★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
107.jpg110_2020031008302083b.jpg111_2020031008301939f.jpg
108_2020031008240304e.jpg不倫の成れの果て・夫婦の愛が憎悪に変わってしまった事件

夫婦の愛が終わるとき、そこには何が残るだろう?虚無や相手への嫌悪ならまだいいが、憎悪に達してしまうと怖ろしい事態を招きかねない。
仙台で知人の男らと共謀して妻が夫を殺害した事件が話題となったが、同様の事件が起きていた。妻が若い愛人と共謀し、自殺に見せかけて夫を焼き殺したのである。世の男たちを震え上がらせる〝炎獄計画〞は周到に練られたものの、やはりプロの目はごまかせなかった。

市街地外れのラブホテルに、やや不釣り合いなカップルが姿を現すようになったのは、1年ほど前からだ。専業主婦の有希恵(仮名27才)と、伸也(同21才)の2人である。有希恵は、7才の長男と4才の長女、そして優しい夫(同39才)に恵まれ、傍目には幸せな生活を送っていると思われていた。が、いったんキレると恐怖すら感じるタイプの実さんへの愛は冷め、甘え上手の年下男にぞっこんだった。彼に抱かれているときだけ、母でも妻でもない、本来の女に戻れたのだ。
2人の出会いは地元のソフトバレーチームだった。伸也は医療情報管理士の勉強をしている専門学校生。活動的で明るい青年に引かれ、有希恵は果敢にアプローチした。彼女にはホステスの経験があり、そもそも夫は店の客。どんな男だろうと落とすのはワケない。上目遣いに見つめながら、舌足らずな喋り口調で話しかけ、合間に色気を振りまけばイチコロだ。2人の仲が怪しいという噂は、バレーの仲間内ですぐに広まった。伸也が有希恵の荷物を運んであげたり、互いの試合を応援するなど親しげな様子が頻繁に目撃されていたのである。それでも有希恵は気に留めなかった。
(愛してるんだもん、別にいいじゃない。アンタたち私をひがんでるのね。悔しかったら若いオトコをつかまえてみなさいよ)
開き直りの言葉を心の中で繰り返し、伸也だけは絶対に放すまいと誓った。いずれ一緒になることが、有希恵にとっての〝結願〞だった。とはいえ有希恵には現実がある。自分をがんじがらめにする逃れがたい日常だ。
(ああ、自由になりたい! 自由になって今すぐ伸也のところに飛んでいきたいなぁ)
 仮面夫婦を切り裂く決定的な出来事が起きた。
「なあ、ちょっといいか。よく聞けよ」「ナニよ、改まって」
「お前の携帯メール見ちまったんだ。伸ちゃんって誰だよ。〝昨日は楽しかったね。またラブラブしようね〞って何だ! どういうことかきっちり説明してもらおうじゃねえか、ああ?」「ひどい! 他人の携帯見るなんて!」
「おいふざけんなよ、ひどいのはどっちなんだよ、答えろよクソアマ!!」
 有希恵はしばしフリーズした後、「別れてよ」と切り出した。この日が来ることは何となく予感していた。言い訳しても、ただでさえキレやすい夫を刺激するだけなのはわかっている。だったら素直な気持ちを吐き出そうと思ったのだ。が、夫は首をタテに振らない。妻の不貞をなじり、これでもかと怒鳴りつけるばかり。有希恵は貝のように口を閉ざして数日をやり過ごした。そして密かに、心の中で憎悪の炎を燃やし始めたのである。「伸ちゃん、私もう限界。アイツの存在自体に耐えられない」
「どうしても別れてくれないの?」
「うん。このままだと私たち、もう逢えなくなるかもしれないね」
「そんなの絶対ヤだよ。ユッキーと離れたくない」
「そうだよね、伸ちゃんがいない人生なんて考えられないもん。もう消すしかないよね、アイツを…」「え! そんなっ。……どうするのさ」
「私、考えたのよ。自殺に見せかければどうかって」
硫化水素、バット、灯油。有希恵は悪魔のアイデアを伸也に聞かせた。最愛の彼氏は驚き、青ざめ、やがて観念する。

