★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
234_20200318134436876.jpg235_20200318134437d2b.jpg236_20200318134439f69.jpg237_2020031813444090d.jpg238_202003181344428b5.jpg239_20200318134444217.jpg別れたがってるなら成功率アップ!?縁切り神社でナンパしてみた

京都市東山区にある安井金比羅宮は「縁切り神社」と呼ばれている。具体的にはこんなお願い事をする場所だ。
『ヨメとの離婚がすんなり進みますように』
『浮気者のダンナとあの女との縁が切れますように』
 まあ陰気な話だが、世の中に男女間のトラブルは多い。休日ともなると、地元はもち
ろん全国から人間が集まってきている。それこそ若い女なんかもざっくりと。そこで、ふと思った。彼女らは、カレシと別れたがってたり、好きな男が他のオンナと付き合ってたりと、とにかく恋が上手くいってないわけで、つまりナンパにもってこいなのでは?
というわけで、縁切り神社へ向かった。現場はいつもの目星を付けたお一人女子に近づく。
「自分は、恋愛がらみなんやけど、おねーさんもそんな感じ?」
 声をかけると、相手の表情がさっと明るくなった。ふふっ、こんな場所で一人、やっ
ぱ誰かとしゃべりたくなってたぽいな。
「まあ、友達関係です」
「ざっくりと言えばどういう感じなん?」
「えっ、まあ、うーん」
「女友達がちょっかいかけてくるみたいな?」
「そうそう」
 こりゃあオトコの取り合いと見た。と思ったのだが、次の瞬間、相手が急に真顔にな
った。
「友達にお金貸してもらってるんですけど。こっちも都合があるんですぐに返せないっ
て言ってるのに、そのコがめっちゃうるさく催促してくるんですよ。ほんと、もう縁切
りたい」
何やそりゃ!気を取り直して2人目。おみくじコーナーでさり気なく声をかける。
「おみくじどうでした?」
 相手の手元にちらっと目をやると、「吉」だ。
「吉やん。いい兆しやないですか?」
「そうなってほしいんですけどね。わざわざやって来てるんやし」
 思い詰めた言い方だな。ストレートに誘ってみるか。
「よかったら話聞かせてくださいよ。そのへんでお茶でも飲みながら」
「えっ、聞きます? ちょっと私もヤバくなってきてるんで」
「えっ?」
「アパートの上の階にアタマオカシイ人が引っ越してきて狂いそうなんですよ。隣のカ
ップルが刺激してから電波が強くなって、すぐにドンドンドンドンって。無理しょ?」
 電波? 何この人? 退散しよう。
「私は一人でも生きていけるんで」
 次々行こう。今度はストライプのYシャツがよく似合っているおしゃれさんだ。
「すみませーん」

「……」
「ぼくもさっきくぐって来たんやけど、何だか誰かとしゃべりたい気分で」
「……」
 反応なし。警戒されてんのかな? ってあれ、このねーさんの目元、ちょっと潤んで
るんやけど。
「…何かすんません。急に声かけて」
「いや、大丈夫です。涙はあの岩に置いてきたんで」
 随分かっこいいことを言うな…。
「でも、泣いてるってことは、それなりに覚悟の決断だった感じです?」
「そうですね」
「ちなみに、どんな内容だったんですか?」
「一家離散です」
「……」
 一瞬アタマがこんがらがった。意味がわからん。
「…最近、妹の縁談が決まって、親も大喜びなんですけど。こっちはまだ独身だし全然喜べないし…」
「……」
「そもそもあの家族は、昔から私のことを何もわかってないんですよ。マジで壊れてほしい。私は一人でも生きていけるんで」
 彼女はそう言って、目元の涙をさっとぬぐった。何だこれ。重すぎるんやけど。
 この神社ってヤバイ女ばっかり来てるやん。ナンパなんて夢のまた夢だわ。

【概略・全文は上記記事をお読みください】
師走の京都は、午後4時半ともなれば、すでに周囲は薄暗い。
東山区•安井金比羅宮。通称•縁切り神社と呼ばれるこの場所で、俺はいま絵馬を片手に一人寒風の中に佇んでいる。奉納ラック前には、若い女性が2人。彼女たちも、不倫や離婚問題に悩み、縁切りを祈願しに来たのだろうか。
さて、なんと書く?というか、そもそも何か書きたいのか? 本気で、あの子が男と別れてほしいと思ってるのか?そこんとこ、どうなんだ?
