jpg119_202004012119417ce.jpg120_2020040121295829d.jpg121_2020040121194427f.jpg
138_20200403143743fc2.jpg139_202004031437429b4.jpg
高校時代の同窓会で10年ぶりに元カノと再会した。思い出話に花が咲き、気がつけばそのままホテルへ。その後も、毎週のよぅに会ぅようになった。改めてつきあってみると、なんで彼女と別れたのか不思議に思うほど気も体も合う。二度と手放したくないと思ったが、そう簡単にはいかない。彼女は結婚していたのだ。5才年上の旦那は一流企業に勤めるサラリーマンで、幼娘が一人。幸せを絵に描いたような家族である。彼女は「決して遊びじゃない。もっと早く再会したかった」と言うものの、オレとやり直そうと迫れば、離婚はできないと泣くばかりだ。どうすりゃいいんだ。苦しい胸の内を友人に明かすこともできず、以前から付けていたブログにぶちまけた。
<オレにとって彼女は唯一の人なのに、彼女にとっては単なる気晴らし相手か?>
別に誰かに読んでほしいと思ったわけでもないが、書き続けるうち、コメントが付くようになった。
たいていは早く別れた方がいいですよというアドバイスだったが、カスミと名乗る女性は違った。
<柳本さんは純粋な方なんですね。その気持ち、彼女に届くといいですね>
<〇〇動物園へ行ったって書いてありましたがXX市にお住まいなんですか?私もそうです。よかったらメ—ルください>
同情しつつもオレに興味を持ったらしい。言われるままメ—ルを送信すると、戻ってきたメ—ルには、< 彼女を一途に思う気持ちにキュンときた> と書いてある。< 私でよかったらお話聞きます> とも。そこまで言われ断る理由はない。週末の夜、実際に会うことになった。カスミは仲間由紀恵を少し太めにした感じの26才だった。何でも前にいた会社で自身も不倫経験があるらしい。話は盛り上がり、自然と居酒屋の個室でキス。そのままホテルに流れた。会う前は下心など微塵もなかっただけに思いもよらぬ展開である。この状況、結果的には出会い系で会うのと変わりはないが、ブログを介することで女性側に大義名分が成り立つらしい。しかも、ブログの内容でオレの人柄がわかった気に
なるし、悲恋の主人公=いい人という単純な思いこみも生じたようだ。オレは目覚め、元カノへの思いは卜ーンダウンした。彼女もカスミと同様、昔の彼氏と盛り上がり、ちょっとした気分転換を図っただけのこと。つまり女は、日常にない悲話に滅法弱いのだ。そこで今度は意図的に女性が同情しそうな可哀想ブログの第二弾を開設することにした。設定は、小娘を持つシングルファザーである。
家庭を顧みずに働くうち、カミさんに逃げられ、娘と向き合いながら獅子奮闘する父親。人気を博した草頻剛のドラマそのままだが、成長していく娘の体へのとまどい、下着や洋服を買う際のバツの悪さなど、書こうと思えばいくらでも材料はある。ミソは、健気な中にも下ネ夕を織り交ぜることだ。
<娘の成長が唯一の支えだが、このまま一人で歳を取っていくのかと寂しさもある。特に元気のいい朝は>これがあるとないでは、会ってからの展開がまるで違う。地味にブログを書きつづり、ようやく一人の女性をゲットした。< 私も同じ状況なので、情報交換しませんか> という29才のシングルマザー。ただ、ここまでたどり着くまでに2力月は、あまりに効率が悪すぎる。可哀想系でも、もっと食いつぎのいいテ—マはないか。主なプロバイダのランキングを調べてみると、こぞってアクセス数を稼いでるサイトがあった。難病モノだ。病気を装うとはあまりに不謹慎。わかっていながら、設定を考え始めた。会社の健康診断で異常が出て、精密検査を受けたら癌と診断された。ごく初期で、手術して切ってしまえば完治の可能性も高い。ただ、発生から5年で生存率5割が癌患者の実態もある。結婚話の出ていた。打ち明けたら、なんとなくよそよそしくなり、自分から別れを告げた。1 人で病と闘ぅのはツライ——。ネットで調べた治療法やクスリの名前を散りばめ、雰囲気だけイケメンに見える写真を貼った。さらにそれっぽいセリフをパクり半月ほど地道にブログを書き進める。果たして、予想を超えるコメントが付いた。が、どれも心配や励ましばかり。このまま可哀想キャラを演じていたら、たとえ会えてもシンキ臭くなるだけだろう。そこで、ひとひねり。
<心から愛してると言える人に出会いたかった>
<いまならいるだけで2人出会えたことの奇跡をかみしめられるのに>恋愛モ—ド全開で、さりげなく金持ちをアピ—ルをしたところ、さらに食いつきが良くなった。<支えになりたい><看護士です> 等々、そのほとんどがメルアド入りだ。こうして、オレは半年で10人を喰った。口説きまくり、飽きたら「放射線治療で入院するんだ。やつれた姿は見せたくないから、退院したら連絡するね」とバイバイ。まったくもって酷い話だ。