実行当日
「ねえ、あなた、そろそろ機嫌直してね。もうちゃんと別れたんだから」
「わかったよ。だけど、もう二度と浮気すんじゃねえぞ」
「大丈夫よ。とりあえず今日は2人でラーメンでも食べに行かない?美味しいとこ知ってるから私の運転で連れてってあげる」
「なんだか気持ち悪いなあ。まあ、たまにはいいか」
子供の目があるので、家では計画を実行できない。とにかく口実を作って外へ連れ出す必要があったのだ。夫婦2人は自家用車に乗って外に出る。有希恵は睡眠導入剤入りのジュースを用意し、すぐさま夫に飲ませた。導入剤は伸也が知人から入手したものだ。ほどなく実さんは助手席で眠り始めた。
〝第一関門突破! あっさり眠ったよ。予定の場所に向かうね〞
〝了解。こっちはもう着いてるよ〞
 伸也とメールで連絡を取り合い、有希恵は計画どおりの場所へ車を走らせた。瀬戸内海に大きく突き出した大串半島には、総面積100ヘクタールに及ぶ大串自然公園が広がっている。園内にはテニスコートや野外音楽広場、温泉など多彩な施設が整備され、休日となれば家族らの姿で賑わう。その展望台駐車場が仕上げの場所だった。合流した2人はまず、車内に実さんを閉じこめて硫化水素を発生させようとしたが、うまくいかなかったため、「パターン2」に切り替えた。焼身自殺に見せかける方法である。車外に出された実さんを見下ろす2人。伸也の手にはバットが握られていた。
「いいよね」
「うん、やっちゃって。どうせ眠ってるんだから、本人もきっとわかんないよ」
 ひとつ深呼吸をすると、伸也は渾身の力でバットを振り下ろした。ゴキッ。頭の骨が砕ける鈍い音が響く。それを10回以上繰り返したところで車の後部座席に寝せ、灯油をかけて火を放った。 有希恵と伸也は犯行を敢行し〝自殺〞の発覚をいまかいまかと見守った。が、2日経っても騒ぎにならないどころか報道もない。
「車そのものが発見されてないのか」と考えた2人が11月3日夜に再び現場を訪れてみると、車が燃えずに残っていた。
「これじゃあタダの放置車みたいだよね。中でちゃんと焼け死んでるんだけど」
「オレあんまり見たくないなあ。早くやって戻ろうよ」
今度は窓を開け、燃えやすくした上で再度点火する。と、約1時間後、無事に通行人が燃えている車を見つけ消防に通報、実さんが車内から遺体で発見された。
告別式。有希恵は喪主としてあいさつし、泣き崩れた。周囲には「夫が自殺してしまったので、これから頑張って子供を育てないと…」と気丈に振る舞った。この時点までは、完璧なる〝悲劇の妻〞だった。しかし警察はそこまで甘くない。当初は自殺との見立てで捜査が行われたものの、やがて香川県警捜査1課の刑事たちは複数の不審点に気付いたのだ。
「解剖の結果がわかりました。ホトケからミンザイが検出されましたよ」
「なるほど。有希恵はダンナが1週間も帰ってこないのに捜索願も出してなかったんだよな。なのに本人はあくまで自殺だって言い張ってるんだろ?」
「はい。『以前から仕事の悩みを抱えていまして』なんて話してます」
「女は怖いねえ。だけどれ、1人じゃ無理だよな」
「もう鑑取りでオトコの影が出てきてます。割と単純なシナリオですかね」

