★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
054.jpg048.jpg049.jpg1_20191203112408852.jpg2_2019120311240972d.jpg
1、オナニーのオカズに最適・ヘルス嬢のぬくもりテイクアウト
SnapCrab_NoName_2019-6-9_10-39-29_No-00.png
待ちに待った給料日。会社を出たらファッションヘルスに直行
なんて日は、あの独特の消毒液の匂いにも、苦痛どころか逆に気合いが入ったりしませんか。
もっとも、女のコとの楽しいひとときはぜいぜい40、50分程度。その後は寂しくアパートへ帰り、夜、女のコの感触を思い出しながらオナニーにふける、なんて男性も多いのではないでしようか。かくいう私もそんな独身男のー人なんですが、私の場合、プレイや女のコを頭に浮かべるだけでなく、実際に体験したプレイのぬくもりをそのまま持ち帰り思い出にひたっています。これでオナると、気持ちよさもまた格別でして…。
待ち合わせでスッポカシを食らった私は、怒りを静めるべくその足で某ヘルスへ向かいました。出てきた女のコは、私好みのボッチャリ素人タイプ。
本人いわく「入店まもない」らしく、確かに手つきもぎこちない。私は彼女にかなりいい印象を持ち、プレイの最後はオプションの「顔射」を注文、ー滴残らず彼女の顔面にぶちまけました。
いやー満足満足。別室のシャワールームで口ーションを洗い流してもらった後、女のコがお約束のようにいいます。
「部屋に先に行ってて」はいはい、待ってますよとバスタオルー枚で部屋に戻り、煙草をくゆらせる私。何げにベッドの上部へ目をやると、プレイ中、女のコが枕にかけていたピンクのバスタオルが
その光景に何も感じるはずはありません。が、そのときの私は違いました。
バスタオルを見つめるうち、コレには“彼女のぬくもり“が染みついてるとの思いが沸き起こり、考える間もなく、自分のバッグの中にしまい込んでしまったのです。まもなく女のコが部屋に戻ってきたものの、異変に気づく様子はまったくなく、そのまま店の外へ。
私がその夜、彼女のぬくもりを感じながらオナニーにふけったことは言うまでもありません。しかし、バスタオルの匂いなんて、2日もたてばキレイさっばり消えて無くなります。となれば、やるべきことはーつ。また新たな匂いを求めて、ヘルスに繰り出すのみです。その後、3回足を運び、3回連続で匂い付きタオルを失敬しました。
パクるのは、いずれもプレイ後のシャワーからー人で部屋に戻ったとき。気つくコなどー人もいません。しかし、ある日、セクハラプレイのできるイメクラへ出かけたとき、困ったことが起きました。この店、タオル失敬の鍵を握るシャワーがプレイルーム内にあるのです。
なればあきらめればいいじゃないか。皆さんはそう言うでしょう。ところが、このとき相手してくれたのがクッキリとした顔立ちに見事な巨乳という抜群の女のコ。しかも、この店のタオル、私がまだ持っていない緑色なのです。欲しいーでもどうやって?
チャンスは最後に訪れました。女のコがフロントへ終了の内線をかけるため、壁にかかった電話機を手に取った瞬間、彼女の目が私から離れ・・自分で言うのも何ですが、見事な早業でした。
★これまでパクったタオルが全部で12枚。今後もぬくもりを失敬させていただく所存ではありますが、やっぱりこれって犯罪なんですよね。
