★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
46_202003121904361c1.jpg47_20200312190438725.jpg48_20200312190439f30.jpg49_20200312190441049.jpg50_20200312190442137.jpg51_202003121904447e9.jpg
1_20191203082611f77.jpg2_20191203082613613.jpg3_2019120308261495b.jpg4_201912030826163b2.jpg5_20191203082617d33.jpg【概略・全文は上記記事をお読みください】
スポーツ新聞をゆったり広げる遅刻営業マン。携帯メールに忙じい女子大生・通勤ラッシュのピークを越えた車内は、穏やかな雰囲気に包まれていた。
トウレレレレ発車のベルが鳴り、ガタンと電車が動き出す。つられて左右に揺れる私の身体・昨夜、スポーッジムで張り切り過ぎたせいか、妙に気だるい。今日は仕事(保険会社の内勤)を休めばよかったか。そんなことを考えていた。H駅、K駅……快速電車は各駅停車のホームを次々にやり過ごし、次のK駅でどかっと人が乗り込んできた。車内にはまだ多少のゆとりがある。
いつもと変わらぬ朝の光景。いつもと同じ平凡な1日の始まりだった。
「おい!アンタ、自分が何言ってるかわかってんのか!」
「うるさい、この変態」
「いい加減にしろ、ブサイク!誰がおまえなんか触るか!」
醜い罵り合いを続けていると、間もなく駅の職員たちがその場に駆けつけてきた。駅員は、とにかく事務所まで来てほしいという。いいだろう。そこでキッチリ話をつけようじゃないか。状況を説明すれば、簡単に身の潔白が証明されるものと信じていた・階段をのぼり、改札脇にある事務所へ。しばらくここで待っててほしいと、パイプ椅子に座らされたはいいが、これが待て暮らせど、誰も入ってこない。そしてようやく入り口のドアが開き制服姿の男が扉の前に現れた。警察官だった。
「話は派出所で聞かせてもらいますから」
こうして悪夢は始まった。パトカーに乗せられ向かった先は、訳から1,2分の小さな交番だった。女は奥の部屋。私は机。それぞれが担当の警官を相手に事情を説明することになった。
女は相変わらず別室でギャーギャーと喚き散らしている。対して、理路整然とコトの顛末を説明する私。もはや、どちらが正しいかは明らかだろう。
「あのさ、このままだとラチが開かないから、警察署へ行ってもらえるかな?」
「えっ?ちょっと待ってください。何度も言ったように、僕の右手は吊り革、左手はポケットで、どう触るっていうんですか」「詳しい話は署で頼むよ」
有無を言わせぬ態度だった。再びパトカーに乗せられA警察へ。3階○×課。雑然としたフロアに机が8台連なり、その向こう側に取調室の扉が3つ並んでいた・私が入れられたのは、真ん中の部屋だ。私を担当したのは、三村(仮名)という刑事だった。
「本当はどうなの?」「ヤってないですよ」「正直に言った方がいいよ」
「何を言うんですか、いったい」半ば呆れた調子で答えつつ、周りを見渡す。窓も時計もない灰色一色の壁。安っぽいランプが置かれたグレーの事務机。ドラマで見たまんまだ。
「あの、弁護士とか呼べるんでしょうか?」
「うん、それは、まあ」
「チカンのえん罪とか流行ってるじゃないですか。今回のケースもそうなんですよ」
「::」「刑事さん、聞いてます?」「。。。。」
最初はまだ余裕があったが、あくまで無実を主張する私に対し、三村刑事はことある毎に部屋を出ていき、「やっぱりオマエがやったと言ってるぞ」と、女の意見しか取り上げない。さすがに背中に冷や汗が流れ始めた。もしや、私の言い分などハナから聞く気がないのではなかろうか……。
「女性が大声あげるなんて、よっぽどのことだと思うよ」
「そう言われてもヤってないものはヤってないですから」
