★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
21_202003161221087dc.jpg20_20200316122106635.jpg22_202003161221099f6.jpg23_2020031612211172e.jpg24_20200316122112a3b.jpg25_202003161221146d7.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
女子大生やOLが浴衣姿で客を出迎え、膝枕で耳掃除。
今、『耳かき屋』なるサ—ビスが静かなブ—ムだという。
最大手がやまもと耳かき店というチェ—ン店で、池袋本店を皮切りに、新宿、新橋など都内の要所に次々進出。1時間約5千円と決して安くはないのに、疲れたオッサンの癒し場になっているそうだ。たかが、耳掃除ごときで、これはいったいどうしたことか。考えられる妄想はただ一つ。ひよっとして、ヌキもあり?耳かき嬢が「あと5千円出してくれたら、もっといいことあるんだけどなあ」なんつつて、イチモツを握ってくれたりしてくれるんじゃなかろうか?妄想逞しく、いざ検証!
オグシオの小椋久美子を5割増しにした美人が
まずは最もメジャ—なやまもと耳かき店のHPを覗く。料金は30分2500円と60分4500円の2コースで延長は30分3000円と噂通りである。サ—ビス内容は耳かきの他ハンドマッサ—ジや膝枕でお昼寝もOK。ただ、そこには、気になる注意書きが…。
当店は風俗店ではありません。赤字でされているだけに、深読みすれば、当局を欺くための作戦と考えられなくもない。
なにせ女の子の写真掲載がまんまへルスのノリである。何でも彼女らは『耳かき小町』と呼ばれるらしく、いずれもレベルの高い娘さんばかりだ。こんな子に膝枕で耳かきされたら…。
11月上旬の某日予約を済ませた後、新宿店に出向いた。場所は西武新宿駅近くの雑居ビル8F。
マンションヘルス的な雰囲気に鼓動が速くなる。
ドアを開いてすぐに受付。地味な40代女性が立っていた。サービスを受ける和室が玄関から一望できる。色気はまったく感じられない。
「いらっしゃいませ。60分でよろしかったですか」「は、はぁ」
帰ろうと思った。が別のところから現れた耳かき小町を見て足が固まった。か、かわゆす…。オグシオの小椋久美子を5 割増しにしたような美人で、浴衣姿のスタイルもバッチリだ。
「Aです。よろしくお願いします」
3畳ほどの狭い和室へ案内されると、温かいオシボリとお茶が出された。某女子大の4年生
というAちゃん。オレのジャケットをハンガ—にかけ、目の前に太ももを差し出してくる。
「それでは、横になってください」
思わず頰が緩んだ。うんうん
Aちゃんの膝気持ちいいよお〜。温かい彼女の太ももに頭を置く。
途端に不安が沸きあがってきた。週に一回、綿棒で拭く程度だから、かなり汚れてるんじや?キモチ悪がられないか?
「でもソッチの方が嬉しいんですよ。取り甲斐あるから( 笑) 」
「へ〜、じゃあ、普段は彼氏にくともしてあげてるんだ。羨ましい
な」
「彼氏、いませんよお。半年ぐらい前に別れましたから」実に他愛ない会話。でも、楽しいし、気持ちいい。濡れナプキンで耳たぶや耳裏を拭いてもらい、ほっそりとした耳搔きが奥まで入ってくる。
モゾモゾモゾ…。
母親にしてもらったときはただ痛かった記憶しかないが、なんですか、このホンワカムーディな心地よさは。ね、眠くなってきたよ。膝が心地よく、マジで癒されるのだ。
むろんエロい展開をあきらめめるにはまだ早い。耳かき屋は他にも数多く存在している。中には、特殊サービスを売りにしている店もあるはずだ。
その後渋谷や新宿、池袋。期待を胸に都内の3大拠点を中心に数店舗を駆けずり回った。
が結果は散々。ソフトタッチを許してくれる娘がいてもそれは単に本人が緩かっただけ。大半は拒否られ、ましてやヌキなんて言葉をロに出せる雰囲気すらない。
膝枕が最高だけにきっちりラストまで楽しませてくれれば、これほど男のオアシスはなかろうに。耳かき屋は風俗にあらず。結論を出した一週間後、知人のライターから信じがたい情報が持ち込まれた。山手線大塚駅の近くに、ヌキまでフォローしてくれそうな耳かき屋があるというのだ。
なんでも大塚イヤ—リラクゼーションという店で、スポーツ紙の広告を見れば確かにサプライズを匂わせる文面が掲載されている。
【オプションのハンドサ—ビスをチョイスすれば男ならではのコリも解消】
マジかよ。«男ならではのコリ»が肩コリだったなんてオチは勘弁してくれよ。
疑心暗鬼になる一方で期待感も募る。風俗情報満載のナイスポに広告を掲載するなんて、どう考えても作為的。とりあえず電話で探りを入れると、従業員は「文面の通りですので、ぜひお越しください」と意味深な言葉を発するだけ。決して否定はしない。おい期待していいんだな?
予約を入れ山手線に飛び乗った。目指す店は、大塚駅北口。
出口の左手、飲食店街の雑居ビル3Fにあった。2Fは個室ビデオ屋。いかにもなシチュエ—ションだ。
階段を昇って受付に出向くと、坊主頭の兄ちゃんが座っていた。
料金は30 分2500円と60分4500円と他の耳かき屋とほぼ同じだ。でマジでヌキはあるんすか?
「ぇぇでは追加10分で2000円お願いします」
そんなアッサリ…。しかも、兄ちゃんf変なことを聞く客だな的な表情さえ浮かべている。
「19才の専門学校生と25才のOLどちらがよいですか」
「写真とかはないんすか?」
「ええそういうのは…」
一抹の不安がよぎる。とんでもないブサイクが出てきたらどうしよう。確率2分の1なら、若い娘の方がまだ安全か。とりあえず19才のAちゃんを選び、暖簾をくぐった。
四畳半ほどの待合室の先には、畳に座布団の和室が左右に2 部屋ずつ並んでいた。やまもと耳かき店と似た雰囲気なのは元々店の才—ナ—が耳かき屋にハマり、『最後にヌキがあったら最高なのに』と始めたかららしい。その考え、正しいつす!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