キャバクラ嬢の隠しロッカーの私物入れの臭いをかぐ興奮
「ヘルス嬢のぬくもりテイクアウト作戦」。ヘルスのバスタオルをオカズにするという前向きな発想、感銘いたします。何を隠そう、この私も密かに「ぬくもり」をお持ち帰りするオナニーライフを満喫しており、今回は同好の友にぜひ話を聞いていただきたど筆をとった次第です。
思い返せば半年前、私は池袋を中心にキャバクラ通いに明け暮れる毎日でした。中でもハマっていたのが「R」にいた米倉涼子似のミキちゃん。いくら指名してもアフターさえ付き合わないという鉄のディフェンスを誇るイイ女です。当然セックスなど夢のまた夢。私にしてみればオナニークイーンとして毎晩オカズにするのが精一杯でありました。
いつものように彼女に軽くあしらわれ、ションベンでもして帰るかとホロ酔い気分で店のトイレに入った、ある日のことです。カギを閉め快感に浸っていると、オヤ?壁の扉が半開き。どうやら水省メーターなどを収納するボックスのフタのようです。別段考えもなく覗き込むと…プーン、と甘ーい臭いが鼻を付いてきました。
そして暗がりに浮かび上がるのは、ヴィトン、プラダにブーツ・・なんだコリャ
このスペースはキャバクラ嬢の私物入れ、つまり「隠しロッカー」に閣遅いありません。香水と若い女の体臭が入り混じった、むせ返るようなニオイにムラムラしていると、オカズにするほどミキちゃんを観察している私にはすぐに彼女のモノだと気づきました。この中にミキちゃん愛用の品々が入ってるんだ。クー、もつタマランぜ。気がつけば私はバッグの中を探り、化机ポーチから口紅を取り出してポケットに突っ込んでいました。
もちろん、その夜のオナニーは格別。ベスト・オナニー・オブ・ザ・イヤーといつてもいいでしょう。たかだか口紅1本です。騒ぎになる心配はありません。実際、その後に店を訪れても、普段と変わった様子はゼロ。ミキちゃんもどこかに落としたぐらいにしか思っていない
味をしめた私は、再びミキちゃんのハッグから、飲みかけのペットボトルを盗むことに成功したのですが、そこでふと、こんな考えが頭に浮かんできました。Rのような狭い店では女のコたちの私物スペースを確保するのは容易ではありません。苦肉の策として、漬婦用具入れやトイレをロッカーと兼用している店は他にJP多いのではないでしょうか。果たして予想は大当たりでした。
馴染みのキャバクラの中でも、狭い店を選び、「隠しロッカー」を探すと、用具入れや、洗面台の下など場所はまちまちですが、かなりの確率でキャバ嬢の私物を発見することができたのです。こうして今まで10軒ほどの店からテイクアウトしたキャミソールやブラウス、ハンカチ・・も私にとってはその1つ1つがかけがえのない宝物になっています。でも、これってやっぱり犯罪ですよね。
2、仰向けオナニー派の必需品
寝転びスマホオナニー派にとっては必須ともいえる、スマホスタンド。かつて裏モノでは、アーム部分が蛇のようにグネグネ曲がる「フレキシブル」タイプを推していましたが、あれって実は位置の調整が難しいんです。グネグネする素材とはいえ意外と強力で、力を込めないと曲がってくれません。スマホを数センチ下に移動させようとして、根元のほうまでグラつくなんてこともしばしばあります。そういう意味ではこの関節折り曲げタイプのほうがだんぜん使いやすい。好みの位置にスタッと決まるし、使わないときの収納もラクチン。おすすめします。
一人でラブホにやってくる石原さとみ似の美人はオナニーマニアだった

