★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
230.jpg231_20200304120900711.jpg232.jpg233.jpg234_202003041219593b0.jpg235_20200304121958e88.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
なんでも、最近、ネットで「痴女争奪」なる掲示板が流行中で噂では、素人女が自分の居場所を書き込み、それに応じた男たちが町中を探索、最初に見つけた人間にエッチをさせてくれるらしい。
要はその真偽を確かめろというわけだが、いかにも怪しげな話ではある。セックスを前提に男を競わす女なんて本当にいるのか。ただのイタズラじやないのか。
オレは、半信半疑のまま依頼を引き受けた。痴女探し掲示板は、すぐに見つかった。中を覗くと日本中の女性が投稿したらしい、大量のメッセ—ジがズラリと並んでいた。
<山下公園> 投稿者ゆみ
氷川丸の近くをノーパンで歩いています。普通のTシャツとスカートです。最初に見つけた人には、お礼しますよ。
すかさず京三と階段を駆け上がり、部屋の奥へ猛ダッシュ。
幅広ソファの陰から若い男が現れオレたちの方に近づいてきた。
「痴女っすか?」
「あ、はい」
「誰もいなかったよ。多分、ガセネ夕だね」
「ああ、またか…」
背後から、京三の嘆き声。
「最近、イタズラが増えてねえ。3割は偽物ですよ」「はあ、ツラいですねえ」「まったく。酷い話です」「あの、じやあ私これで…」「あオレも」「…え—とお疲れさまでした」
「ども…」
…せつない。あのマッチョが愛姫なのか!?
<6月5日の> 投稿者愛姫
お昼ぐらいに、浅草で素敵な人と遊びた〜い。できたら、アソコが大きい人がいいなぁ〜。最低2回以上できる人希望
次の目標はこの女。なんでも、亭主が出張中の人妻で、ルックスはゴマキにそっくりだという。指定時刻が平日昼間のため、ライバルも少ないはずだ。
当日、浅草には自転車で向かった。ライバルを出し抜くには、小回りの良さが重要だ。午前11時30分現着。駅前の回転寿司屋で星食を終えたとき、最初の指示が届いた。
<いま言問橋よぉ〜愛姫>
よし、近所だ。すぐさま馬道通りを東に抜け、1分とかからず橋の欄干にチャリを止める。さーて、どこにいる?はやる気持ちを抑えつつ橋に目を凝らすと真ん中にドルフラングレンが立っていた。キレイにそろえた角刈りに、岩石のようなツラ構え。
赤いTシャツが、筋肉ではち切れそうだ。ウゲ、まさかアイツが愛姫か!?
ひとまず、様子をうかがうベく欄干の陰に身を隠す。おっ、ラングレンがメ—ルを打ち始めたぞ。
<ヒント1 。赤いTシャツを着てまぁ〜す愛姫>
やっぱりか!このヤロ—。
<オッサン!イタズラしてんじやね—ぞ><アナタなによお〜。イヤがらせはやめて>
<とぼけんな!オマエ、ネカマじやね一か!><失礼ね!私は本当のオカマなの!>
<…と、とにかくオレは帰るぞ><なに!近くにいるのね?出てきなさい!>
大急ぎでチャリに飛び乗り、全速力でラングレンの視界から遠ざかる。なんでこうなるんだよ〜!
両耳のピアスに鈴を付けてま—す
その後も、オレは連敗街道をひた走った。入谷で道に迷い、鳶谷ではガセネタに振り回される。日頃の運動不足がたたり、もはや両足の筋肉はボロボロだ。
さすがに気力が萎え始めた6月7日、再びファイトをかきたてる書き込みを発見した。
<これから> 投稿者響子
上野公園を、NPNB(ノ—パンノ—ブラの略語) で歩きます!響子を見つけたら声をかけてね
1週間前ファーストキッチンで取り逃がした響子だ。名誉挽回のチャンス。参加するしかないだろう。午後5 時30分。下見を兼ねて西郷像の前をブラつくと、すぐにメ—ルが来た。