「ああ、油断しないで慎に裏付けを続けてくれ」
県警は有希恵と伸也に任意同行を求めて事情聴取。2人はいとも簡単に落ち、殺人容疑で逮捕された。
「不倫がバレて別れ話をしたけど別れてくれなくて、殺そうと決めたんです。ネットで練炭自殺なんかを調べて自殺に見せかけようとしました。だけどやっぱりバレちゃうんですね。何も殺すことはないだろうって? カレに会えなくなるのがイヤだったんです」こう述しているという。

週末の夜、あなたは会社の飲み会で上司に飲まされベ□ンベ□ン。店を出た後、路上にうずくまってしまった。「大丈夫?どこかに入って休んでいく?」
女の声に顔を上げると、派遣0Lヨシエの顔があった。どうやら、介抱してくれていたらしい。ふいにあるウワサを思い出した。彼女は、少し押せば、誰でもヤラせる都合のいい女。まったくタイプではなかったが、酔った勢いだ。あなたは強引に彼女の手を引き、ラブホ街へ向かう。
「なあ、いいだろ?」「…ぅん」
そして1 力月後。あなたはヨシエに会社の屋上に呼び出され、耳を疑うような事実を告げられる。
「生理が来ないの」
生理が…来ない!?途端に目の前が真っ暗になった。そんなバカな…。たった1回で? ちゃんとスキンも付けたのに?
「ほ、ほんとにオレか?」「最低!あたしはそんな女じゃないわ!
とにかく、産むつもりだから認知してよ」
「産むっておまえ…冗談だろ。認知とか、そういうこと言うの、やめてくれよ」
あなたは必死にヨシエを説得するが、彼女は頑として聞かない。認知しないと、訴えて慰謝料を請求するという。完璧に避妊した自信はあるが、ヤッたのは紛れもない事実。さて、あなたがとるべき対応は?
ヨシエに交際を匂わせていれば別だが、単に酒いでセックスをしただけ。答は簡単だ。こんな女など放っておけばいいのである。ひたすら無視すれば、別の男との間にできた子供を育てる心配もカモられる不安もないのだ。認知もしない、金も払わないとは、なんたる人でなし。と思うかもしれないがさにあらず。ヨシエの産んだ子供とあなたがDNA鑑定をすれば白黒ははっきりする。認知はそれからでも遅くない。ただ、もしもあなたが避妊してなかったり、思い当たるフシがあるのなら、早めに誠実な対応をしておくことだ。
DNA鑑定で「親子関係アリ」と出れば、認知請求は100%認められる。
不倫現場の写真を撮られ浮気をばらすと脅迫状が送られてきたときの対処法
36才、妻子アリのあなたは同じ部署にいる入社3年目のOLと不倫の関係を続けていた。週2回は退社後に待ち合わせ、車でラブホへ。彼女の若い体を貪り、家庭に帰れば、よきマイホームパパを演じる。あなたは実にうまくたちまわっていた。そんなある朝、出勤前に朝刊を取りに行くとポストにあなた宛の封書があった。差出人不明。怪しいと思いつつ開けてみると…。
「私はある人の依頼で貴殿の素行調査をした探偵です。先日、女性との不倫現場を確認致しました。仕事柄、多くの家庭崩壊を見てきましたので、できることなら穏便に済ませたいと考えました。成功報酬の30万円を依頼主に代わってお支払いしていただければ、資料を破棄し、不倫の事実は報告は致しません。口座番号は…」
思わず失禁しそうになった。誰が探偵など?妻…いや、会社の身辺調査ってことも…
愛人、幸せな家庭。それが?1通の手紙で不幸のドン底へ。不倫ライフを満喫している方にはシャレにならん話だろう。バラされてしまえば一巻の終わり。30万は決して安くないが、それでモミ消してくれるなら…。気持ちはわかるがそう思ってしまったあなたはデッド!1度弱みを見せて、恐喝に屈すると口止め料だなんだとズルズルと金を引張られるのがオチ。これだけは絶対にやってはいけない。
ならば、とりあえず5万ほど払い、相手の反応を伺いながら正体を暴き、反撃のチャンスを…。そのファイテイングスピリッツには敬服するがこれもデッドだ。
結論から言おう。この脅迫状にはビタ1文払う必要はない。探偵を名乗っているが真っ赤なウソ。これは世の男たちをカモとする悪質な詐欺なのだ。
実は、今回紹介した手紙の文面は、実際に起きた事件で使用されたものである。
自称、医療器具販売員(59)とタクシ—運転手(57)は、高速道路付近のホテルから出てくる車のナンバ—を記録し、陸運局で住所を割り出した所有者のもとに、件の脅迫状を送りつけた。身に覚えのある者が振り込んだら儲けもの…。結果は予想以上だった。口座に振り込まれたのは111件約1170万円。何より驚くべきは誰も被害届を出さなかったことだ。みな一度や二度は思いあたるフシがあったらしい。
警視庁捜査課の調べでは、昨年9月までに同様の手口で約770名が被害に遭い、被害総額は一億円にものぼっているといぅ。つい昨年12月にも紳士録に名を連ねる高額所得者や大手企業の役員などを無差別に狙って「不倫を近所や会社にバラされたくなかったら50万払え」と脅しのべ1500万を手にした者もいたぐらいだ。裏を返せば、かくも世間で不倫が蔓延していることの証明だが、もしあなたのもとに同様の脅迫状が届いても、決してビビってはいけない。
以下のチエックポイントにあてはまれば、まずニセモノとみていい。
①探偵社や信用調査会社を名乗っている
②不特定多数の人間に送りつけるために具体的な情報が記載されていな
③あなた自身、マイカ—でラブホテルへ行くことが多い
不倫は夫婦間の貞操義務を違反した行為だが、民事に該当するため警察は関知できない。
一方、相手のやってることは金品をたかる脅迫、つまり恐喝という立派な犯罪行為だ。迷うことなく警察に委ねよう。そして'もし相手との連絡が可能なら警察に訴えたことを告げるべきだ。断固、恐暍
に屈しない態度を見せれば、相手は必ず引く。連中の目的はあくまで金。逆上して写真や手紙を送りつけたところで、恐喝の証拠を増やすことにしかならないことは、連中だって十分理解している。ただし、相手が金品目的ではなく、あなたに個人的な恨みを抱いた人間だとしたら、話ははやい。
不倫現場の写真を撮られ脅迫された時の対処法