歌舞伎町にあるラブホテルで働きはじめた。仕事は清掃とフロントの兼務。シフトの状況によって、どちらか一方を受け持つのだが、俺が好きなのは断然フロントだ。

重労働の清掃と比べて、ただ座ってるだけでいいのだからラクチンだし、何より管理モニターをチェックするのが楽しくて仕方ないのだ。管理モニターには、各部屋の使用状況がすべて表示される。

現在までの滞在時間はもちろん、視聴しているテレビのチャンネルや、自販機でどんなアダルトグッズを買ったかまでわかるのだ。だから、受付では澄まし顔だったカップルが、入室後にバイブなんぞ購入しようもんならニヤリだ。あんなマジメくさった女が、今ごろバイブ突っ込まれてひぃーひぃー言ってんのか!と妄想する楽しさと言ったらもう。
あれは、仕事をはじめて半年ほどが過ぎた、ある夏の昼下がりだった。フロントでぼけっとエロ本を読んでいると、若い女がエントランスから現われた。客のようだが、連れの男は見当たらない。いかにも恐る恐るといった感じで、彼女が受付の小窓をのぞき込む。

「あの〜、ひとりなんですけど入れますか?」
世間には単独でラブホへやってくる女が少なくないとは聞いていた。もちろん彼女たちの目的はオナニーやテレフォンセックスなのだが実物を目の当たりにしたのはそのときが初めて。

俺はあらためて目の前の女に視線を投げた。歳のころは20代前半。前髪ぱっつんのロングヘアーに、花柄のワンピースという出で立ちで、顔は石原さとみを彷彿させるほどの美形。こんなおしとやかなコが、ひとりでラブホに何の用なの?オナニー目的とか信じられないんだけど。呆然とする俺に、彼女が再び口を開く。
「ひとりで大丈夫ですか?」
「あ、はい。大丈夫ですよ」
受付を済ませエレベータに消える彼女。しばらくしてから彼女の部屋をモニターチェックした。放映中の番組はアダルトチャンネルで、ピンクローターが自販機で購入されている。げげ、確実にオナニーしてんじゃん!

2時間後、彼女がチェックアウトにやってきた。室料は前払い制なので、ローターの代金を請求する。「アダルトグッズ代が1千500円になります」「あ…はい」
えーやだぁ、はっきり言わないでよ。そんな羞恥の色がかすかに浮かぶ。いかん、股間が熱くなってきた。あとで清掃係のおばちゃんにそれとなく確かめたところ、彼女が去った部屋には、使用済みのローターがベッドに転がっていたという。

せっかく買ったんだから、持ち帰ればいいのに。彼氏がそういうプレイを好まないのだろう同じ月、ふたたび彼女がホテルにやってきた。その日、清掃係をしていた俺がたまたまフロントに立ち寄ったところ、ちょうどチェックインしている場に居合わせたのだ。

よほど前回のオナニーが快適だったらしい。彼女が帰った後、クリーニングで部屋を訪れた俺は、ベッドに放置された1本の小型バイブを見つけた。今回はバイブですか。一緒にいる同僚が気づく前に、とっさにズボンの中にねじ込む。

清掃終了後、すぐさまトイレにこもり、つい先ほどまで彼女の体内にあったバイブを取り出した。しげしげと眺めているうち、妄想がとめどなく溢れてくる。あれほどの女なのだから彼氏がいないとは考えにくい。にもかかわらず、わざわざ自分でオモチャを買ってオナニーするってことは、きっと彼氏がそういうプレイを好まないからだろう。彼女自身は強く望んでいるのに。実家暮らしなことも間違いない。オナニーしようものなら、あえぎ声が家中に筒抜けになるアバラ屋なのだ。だからわざわざラブホテルまで足を運び、その都度、使用済みのオモチャを捨てていくのだろう。手狭な家じゃ、バイブなんて隠しようもないしな。