「女の人に「ブサイク」なんて言ったらアンタ、マズイよ」
「それはチカンと全然関係ないじゃないですか。それにこっちだって駅のホームで変態って怒鳴られてるんですよ・誰だって頭にくるでしょ」
「あのさ、聞いてくれる?チカンしてもすぐに謝るならともかく、悪態ついちゃ女性だって怒るよ。彼女に訴えられたら、どうなるかわかってんの?」
「だから、私はヤってないって」
「全然わかってないね。そんな調子じゃ、君、しばらくここから出れないよ」
女がそう言ってるから、さっさと罪を認めてしまえ。そういうことなのだ。恐怖が身体を支配した。取調室や留置所に初めて連れていかれた人間が、もっとも恐れること。それは「いつ外に出られるのか」という不安だという。かなり重大な事態に陥ったことだけは間違いない。逮捕。私は逮捕されるのか。身体が震えるのと同時に、私は瞬間的に机に額をこすりつけた。
「すいません、許してください、すいません」
恥を忍び、プライドを捨て、何十回となく謝った・愚かにも、繰り返し詫びを入れれば許してもらえるかもしれないと考えた。自分がやってもいないのに、だ。
「もう遅いよ・女が告訴を取り下げないって言ってんだよね。ま、今回は相手が悪かったな。普通だ
ったらそこまで謝れば女も許してくれるんだけど、あきらめろや」
「そんな…」
「しょうがね-んだよ・チカンってのは、全く別な車両に乗ってるか、絶対に手の届かないところにいねえと、男の言い分は通じねえんだからよ」
やはり警察は、最初から私を犯人として扱っていたのだ。思考回路は失われ、もはや相手の言いなりだった。
「あの女、何才に見えた?」
「24、25才ですか?」
「バカ30だよ30・意外に歳いつてんだよ。そう書いておくからな」「はい」
「で、犯行の動機は?」「動機?」
「なんであの女の尻を触ったかって聞いてんだよ!」
「……えっと、その、ムラムラしたからだと思います」
「ったく、オマエはバカだな!もっと具体的に答えるよ!あの女のスカートを捲って、パンティの中を触りたかったんだろ」「……はい」
涙をこらえながら、屈辱的な取り調べをさらに2時間。さすがに、トイレには行かせてくれたが、
手錠に腰縄の上、背後から2人の刑事に「早くしろ!」だの「テメー、ばかかよ」と罵声を浴びせられては、出るモノも出ない。奴隷以下の扱いだったが、私は早く釈放されたい一心で、かたくななまでに卑屈な態度で捜査に協力し続けた。それが相手の印象をよくしたのか、途中で外部に1本だけ電話をかけることを許された。
「といっても、オマエが直接、話すことは許さん。私が代わって伝えてやる。相手は誰にする?」
聞かれるまでもない・今日、会う約束になっていた彼女だ。
「ここにお願いします。ただし、チカンで捕まったことだけは僕の口から言いたいので、黙ってても
らえませんか」
「そうか…・じゃ、待ってろ」
三村刑事が私の目の前で通話ボタンをプッシュ・彼女はすぐに出た。予定していた焼き肉に行けなくなって済まない。明日も会を休むと伝えてくれ。刑事が淡々と用件だけを口にする。聞けば、彼女はすでに私の会社へ「急病で休む」と連絡を入れてくれたらしい。メールも電話も一切通じなくなったのがあまりに不審だったため、先手を打っておいてくれたようだ。
たまらず涙が溢れ出た。取り調べを一通り終えた後、素っ裸でケシの穴まで検査され、地下の留置所に放り込まれた。これで全ては終わるはずだった。
しかし、正直、私の心は怒りで煮えたぎっていた。チカンと間違われ、国に収めた罰金は百万歩譲ってよしとしても、あの旦那と女だけは絶対に許せない。
留置所で私がどんな惨めな思いを味わったか…。オマエらにも、同じ屈辱を遭わせてやろうか。
…いや、止めとこう。これ以上、あんなイカれた女と関わってロクなことはない。
今の私がなすべきは、1日でも早く事件を忘れること。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