くやつぱし予定を変えて、秋葉原の和泉公園で脱ぐことにしました。参加者のみなさん、がんばってね—響子>
…今回はジラしプレイか。急げ!全速力でアメ横を突っ切り中央通りから電気街を目指す。露店のオッサンが怪訝な視線を向けてきたが、構っちやいられない。5時38分秋葉原駅に到着。駅員に聞くと、和泉公園までは自転車でも10分はかかるという。う—、タクシー!3分後、再びメール着信。響子は、すでに公園に入ったらしい。マズい。 36時3分、現地に到着。すでに10分以上のビハインドだ。手のひらに、脂汗がにじむ。
呼吸を整え、賠い公園をグルリと歩く。予想以上に広い敷地内には、人の気配がI切ない。不安に襲われ始めた矢先、ヒントが出た。
<目印発表!> 投稿者響子
今夜は、両耳のピアスに鈴を付けてますよん。かなり小さい音だけど探してみて!
…ワケがわからんが、とにかく鈴の音に集中するしかない。ジッと耳を澄まし園内を黙々と歩く。
チリン
8時の方角に、かすかな金属音が響いた。勢いよく振り向くと数メートル先の砂場に人影が。もらった—小走りに砂場へ近づくオレに、果たして、例の厚化粧がニンマリと微笑んだ。
「おめでと。ラブホに行く前に掲示板に書き込んでおいてね」
イエイ!オレは、喜びに震える指で、勝利のメッセ—ジを打ち込んだ。<
やりました!> 投稿者アキラ響子さんに、和泉公園の砂場で出会えました!これから楽しんできす。「それじや、チンコを出してちようだい。記念撮影するから」
昭和通り沿いのラブホに入ると、いきなり響子が言った。
「は?撮影ですか?」
「そ。男のチンコ画像を集めてんの。ホラ」
自慢げに、彼女が携帯を差し出す。わっ、待ち受け画面にチンコを使ってやがる。
「フフフ。さ、君も早く出して」
笑顔を浮かべつつ、オレの息子をパシャリ。画像を保存した後、部屋の隅を指し示す。
「じゃ、鏡の前で四つんばいになって。アキラのイキ顔を見てあげるからさ」
指示通りに腰を浮かすオレの肛門へ、響子が骨張った中指をプスリ。前立腺を押しつつ、玉袋をグリグリモミモミ。う、上手い。
「ほら、ザーメンちゃん、出てらっしゃい」
呼びかけに応じたかのように、ふいにキンタマの奥から快楽の大波がこみ上げる。ひえ—っ、もうダメ!その瞬間、サオの根本をゴムバンドで縛り上げられた。イテェ—ッ!
「フフフ。どう?イキたくてしようがないでしよ?」
「……う.う.」
激痛で声が出せず、ただ首をタテに振るしかない。「じゃ、許したげる」
サッと響子が拘束を解くと同時に、金玉の付け根から全身にかけて、小さな爆発が起きた。い、イク〜!「早かったわねえ」「すんません…」「ま、みんなそんなもんよ。さ、2回戦いくよ!」「えもう?」
響子が、持参のバッグからロー夕ーとディルドを取り出した。
「オマンコはディルド、ロー夕ーはアナルでよろしく」
「…あはい」
そのままシツクスナインの体へ。
オレの乳首を舐める女に負けじと、黒ずんだ両穴にオモチャを差し込む。
「ああ、イイよ〜。その調子で〜」
洋ピンのよぅな激しい喘ぎ声を聞きつつ、体位を正常位にチェンジ。ガンガン突きまくったる!
意気込んだのも束の間
彼女の両手で、尻をグイと押し込められた。
「じっとしなさい。動かなくても気持ちいいから」
うっすらと笑う響子。ほどなく腰の辺りを小刻みな快感が襲い始めた。そして、
「ああっ、またイキます!」
「イイよ一緒にイって!」
彼女の許しを得てオレはチンコの先から活火山よろしく精液を噴き上げた。
★情事の後に聞いたところ、掲示板の利用者で、響子ほど真性の痴女は少ないらしい。ほとんどは、単にSっ気が強いだけか、町中で裸になりたい露出狂だという。参加したくなった人も多そうだが、
常連の男は歴戦のツワモノぞろい。セックスの権利をつかむにはかなりの根性が必要だ。
ネットで話題の露出女を追いかける

