★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
238_20200304222834a33.jpg239_2020030422283656d.jpg240_202003042228377cc.jpg241_20200304222839aa1.jpg242_2020030422284052e.jpg243_20200304222842fee.jpg
生臭坊主という言葉はあっても淫乱牧師、放蕩神父の慣用句は存在しない。さほどキリス卜教徒は清く正しいのか?否。神に仕える伝道士となって10年の私が断言しよう。牧師は女に不自由しないオイシイ職業であると。
当たり前だ。日曜は地域の教会で礼捍に参加し、そのまま日曜学校で聖書の話を聞く。何の疑問も持たず神の存在を信じて育ったのである。ただ、親がキリスト教徒だからといってエスカレーター式に信者になれるわけではない。聖書を信じ、イエスが救い主であると心の底から納得して自ら『信仰告白』を行わない限り一人前のクリスチヤンとは呼ばれないのだ。日曜学校の仲間と争うように出洗礼を受け、正式な教会員=信者となった。
なぜカトリック(旧教)ではなくプロテスタントだったのか問われても困る。道を選んだつもりなど毛頭なく、親が敷いたレールに乗っかっただけのこと。真剣味のかけらもなかった。証拠に、高校になると信者としてのつとめは優先順位の最下位になった。日曜礼拝だけはなんとか顔を出したが、ボランティアなど年に1、2度しか務めない。【姦淫してはならない】と十戒も破り放題
地元の大学に進学した。神学校とは、キリストの福音宣教を志す人たちが教えを深める学校で、簡単に言ってしまえは牧師の養成所だ。キリスト教各宗派とも全国的組織を結成、宣教の拠点として教会を運営している。神学校さえ無事出れば組織のスタッフとして、生涯、衣食住に困らない生活が約束されたも同然。私がその提案に飛びつかないわけがない。
両親が牧師に泣きついて教会の推薦を取り付けてきた結果、晴れて全寮制の聖書学校(神学校) への入学が決まった。22才の春のことだったのだ。「先生」夜の礼拝が終わり、後片付けをしているところに1人の女性が駆け込んできた。忘れ物でもしたのかと振り返れば、信徒さんの中でも一際目立つ美人奥さんが、思いつめた顔で佇んでいる。
「どうされました」
「私、どうしたらいいのか…」
言うなり、奥さんが私の胸に泣き崩れてきた。
「いま、主人がウソをついて他の女と…」
切れ切れの言葉をつなげると、どうやら旦那が出張だと偽り部下の女性と旅行に出かけたらしい。急用で会社に電話を入れ、事態に気づいたのだという。ちなみに、海外ドラマや映画ではこういうときに『懺悔室』が舞台となるが、あれはカソリックのお話。プロテスタントは礼拝堂の長ィスだ。
「落ち着いてください。一時の気の迷いですょ」
「あの人、いまのいま、若い女と温泉にいるんですよ。あつちがそういうつもりなら私だって…」
涙を溜めた目でジッと見つめる奥さん。抱いてほしいと訴える女性を前に誰が拒めるだろう。それ
も、28才の美人妻である。ただ、いくらなんでも礼拝堂で押し倒すほどの勇気はない。私は彼女を肩を抱いて裏の畑の脇に停めた教会の車へ招き入れ、上に下になり熟れた体を堪能させてもらった。
奥さんとは、その後、東北にいた2年間、ほぼ月1で関係を持った。正直、その間、単発のつまみ食いも幾度となくある。不思議なことに信徒さんは私が牧師というだけで絶大な信頼を寄せ、簡単に身を任せてくるのだ。狭い田舎、それも同じ教会の信徒同士のこと。簡単にバレそうなもんだが、そんなへマはしない。もしゥワサにでもなればそれだけで身の破滅。会うときはもちろおん、教会で接触する際も細心の注意を払った。今思えば彼女たちは私が立場上、ロが堅いこと、そして長くは留まらないことを見越し、恰好のアバンチュールの相手と見なしていたのかもしれない。翌年、関西の教会へアシスタン卜として赴任。女性関係では語るべき成果はなく1 年を勤め上げると関東の教会を1人で任された。
登録教会員30人ほどのこじんまりとした教会である。
心機一転、仕事に精を出そぅと張り切る私を、信徒さんたちは予想以上に歓迎してくれた。それどころか、私が独身だと知るや、花嫁候補まで紹介してくれる親切ぶりだ(カソリックの神父が神に身を捧げ独身を通すのに対し、プロスタントは妻帯を許されている) 。断る理由もなく見合いをすれば、これが楚々とした美人の上、キリスト教徒の家系に生まれ牧師の生活にも理解がある。控えめなのに芯の強そぅな性格もいい。しかし、決めては何といっても、エッチの相性の良さだ。もうこの女しかいない。私は彼女にプロポーズし、すぐに結婚。1年後には子供も授かった。信徒さんとも打ち解け信頼を得ている。万事快調、全てが順調に運び出した途端、またゾロ女が寄ってきた。最初は旦那さんを交通事故で亡くされたシングルマザーの美佐子(仮名) さんだ。母子家庭となって間もない彼女とは、生活の相談に訪れたのがきっかけだった。主はなぜ私にこのような試練をお与えになるのでしょう。そう言って泣く彼女に、母子家庭手当ての手続きをし、こっそり内職の世話を焼いた。私は牧師として当然のことをしたまでだが、彼女は親身になってくれる私を特別な人間と思ってしまったようだ。「先生、私にはもう女として魅力がないでしょうか」
ないでしょうかと言う女に、面と向かって、ないと言うバカがどこにいる。
「まだ33じゃないですか。十分、お美しいですよ」「ああ、先生!」
そのまま礼拝堂の奥にある牧師室へ連れ込んだ。彼女はそのシチュエーションにすっかり酔ってしまったらしい。私がイクまでに度絶頂の声を上げた。なんたるエロ牧師。私のリポー卜を読んで読者の皆さんは羨ましがり、教会関係者は激怒しているだろ。しかし、私だけじやない(と思う) 。日本全国に、同様の体験をされてる牧師さんは少なくないはずだ。ただ、誤解のないよう言えば、オイシイ思いをする一方、24時間、プライベートなど皆無に等しく働いているのも事実。給料は信徒さんの献金から本部との話合いで決まった一定額をいただいているが、決して多くはない。実際のとこ、カミさんと子供2人を養うのがやっとだ。私は今後も誠心誠意キリスト教の宣教に身を投じる覚悟である。主ょ、この私をお許しください。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