勝手に性生活を想像するだけで、名前も知らない女が急に身近な存在に感じられるのだから不思議だ。俺は、彼女が使った、ほんのりと酸っぱいニオイの漂うバイブを舐めたり、嗅いだりしながら、豪快にマスをかいた。イボイボ付きやGスポット専用にまで
以降も、彼女は定期的にホテルにやってきた。頻度は月に1、2回。日時は決まって木曜の午後だ。ラブホの常連客は、必ずといっていいほど従業員に顔を覚えられる。それが美人のオナニーマニアとくればなおさら注目の的だ。ために、俺が清掃係を担当する日でも、彼女が現われればすぐに情報が回ってきた。「来たぜ、例のオナ子さん」むろん、そのたびに彼女がチェックアウトするタイミングを狙い、ナマの姿を視姦したのは言うまでもない。そうやってオナ子さんの動向を見守っていくうち、俺は彼女が購入するオモチャにひとつの兆候があることに気づいた。だんだんハード志向になっているのだ。はじめはローター、次は小型バイブだったが、それ以降は段階的にサイズが大きくなっていったのだ。のみならず、イボイボ付きやGスポット専用など、バイブの性能面も過激化している。最終的に、オナ子さんは数珠が連なったようなアナルバイブにまで手を出した。先端に茶色い“実”のついたバイブを見たときの衝撃は、いまだに忘れられない。去年の春、およそ10カ月にわたるオナ子さんのラブホ詣ではピタリと止んだ。それから現在まで、彼女の姿は一度も見かけていない。きっとバイブでずこずこ突きまくってくれるド変態の新しい彼氏ができたのだろう。これまでさんざん彼女に世話になった者としては、幸せになってもらいたいものだ。