ある日《親展》で届いた真っ白な封筒。裏返しても差出人はない。ダイレクトメールだろう。気軽に封を切ると、中に入っていたのはそっけないワープロ打ちが1枚。
「証拠写真持ってます。お振りこみ・・・・・」
つまり相手は、不倫をバラされたくなければ、10万円を出せと脅迫しているのである。もちろん、心当たりがないなら考える必要はない。手紙を持って警察に届ければいいだけのこと。銀行口座から犯人が摘発され、感謝状の1枚ももらえるかもしれない。が、問題は浮気の事実があった場合だ。
会社に乗り込まれでもしたら最悪、クビになりかねない。10万ならなんとかなる額だし、この際、払っちゃうか

一昨年、神奈川のラブホテルに出入りする3ナンバーの車の所有者にバラ撒かれた約900通の脅迫状に対し、111人が約1200万あまりを振り込んできたという。同じような場面に遭遇したら、さてあなたならどうする?

被害者が届けを出したがらないため公表される事件数は少ないが、この手の個人恐喝は日常的に頻発している。手口は前記したように、ラブホテルはもちろんのこと、公園やスーパーの駐車場にカップルでいたという理由だけで、車のナンバーから所有者を調査、脅迫状を送りつけるというもの。
結果、1人でも2人でも勝手に金を振り込んでくれればラッキーというやつだ。

住所はおろか、興信所の名前や携帯番号も記されてなければ十中八九でっち上げ。放っておけばいい。(そんなこと言っても無視して証拠写真を公開されたらシャレにならん。10万くらいなら金を払っちゃえ)そう思うかも知れない。10万円で安心が買えるなら安いモンだと。が、金を払えば問題は解決するのだろうか。答は否である。金を出す、イコール脅迫者に自ら不倫の証拠を与えてしまうことだ。あとは「10万じゃ足りないから、もう、10万出せ」

と相手にしつこくつきまとわられるのがオチだろう。
対処法の正解は、黙って向こうの出方を待つ。これしかない。本気で脅す気があれば、改めて証拠をほのめかすぐらいのことはしてくるはず。いきなり証拠の写真や怪文書をバラ撒いたところで、相手は一銭の得にもならない。

「ホント、脅迫状を読んだときは目の前が真っ白になりましたよ。アタマの奥でガーンって音が聞こえましたもん、いやマジで」

そう話すのは昨年末に手紙を受け取ったM氏だ。埼玉の奥さんの実家で暮らし、東京の勤務先までマイカー通勤する37才である。
何でも2年来の愛人がいる他、馴染みのキャバクラ穣と店外デートしたり、地方出張でハメを外すことも少なくないという。
「考えれば心当たりはアレコレありましたから、もうパニックでしたよ。写真でもバラまかれれば家は追い出されるし、女性の多い職場ですからよくても地方へ左遷でしょうね」
しかしM氏の場合、思い当たる節が複数あったことが幸いした。いつ誰と会ったときのことかと、手紙の隅々までチェックして気が付いた。指定された口座は東海エリアの地方銀行で、手紙の消印は大阪。
(オレの担当は北関東だから、ここ何年も西に出たことはないし。いくら全国にネットワークがあっても、大阪から郵送するなんておかしいな)
支払うべきか、無視するか。悩んでいるところへ電話が来た。
「まだお振り込みいただいてないようですが、このまま私どもが所有している証拠を会社と奥様にお送りするということでよろしいわけですね」