口説きたい女に限ってどうして二人っきりでなくて「みんなで行きましょう」とレスが返ってくるのか
学生時代の後輩クンが3対3の飲み会を開いてくれた。大企業に勤める彼は顔が広く、知り合い女性を3人集めてくれたのだ。
後輩とはいえ、そいつももう30代後半。どうせトウの立ったオバちゃんばかりが来るんだろうと、さほど期待もせず出向いたところ、そこにとんでもない美女が1人いた。アヤパン似の32才、名前は仮にアヤとしておこう。
丸顔のOLで、ときおり言葉を発する以外はほとんどしゃべらない物静かな女性だ。めちゃくちゃタイプだ!前回の反省会をふまえ、飲み会ではできるだけ神経質な一面を見せないようにふるまい、失礼な発言をしないよう口数を減らすことにした。女性陣の目には紳士的な男として映ったことだろう。
飲み会はさらっと終了し、全員でラインを交換して、翌日すぐにアヤパン攻撃だ。
〈赤澤です。今度飲みに行きませんか?〉
返事は翌日に来た。
〈はーい。またみんなで飲みましょう!〉
この返事はどう解釈すればいいのか?
オレは2人きりで飲むつもりだったのに。
ここでヘタに動いてはチャンスを逃すことにもなりかねない。担当サトウ氏に電話で相談しよう。         
●オレ
○サトウ氏
●これってどうなんでしょうかね?
○そりゃ、もうあかんわ。
●なんでですか?
○みんなで、って言ってきてるんやろ?2人はイヤってことやん。
●イヤとは書いてませんけど。
○書いてなくてもそういう意味やねん。あきらめろ。 
わずか一通のラインで美女をあきらめろと言うのか。この人は頭がオカシイんじゃないのか。 でもしかし、「みんなで」と書いてあるのを無視するわけにもいかないので、しばらく時間を置いてから何食わぬテイでまたデートに誘うとしよう。
3日後、ラインを送った。
〈こんにちは。おいしいパスタの店を見つけたので、食べに行きませんか?〉 
返事は翌日だ。
〈いいですね〜。みんなの予定が合えばぜひ行きましょう!〉
2度も「みんな返し」されるってことは、やはりサトウ氏の言うとおりなのか。もう一度相談だ。
●またみんなで行きましょうって言われましたよ。
○パスタをみんなで食うわけないやろ。断られたってことや。
●いや、でもいきなり2人は怖がってるのかもしれませんよね。
○イマドキそんな32才おるわけないやろ。往生際が悪いねん。あきらめろ。
この人は、正しいことを言ってるのかもしれないが、その言い方がいちいちシャクに触るのでこっちも反発したくなる。やはり汚れまくってる編集者には、アヤパンの純粋さは理解できないのかもしれない。 
彼女は、最初はグループで仲良くしてから徐々に恋愛に発展したがってるんだろうと理解し、またしばらく経ってからラインしてみた。
〈どうも。今度2人で食事でもどうですか?〉
あえて「2人で」のワードを入れて反応を待つ。すると、
〈またみんなで飲みましょう〉 
また「みんな」か!
バカの一つ覚えみたいに、みんなみんな連呼しやがって。
〈みんなは嫌なので、2人で飲みたいんですよ〉 
対する返事は、「うーん…」という顔をした動物のスタンプだった。さらに数日置いて、またライン攻撃だ。ここで怖気づいては、もう人生でアヤパンと結婚するチャンスなど二度とない。
〈赤澤です。今度一緒に飲みに行きませんか?〉
どうだ、そろそろ根負けするだろう。それともまた「みんなで」返しか?
返事は2日後に来た。
〈いい出会いがあったのでゴメンナサイ〉
ガーーーーン! いつ出会ってるんだよ!
このショックは大きい。オレより後に出会った男が、あっさり彼女を持って行ってしまったわけだ。あんなに「みんなで」を連発していたアヤパンが、その男には簡単になびいたなんて。 
この落ち込みを聞いてくれるのはサトウ氏しかいない。
●ショックですよ。
○完全敗北やな。
●ま、これで吹っ切れましたけど。
○てか、たぶんいい出会いなんかなかったと思うで。
●え?
○お前がしつこいから、あきらめさせるためにウソついてるんやろな。
●え、なんでそんなことするんですか。
○しつこいからやん。ま、ウソじゃないとしたら、今ごろその男に抱かれてるってことやな。ピンクローターぐらい使ってるかもな。
アヤパンの股間にローターが押し付けられてるシーンを想像して、思わずスマホを叩きつけそうになった。
「みんなで」としか言われなかった男と、早々とローターをクリトリスにあてがう男。この差は何なんだ。 いや、やはり「いい出会い」なんてのはオレを遠ざけるための作り話なのだと思っておこう。それはそれでショックだけど、ローター男の幻影に悩まされるよりはマシだ。 
渋谷の某所を歩いていたとき、とあるバーの前を通りかかった。カウンターに男どもが群がるように座っている。
ひょいと中を覗いてみたら、美女バーテンダーが1人で切り盛りしていた。なるほど、こりゃ男が集まるわけだ。