20190607223608.png
『覗くだけでマナーを守れる方』

都内某JR線内に出没する18時01分のきという記事を覚えているだろうか。インターネットの「チカンホームページ」で話題になっていた。そんな女性がいるなら、オレも参加してみたい。

今年ー月初め、軽い気持ちでネツトを探し回ると「チカンHP」は発見できたものの、話題の女性はどこにも見あたらない。ちえ、遅かったか。ガッカリしながらネットサーフィンを続けるうち、目に飛び込んできたのが、覗かれ屋(仮名)なるHPだ。

〈これから力ー工ッチします尼崎の武庫川河川敷、最南端です・マナーまもれる方、覗くだけならOKです〉

岡山市でカーセッ〇スします。覗きたい単独J募集。レスください

〈明日の夜、滋賀で彼女(156・47・E力ップ)とカーセックスします。覗くだけでマナーの守れる方いましたら返事ください(黒ハート)>

露出愛好者のたまり場らしく、掲示板はいつどこでRP(露出プレイ)をやる、といっメッセージのオンパレードである。

いつもなら、おかしなヤツらがいるな、で通り過ぎるのだが、翌日から仕事で岐阜に行く予定があった。明日の夜、カーセックスをやるという力ップルの住む滋賀なら、車でー時間の距離だ。ついその気になり、

「ゼヒ見せてください。初めてなのでマナーとは何ですか?」

とレス(返信)を出す。と、時間を置かずメールが送られてきた。読めば「触らない」「話しかけない」「後を付けない」が最低限のルールなどと記されている。

観賞や複数プレイを目的としたのは別ですが、私たちのように純粋に見られたい者にとり、これらを守っていただけないとお見せできないのです

そりゃ勝手に参加されても困るわな。にしても、ルールがあるってことは、それだけ愛好者がいる証拠か。よし、行ってみよう。仕事を早めに切り上げたらなんとかなるだろう。
力ーセックスを見た後のオナニーの快感よ

翌日深夜、オレは国道21号線を琵琶湖に向かってレンタ力ーを走らせていた。目的地は下り線沿いの、とあるトライブインだ。日付けが変わったあたりから気温がグングン下がり、小雪がちらつく。看板の明かりが消えたドライブインを探すのは思ったより大変で、着いたのは約束の午前ー時を30分ほと過ぎていた。本当にここなのか。

半信半疑で真っ暗な駐車場を建物の裏手に進むと、ルームライトの点いた車を何人かが取り囲んでいる。あれだーすでにプレイは始まっているのだろう、遠目にも女の裸体かぼんやり見える。慌てて駆け付ければ、30後半の男が若い女の足を大きく開き、外に見せつけるようにイジっていた。

ギャラリーは当然なから男ばかり。ぜんぶで6人が目を輝かせている。そんな男たちの好奇の目にさらされ、女(モー娘。のナッチ似でかなりカワイイ)は明らかに興奮していた。それが証拠に薄い毛の下かり愛液がしたたり落ちている。裏ビデオまっ青の過激シーンだ。カップルが本番に突入した。正常位でペニスが出入りするたび、女の局部から愛液が飛び散る。オレの視線は釘付けだ。

「ああ、あーん」間もなくナッチの腹にフィーーッシュすると、力ップルはそそくさと走り去る。残された男たちも、あいまいに目礼を交わしそれぞれ帰徐に。感想を言い合うとか、情報交換などいっさいなし。2時間かけて来て、たった15分足らずのできごとだ。オレは急ぎ足で車へと戻った。そして何の蹄曙もなくはちきれそうなペニスを取り出しシゴいた。これまで経験したことのない快感とともに、大量の精液を放出したのはそれから数秒後のことだった。
出張から戻るや、オレは自分の彼女を夜の公園へ連れ出した。見るだけであんなに興奮したのだから、見られたら、どえらい刺激が得られるんじゃなかろうか。暗がりのベンチに腰掛け、キスから胸を愛撫。彼女も、だんだんその気になってきた。スカートの中に手を入れると「フフン」と声を出す。いい感じだ。これで誰か通ってくれたら・・