「最近、大阪の方へはでかけたことないんですが、これはいつごろの話ですか。私、どんな女性と一緒でした?」「え。。。」
答に詰まる相手を見てMさんはハッタリをかました。
「あなた本当は証拠なんて持ってないんじゃないですか。先日の手紙は警察に届けますから」
相手の男は慌てて電話を切り、以後、現在まで手紙も電話もないそうだ。
お手軽な無差別犯は恐るるに足らずだが、少々面倒なのは証拠を掴まれているケースだ。例えば、手紙と一緒にホテルに出入りする自分の写真が同封されていたら、どう対処すればいいのか。
まず、この場合も相手の特定からとりかかる。どの程度こちらの個人情報を把握しているのか。素人か、恐喝のプロか。加え、暴力団関係者か否かという問題もある。
さらには奥さんが依頼した興信所の調査員が小遣い稼ぎに脅してきた可能性や、浮気相手の犯行という線も捨てきれない。考えれば考えるほど周りの人間が信じられなくなるだろう。が、慌てて奥さんや浮気相手を問いただすのは逆効果。冷静にひとつひとつ可能性を消していこう。
相手が探偵社や興信所を名乗るなら、地元の調査業協会に確認してみるのもひとつの手だ。協会に登録してあれば協会側が話をつけてくれる。しかし、最も確実な方法は警察に届けることだ。
『何月何日何時ごろ、私が家にいたところ、こう名乗る人物から電話がかかり、先に送りつけてきた私と○○さんとの不倫をほのめかす写真を話題にしこの写真を買えと強要。それを拒絶したところ、こういう形の言葉を残して電話を切りました》
5W1Hさえ揃った届けが出せれば電話でのやりとりを録音などせずとも十分な証拠になる。
昨今、警察の不祥事ばかりが取り沙汰されているが、事件を立件できるとなれば警察は確実に動く。ある警察関係者は言う。
『恐喝で喰ってる人間のことは掌握してるんだ。けど、証拠がなくて捕まえられないわけ。だから届けが出ればすぐ引っ張ってくれるよ』
でも、警察になんか届けたら元も子もないよ。カミさんに浮気がバレ、ヘタすりや会社にも知られてしまう。恐らくほとんどの人がそう思ったに違いない。が、これまた現実とは違う。確かに家族や職場の同僚への聞き込みが事件捜査の基本ではあるが、新聞報道を見てもわかるとおり被害者のプライバシーは基本的に守られる。よほど大がかりな事件でない限り記事になることはないし、仮に報道されたとしても警察が家族や職場の人間に対し事件をにおわすなどの動向はありえない。
万一、警察のせいで事件が会社にバレ、挙げ句、クビになったとなれば警察が損害賠償で訴えられかねない世の中なのだ。まず、心配は不要である。ただ、警察から緊急な呼び出しなど、通常と異なる事態が起こることは承知しておかなければならない。
会社の上司には差し障りのない事情を話し、家族にも「オレが担当の仕事でトラブルがあってさ」などと不信感を与えないだけの努力は必要だろう。失敗するパターンは、開き直れなかった点にある。確かに元々の原因を作ったのは自分だが、他人の弱みに付け込んで強請っていいわけがない。たじろがず、正々堂堂と対応するのが唯一の道だ。手紙が送られて来た時点で連絡を入れ、実際に会って向こうの出方を探るべきだった。「お手紙を拝見しましたが、何の相談でしょうか」

