★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
3_2020030519181078f.jpg4_20200305191810e58.jpg5_20200305191812f48.jpg6_202003051918133ab.jpg7_20200305191814372.jpg94_20200312093449710_2020072711401415e.jpg95_20200312093556f5d_2020072711401589d.jpg28_2020030609140448f.jpg29_202003060914055aa.jpg30_20200306091407c15.jpg31_202003060922313c1_202007271129140e6.jpg32_20200306092229141_20200727112916c73.jpg33_20200306091411af6.jpg
岸和田だんじり祭りで神輿を引く男は処女を捨てたい女から異常にモテる逆ナン状態!?
【概略・全文は上記記事をお読みください】
「あ、ボク、印刷会社の者なんですけど若い頃はあっちでヤンチャしてましてねぇ」
細い目で遠くを見つめるチョビヒゲ。はいはい。ワル自慢はヨソでやっとくれ。
「知ってるでしょ?岸和田市でやってるケンカ祭り。アレ、処女が喰いまくれるんですわ」
彼は言った。岸和田では、だんじり祭りで神輿を引く男が異常にモテる。中でも、早く処女を捨てたい女たちからの憧れが強く、町中の生娘が集まってくる。…ってウソでしよ。
「マジですって。市内に有名なバッテイングセンタ—がありましてね。飢えた女は、そこで男を探すんですわ。昔は、ボクもヤリまくったなあ」
「でも、東京の人間じゃ参加できないでしよぅ」
「祭り用のハッピさえ着りや、問題なしですわ。それはボクが用意しますから」
ここまで力説されては信じざるをえまい。祭りで舞い上がった生娘を躍り喰い。しかもほぼ逆ナン状態。
「ボクの言うてたバッティングセンタ—がここですわ。この商店街を抜ければOKですから」
チョビヒゲが、岸和田の地図に赤丸を書き込んでいく。だんじり祭りは2日間。本祭の前日に岸和田へ入り、現地の友人からハッピを受け取って欲しいとのことだ。
「ただ、西のエリアには、絶対行かんといてくださいよ」
「なんでです?」
「岸和田でも一番ガラが悪いんですわ。ニセモノだってバレたら、確実にボコボコやね」
翌朝、予約なしで羽田空港に向かうと、関西方面の便は全て満席だった。案内所のオバチャンによれば、阪神の優勝シ—ンを見ようと、日本中からファンが押し寄せているらしい。
不安気な友人氏と別れ、便所でハッピ姿にチェンジ。地図を片手に、バッティングセンターを目指す。えと、この辺のハズだけど…。アレ? そんなもんどこにもねえぞ。
どういうこと?思わず通行人のオッサンを呼び止める。
「あの、この辺にバッティングセンターは?」
「はあ? そんなもん、とっくに潰れたがな。今は、ホレ、あんなんなっとるゎ」
オッサンの視線の先に、モダンなショッピングモールが一軒。くっ、チョビヒゲめ、情報が古すぎだっつーの。仕方なく、ス—パ—の周りを回ると1人のだんじり男が、10代後半らしき私服の女へ声をかけていた。「キミ、超タイプなんやけど〜」「エヘへ…」「じや、行こか」
男が問答無用で女の腕をつかみ、ホテル街へと引つ張っていく。マジかよ!正面脇の非常階段に、ハッピ姿のギャルが座つているのに気づいた。サラサラのショー卜へアに、裾からチラッとのぞくフトモモが超ソソる。普段なら絶対に声などかけないムリ目だが…。え—い、いつとけ。
「こんちゃ—。キミも、明日は神輿を引くん?」
「もちろん!イエ—イ」
右手でハイタッチ。ノリノリやのう。
「地元の子?」「そうやで一」
「今夜はどうするん? 良かったら、メシでも食いながら明日の作戦でも練らへん?」
「え—、それつてナンパー?困るわ—」
言葉とは裏腹、顔をクシャクシャにして喜ぶ女。くくく、いきなりゲッ卜か?「あ、かずや〜つ」
唐突に女が叫び、角刈り男が近づいてきた。「オマエ、なにしてんねん?」
うう〜、めつちゃニラまれてるよ〜。
「い、いえ。ちょつと道に迷ってしまいまして…」
「あ?なんやオマエ、この辺のヤツちゃうんか?」しまつた!標準語を使つちまつた!
「あ、あの、まあ…」「なんでハッピ着てんねん?」
「……友達に借りまして」「ああ、それ誰よ?」
男がオレの胸ぐらをつかむ。ご、ごめんなさ〜い。
「ね—ね—、かずや—。もう行こうよ—」
助け船のつもりか、女が近づきほっペにチュッ。とたんにニタリと笑った男を連れ、屋台村へ消えていく。けっ、何だよ。男連れが色目使ってんじゃね—ぞ!