アヤパン無きいま、次の赤澤ノートに記す名前はこのバーテンダーしかいない。迷わず入店した。間近で見るバーテンダーは北川景子にそっくりで、客の男たちが彼女目当てなのは明らかだった。どいつもこいつも若くて、今風のカッコをし、自信ありげでイヤミな野郎ばかりだ。 
ビールを一杯飲み終えるころには、もはや勝ち目なしとあきらめた。こんな連中を差し置いてオレが北川景子をモノにできるわけがない。
「どうしたんですか?沈んでますね?」 
景子がカウンター越しに話しかけてくれた。
「いや、彼女が欲しいんですけど、なかなか上手くいかなくて」 
自信家だらけの店内で、あえての逆張りで同情を誘う作戦に出てみた。 
冗談めかして彼女が言う。
「それならお金持ちになるといいですよ」
「あー、そんなもんですかね」
「私の知り合いでブサイクな男の人がいるんですけど、起業してお金持ちになったら、すごい可愛い彼女ができたんですよ」
「……」
「だからお金持ちになるといいですよ」
そう言って笑う彼女だが、これってどういう意味だ?
客のオレをブサイクと定義づけてないか?こんな無礼なバーテンがいてもいいのか!美人なだけで失礼千万な女と、それに群がるスケベども。こんな店、二度と来てやるもんか。
実に興味深い実験が行われていた。ごく平均的なルックスの青年が、フジテレビ社内ですれ違った女性たちに「一目ぼれしました」と片っ端から声をかけ、いったい何人が誘いに応じてくれるかというものだ。裏方さんから女子アナまで総勢50人に声をかけた結果、メアドを教えてくれたのは6人。なかなかの打率と言っていい。また連絡先交換を拒んだ女性もまんざらではない表情をしていた。一目ぼれされるのはやっぱりうれしいものなのだ。この結果は、実験をした青年がそこそこ爽やかな上胸からADの社員証をブラ下げており怪しまれにくかったおかげでもあるだろう。しかしこれ、もし彼女らが仕事中じゃなければ、より成果は上がっていたのではないだろうか。浮ついても構わない場所、たとえば街頭で一目ぼれされたなら、もっと素直に喜び、流れでお茶やカラオケに向かってもおかしくなかろう。
単なるナンパではなく「一目ぼれしました」。番組を見て俺は確信した。この言葉には、女をときめかせる魔力がある
新宿の路上で美女に声をかけまくるのだ。ナンパの定番「何してるの?」「どこ行くの?」は封印
「一目ぼれしました」で押す。やましい気持ちはなく、本気でときめいたから声をかけたというスタンスだ。「すみません」20代清楚系が通り過ぎようとしたところをすかさず追いかける。
「あの、たったいま一目ぼれしたんですよ。それで…」こちらに目もくれず、足早に去っていく彼女。ナンパで返ってくる反応と同じだ。一目ぼれされてもうれしくないのか。2人目大学生風のミニス力。後ろから肩を叩く。
「あの、今、一目ぼれしたんだけど」「…」「ホントに、一目見て惚れたのょ」「…」
またもや無視だ。何なんだ、トリビアではみんな立ち止まつてはいたのに。3人目4人目と、無視ラッ
シュが続き、早くも結論が出そぅである。全然効果ないじゃん。ここらで一休みしようとビルの店内図で喫茶店を探したところ、これが実にややこしい。思わず隣に立つ女性に尋ねた。
「ここってA館、B館どっちですか?」「えっとA館ですね」
ふと見れば、ずいぶんカワイイではないか。休憩は後回しにして、実験継続だ。
「ちょっと待って。あの、いま俺、一目ぼれしたみたい」「はぃ?」
「君を見て、一目ぼれしちゃった」「はあありがとうございます」そう返す表情には笑みが。これこれ、この反応がほしかったのよ。「もし時間あれば、一緒にお茶でもどうかな」
「いえ時間ないんで…」「じやあアドレスだけでも」
アドレスゲットのみにとどまったが、この出来事には大いなるヒントが隠されていた。歩いているところにいきなり声をかけると、一目ぼれであれ何であれ、ナンパと同じ扱いを受けてしまう。しかし、あらかじめ別件で言葉を交わしておけば'不自然さは消えるのではないか。新方針が決まった。まずは道を尋ねる。その後ですかさず追いかけ、「さっき一目ぼれしてしまった」と告る。流れとしてこれはアリだろう。純情そうな演技を交えたところ、彼女は番組で見た女性たちと同じような、照れくさそうな表情をする。「えっ?」「一目ぼれしたんですよ」「何ですか、それえ」
口元が緩んでいるではないか。ふふ、やっぱり悪い気分はしないんですな。どうもありがとうございますと去られてはしまったが、方向性は正しいはず。なによりちゃんと立ち止まって耳を傾け笑顔を見せてくれるなんて、格段の進歩だ。
妻はチャットでどんな会話をしているのか
遠隔操作で彼女のパソコンをあさりたい
ハメ撮り趣味の男のパソコンから秘蔵の写真を見つけ出したい
こちらもナンパ、居酒屋の前の連絡先の交換のケータイ番号タレ流しに耳を傾ける

