★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0146_20200319082217629.jpg0147_2020031908221811f.jpg0148_202003190822203bb.jpg0149_202003190822217ee.jpg0068_20200318090615057_202007281331239e6.jpg
最上級の女、菊池さん相手に勃たないという残念な事態に陥ってしまった。まぁ、一時的な事なんだろうと自分に言い聞かせてみたものの、「はぁ〜」っとため息が止まらない。
「どうしたんですか? 河内さん。風邪でもひいたんですか?」
と後輩に心配される始末だ。自宅でエロビデオを見てオナニーしてみると、ギンギンではないがちゃんと勃起して、射精もできた。身体的に問題はなさそうやし、なんででけへんかったんやろう…?
そんなとき、ヤルノートダービーで唯一ゴールしたエロボディの取引先女性の中森さんから「ひさびさに飲みません?」とお誘いがあった。いいタイミングや。あのエッチ臭い身体に思いっきりぶち込んで、今のネガティブな気持ちを吹っ飛ばそう!
そう思って、中森さんと会うと、彼女もヤル気満々のようで、飲みの後、すんなりラブホへ。部屋に入り、ハグしてキスするとペニスがだんだん硬くなってきた。ほら、大丈夫やん。
ところが、裸になって前戯を始めた辺りから元気がなくなってきた。ヤバい、ヤバいぞ!中森さんから手と口で刺激をしてもらうがとても挿入できる状態にはならない。集中、集中と思えば思うほど萎えていく。「あれ、なんか元気ないですよね」そう言う彼女の冷めた顔が『ヤリたい時に都合よくヤレることだけが取り柄の男なのに、何してんねん』と言っているように見えた。あぁ、やっぱりアカン。絶望的や…。結局、努力の甲斐なくこの日も俺のムスコが活躍する場面はなかった。美人の菊池さん、ナイスボディの中森さんで勃たないのなら、俺、やっぱりEDなんやろか。生まれて初めての事態に動揺した俺は恥を忍んで会社の後輩に相談した。
「あはは、河内さん、歳のわりに遊びすぎなんですよ。でも、薬使ったらイイやないですか。僕も風俗行くときに飲んでますよ。試しに1錠あげましょか?」
ありがたい申し出だが、それは最後の手段にしよう。というのも、5年以上前に友人にもらったED薬『シアリス』を試しに遊び半分で飲んだとき、まる二日間、勃起が収まらずにえらい目にあったことがあるからだ。あと、勃ちすぎてカチンカチンになり、感覚が鈍くなるというか、自分のモノでないような違和感を感じたこともあり、ED薬にはネガティブな印象を持っている。
どうしたもんやろか? と不安な気持ちで毎日を過ごしていたとき、たまたま医師をしている同級生Aと飲みに行く機会があった。せっかくなので専門家の意見を聞いてみよう。「ええ歳してアホやなぁ。ちょっとうらやましいけど」Aは金もあるので、もっぱら高級風俗とクラブのホステスが相手で、素人はハナから無理だとあきらめているようだ。俺にはAの財力がうらやましいけど。そんなことより、俺の身体のこと気にしてくれよ。
「その二人相手に勃てへんかったってことやけど、それ以外の場面でも勃起はせえへんのか?」
「それ以外って、センズリとかか?」「そやなぁ。あと風俗とか」
「風俗は全然行ってへんからなぁ。センズリは毎日してるけど、ちゃんと勃つで」
「えっ、毎日!?お前、覚えたての学生か!」
Aが呆れた顔で俺を見ている。男なら歯を磨いたり、ウンチするみたいに毎日するもんやと思っていた。違うの?「まあ、俺らの歳やったら平均で週に2回くらいちゃうか。でも、お前が勃てへんかった理由、たぶんオナニーのし過ぎやで」
そうなのか? ちゃんと毎日出すことが機能を維持するうえで重要だって聞いたことあるんやけどなぁ。「まぁ、そういう面もあるけどな。でもどうしても加齢で精子をつくる量は減っていくねん。減ってるのに毎日出すもんやからタンクが空っぽになるやろ。空っぽになると勃起しにくくなるんや」
 それは知らなかった。
「しばらくオナニー我慢してみ。すぐに勃つようになるから」
ここはAを信じて我慢してみることにしよう。とりあえず1週間はオナ禁だ。しかし、こんなに長い間我慢したのは、中学1年でオナニーしすぎて腫れあがってしまったときと、10年ほど前にハードにヤリすぎて裏側が擦り切れてしまいドクターストップがかかったときの2回だけだ。
1週間が経ったので、さっそく試してみよう。リベンジということで、菊池さんと中森さんに「近々飲みにいけへん?」と連絡を入れてみた。『勃たない男』と思われたままじゃ嫌だしな。菊池さんは予定が合わず無理だったが、中森さんは週末ならOKとのこと。結構先やなぁ。そこまで夢精せずに過ごせるだろうか?なんとかタンク満タン状態で中森さんと再会。うん、今日はできそうな気がするぞ! というか、今日あかんかったら、二度と中森さんとは会われへんやろなぁ。
メシ→飲みのあと、今回もすんなりとホテルへ。ほんまに中森さんは本能に忠実で気持ちがいい。
さぁ、どうだ。彼女の性欲に今回は応えることができるのだろうか。ちょっと緊張するなぁ。
心配は杞憂に終わった。ホテルに入ってキスしただけでビンビンに勃っている! よし、この勢いで行くぞ!!ベッドに押し倒し、服を脱がして形のいい胸を揉みまくる。短めの前戯で正常位で挿入した。「あぁ、あぁ、気持ちいい」今日は大久保佳代子似の顔もぜんぜん気にならない。溜まっているからか、あっという間に絶頂が近づいてきた。
「あぁ、もうイきそうや…」「あぁ、あぁ、口に出して。口に出して」
ご希望どおり、彼女の口の中でフィニッシュ。溜まっていた精液がドクドクと脈打ちながら彼女の口の中に放出された。精液を飲み干し、その後も俺のペニスを吸い続ける中森さん、やっぱりエロい女
だ。ありがとう。おかげで自信が回復したよ。
EDの不安は解消されたことだし、ヤルノートの次なるターゲットを求めて活動を再開しよう。ただし、オナニーは週1回程度に我慢することは忘れずに。
店員とプライベートで接触する王道パターンはパン屋の女が最適
店員とプライベートで接触する王道パターンといえば、仕事終わりを待ち伏せして、偶然を装っての声かけだろう。しかし実際にやってみようとするとかなり大変だ。ターゲットが何時に出てくるかわからないからだ。問題は店の閉店時間は決まっていても、本人が何時上がりかは決まっていないことだ。かといって店内で「今日バイト何時まで?」と尋ねるのはキモい。結局、店前で深夜まで粘って結局くたびれてあきらめることだってある。が、俺は発見した。待ち伏せに最も適した業種を。それはパン屋だ。
まずパン屋は深夜まで営業していることがない。せいぜい20時21時ぐらいで閉まるものだ。なので夕方見かけたスタッフなら閉店まで働くものと考えていい。待ち伏せは簡単だ。店内での印象付けがしやすいのもありがたい。これのチョコレートのやつはないですか、だのなんだの面と向かって会話しておけば、待ち伏せ時の「あ、パン屋の子?」というフレーズが不自然じゃなくなる。そしてもうひとつ、無数に店があることも重要だ。下手な鉄砲なんとやらだ。というわけで、各所のパン屋に出向いては、印象付け↓待ち伏せを繰り返している私だ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