…ま、けど、あのフレンドリ—さ。明日は期待できそうだ。
オレは宿の窓から町の様子を眺めながら、ほくそ笑んでいた。駅前のやぐらを囲むように、ハッピを着たギャルが群れをなしている。まさに入れ食い状態。んじゃ、さっそく。子猫ちゃんを狩りに行きますか。ホテルを出ると、やぐらの上にパンチ頭の男が現れ大声で歌い始めた。同時にギャラリ—も髪を振り乱してノリノリだ。らっせ〜らっせ〜ららっせらつせ〜ら
オレも一緒に両手を挙げたりしちゃって。なんか気持ちいいぞ。
やがてお離子の音が大きくなり、商店街の奥から神輿が登場、ギヤラリーがクラッカ—を鳴らす。
声を張り上げ、狭い路地を爆走していく男たち。すげ—。そのまま神輿を追いつつ、再び昨夜のショッピングモ—ルへ。おつ、あのコギャル風なんてどうだ?
「ちょつとごめ—ん? これからどこ行くん?」
「商店街やけど—」「オレとどう? キミ、めつちゃ好みやから〜」「キヤハハ。ええよ一」
ムフ、好感触。「おい。に—ちゃん何してんの」
え!?背後の声に恐る恐る振り向けば、パンチパ—マのコワモテが2人。ああ…。
「最近、オタクみたいなナンパ野郎が多くてな。ウチラ、見張つとんのよ」
「ち、違います!あの、ボクライターでして、祭の若い子たちを撮影してるんですよ。自治体にも許可はもらってますし」
とっさにデタラメをかました。
「ならテメエ、まず女の子に名前を明かすのが筋ちゃうんか!名剌を見せ〜や!」
「…はぃ」「ふ—ん、久藤ユ—夕ね。ん?その手に持つてんのは何や?」「き、岸和田の地図です…」「見せてみ〜や」
冷や汗が噴き出した。この裏には、処女をパクパクやハッピでハメ撮りといった、取材用のキ—ワ—ドがメモってあるのだ。お願い、見ないで〜。が、願いも空しく、地図をクルリと裏返すパンチパーマ。ああ、万事休す
「おい。テメエ、これが目的なんか?」「い、いえ、そんなワケじや!」
「わかっとるよ。アンタは上司に言われただけやもんな。仕方なく来たわけゃ」「は、はあ…」
「でもな、ぅちらの神聖な祭りを汚されると、メチヤ腹立つんよ」
針のムシロな道中を終えて息つくオレに、突然、1人の中年男がすりよってきた。
「お兄さん、暗い顔してどうしたん?いいオメコ紹介しよか」
「…ハハハ」
心にスキ間風が吹きすさぶ今のオレには、ポン引きの声すら優しく感じる。聞いてくださいよ。
「…つてワケなんスよ。かなりへコんじやつて」
「カカカ。そらあかんわ。最近はナンパが増えすぎて、地元の人間が警戒しとるから。女の子もカップルばっかよ」
「みたぃスね」
「そないにナンパしたいなら、朝陽公園にでも行つとき」「ん?」
聞けば、朝陽公園とは市内の隠れたナンパスポットらしい。祭りの中心部からはやや離れているため、地元民の警戒度も低いという。それだ一すぐさま ア—ケ—ドを突つ 切り、市内東部の公園へ。予想以上に広い敷地は、休憩中のカップルでいつぱいだつた。園内を歩いてすぐに、1 人でベンチに座る、内卷力—ルの女を見つけた。太めのボディは30点だが、黒いワンピースの神戸系ファッシヨンは悪くない。ツレはいないようだ。チャ〜ンス!
「こんにちは〜。1 人で来てるの?」
「ちがいますよ〜。家族でお祭り見に来たんですけど、親は先に宿に帰ってしもて」
「そうなんだ。てっきりモデルさんかと思ったよ」
「またまた〜」
「名前なんて一の?」
「アヤノ。ソッチは?」
「ユ—夕。アマチュアのカメラマンで、個人的に祭りの写真を撮ってんの」
「へ—、そうなんや」
「だけど、大阪の人に冷たくされちやってさんざんでね。すごい寂しいんだよ〜」
「そうなん〜? アタシ、地元は明石やけど、関西の人は全員そんなんじやないですよ〜」
砂漠と化したオレの心に、彼女の言葉がジワリと染み込んでいく。恋の予感だ。
「お、それだったらこんな寂しい人は放っておけないでしよ?」
「ふふ、そうですね〜」
「オレ、東京から来たんだけど、向こうの女の子より、全然かわいいよね」
「え〜。私より、あっちの子の方が力ワィィよ」
「そんなことないって。オレ、アヤノちやんのこと、めっちゃ撮りたいもん」
「んふ、ホンマ?うれしい」
「じや、軽く呑みに行く?」
「う—ん、ちよつとなら」
おつしやあ!さあ、早くベッドの上で、オレのだんじりをかついでくれ!その後、居酒屋でもホメ殺しを続け、「大阪の記念に」を繰り返しながら強引にラブホへ。キスもそこそこに挿入すると、意外な締まりの良さに一分で果てた。
舌ピアスのフェラが気持ちよいフリーターのお姉さんのエッチ体験談
今まで付き合った男って全部で何人ぐらい?
1、2、・・えーとね覚えてる限りでは7人多分ね
エッチした人数は?