例えば、ふらっと入った居酒屋で、こんな会話が聞こえてきたことはないだろうか。「ねえ、2次会のカラオケ行こーぜ。××ちゃん行くって言ってるよ」

「アタシ、明日ー限あるから帰らなきゃならないんだ」

「マジィじゃあ今度遊ぽうよ。ケータイ教えて」

「090ーXXXX-」

これが合コンしている大学生の男女の会話であることは何となく察しがつくはずだ。むろん、女のケータイ番号は、相手の男に向かってつげられたものである。そのとき、ややストーカー体質のある僕は男の背後で聞き耳を立てる。そして、決まってある錯覚に陥ってしまう。女は自分に聞こえるようにワザと番号を声に出してくれてるんじゃないか、と。この思いこみ・・いや妄想が、僕を夜の携帯ナンパ狩りに駆り立てる。

ちょうど飲み会のー次会がハネるあたり、つまり夜8時か9時ころ、僕は新宿や池袋、渋谷のチェーン系居酒屋が集まる界隈へと足を運ぶ。合コン軍団が店から出てくればチャンス到来。彼らは必ずといってもいいほど店を出てもすぐには解散せず、ウダウダとたむろしている。まさにそのとき、連絡先の交換という名目でケータイ番号がタレ流されるのだ。「090ーXXXX-・・」ここで耳をダンボにして、自分の携帯に素早くメモ。ついでに、ボイスメモ機能に日時や女の特徴や居酒屋の名前を入れておく。本人や友人の名前までわかれば申し分ない。春先によく見かける大規模なサークルの新歓コンパなどは特においしい。男女間だけではなく女同士でも口頭交換が行われているからだ。番号が明確に聞き取れなくても心配は無用。縁日の金魚すくいみたいなもんで、粘りさえすれば2つや3つはラクにゲットできる。では、手に入れたケータイ番号をどう使っか。ここがストーキングとナンパの分かれ道なんだろうが、僕は最近、前者から後者に転身した。へタに付け回して捕まるくらいなら、正面きって勝負を挑んだ方がよっぽどマシだ。

ただし焦りは禁物。一度ゲツトした番号はしばらく寝かせておくに限る。コールをかけるのは、記憶が暖昧になるー週間から10日後くらいころが妥当だろう。

「もしもし、覚えてる?オレだよ、タケシ。こないだ渋谷で一緒に飲んだじゃーん」この時点であやしがる女も中にはいるが、「知らない」と言って失礼な印象を与えるのがイヤなのか、かなりの確率で「あ、元気ィ?」なんて肯定的なリアクションが返ってくる。

