★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
234_202003102127494e3.jpg235_202003102127515db.jpg236_20200310212753d96.jpg237_2020031021275428b.jpg238_20200310212755c2e.jpg239_20200310212756b03_2020072713261597d.jpg
とあるストリップ嬢の小遣い稼ぎ術

私はストリップの踊り子だ。全国各地、どこのストリップ劇場も若い客はほぼいないし、つくりもオンボロだけど、50代以上のお客さんはけっこう集まるものだ。私たちは巡業のような形で全国各地の劇場をまわって毎夜ステージに立っている。ウチの場合は6人の踊り子チームが一箇所に10日〜1カ月ほど滞在して、終わったらまた次の場所へ移動する形だ。ちなみに宿泊先はだいたいが近くのウィークリーマンションだったりする。一人一部屋のときもあれば、稀に二人で一部屋なんてケチってくる興行主もいるけれど。とにかくお昼からはじまるステージを一日2、3回こなして、夜になったら踊り子さんやマネージャー、劇場関係者とお食事して、宿に帰る毎日だ。私たちの給料は人によってぜんぜん違うのでなんともいえないけれど、月収で言えば60万〜100万程度の子が多いだろうか。それでも宿泊代以外の旅費やら食費なんかは自分持ちなので、意外とおカネは貯まらない。そこで、私みたいにコッソリお小遣い稼ぎをしてる踊り子もいる。実は私たちにはそれぞれ固定ファンがついている。劇場から劇場へと追いかけてくるような熱心な人たちだ。彼らは、毎年の傾向とか近隣の状況などから、私たちが泊まっているマンションの場所を把握している。夜中にコンビニに行こうと歩いてたら声をかけられるなんてこともちょこちょこあるぐらいだ。私のことを好きだと公言している60代のオジサンは、埼玉でも大阪でも必ず一回は劇場に観に来てくれる。夜、そんな彼が決まってマンションの近くで声をかけてくるので、すかさずおねだりだ。
「●●さぁん、ちょっとお酒飲みたいなぁって思ってたんだけど」
「おう、いいねいいね!じゃあ連れてってやるよ」
こんな調子でお酒や食事に連れていってもらうのはザラだ。 この人はいつもそれ以上のコトを求めてこず、食事に付き合うだけで「これ、なんかの足しにして」と1万円程度をくれる。熱心な追っかけでなくても、私たちの宿泊先を調べて声をかけてくる人もいる。お小遣いをくれるなら付き合うって感じだ。だが中にはそれ以上をガッツリ求めてくる人もいる。ある日、大阪の劇場近くの居酒屋で、踊り子たちだけで打ち上げをしていたら、見知らぬオジサン集団が話しかけてきた。「あ、今日観させてもらったよ。良かったら奢るから仲間に入れてくださいよぉ」
いったいどういうルートで打ち上げ会場を知るのかわからないが、こういうお客さんもときどきいたりするのだ。奢ってくれるならと一緒に飲み始めて、ワイワイ騒いでいたところ、一人がテーブルの下で私に紙を手渡してきた。
〈良かったらもっとお小遣いあげられるけど〉
 電話番号が添えられたメッセージを読んで悩んでしまった。エッチしたいってことだよなぁ。でもなぁ。実際、踊り子たちの中にはエンコーみたいに客とエッチしてる子たちも存在している。ていうか楽屋ではそんな話ばっかり聞くレベルだ。でも私はソレをするのはイヤだった。なんで見知らぬオッサンとヤらなきゃいけないのか。それならイケメンにこっちからカネを払ってエッチするほうが断然いいのに。でもお小遣いはほしい。その場が解散したあと、すぐにオジサンに電話をかけて合流した。「じゃあどっかで飲んでく? それともホテルに直行する?」
「うーん、でも私、期待にはこたえられないんですよ」
モジモジしながら言うと、オジサンは明らかに落胆した様子だ。
「そうなのぉ。でもアゲハちゃんともっと仲良くなりたいなぁ」
「えー。そうだ、もし良かったら、オジサン一人だけのために特別ショーっていうのはどう?」
考えておいたセリフだ。オジサンは納得したのか、私の手を引いてラブホテルに入る。エッチはしたくないけどお小遣いは欲しい。だから私はベッドに座るオジサンの前でストリップショーを見せることにした。音楽なんかないので無音のままだ。ゆっくり上着を脱ぎ、オジサンの顔の近くでオッパイを出す。「おお、こりゃイイねぇ」