実際に会社帰りのサラリーマンが横を通ると、気が散ってしまう。どうにも腰が引け、思うように動けないのだ。とうやらオレは自分で露出して興奮するタイプじゃなさそうだ。結局、その日はラブホにしけこみコト無きを得たが、この一件でますます露出に興味をかきたてられた。

自分に露出癖かないことを悟ったオレは、以後、覗くことにのみ音議を集中させていく。それにしてもあるわあるわ。ネツトで検索すると、イチモツをおっ立たてた男たちのページや、カップルか野外での相互観賞を誘う掲示板など露出をキーワードにしたサイトが腐るほど存在している。露出予告も苦労なく見つかった。

〈ー月X日。今日10時、お台場でカーHします。赤のポルシェです。こっそり覗いてください〉

次にでかけたのが、この掲示板である。が、友人に車を借りて9時30分に駆け付けたものの、11時まで待っても赤のポルシェが現れない。くそ、ガセか。実際、最初の一件はビギナーズラックだったようだ。
薪宿のセンチュリー〇イアットホテル。部屋番号はわかりませんが、都庁側でRしますー月末、こんな書き込みを見つけた。どうせ編しだろう。そう思いながらも双眼鏡持参でいそいそ新宿駅西口へ向かうオレ。全然懲りてない。

着いたのは露出開始予定の11時ジャスト。さっそく双眼鏡を取り出し、ホテルに向ける。思ったより窓は近くに見えるが、明かりがついてる部屋は半分ぐらいか。その上、カーテンが空いてるとなると数えるほどしかない。と、何階だろう。裸の女が、窓ガラスに胸を押しつけるようにして外を見ているのに気ついた。

ええ!?よくよく見たら、女は外を見てるのではなく、後ろから入れられてるじゃないか。腰のあたりが前後に揺れてるのは、その最中に間違いない。くそー、双眼鏡の倍率が低くて細部まで見えねーじゃんよー。とりあえず、もっと接近しようと車から飛び出すと、前の車の男も双眼鏡を覗いていた。いや、他にもいる。6人…、いや8人は覗いてるか。

しかし、ここでも工ッチが終れば撤収は早い。部屋にはカーテン18が引かれ、ー台2台と走り去る車。と、そのときオレの前にいた黒のセダンかり男が降りて話しかけてきた。

アダチさん(仮名)は“覗かれ屋“掲示板の常連らしい。覗くだけでなく、ときには自分も掲示板で知り合ったカップルと相互観賞をしていると言う。

「でも、あの掲示板って編しが多くないですか。実は前に・・」

「あんた、わざわざガセネタを選んでるよ」

彼によれば、本モノと偽モノメッセージには見分け方があり、いちばん簡単なのが投稿欄の名前の色だという。青ならカセ率約90%で、黒になると信用度はいっきに上がるらしい。ネットの利用者はわかると思うが、掲示板の投稿者欄にはクリックひとつで返信できるものと、できないものがある。どちらを選ぶかは投稿者に選択権があり、返信可能が青、不可が黒だ。

「常識で考えりゃ、自分は露出が趣味だなんて公言したいヤツはいないわな。ってことは、掲示板の主催者にも自分のメールアドレスなんて明かしゃしないよ。返信できるってことは主催者にバラしてるってことだからさ」