そんなやり方でウマクいくもんかと思うかもしれない。が、考えてみてくれ。合コンという場自体がすでにナンパの一種なわけで、彼女らだって少なからず出会いを期待しているのだ。たとえ相手が見覚えのない男であっても「合コンで会った」は口実になってしまうのである。数打ちゃ当たる。これはウソじゃない。事実、つい先日までナンパという言葉も自分の辞書にはなかった僕ですら、打率4割弱というかなりの成績を残せているのだから。

エッチ系業種のアンケートを投げかけナンパ

タウン誌の路上アンケートを装って町で女の子に声をかけている。ターゲットは女子大生で、もちろんセックスが目当てだ。普通に路上ナンパするよりも、相手に足を止めてもらえやすいのは言うまでもないが、私の一番の狙いはそこではない。まあ聞いてくれ。アンケート作戦は、地元のタウン誌「dokiポケ」に付箋をつけ、それを相手に見せながら質問を投げていくという流れだ。

「この居酒屋に行きたいと思いますか?」「ネイルサロンの広告とかはよく見ますか?」
まずは適当な感想を聞き、そして頃合いを見計らってこんな質問をする。
「こういう出張ホストを使ってみたいと思ったことはありませんか?」地方のタウン誌というのは、飲食店と風俗店の情報が混在して載ってることが珍しくない。その中での質問なので、別に不自然な問いではないわけだ。さて、私のアンケート作戦の狙いはもうお察しの通りである。エッチ系業種のアンケートを投げかけ、相手がイケそうな女かどうかを見極めようという魂胆だ。
出張ホストにめちゃくちゃ興味があるという女はさすがにいないが、「ちょっと気になります」くらいの人間はたまにいる。10人に1人くらいか。脈アリの相手には、さらに突っ込んだ質問する。
「例えば、私のような男性は出張ホストのスタッフとしてアリだと思いますか?」
「どういうサービスを求められますか?」このあたりの質問まで相手がノリよく答えた場合、オーケー女と断定していいと私は考える。そこで肝心の話を切り出す。
「お小遣いあげるんで、試しに出張ホストをやらせてくれませんか?」最終的にはエンコーだが、この方法で、過去10人以上成功してきた。興味のある方はぜひどうぞ。