と、手をムネに伸ばしてくるけど、いやいやそれは無理。ゆるりと身をかわして、次はパンティを脱ぐ。オジサンは興奮してるのか、ズボンの中に手を入れてアレをしごいてるみたいだ。あれ、そういえばお小遣いいくらくれるのか決めてなかった。
「ねえ、チップちょうだぁい」「おお、おお、そうだな」
オジサンは財布から1万円札を出して私に投げてくる。それを口に挟んでショーを続ける。後背位の体勢でお尻の穴が丸見えのまま、オジサンの顔の近くに持っていく。
「おお、おお!」万札がさらに2枚飛んだ。アザース!この夜、オジサンから合計6万円をもらってホテルをあとにした。後日、楽屋でこの顛末をみんなに話したところ、同じように『個別ショー』をやってお小遣い稼ぎをしてる子がいて、みんな同じことを考えるもんだなぁと感心した。

ストリッパーの世界
地元。香川県の高校を卒業後、私は左官屋、居酒屋、ウエイターなどいくつもの職を転々としながら、日本各地を渡り歩く日々を送ってきた。もともと放浪癖があったのだろう。土地に根を張ることが性に合わず、四国各県に5年、大阪4年、他に広島、名古屋、岐阜、で計3年、思いつくままの流浪生活だったといっていい。
そして流れ流れて東京へ・さっそく新宿のサウナを根城に仕事を探すうち、上京5日目に一つの立
て看板に遭遇した。
『Z劇場従業員募集!寮完備』
仕事は何でもよかった。どうせ長居はしまい。履歴書片手にZへ飛び込んだところ、社長が直々に応対してくれた。とても好待遇とは言えないが、寮費が一切かからず、おまけに毎日1千円の食費代まで出るという。悪くない。「何か他に質問ある?」「いえ、別に」
「そしたら、明朝に劇場に顔を出してくれ」
私の長い業界生活は、こうしてスタートした。
Z劇場は客席は帥、立ち見を含めれば100人も入る、比較的大きな小屋だった。従業員は私を入れて4人。仕事は大きく分けて3つある。小屋の外で客を呼び込むオモテ、入り口でチケットを切るモギリ、そして照明だ。オモテとモギリは誰でもできるが、照明には技術とセンスが必要とされる。ステージライトの演出、ピンライトやストロボなど小道具の使いこなし、音楽のセレクト等々、いわば舞台のディレクター的な役割だ。ステージの善し悪しは、照明の腕で半分は決まるといってもいいだ
ろう。新入りの私が最初に担当したのは、オモテだった。朝9時に出勤、店内の掃除を終わらせた後、ただちに路地へ繰り出す。
「さあどうすか、お兄さんたち、ストリップ。観る?はい、モギリさん。お客さん2名、ご案内!」
休憩の2時間以外はただこの繰り返し。正直、実につまらぬ仕事ではあった。
「ダメだぜ、杉田。オモテはちゃんとやんなきや」
愚痴っぽい表情をしていたのだろう、ある日の休憩中、2つ年上の先輩、崎野が缶コーヒーを差し出し言った。「でも、なんか意味ないような気がするんですけど」
「わかってね’な、オメーは。オモテのいちばん重要な仕事は、見張りだよ」
崎野はしたり顔で言う。ここら一帯のストリップ劇場には、ごく稀だが警察からガサを食らう。風営法が改正されて以来、性器の露出だけでも摘発の対象。Zが、郊外の劇場のように本番ショーや過激サービスを行わないのもそのためだ、と。
「でも、見張るっていっても、実際、書察が来たらどうしようもないじゃないですか」
「それはそうなんだけど、一応目だけは光らせとけって、ことだよ・ま、ガサなんて無いとは思うがな」
無いはずのガサが現実のものとなったのはそれから2週間後のことだ。
いつものように外に立ち、へらへら仕事をしていると、突然、通りを歩く人間がドッと劇場へなだれ込んできた。警察やんけ!慌てて中に入ったものの、時すでに遅し。どうやら最初から、客に化けた筈官が場内にいたらしく、踊り子の腕に手錠がハメられている。その横、同じく手錠をかけられべソをかく崎野の姿。社長も事務所で取り押さえられたらしい。従業員で崎野だけが捕まったのは、ヤシが手入れの際、照明を担当していたからだ。場外にいるオモテやモギリとは違い、公然わいせつ語助に当たるらしい。
もっとも逮捕された3人は罰金だけで数日で釈放。小屋もそれから3カ月後に営業停止処分を受け、また何事もなかったように再開するのだが、ただ崎野だけは、逮捕後、劇場へ姿を現すことはなかった。ストリップの照明は、ほとんどが担当者のアドリブだ。もちろん大まかな演出パターンはあるものの、ショーの内容によっては微妙に、または大幅に変更していくのが常。1回
