★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0128_20200319110551420.jpg0129_20200319110549bc6.jpg
人気の高いプールで水中盗撮を狙う奴らにご注意
夏のプールで水中に潜り、平泳ぎしてる女の真後ろに張り付いたり、浮き輪に乗っかってるムチムチ尻を真下から眺めたりしたことのある変態さんは少なくないと思うが、まさか撮影までする人間がいるとは驚きだ。いったいどのように撮影しているのかシロートには見当もつきません。

水中盗撮を狙う奴らがいる。豊島園や東京サマーランドなど、人気の高いプールに出向き、そこで泳ぐ女たちの痴態を水面下でバッチリ記録してやろうというわけだ。
盗撮の手口は単純きわまりない。防水ケースのつけたスマホを海パンのポケットに隠し持ち、獲物を見つけたら水中で動画スイッチをオン。あとは女の背後からケツや股間を狙うといった具合だ。デビュー戦こそ監視員の目が気になり緊張したものの、水の中にあるスマホというのは案外、周囲に気づかれにくいもので、慣れてくると徐々に大胆に。平泳ぎの女の背後にぴたりとくっつき、股間の中心部をがっつり撮るなんてことも平気になっていく。
そんななか、ひとつ気づいたことがあった。プールで撮り貯めた動画を自宅でチェックしていると、なかなかの頻度で、他の男たちによるシーンが映り込んでいるのだ。
プールチカンにはげむ連中の記事を目にしたことはあるが、まさかこれほど蔓延してるとは。この事実に気づいて以降、プールに出撃した際は、周囲の男たちの動きにも注意を払うようになった。やはり、どのプールに出かけてもチカンを働く輩はかなりいる。ただし、やり口は人によって様々だ。女を追い抜きざま、触るか触らないかの絶妙な案配でケツをタッチしていく者もいれば、相手が「え?」と声を上げるほど、ケツ肉をがっつりワシ掴みにしてゆうゆうと泳ぎ去っていく強者も。
なかでも俺が感心したのは、某流れるプールで遭遇した50がらみのオッサンだ。この男、友だち同士ではしゃぐ女グループに近づき、アクシデントを装ってそのうちのひとりにぶつかるのだが、その際、水着のパンツに指を引っかけ、ケツの割れ目にギュッと食い込ませるという離れ業を持っているのだ。実際、その場面を動画で撮って確認してみても、ほれぼれするようなテクニックである。直観的に思った。このオッサンを放っておく手はない。意を決し、オッサンに近づいた。
「あの、ちょっとお話があるんですけどいいですか?」
「はい?」
警戒するオッサンをプールサイドの物陰に誘導し、自分のスマホを取り出す。
「あの、実は俺、こういうものをこっそり撮ってまして」
画面に映る盗撮動画を見た途端、オッサンの顔がほころんだ。何か咎められるのではという不安が消えたからだろう。盗撮犯が責める道理などないのだから。
「へえ、なかなかいいじゃん。エロいね」
「そういうお父さんもなかなかのヤリ手じゃないですか。見てましたよ」
「恥ずかしいな、見てたの? でも、まあ、キャリアは長いからね。結構テクニックには自信あるよ」
 よし、本題に入ろう。
「お父さん、実はお願いがあるんですけど。俺が指定する女の子の水着を食いこませてくれません?撮った動画はもちろん差し上げますので」
そう。この提案、俺にとってはよりエロい動画を撮れるという利点が、オッサンには自分のチカンエロ動画をゲットできるメリットがある。つまり、ウインウインな同盟を結ぼうってわけだ。オッサンがしみじみと言う。
「いーねー。やろうやろう」
そんなわけでシーズン後半は、オッサンと共同戦線を張って、あちこちのプールへ出撃することに。成果は上々だった。これまで単調になりがちだった動画の内容が途端にバラエティ豊かになったのだ。
水着の食い込んだたわわな尻、その食い込みを直す仕草、あるいは食い込んだまま平泳ぎを披露する女など、もはや売り物にしてもいいほどのレベルである。オッサンも「まさか自分のチカン映像をコレクションできるなんて思ってなかったよ」とご満悦で、もうなんと言うか、実に充実したひと夏を送ることができたのだった。

集団で盗撮を行っている組織があるという話を知人から聞いた。かなり用意周到で興味深かったので、みなさんにも紹介したいと思う。なんでも連中は、東京の臨海部、特に豊洲やお台場の公衆トイレで行っているらしい。なぜ、臨海部のトイレなのか。それは単純な話で、女性の利用者が多いからだ。普通の公園にあるようなトイレは汚くて利用しないが、臨海部の公園のトイレは比較的キレイなので利用する女が多いのだ。さらに、深夜にドライブでお台場に来たときは公園の駐車場をつかうので、公衆トイレを利用する女性も多い。それなら女性利用客の多い商業施設でやればいいと考える人もいるかもしれんが、それは間違いだ。店内には監視カメラがあって面が割れてしまう恐れがあるし、24時間利用できないので時間が限られる。では、犯行の手口を紹介していこう。
彼らは女性がトイレにいるところを直接撮影するのではなく、トイレの個室にカメラを置いておき、常に撮影しつづけるという方法で盗撮をしている。そのために、トイレにあっても違和感がないものにカメラを仕込む。消臭剤の中だ。これなら置いてあっても自然だし、誰も気に留めない。市販の消臭剤には上部に網目がある。ここから消臭成分を外に出しているのだが、これを利用する。網目の間にカメラのレンズを接着して女性が用を足していくところを盗撮するのだ。
他にも用意しなければならないものがある。まずは作業着だ。トイレの清掃員が着ているようなグレーのヤツだ。顔が隠れやすいので帽子も必須なんだとか。これを着ていれば自然に女子トイレに侵入できるし、通行人に怪しまれることもない。さらに重要なのが清掃中と書かれた看板だ。よくトイレに入ろうとすると、清掃員のオバチャンが置いている黄色のアレだ。あの看板、ネットの通販で2千円ほどで容易に手に入る。これを、カメラの設置中に入り口に置いておけば、他の人が入ってくるアクシデントも防ぐことができるし、なにより本物の清掃員っぽい雰囲気を醸し出すことができるってわけだ。ここまで揃えたら、車に乗って臨海部の公園へ向かう。設置するのは金曜日の深夜3時から
4時ごろだ。翌日土曜日にやってくる観光客を狙うためだ。公園の近くに車を止めて、車内で作業着に着替え、バケツに消臭剤カメラをいくつか入れて女子トイレに向かう。
用意しておいた清掃中の看板を入り口において作業開始だ。といっても消臭剤を設置するだけなので、作業時間は10分もかからない。個室の隅にカメラをおいて、レンズの向きを微調整するだけ。これで終了だ。これを1日に4、5カ所。組織内で割り振られた場所に設置していく。彼らは警備が強化されている場所などの情報を共有しているらしい。ここまでの作業が終われば、次の日の同時刻の回収まで待つだけだ。そんなに長時間撮影できるのか疑問だったのだが、最近のCCDカメラの進化はすごいらしく、24時間バッテリーがもつ機種もあるんだと。さらに動体検知の機能があって、女性がトイレに入ってくるまでは待機状態になっているためメモリーの消耗を大幅に軽減できるらしい。多い日では同じトイレで30人以上の女性の排シーンを撮影できるという。これが彼らの犯行の大まかな流れだ。トイレに入るときには消臭剤を注意深く確認してほしい。カメラが仕込んであるかもしれませんよ。
※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