★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎

0560_202003050810564f1_202007280751487f1.jpg

1、プレイとしての疑似レ〇プ掲示板に復讐目的のいたずら書きの恐ろしさ

疑似レ〇プ体験パートナー募集掲示板というサイトを発見した。その名のとおり、レ〇プごっこをしたい男女が集う場所らしい。
︿たか/都内住み。犯したい﹀
︿チヒロ/犯されるの好き。メール下さい﹀
︿ゆう/無理矢理されたい子いませんか?﹀
おかしなサイトもあったもんだと眺めていると、ある女の書き込みが目にとまった。
︿ヤマザキ/彼が4月半ばまで出張で帰ってこないので、毎日、襲い放題です。リアル指向。多少の暴力、口封じ、拘束OK。ピル飲んでるので中出しOK。東京都杉並区○○ −××203号﹀
自宅に襲いに来いってか?ホントかよ!夜9時。半信半疑で向かった住所の場所は、住宅街のアパートだった。緊張しつつ2階へ。突き当たりの部屋を見た瞬間、ドキっとした。ココですよと言わんばかりに、トビラに「203号」という自作シールが貼ってあるのだ。とりあえずインターホンを押してみる。
…反応はない。レ〇プごっこだけに勝手に入って来いって感じだったりして? しかし、恐る恐るドアノブを回してみたがカギがかかっていた。
…留守だろうか。いったん部屋を離れ、アパートの前で様子を伺うことに。と、どこからともなく2人組のオッサンが現れた。
「にーさん、同業でしょ?」
そう言って、チョコボール向井似の男がアパートをじーっと眺める。続いてプロレスラーみたいな体格のゴツイ男も。
「部屋それだろ?」「まだ帰ってないっぽいな」
こいつら、掲示板を見てきたんだな! 
「…そうなんですよ。ぼくドア引っ張ってみたんですけど、カギもかかってましたよ」
「そういうことしたの?」「あ、はい」
「おいおい気を付けろよ。こういうのはさ、誰かが部屋の住人を恨んで書き込んだみたいなことがあるから、場合によっちゃ警察沙汰だから。うかつに指紋とか付けたらめんどくさくなるぞ」
 …確かにそうだな。ていうか、こいつらのこの感じ、しょっちゅうこういうことやってんのか?その後、さらにサラリーマン風が2人やってきて、仲間はオレを含めて5人になった。路上でウロついていると近所の住人に怪しまれかねないので、近くの公園で見張ることに。駅からアパートに帰ってくれば必ず通るであろう路地をチェックできるロケーションだ。
「おっ、あの女?」
「はいはい。ああいうブスはドMが多いしなぁ」
「じゃあレッツゴーしますか」
「いや、他のアパート入っちゃったよ。残念」
連中はコンビニで買ってきた缶ビールを飲みながらナンパにでも行くくらいのノリだ。
「そう言えばオレ、前にこの掲示板で見つけた女の家に行ったことあるけど、すぐこの近くだよ」
「家教えてよ」
「いいけど、リアル指向のヤツだから大変だよ。オレ、最初は取っ組み合いになっちゃったし」
「面白そうじゃん!」
こいつら、大丈夫かよ…。しかし、肝心のアパートの女はなかなか現れない。そのうちにサラリーマン風コンビは「また明日来ます」と帰っていった。
そして深夜0時。そろそろ終電の時間帯だ。「今日はもう出てこねーかもな。たぶん部屋でビビって隠れてるか、酒飲み過ぎて泥酔って感じじゃね?」
チョコがそろそろ撤収しようと言い出したときだった。一人の若い女が通り過ぎた。
…ん? あのコ、アパートへ向かっていくんだけど!?バクンと心臓が鳴った。ついに来たのか!アパートの入り口でチョコが声をかけた。
「ヤマザキさんだよね?」「えっ、あ、はい」本人だ!襲うのか!?
「…そうならうなずけ!」「えっ?」彼女はキョトンとしている。どうなんだこの反応? 
1秒、2秒、3秒くらい間があいたろうか。チョコが後ろのレスラーとオレに「待て」と手をかざした。「よし、わかった。おねーさん、申し訳ない」違ったのか!すごい判断力だ。
「今から説明するけど、落ち着いて聞いてよ。実はネット掲示板におねーさんの名前と住所が書かれていたわけ。レ〇プをしてほしいって」
彼女はみるみる青ざめていく。
「イタズラだと思うんだけどおねーさん誰かに恨まれてない?例えば昔付き合ってたオトコとか?」「…もしかしたら」あるのか!
「私の今のカレシの元カノかもしれません。いろいろあってかなり恨まれてるんで…。
警察に行きたいんですけど、一緒に来て説明してもらえませんか?」
「警察ねぇ…それはまあ勘弁してよ。オレらもヘンに疑われるのはいやだし」
チョコとレスラーは苦笑いしている。そこは突き放すんかい!
「とにかく、今日は誰かが襲いにくるかもしれないし、電気はつけないほうがいい。明日以降は、一刻も早く引っ越したほうがいいよ」
彼女は納得しないようだったが、そのまま帰っていった。この掲示板、こんな嫌がらせに使われたら、当人の恐怖たるや半端じゃないだろう。恐ろしい世の中だ。