自分に改めて問いただし、しばし思いに耽った後、俺は覚悟を決めたようにサインペンを絵馬に走らせた。
笑顔が可愛い木村佳乃似の26才初めて彼女に会ったのは、今から5力月前、7 月半ばの夜のことだ。
週3回は通う近所の焼鳥屋で、木村佳乃似の若い女性がカウンタ—に座っていた。清純そうな美形と一人酒のアンバランス。すでに酔っていたこともあり、勢いで声をかけた。
「うぃっす。それ焼酎?」
「へへっ、黒糖ぉ」
ノリのいい女性だった。田崎佳代(仮名)26才。全日空の子会社で、発券業務に携わっているのだという。「本当はCAになりたかったんだけどね。無理無理、私じゃ。ハハハ」
笑顔が実に可愛い。胸が少しキュンとなった。
「俺、ここの常連みたいなもんだけど、見るの初めてだよね。近所?」
「笹塚。ここからチャリで5分くらい」
「1人暮らししてるの?」「一応、お兄ちゃんと」
会話は弾み、どちらからともなく携帯番号とアドレスを交換した。何だか、とってもいい雰囲気。今日はついてるかも。調子に乗って聞いた。
「佳代ちゃん、彼氏とかいるの?」「ん?いないよ。なんで?」
「いや、俺も彼女いないから」「変なのハハ」
確かに、俺の女関係は変である。最近関わったのは、歌舞伎町の年増のキャバ嬢、クラブでナンパしたネーちゃん、蒲田のスナック女、渋谷の飲み屋でお持ち帰りしたOL等々。みな、一夜限りの薄っぺらい関係である。それはそれで楽しい。しかし、彼女と呼べる女性がいない生活がすでに4年。どこか寂しさ虚しさを感じているのも否定できない。体の関係だけじゃなく、気持ちが通じ合い、互いを思いやれる一緒にいて楽しい相手。そんな女性がいたら、どんなに楽しいだろう。
佳代に何を感じたのかは自分でもよくわからない。これだけのルックス、普段の俺なら、あの手この手で口説き、あわよくばセックスをと考えていただろう。が、その夜、俺は下心の「し」の字も見せない態度で会話だけを楽しみ、最後は握手をして彼女と別れた。初めて会ったにもかかわらず、大事にしたいとまで思ってしまった。
ついに掴まえた、幸せの青い鳥
その日から彼女のことばかり考える自分がいた。メ —ルを出したら返事が待ち遠しく、それがまた飲もうねのありきたりなレスでも、嬉しくて仕方ない。惚れちまったのか?
あえて会う約束をしないまま2週間が過ぎた夜、同じ店で佳代と鉢合わせた。
「やっほ、来てたんだ」「お、ひさしぶりじゃん」
内心飛び上がらんばかりの気持ちだった。そう、こういう自然な出会い方がいいんだよ。ヤルことばっかり考えてたって、彼女なんかできっこない。ほら、今夜も話が弾むじゃねえか。
こうして、二度三度と店で顔を合わせるうち、いよいよ俺は彼女のことが好きになっていく。とにかく、一緒にいて楽しいのなんの。俺のつまらない冗談に笑い、どうでもいい愚痴にも耳を傾けてくれる。俺は俺で彼女の話を聞きたくて仕方ない。等身大の自分でいられるのも、そんなに無い経験である。出会って3力月。すでに自分の気持ち
は固まってる。どうにかデー卜に誘う夕イミングが掴めないだろうか。そんなある日、幡ヶ谷駅近くのメシ屋に入ろうとしてるところを、偶然、彼女が通りかかった。
「お、いま帰り?良かったら一緒にどう?」
「うん、いいよー。お腹へった」
自然、ごくごく自然。奥のテーブルに座り、生ビールで乾杯。初めて2人きり。心が躍った。
「前から、飲みに誘おうと思ってて…」