え一?2…人(笑)
本当は?
じゃあ5人ってことで。
差が大きいね。
ハジケちゃった時期もあるんだよ。
ナンバに付いていったことは?
たまにはあった。ゴハン食べさしてって感じで.
ホテル行くわけね。
ホントはもっと体験人数多いんじゃない?
そんなことないよ、ないない
沖縄南の島のダイビングショップの店員はモテモテでやりまくり
あと2カ月もすれば夏ですね。太陽がギラギラと照りつけるこの季節、モテる男の条件といえばマリンスボーツ。特に、リゾートにきたギャルから絶大な人気を誇るのが、ダイビングショップのインス
トラクターでしょう。海底をガイドしてくれる頼もしさ、都会の男にはないワイルドさ。確かにモテそうですが、理由は他にもあります。海好きギャルにとって、ダイビングショップとは、単にダイビングを楽しむ場所ではありません。用もないのに入り浸り、観光スポットを教えてもらったり、見知らぬ観光客同士でおしゃべりを楽しむ。
夜になれば、バーベキューや花火大会などのイベントも開かれる、そんな場なのです。日常を離れ、ロマンチックなムードにどっぷり浸かった女性たち。その前にいる海の男。これでモテないはずがありません。実際、ひと夏で犯人とヤシたなんて、この業界では珍しくもなんともない話なのです。
しかし、実はモテるのはインストラクタ—だけではありません。ダイビングショップで働いてさえいれば、どんなブ男だろうが女が寄ってくるといったら驚くでしようか。モテたい。その一心で沖縄.X島を訪れたのは3年前、24才の夏。むろん、ダイビングショップで働くためでした。
が、どの店でも門前払いです。ダイビング歴1年の私は知りませんでした。ショップで働く者の多くはインストラクターの資格保持者だということを。一歩間違えば死の危険もある海の世界、冷静に考えれば当然でしよう。
ヨコシマな期待というものはたいてい外れるのが世の常ですが、この仕事に関しては例外でした。とにかく、店番として座っているだけでギャルが寄ってくるのです。特に私にとって好都合だったのは、インストラクターが海で潜っている間に、ショップを訪れたギャルを独り占めできたことでした。ちょっと穴場の店でも教えてやれば、すぐに誘ってきます。どのみち彼女らは、ショップの人間なら誰だっていいのです。しかし、真骨頂はこんなもんじゃありません。驚くような例を紹介しましょう。夜7時に仕事が終わると、ショップの周りには女性客がポッポッ現われます。なんと店員の出待ちです.さすがに最初は衝撃でした。いくらモテるとはいえ、アイドル並ではないか。いや、実際、その通りなのです。この手の女は普段は地味なOLや看護婦などが多いのですが、彼女らがロマンスを求めて旅先で出会うインストラクターは、まさにアイドル以外の何者でもないのです。
飲みに誘われる者、ビ—チでの花火に付き合わされる者。私の場合、ショップに隣接した寮へと帰宅します。もったいない?いいんですよ。まもなく、私の部屋のドアがノックされるんですから。
「友だちが疲れてねちゃって。1人じや寂しいんで、よかったらちょっと付き合ってくれません?」
酒とツマミを持参したギャルが一人。もうおわかりでしょう。ショップに入り浸る彼女らは私の部屋などとっくに御存知。必ず一人や2 人はこうして訪ねてくるのです。もちろん、それだけの行動をとるってことは、彼女らも本気です。つまり抱いてくださいと言っているのです。あとは部屋でしっぽり飲み、月明かりが照らすビ—チへ向かい、いい雰囲気になったところで唇を奪うだけ。ただし、ラブホなんてありませんから、満天の星空の下か、停車している送迎バスに忍び込んで思い出づくりってパタ—ンですけどね。
人手が足りないときは、ダイビングに同行することもありました。こうなるとモテ度もパワ—アップ。特にカップル客と一緒に潜ろうものなら大変です。ウェイトや機材を運んでくれるたくましい海の男を前に、耳抜き( 空気を耳に送り水圧を減らすダイビングの基本技術) すらできず、恐々と潜る彼氏が色あせて見えるのでしよう。へ卜へ卜になった恋人をホテルに置きざりにして、私の部屋に来た女は1人や2人じゃありません。むろん、リスクもあります。恋人を寝取られた男が、店に乗り込んできて店員に殴りかかるのもよく見かけました。
X島には、リピー夕ー確保という名目で、女性客を誘うのが義務というショップもありました。夜のバーベキューに呼ぶノルマが設定されており、守れない店員はボコボコ、ホストクラブも顔負けの厳しさです。彼らは別格としても。普通に働いていれば1力月で10人以上とはセックスできるでしよう。体力とヤル気さえあればもっといけますが。店には毎日のように、女性客からの手紙が届きます。私でも一日平均10通。人気のインストラクタ—など軽くその2倍はいったことでしよう。封を開けると、いも一緒に撮った記念写真とともに、決まり文句のような言葉が添えられて
いました。「島で過ごした日々は夢のようでした。また会いにいきます」
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