2、上司から倉庫でレ〇プまがいのことをされたOL

約束の時間に待ち合わせ場所へ向かった。平日のお昼なので時間はたっぷりある。どうにか攻めきってみたい。さて、どんな子が現れるのか待っていると、正面のエスカレータから大人っぽい女性が近づいてきた!

結構細身で年齢は30代前半の印象だった。大人の香りを漂わせたなかなかの美人さんである。予約を入れていたお店に足早に向かうや、彼女が言う。「なんかすごく緊張しますね!」「大丈夫ですよ、変な勧誘じゃないから。ハハハ」
「そうですよね、昨日もあんまり寝れてないんですよ…ははは」
なんだか本当に緊張してる感じだ。緊張をほぐすためにもお酒を飲んでいただこう。が、ランチセットとビールを注文すると、彼女が驚いた顔をした。
「お酒好きなんですか? 私はジュースを!」
ちぇっ。わかってないなぁ。
「工藤さんは一人暮らしなんですか?」
「う〜ん、まぁ…」
まぁ…ってなんなんだ。
「あの〜、最初に言っといた方がいいことがあって…」
意味深な表情だ。まさか君のほうが勧誘目的じゃないよね。
「私、子供がいるんです」
へぇ、そういうことね、まぁ真剣に付き合うつもりはないから別に大丈夫だよ。なんて言えるわけもない。少し驚いておこう。
「子供! へぇ。旦那さんは?」
「バツイチです」
シングルマザーね。これは攻めやすいぞ!
「で、いつ私を見かけたんですかー?」
いきなり核心を突かれた。もちろん答えは決まってるんだけどね。
「ああ、3週間くらい前に、お客さんを接客してるところを見掛けたんですよ」
「あ〜そうだったんですね、久しぶりにビックリしましたよ」
「そんなに?」
「ええ、手紙もらったのなんて初めてだったので」
あらためて、手書きの手紙が女心をドキドキさせることを思い知らされた。みなさんもやってみたほうがいいですよホントに。
「旦那さんとはうまくいってたの?」
離婚したんだからそんなことはないだろうけど。
「すごく亭主関白な人で、門限は18時で、ご飯は4品以上おかずを作れとか」
んー厳しいねぇ〜。
「変な話だけど、夜の方はどうだったの?」
そろそろ色っぽい話に持ち込みたいし、これくらいは聞いてもいいだろう。
「最初のころはありましたけど、離婚する半年前から家庭内別居でしたから、手も触れてないです」
「今は彼氏みたいな人はいるの?」「今はいません。子供がいるので本当に忙しくて」
「そりゃそうだよね」
つーことは、かなりご無沙汰だと考えていいわけで、そろそろ疼いてるんじゃないのかな?さりげなく彼女の手を触ってみた。とてつもなく冷たい。
「あっ私、すごい冷え性なんですよ、冷たいでしょ」
「温めがいがあるね!」
と言いながら今度は両手で手を包み込んでみた。よし、嫌がってない!まあ、そりゃそうだよな。忙しい中、わざわざ手紙の男に会いに来てるんだもん。期待してなきゃオカシイって。などと油断してたら、重ねていた手をあっさり振りほどかれてしまった。
「ちょっと、恥ずかしいですよ〜」
確かに。ランチタイムだけあって店はビジネスマンや家族連れでいっぱいだ。でも「恥ずかしい」ってことは、場所さえ変えればOKって意味なわけで。
「もうちょっと人の少ないとこでも行きますか?」
真っ昼間だけど、もういいよね!
「そうですね。コーヒー飲みに行きますか?」
コーヒーかよ…。カフェにだって人はいっぱいいるんですけど。近場のカフェに場所を変え、コーヒーとケーキで仕切りなおしだ。
「工藤さん、色っぽいから口説かれたりするでしょ? どんな人がタイプなの?」
「最近は全然ないですよ。タイプ…は綾野剛みたいな人がタイプですけど…優しければもう誰でも。アハハハ!」
じゃ、俺でも大丈夫だよね?また手を握っちゃえ。ほら、ぎゅっ。
「冷たいですよー」
うん。別に嫌がっている感じではないな。無言で工藤さんの目を見つめる。
「フフフ…。私、ちょっと…。なんて言うか、男性恐怖症みたいなところがあって」
 昔、勤務先の昼休みに、上司から倉庫でレ〇プまがいのことをされたことがあるらしい。
「そうなんだ。ごめんね、会ったばかりなのに。でも俺、工藤さんのこともっと知りたいし、ゆっくりでもいいから仲良くなりたいな」
ディープな告白に怖気づき、ベッドインは次回へ持ち越すことに方針を変更した。
「ごめんなさい、別にこういうことは嫌いじゃないんですけど…」
「大丈夫ですよ、そういう気持ちわかる気がするし!」
カフェを出て、次はあったかい鍋でも食べようと約束してお別れした。翌日、お鍋のお誘いメールを送ったところ、こんなメッセージが届いた。