メルカリで丁寧に回答していたら恋人が
みなさんはフリマアプリのメルカリを利用したことがあるだろうか。不要になった商品の写真を撮って値段をつけて出品すれば、いつのまにか買い手が現れるという、目からウロコの世界がそこには広がっている。今回報告するのは、そこで起きた不思議な出来事だ。 その日、初めてメルカリに手
を出してみたのは、押し入れに放り込んであるウクレレを金に換えられないかと思ったからだ。
1万円で買ったので3千円くらいで売れれば御の字だ。さっそく3千円で出品し、反応を待つ。すると次から次へと質問が飛んできた。
『いつ購入されたものですか?』『弦は新しいですか?』『傷はないですか?』
この質問、そして回答は、掲示板形式になっていて、誰でも読むことができる。デタラメに答えると誰も買ってくれないだろうから、ひとつひとつ丁寧に答えておくことにした。
『パッと見た感じ、大きな傷はないですが、すごくキレイなわけでもありません。なにぶん押し入れに放り込んでいたものですから。一番目立つ傷の写真をアップしておきますね』
こんな感じだ。たかが3千円のウクレレなのに、なかなか売れるところまではいかず、代わりに質問だけはどんどんやってきた。俺の回答に対する『それはこういう意味でしょうか?』的な問い合わせ
まであり、対応するだけでてんてこまいだ。それでも丁寧語はくずさない。せっかくだから売れてくれるまで、この姿勢を続けておかないと。
出品から1週間ほどだろうか、いきなりウクレレが売れた。あるユーザーから『購入させていただきます』という一文が届いている。これまでさんざん質問してきた連中ではないので、あまり小うるさい人ではないのだろう。だが、もし後でクレームをつけられると困る。商品を発送するときに、手紙も添えておいた。『もし気に入らなければ返品していただいても結構です。また、困ったことなどがあればご連絡ください。090‐…』
数日後、商品は無事に届いたようで、取引は終了した。
『ウクレレを購入させてもらった伊藤です。このたびはありがとうございました』
こんなラインが届いたのは、取引が完了したその日だった。アイコン、そしてラインの名前からして女性なのは明らかだ。『いえいえ、こちらこそありがとうございました。特に問題ないですか?』
『はい、すごくいい音で喜んでいます。信用できる方だと思っていましたので安心して購入できました』信用できるとはどういう意味だろう。しばらく会話を続けてみたところ、どうやら彼女、過去にメルカリで不愉快な思いをしたことが何度かあったらしい。質問はいっさい受け付けませんだの、ノークレームでお願いしますだのと、高飛車な出品者がいるようなのだ。そんな中、質問に丁寧に答えている俺の姿に好感を覚え、安心して購入に踏み切ったんだそうな。
『また、弾き方とかも教えてくださいね』
だんだん関係が接近してきたような気がする。彼女は名古屋、こちらは東京。すぐ会いにいけるような距離ではないし、顔も年齢もわからないが、ライン友達として続けていくのも楽しいかも。その後、彼女の希望するようにウクレレの弾き方を教えたりするうち、今度会ってみませんかという流れになり、ついに東京で対面することに。
彼女は丸顔の24才だった。そして、あれよあれよと遠距離恋愛を始めましょうという話になったのだった。メルカリで丁寧に回答していただけで恋人ができるなんて、不思議なことがあるものだ。
ユンソナに似た、なかなかの美人である。なんてことは写真を見てのとおりだ。さっそく例の質問をぶつけてみよう。
「本番はなんでNGなの?」
「入れるのが、あんまり好きじゃないんですよ」
…好きじゃないってじゃセックスそのものがダメってことなんじやないの。
「っていうか、アソコが痛くなっちゃうんです」
何でも、オマンコにオチンチンが挿入されると膣内が敏感に反応、痛みが走るらしい。
「だから、セックスそのものが嫌い、というわけじゃないです、挿入されるのがイヤなんですよ」
「でも、アタシ自分で言うのもなんですけど、実際はかなりイキやすい体質なんですよ。もうクリさわられただけで…」
聞けば、普段から頻繁にオナ二ーなどもしており'そこでは必ず絶頂を迎えられるという。
「で具体的な希望はある?」
「全身を舌で舐められるのが長年の夢なんですよ。まさか彼氏にそんなこと言えませんし…」
長年の夢ってのは大げさだが、承知しました。その希望受け賜わりましょう。ラブホテルに入りコ—卜を脱がせると痩せ過ぎでもない、太り過ぎでもない24才の成熟した匂いがプンと鼻をついた。セ—夕—の上から察するにバストは82のCカップといったところか。果たして、肌の色は白く乳首も沈着していないベ—ジュ。実に清楚なOLとしての雰囲気が充分に伝わってくる。乳房にふれるとその弾力と張りがまた素晴らしい。下着の色がむらさきってのはオレ的に今ひとつだけどンストは、いかにもなまめかしい。
「なんか今日はこういう気分なんです」全身を舐めまわすといぅ作業は思った以上に時間がかかり、しかも困難な作業だ。重要なポィントは、股間(特にクリトリス) を一番最後に持ってくることだ。「ああ、アタシも舐めたい…」我慢しきれずにフェラチオのおねだりだ。さっそく、バスタブの上にまたがってもらい、カメラの前でオマンコをご開帳。普段は企業で真面目に働いているOLが、ラブホテルで初めて会った男に見られる。なんとも興奮するシチュエ—ションではないか。それにしても大胆だな〜。しかし、顔面から足のつま先まで全身くまなく舐めまわしてみても新たな性感帯は発見できない。結局回り廻ってクリトリスである。それにしても大きなクリだ。小指の先ほどはあるか。だからこそ、感じ方も激しいのだろうが…。
「ああああん、気持いい〜」
再びシックスナインの体勢にかわり、オマンコを舐める。小陰唇を開き、薄ピンク色の内部に舌をはわせば、穴が露出「あっそこ気持いい…」
おいおい膣内に指を入れようとしただけで痛がるのは大丈夫なのか。
「なんか変な感じだけど、すごく気持いい」
ならば、指を入れつつクリを舌でチロチロ。「あぁぁぁそれ、気持いい〜イク〜」
彼女の絶叫を聞きながらフェラチオをされていた僕の肉棒から濃い目の液体が発射!
「ぼおえ…」ザ—メンを吐き出してから、ガックリと全身の力を失うしおり
「もう…ロの中に出されたの初めてですよ」いや、ごめんごめん。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