★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20200124085216bf6.jpg2_20200124085217d14.jpg3_20200124085219340.jpg4_2020012408522094a.jpg5_202001240852222a8.jpg6_20200124085223963.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
昔はトイレの落書きだったのだが、今ではすっかりネットにお株を奪われたのが、ヤリマン情報だ。
〝○○ってケーキ屋の店員ミチコは簡単にヤラせるよ〞というアレだ。たんなる嫌がらせやネットユーザーへのイタズラも多々あるとは思うのだが、すべてがデタラメと断ずるわけにいかないのは、書き込んだ人間に対して時々、別のユーザーが感謝している様子も見られるからだ。
〝情報ありがとうございます。ばっちりいただきました〞
〝ウソかと思ったらマジで簡単にヤレてビビったWW〞
単なるイタズラのためにここまで手の込んだ自作自演をするとは考えにくい。世の中にはヤリマンを教えてくれる親切な男もいるのだ。と思いたい。兄貴のおこぼれ、頂戴させてもらいます!
ドトールは駅の南口近くに1軒だけだった。さっそく中へ入る。いるわ、りょうに似たかわいらしい店員が。身長も年齢もカキコミとズレてない。はぁ、この子がヤリマンっすか。いったん店を出て待ち伏せた。情報どおり、帰りに声をかけるとしよう。待ちに待つこと2時間、ようやく彼女が店から出てきた。すかさずあとを追う。
「この辺に本屋ってない?」
道を尋ねるふりをして声をかけると、彼女は足を止めた。
「ちょっとわかりません」
「学生さん?」
「あ、はい」
「今から帰り?」
「はい」
スラスラと会話が進む。さすがヤリマンちゃん、ありがたいっす。だが、質問に答えてるだけとも言えるけど。改札を入ると面倒だ。もう誘っちゃえ。
「お茶でもどう?」
「ムリです」
「一杯だけでいいから」
「………」
彼女は無言のまま、逃げるように駅の構内に消えていった。
該当のパチンコ屋に着いてがく然とした。ひい、ふう、みい……4人もいるんですけど、女性スタッフが。ぱっと見ただけでは誰がヤリマンなんだかわかりゃしない。しゃーない。こうなったら1人ずつ声をかけまくるか。と思ったけど、やーめた。だって女性の数が合わない時点で、この情報、信憑性ゼロなんだもん。
●●道に頭文字Sの服屋は2つあった。ひとつは古びた紳士服店、もうひとつは若者に人気のセレクトショップだ。20才のYUKI似がいるとしたら後者だろう。店内を物色することしばし、発見した。野●と書かれた名札を。確かにYUKI似の美人だ。このコがドエロ? 信じられん。
「あの、夏物でなんかオススメとかないスかね?」
「あ、はい。ボーダーのタンクトップなどは…」
ヤリマンは職務中はその本性を隠すものである。彼女もまたアナル好きの「ア」の字も感じさせない。「ア」の字の感じ方もわからんが。店が終わるまでのんびりと待ってらんないので、メアドと電話番号を書いたメモを渡しておくとしよう。
「あの、良かったらここに連絡くれない?」
「え?」
「じゃ、待ってるよ」
手に半ば強引にメモ紙を押し込み、店を出た。さあ、どうだ。来るか来るか?
…来なかった。はあ。
勤務地ではなくアドレス付きのパターンだ。こりゃ無駄足を踏まずにすんで助かる。問題はファーストメールの内容だが…。
〝アケミちゃん、おひさです。メアドが変わったのでメールしました。今度飲みに行こうよ〞こんなもんだろう。酒が好きなら、誰だか覚えてなくても食いついてきそうなもんだ。返事はすぐだった。
〝誰ですか?〞〝この前一緒に飲んだマサトだよ文京区のアケミちゃんだよね?〞
ここで返信は途切れた。しつこく誘っても無反応のままだ。
このカキコミ主には、複数の人間から「ヤレました。ありがとう」的なレスがついている。これは期待していいのでは?ワンピースのキーホルダーを握りしめ、該当フロアをほっつき歩いていると、ナースセンターで忙しそうに動く西●さんを発見した。歳はおそらく30手前。メガネ姿がよく似合う、上品でかわいらしい女性だ。しばらく様子を伺い、彼女がひとりになったタイミングですっと近寄り、キーホルダーを差し出す。
「あの、すいません。コレ…」
「何なんですか?」
「はい?」
「何かのイタズラですか?」
意味がわからず聞いてみれば、この2週間で3人の男から、同じようなグッズを手渡されたのだという。先客がいたとは!思いっきり取り乱しながら退散した。くそ、あの「ありがとう」の連中、自分らがダマされたからってハメやがったな!
なんと自宅情報だ。アパート名のほとんどは伏せ字だが、区役所周辺に平仮名のアパートは1棟しかなく簡単に判明した。201号室のトビラをノックする。顔を覗かせたのは70才くらいのバーサンだ。ゲゲ、この人が男好きの超ヤリマン? てかセックスできるの?
「あ、あの〜、田村さんですか」
「ウチは石●ですけど」
ホッ。
ヤリマン情報にはミクシィやグリー、出会い系などのIDが晒されているパターンもある。左5名に〝メル友になりませんか〞とメールしたところ、1人だけ反応があった。④のみゆきだ。
〝いいですよ〞あらためてチェックした彼女のプロフィールには「H目的お断り」と書かれてある。ヤリマンのくせに、お澄まししちゃって。新宿にめっちゃ旨いカフェレストランがあるのですが一緒に行きませんか?もちろん僕のオゴリで〝土日休みなんですけど、それでもいいですか?〞わずか数通のやりとりでアポれたあたり、情報の信憑性は極めて高い。迎えた当日、待ち合わせ場所に繰り出すと、ロングの髪を後ろに束ねた女が見えた。周囲に妙な男がいないか入念にチェックしてから、のそのそと近づく。
「みゆきさんですか?」
「あ、はい。どうも」
振り向いたその顔は、どうせブサイクだろうとの予想に違わず、そこそこのブサイクだった。見事なまでの猪木アゴだ。約束のレストランへ行く道すがら、みゆきは怒濤のトークをぶちかましてきた。
「園長に勤務態度が悪いって文句言われてさ。アタシがちゃんとやってるの知らないくせにマジむかつくんだけど。そう思わない?」
同意を求められても、園長さんのこと知らないし。食事中も、みゆきの口撃は止まらない。料理がテーブルに並ぶたびに、大はしゃぎしてツバを飛ばすのだ。
「スペインオムレツってどこがスペインなの? あ、でもいい卵つかってる。そう思わない?」
コミュニケーション障害か? こんなオカしなのに保育士やらしてちゃ教育上まずいですよ。
「よくサイト使って男の人と会うの?」
「ヒマ〜なときはね」
ふーん、今回はたまたまヒマだったんね。ウソだと思うけど。1時間もかけずに店を出た。さて、H目的お断りと宣言していた彼女だけに、ホテルへ誘うのは厳しいか。でもこのコミュ障害ぶり、いかにもヤラセ体質が漂ってんだよな。
「ねえ、どっかホテル入ろうよ。汗かいちゃったからシャワーしたいし」
「うん、いいよ」
猪木アゴ、いただきます。
ヤリマン=淫乱とは限らず、ミユキのセックスは少しフェラが上手いだけのシンプルなものだった。カキコミ主さんもあっさりヤレたもんだからヤリマン認定しただけなのだろう。結論。ネット上のヤリマン情報は、ほとんどがガセ(特に2ちゃんねるは)で、数少ない真実もさほどオイシクはないようだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内