「また連絡します」

この前は、向こうから曜日を指定してくれたのに、今回は「また連絡します」だ。みなさん、女からこういうメールが来たときは脈ナシです。いつまで待とうが「連絡」は来ないものなのです。無念。

3、疑似レ〇プ掲示板に復讐目的のいたずら書きの恐ろしさ2
「レ〇プ!!」という身もふたもない名前の掲示板がありまして、プレイとしての疑似レ〇プをしたい、されたい男女同士のやり取りが頻繁に行われています。
もちろん、お互いが約束を決めているので本当の意味でのレ〇プではないのですが、たまにイタズラの書き込みがあるのが怖い。
例えば、『○月○日、○○市でレ〇プしてくれる人募集。○○町のマンション○○の103号室です。チャイムを押して鍵が開いたら無言で押し倒してレ〇プください。本気で抵抗しますが、力づくで抑え込んでください』
こんなイタズラの書き込みが載せられたら、そこに住んでいる女性がレ〇プ被害に遭ってしまいますよね。実際、俺がこの掲示板で「レ〇プして欲しい」と疑似レ〇プの募集を書き込んでいた女の部屋に行ったとき、本人が出て驚かれたことがあります。
おそらくは女に恨みを持った人間による嫌がらせではないでしょうか。
つまり、ボクのようなマニアを利用した悪質なイタズラが、普通に横行しているってこと。たぶん、まったく心当たりがないのにレ〇プされてしまった女の子もいるんじゃないでしょうか。
もちろん、間違いだとしてもレ〇プした側は犯罪者になります。この掲示板を利用したいと考えているマニアの皆さんは、くれぐれも注意してください。
※この記事はフィクションです。知的好奇心を満たすために読み物としてお読みください。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