ちょっと照れながら言って醤油に手を伸ばすと、彼女がにっこり笑って俺の手を遮った。
「あっ、かけたげるよ」
優しい。なんて、キミは優しいんだ。あぁもう言ってしまえ。どうせ、こっちの気持ちはすでに伝わってるはずだ。
「ねぇ、付き合ってくれないかな?」
緊張の瞬間。佳代は、ちょっと手を止め、それから秋刀魚に醤油をかけながら、優しく答えた。
「そうしよつか」
その夜、俺は部屋に佳代を誘い、白く細い肌を抱きしめた。エッチは半年ぶりという彼女は恥ずかしそうに喘ぎ、そこにまたまた惚れる。あぁ好きな女性を抱くって、こんなに気持ちがいいことだったんだ。ついに掴まえた幸せの青い鳥。「そろそろ帰るね」
深夜12 時を回ったころ、彼女がベッドから起き上がった。帰る? なんで?泊まっていけばいいじやん。「お兄ちゃんが待ってるから。あんまり遅いと心配されるし」
翌日からはモノクロだった街がカラーに変わった。朝、起きるのも楽しい。電車に乗っても楽しい。これが恋ってもんか。やったぜ、俺。
付き合う宣言から3日目、下北沢でデー卜した。雑貨屋を回り、寿司を食べた。時間はまだ夜の8時。じゃあこれから俺ん家くる?
「ん—、今日は帰るね」「え、まだ早いじゃん」
「ちょっと気持ち悪くなっちゃったの。ごめんね…」
何だかなあ。気持ちが悪いのなら引き留めるわけにもいかないけど、そんなに飲んでないじゃん。どうせまたすぐ会えるからいいんだけど、何だかなあ。
その心に芽生えた何だかなあの正体は、さらに3 日後、彼女からかかってきた電話で明らかになる。
「私たち、付き合い始めたばかりじゃない…」
「うん。そだけど…どしたの?」
「なんかゴメンね。いろいろ考えたんだけど、別れよ…」
言葉が出なかった。どうして?と聞く気にもなれなかった。佳代が言うには「俺とは合わない」ということらしい。5 分も話さぬうち彼女は電話を切った。奈落の底に突き落とされ、街の風景は再びモノトーンに変わった。それから一週間、飲みに飲んだ。でも、酔わない。いくら飲んでも気分が上がらない。おまけに、気がつけば、彼女が住む笹塚辺りをウロウロしている。ヤバィよ、俺。ストー力ーかよ、俺。
しかし俺はある晩、目撃してしまうのだ。佳代が兄さんと住んでいるというマンション。そこから、彼女が短髪で長身の男と腕を組みながら出てくる姿を。全ての謎が解け、同時に怒りが湧いてきた。兄貴じゃなかったんだ。男と同棲していながら、俺と二股かけてやがったんだ。ふざけんじゃね!!!
実に不謹慎、かつ屈折した動機で傷は思ったほど深くなかったようだ。
目撃の夜から10日もすれば、また俺は以前のようにスナックの女に手を出したり、飲み屋で知り合った女のお持ち帰りに熱を注ぐようになった。うん、やっぱ、こういう方が俺にお似合いだ。何が、付き合うだ。あ面倒くせ。バカじゃん。
心身ともに立ち直った11月末、ネットで偶然、ある神社のサィトに辿り着いた。
『縁切り神社』
なんだ、コレ?読めば、この安井金比羅宮なる京都•祇園の神社は«縁結び»とは真逆の«縁切り» の御利益にあやかれるそうで、全国から悩み多き参拝者が、願掛けに足を運んでくるらしい。不気味な神社やのう。
ふと佳代の顔が浮かんだ。なぜ浮かんだ? 正直、もう何の恨みもないし、未練もない。でも、もし彼女があの男と別れて、俺とやり直したいと言ったら、どうする?この縁切り神社で祈願して、思い通りになったらどうする?