相手が持ってる証拠を確認し、ひとつひとつ言い分をチェック、矛盾点があれば突いていく。ここで相手から具体的な要求を引き出す。のらりくらりと対応し「金出せって言うんだよ」

と怒らせれば勝ちだ。短気なヤツなら、ほっぺたのひとつも殴ってくれるかもしれない。挑発に乗ってこない相手でも、脅迫はしょせん非合法。脅す側の心理として、手強い相手にかかわってリスキーな仕事をするより、簡単に取れるところから取ろうと考える。
『わかりました。では弁護士を通じてこの問題は解決したいと思います。それが私の誠慧です』
いくら大義名分を振りかざしたところで恐喝だ。正面から受けて立たれれば、よほどの熟練者以外は逃げ出すだろう。
☆以上の方法で恐喝者を撃退することはできる。が、覚悟しておいてほしいのは、ネタを掴んだ恐喝者は、何度でもやってくるということだ。
金を払えばもっとくれ。払わなければ怪文書や証拠写真をバラ撒いて嫌がらせをする連中もいる。心当たりのある方は、いざというときのため、常日頃から自己防衛の技を考えておくべきだろう。

風俗でクラミジア・カンジタがうつった時の対処法

風俗店でクラミジアをもらった男性が恋人や妻に2次感染させるケースが急増だ。
1〜3週間と潜伏期間が長期に及ぶため、気づいたときにはすでに遅し、というのが実状だ。ただしこのクラミジア男性と違い女性に感染しても、ほとんど無症状で生理痛ほどの痛みしかない。ってことは黙ってりやバレないじゃない。そう思ったあなたはあまりに愚かだ。彼女と二度とセックスしないなら話は別だが、これは再び病原菌があなたに返ってくることに他ならない。長く菌を保有するほどHIVなど他の性感染症にかかる危険性が増す。ここはやはり事情を説明して病院に連れて行くのがベス卜…なのだが、同時にそれは彼女との関係が終わることも意味している。残された道はひとつしかない。彼女にこっそり薬を盛るのだ。
冗談ではない。あなたが処方された薬を食事やコーヒに砕いてサラサラサラ…。抗生物質なら3〜4日、抗菌物質なら〜2 週間で効き目が出るはずだ。仮に処方薬が余っていない場合でも手はある。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