1回がぶっつけ本番だ。照明室に入ると、けたたましいユーロビートのBGMに合わせ、補助についた先輩が早口でまくし立てた。初めはストロボを焚いて盛り上げろ、サビになったらミニブル(赤ライト)をゆっくり点滅だ。曲が終わる前にスモークを準備しとけ.頭では理解しているつもりでも、
なんせ初めての体験だ。上手くこなせるワケがない。
おまけにライティングの間、エアコンの調節やマイクで司会進行までやれというのだから、もうパニック状態。おかげで、踊り子がいるところを明るくし、いないところを暗くするという照明の基本すら満足にこなせない有様だ。ステージは目も当てられぬ惨状で、先輩や支配人もカンカン。踊り子など、出番の後、照明室に駆け上がってきて私に強烈な平手を食らわせた。
「恥かかすな、テメェ!」「…は……い…」
何も言えなかった。言えるはずもない。以後しばらくは悪戦苦闘の連続で、幕の上げ下ろしのタイミングをミスったり、ステージ登場の際に踊り子の名前を言い間違えたり、それこそ彼女たちからは、少し目が合うだけで「ジロジロ見てんじゃねえ」と罵られるほどの嫌われよう。正直、ヘコみまくりの毎日であった。じられなかった。
3年前、ある踊り子に一目惚れした烏越さんは、旧年以上勤めた会社をあっさり辞職、その後フリーターになった。通常、踊り子の営業日数は月に即日以上あり、サラリーマンの身では地方巡業が挟まった際、同行できないと考えたからだ。しかも毎回、ステージのたびに花束やらプレゼントを送り続け、客席で目立てるようタンバリンを練習する必死さ。そして何より、「絶対あの子をモノにする」と言い切っているところが凄い。恥ずかしがって、お目当ての踊り子の裸をまともに見れない追っかけが少なくない中、その行動力は天晴れとしか言いようがない。私としては、早く夢が叶うのを祈るばかりだ。2年前、社長から系列店の劇場責任者に命じられた。早い話が、実績を認められての出世である。といっても、内実は給料が1万ほど昇給しただけで、仕事の内容はなんら変わり無し。まったく、勤続6年でこれだけ待遇の上がらない業界もそうないのではないか。いやいや、一つだけ得したことがあった。何を隠そう、踊り子たちとのセックスだ。今しがた追っかけの話が出たばかりで変恐縮だが、少しだけこのことについても言わせていただこう。
皆さんはご存知ないかもしれない
が、彼女らの1日のギャラは、3万円が相場だ。前記のとおり、1カ月の営業日数が20日だから月収は60万円。しかし、舞台衣装や小道具、巡業時の交通日、宿泊費などはすべて自腹なので、実際は半分ほどしか残らない。さらに休みの日も、次の出し物を考え、練習に次ぐ練習。加えて、巡業の移動もある。むろん、そこまでして頑張っても人気が出ない場合は、どこの劇場からもお呼びがかからない。そう、ストリッパーは、想像以上にシビアな商売なのだ。
こんな状況下、彼女らの悩みや愚
痴を聞き相談に乗ってやれるのは、劇場の男性従業員しかいない。となれば、そこは踊り子もしょせ
んは女。心を許せる相手と体の関係をもつのは、ごく自然なこと。事実、普段は風俗でラクに済ませる私ですら、今までM人と関係したのだから。ちなみに、一般には、男性従業員が踊り子に手を出すのは御法度のように思われがちだが、うちの劇場に限っては、さにあらず。最初の面接のとき社長は確かにこう言ったのだ。
「奨めはしないけど、よくあることだからな」
大勢のファンから愛されている一方で、今、ストリップ劇場は絶滅の危機に瀕している。全盛期、全国に250もあった劇場が半分以下に激減、つい最近も老舗『浅草フランス座』が閉館となった。時代の流れとはいえ、実に寂しい限りだ。ただおかげさまで、Z劇場はまだまだ健在。連日とはいかないが、週末の金土にはたくさんの客で賑わっている。もし、まだストリップ劇場へ行ったことのない方、どうです?ヌキがすべての風俗もいいが、裸の女を前にやいやい騒ぐのもオッなもんです。何かおもしろい発見があるかもしれません。
関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

イイオンナ、ヤリ放題。 推川ゆうり他シリーズ商品(:) 実力主義バイブ(:) SM-VIP 手枷足枷M字開脚ベルト アイマスク付他シリーズ商品(:)

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