…なぜ、そんなこと考えてるんだ。完全に元の自分に戻ったはずなのに、まだどこかで引っかかってるのか。まさか…。いや、ちよっと面白いかもしれない。縁切り神社で、元カノの破局を祈願する。いかにも悪趣味なところが、俺にお似合いかもしれない。
行ってみるのアリじゃん?んな気味の悪い神社に一人足を運んでみるのも、恨み節ぽくて、逆にいいんじゃね?この、実に不謹慎、かつ屈折した動機で、俺は新幹線に乗り、安井金比羅宮の鳥居をくぐる。
12月1日夕刻のことだ。
しかしというべきか、やはりというベきか、そこは負のオーラが出まくる場所だった。まず、参道を抜けた中庭に置かれた大きな石が凄い。表面に、恨み辛みが書きつづられた御札がびっしり貼り詰められている。言わば、人の念で固めた雪だるま。こえー!!!
絵馬の奉納場所もヤバかった。白木のプレー卜に、怨念のごとき思いがしたためられている。
『祐幸と由紀子が早く別れますように。愛、みく、とも縁が切れますように』
『※※と、若い女の和美の縁がきれますように』
『離婚が平和に終わり、裁判に勝てますように。金銭的にもトラブルなく全て勝利し、平和な日々が来ますように』
願い事の大半が色恋沙汰で、書き手はほとんど女性である。手を引いてほしい女の名前が書かれているところが、いかにも恐い。
ミクシーで浮気してること
突き止めたんですよ奉納場所に20才前後のカップルが現れた。少し話を聞いてみよう。
「あの、ちょっと雑誌の取材なんですけど、今日はどういうキッカケでここに?」
「まあその、浮気がバレて…」
すんなり答える男を制し、女が続ける。
「ミクシーで、ヤスキが浮気してること突き止めたんですよ。で、その彼女と縁を切るために一緒に来たんです」ほー、なるほど。
「てか、ヤスキさあ、ぶっちやけまたヤリそうな気がするよね。本当、次に浮気したら終わりだからね」
「もうしないよ—」
男、へらへら笑ってる。絶対、懲りてないよ、コイツ。まぁお幸せに。
いったん境内を見て回った後、先ほどの願掛け石の前に戻ると、がつくり肩を落とす初老の男と出会った。紺のジャンバーにリユック&ウェストポーチ。山ですれ違ったら自殺志願者とも取れる雰囲気だ。「あの—」「…はい…」
男が振り向いた。目が虚ろである。
「どこから来られたんですか?」
「昨日三重からです」
泊まりがけで来ているらしい。よほどの事情がおありで?
「仕事関係なんですけどね」
福祉施設に勤務するという男は、小出しに話し始めた。職場でマイクロバスを使うため大型免許取得に挑んでいるがなかなか合格しないこと。ゆくゆくは福祉の指導者になるべく、養成の資格にチヤレンジしようとしていること。と、ここまでなら普通の神社でもいいのだが、本当の理由は、何気ない一言に見え隠れした。
「上司に若い人間がいるんですけど、そういうのって難しいですよね」
なるほど、その上司と縁を切りたいということか。あるいは、上司を見返してやりたいがために、大型バスに乗り、養成者の資格を取ろうとしてるのか。頑張ってくれ、オジさん。
もう一人、気になる参拝者を見つけた。昔はそこそこキレイだっただろう40代後半の女性。目尻の深いシワのせいか、ひどく疲れて見える。さらには、黒のハーフコー卜、灰色のパンツ、黒の革靴、力バンも黒。相当、思い悩んでおられるようだ。
ベンチで一息ついていた彼女の隣に座ってみる。だらしなく開いた彼女のバッグのロから、神社のパンフレットが覗いてる。
「隣のガラス館、行かれました?」「はい、とてもよかったですよ」
思ったより声が明るい。で、今日は、なにゆえここに?
「……旦那がまあ女性と…」
「浮気をしてると?」
「…そういうやつですね…」
「旦那さんには文句を言ってるんすか?」
「…たまに、チクチクと。別れる気とかはないんですよ」
言葉を濁すように彼女が言う。当然だろう、見ず知らずの男に話しかけられ、悩みをペラペラ口にする方がおかしい。というか、他人の事情ばっかり聞いて、何やってんだ俺。改めて、仙頭正教に聞く。今日、おまえはこの神社に何をしにきた?わかりません。おまえは佳代と男が別れて再び自分と付き合うようになればいいと思ってるのか?わかりません。未練はないんだな?はい。いや、たぶん。でもわかりません。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。