オナニストから支持されるオナホール人工マンコの使い心地

オナホマニアなら「電動オナホに当たりなし」という格言を聞いたことがあるかもしれない。それほどに電動系のオナホはヒドイ商品ばかりだったのだ。その問題は回転系の刺激という点につきる。どんなに柔らかくて気持ちいい素材を使っていたとしても、チンポの周りをぐるぐるするだけでは、とてもじゃないが気持ちよく射精できない。というか射精すらままならないだろう。やはりペニスには上下運動が一番だ。そこで登場したのがこの「KUUVAL」だ。
こいつの持つ上下運動能力は伊達じゃない。最大7.6センチもの可動幅があるので、普通サイズのペニスの持ち主であれば十分すぎるほどのシコシコ感が味わえる。さらにボトム部分に吸盤が付いているので、そいつをテーブルに付ければ両手を自由に使うことができる。ズリネタを操作するもよし、両乳首を自分の指先で刺激するもよしだ。過去、電動オナホで失敗した人にこそ試してもらいたい。なお、標準サイズより大きなペニスの人は、可動しないことが多いようなのでご注意を。
現在、全国のオナニストから最も支持されるオナホールだ。別名「人工マンコ」と呼ばれており、その再現度の高さから、このオナホのおかげで風俗通いが辞められたというレビューまで存在する。
最大の特徴は、自分のチンコが馴染んでいく感覚を味わえることだ。 
使い始めは少しキツめ。入口も狭いので、穴に入れるのも一苦労。ミチミチと押し広げながら奥に進んでいく。処女に挿入するあの感覚を思い出す。
何度か使用するにつれて、ヒダや内壁の凹凸をチンコが感じ始める。オナホ全体がチンコを欲しているかのような吸引力。ゴリゴリと亀頭を刺激する子宮口。20代後半の成熟したマンコのようだ。
使い始めて1カ月ほどで、オナホの内部全体がふやけてきて、まるで自分のチンコのために作られたように感じるほど、ほどよい刺激に包み込まれる。まるで豊満な熟女のマンコである。まったりしたオナニーには最適だ。正直に言って、これ以上のオナホに出会える自信がない。それほどまでに完成されている。
言うまでもなく、人は気持ちいいことを好む。己の行動を決めるとき、それが気持ちいいか悪いかは、極めて重要な判断基準だ。中でも、より純粋に快感を追求した行為がオナ二ーだろう。思い思いの方法で己の世界に没入する悦びは、何にも代えがたい。そこで聞きたい。果たして皆さんはどのようにマスをかいておられるのか。ズリネタを見ながら右手でシコシコフなるほど、それが伝統的かつ確実なやり方であろう。
しかし、死ぬまでの間、何千・何万回と付き合っていくことになる生涯の生理現象「射精」を、陳腐でカビ臭い右手でシコシコなんぞに執着していいのか:それで本当の満足を得られるのか。答えは当然「ノー」だ。何事にも応用・開発は重要だ。フロンティアスピリンツ溢れる独自のセンズリ法を編み出してこそ、真の男というもんだろう。
今回は、インターネットで見つけたオナニー掲示板の協力を得て、そこに集うオナニスト達のワザをリサーチしてみることにした。気持ち良くなるために努力を惜しまぬ男たちの、素晴らしきテクニックをとくとご覧あれ。
こすりつけやすいです。吹くところと、音がするところに精子をそそぎ込むのです。すこく臭くなります。何人かの女子の笛でやったけど、気づかれません。音楽の時間が楽しみです。黄色くシミになっている笛もあります。男子あこがれのアイテム、リコーダーに射精。そのストレートな発想がすばらしい。
クローゼットに結び付けます。勃ってくると締め付けられるわ、身体をくねらせれば左右にいたぶられるわでスゲーです。最終段階まではちょっと時間がかかるけど、休みの前の日なんかに気長にやるのがいいかも。人に見られると言い訳できない事態に陥るが、プレイヤーは至上の悦びを得られるはず。ハイリスク・ハイリターンだ。
わしが飼ってるスピッツのトム。サービス精神旺盛なヤツで、女の子の股ぐらの匂い巻唄ぐのが大好き。特に生理中の匂いには目がないらしい。若い女の子が「かわい~」と言って近づいてくると、股ぐらに鼻先を突っ込んでクンクンやってる。そこで思いついたのがトムにフェラさせる事こ。ちょっとヌルヌル感が足りないが、あの舌使いは女の子には真似できそうにない。ものすこい高速でチンカスを証めとってくれる。あまり同じところばかり砥めさせると、亀頭が痛くなる。チンボはできるだけ汚くしておく事。犬はそんな匂いが大好きだからね。
犬を飼っている方であれば、誰でもチャレンジできる良策である。
桃(半分切り)の真ん中に切り込みを入れへこんでいる方から挿入!一緒に入っている汁をかけながら桃をゆっくり動かす!ちなみに黄桃の方が表面ヌルヌルで気持ちいいです。
試してみたい、という衝動にかられる得体の知れない魅力がある。モモ缶・・。なんだか、やけにソソる響きだ。
女の子のリコーダーでオナニーします。臭いおちんちんをこすりつけて、そのまま射精します。アルトリコーダーが大きいので、SMに使うような長めの口ープをチンチンにまきつけて、そのままそのはじっこを、イスやクラッシュを哩ぎ嘆ぎ、乱丸(AV女優)のビデオを観ながら、空気弁付きアナルプラグをぶっさして、空気で満タンに膨満感をあじわいつつ、風船状のプラグをむりくり出す。ケツマン全開で、バイブをオン。これは最高ですね。
テンションは高い、が、チンコはいじっていない。それだけがオナニーではないという良い見本だ。
僕は時々夜の公園にいって、全裸でオナ二ーをします。チンポをなぜる風がとても気持ちいいです。たまに少年少女のための砂場にいつて、砂の中にチンポを突っこみ腰をふります。砂の中はじゃりじゃりしてて、とても感じます。それにひんやり感がまたたまりません。すぐに、いっちゃうのがたまにキズです。
公園で全裸:一瞬、気持ちよさそうだな、と混乱してしまう深みがある。純粋な心でトライしよう。
まずは普通にこすります。汁が出てきたら力テーテルを寸前まで挿入。力リ首に洗濯バサミを何個も付けます。入れっばなしでしこくとカテーテルが抜けちゃうんで、ペニス全体にロウソクをたらし、力テーテルを固定します。この辺で息が荒くなって我慢できなくなってきます。最後におりものでゴワゴワになった生理用ナプキンをペニスに巻き付けます。強く握って動かすと固まったロウがパリパリとくだけ、力リ首に突き刺さるような痛みになります。それを我慢し、さらに早くこすります。ドロド口になったカテーテルが勢いよく大量の精子と一緒に飛び出しまう。2-3日はぺ二スが痛いけど週2のベースでやってます。
本人もすでに後戻りできない場所にいるのだろう。行きつくところまで行ってほしい。
上級者向け
盗んだブラを使って、仮性包茎のペニスを完全に剥いて固定します。オカズを全部出してきて、
オナ二ーは発想力・想像力が決め手である。人によって様々なオナ二ーがあって当たりまえ。つまりは、チンコの数だけオナ二ーの方法もまた存在しているのだ。皆さんの健闘を祈る。
オナニーに覚醒した猿
ネットの回線速度が上がるにつれ、バカのトレンドは画像から動画へ移行しつつある。そこで今回は、本コーナー初のバカ動画を取り上げてみたい。題材は「チンパンジーが、不思議そうに自分のチンコを覗き込んだら顔面を直撃」という、1秒程度のシーンを記録した動画だ。動物ならではのホノボノとしたバカだが、問題はやはり「なぜチンパンジーはチンコを覗いたのか」だろう。
日常的な行為に、なにをいまさら悩むことがあるのか。答えは「尿道」だ。ご存知の方も多いだろうが、尿道は人体のなかでも有数の性感帯である。実際、そこに異物を差し込むプレイ好きの女性は数多く、いわゆる「尿道オナニー」というジャンルが確立されるほど。とある泌尿器科の医師によれば、体温計や耳かきが勝脱に入って取れなくなり、診察を受けに来る女性は珍しくないという。中には尿道を拡げたがる女性までいて、チンコが入るほどの拡張に成功した例もあるとか。こうなると、もはや尿道セックスの域である。もちろん男性も負けてはいない。海外の関連サイトを見れば、チンコに何を入れたかが日々報告されており、この世界の多様さに驚かされる。ある者は、掲示板で嬉しそうにこう書き込んでいた。「昨日は直径3ミリのパスタを入れたよ。20センチぐらいの、固めに菊でたやつが最高だな」どうリアクションを取ればいいのかわからない。だが、これこそ彼らにとっては生きた情報なのであろう。他にも、耳かき、試験管、ドライバー、五寸釘など、例を挙けていけばきりがない。
細くて長いものなら、たいていは使用レポートが報告されているのだ。むろん、彼らは使用器具の自慢大会をしたいわけではない。本筋はあくまでも「尿道オナニーの気持ちよさ」を、みんなでわかちあうことにある。尿道とは奥へ行けば行くほど快感の度合いが上がるものらしい。チンコは、付け根のあたりで上下に分岐しており、下へ向かうと精嚢にたどりつく構造になっている。そして、その途中にかの有名な「前立腺」があるのだ。紅門から前立腺を攻めるテクニックは今さら説明するまでもなかろう。それを尿道オナニーは、内側からじかに刺激するのである。はたして、どれほどの快楽が襲ってくるものなのか。経験者の話では、「射精時の感覚が永遠に続く感じ」とのことだから、まったく想像を絶する技だ。もっとも、そこまでいかずとも、快感なら誰しも理解するところだろう。特に、限界まで我慢した後の小便。じつに気持ちがいい。これも尿道を物体が通過するときに起こる快楽の一例なのだ。ここまで言えばもうおわかりだろう。チンバンジーは刺激され、「なんだかチンコがいつもより気持ちいいぞ?」と不思議がっていたのだ。
そこで私は思わず考えてしまう。これをきっかけに、チンパンジーが尿道オナニーに目覚めるのではないか、と。決して可能性はゼ口じゃない。チンパンジーは、人間についで性行動のバリエーションが多く、オナニーまでこなす数少ない種族なのだ。学習能力の高さはハンパではない。なにかの拍子で、チンコに小枝でも刺さった日には…。そうなる前に、アナタも負けずにチャレンジしてみてはいかがだろうか。ちなみに、初心者は清潔な綿棒から始めるのがオススメとのこと。健闘を祈る。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内