掲示板にはレス専用板もあるので、メールをやりとりしなくても不便はない。それでも連絡を取りたい場合は、見たい方が先にメアドを書き込むのがルールらしい

。「最近はストーカーとか変なヤツが多いからさ、見る方がメアトや携帯番号など身元を明らかにしないと相手にされないのよ」

言われて納得。オレは逆に、返信可能なヤツこそ信用できると思い込んでいた。

「露出の師匠になってくれませんか」「え…ま、いいけどさ」

こうしてオレたちは、契りのコーヒーを飲み、携帯番号を交換して別れた。
電車の窓明かりがミラーボール代わり
露出は奥深い。いままでオレが見たような、男女のエッチが相互観賞→スワップにつながる露出からチカン女のように、男=ご主人様に命令され痴態を見せるSMプレイもある。2月初めに出会ったのがまさにこのタイプだった。

2月×日。小〇Q線某駅デパート付近でRします。ルールを守れる方だけレスください。何をしてほしいかのリクエストも待ってます

黙RIJにデパートがあるといえば、ーつしかない。さっそくレスを入れて詳細を聞き出し、覗きOKの返事をもらう。当日、オレは指定のPM9時が待ちきれず、30分前から×駅にいた。駅前はターミナルになっており、かなりの明るさだ。まさかここでやるってことはないだろう。駅の周りをウロウ口してると、オレと同じように時間を潰す女性がいるのに気ついた。年のころは22ぐらいか。長い髪、茶色の口ングコート、黒いブーツ。そしてヴィトンのバッグ…って、これ、メールにあったとおりの女じゃんーマジかよ。あんなキレイなコが人前でオナるのかよ。
彼女はときどき時間を確認しつつ、駅とターミナルの間を行ったリ来たり。9時になるや、駅と反対の方向へ歩き出した。慌てて後を追うと、どこかり現れたのか、男か4人オレの後を付いてくる。やっぱ彼女がそうか。口ータリーを抜け、街灯かほとんどない線路沿いの道を行くと小さな公園に出た。無言でベンチに腰掛ける彼女。オレたちは10メートルほど距離をおいてそれを取り囲んだ。

唐突に女がコートのボタンを外し始めた。そして両手で前を開くと、なんと下は黒い。フーツだけ。真っ白な裸体が現れ、しかも、股間にはピンクのローターが埋まってる。ぎょえー、あれを入れて30分ウロウ口してたのかよ。トロンとした目つきで、大きく足を開き、右手で口ーターを出し入れし始める女。左手はもどかしそうに胸をもんでいる。と、そのとき彼女の背後を電車が通り抜けた。

窓かり漏れる明かりの中に濡れた彼女のアソコが浮かび上がり、消え、また浮かび上がる。まるでミラーボールが回ってるかのようだ。

「あーん」ひときわ大きな声でよがると、満足したらしい彼女が足早に走っていく。果たして、その先にはバイブのリモコンを持った男が待っていたのである。
オレはSMカッブルのオモチャなのか

終電間際の赤〇見附駅で"公開調教"と銘打った露出現場に出向いたのも同じころだ。乗り換え階段の踊り場に足を運ぶと、マイクロミニを着た若い女と中年男性のカップルが待っていた。

「じゃあ、最初に確認させてもらっていいかな」

集まった3人の男の名前(ネットのハンドル名)をー人ー人チェックした後、中年男はおもむろに女のスカートをまくりあけた。うひゃー、この女もバイブつけてやがるぜー「これでイジメてやってくださいませんか」

突然、男が横に立つオレにリモコンを差し出した。いや、その、どうすればいいんでしょう、ボク。とりあえずスイッチをオン。

「ああーん」ー回切って、またオン。「ああーン」入れて切って入れて切って…、あ、こりゃオモシレー。

「お上手ですね。あいつ、あんなに濡らしてますよ」見れば彼女の股間はビッチョリ。もしかして、このままホテルで5Pなんてことになるんじゃ。ウヒヒヒ。妄想で股間がとんどん膨むが、世の中そんなにアマクはない。男たちにひととおりリモコンを操作させると、例によってカップルは「どうもありがとうございました。ではこれで」とさつさと消えてしまったのである。

結局オレたちは、SMカップルの前戯の道具にしか過ぎないのだ。お仕置きされて興奮した女と、今ころやりまくってるんだろうな。そんなことを考えながらするオナニーの虚しさよ。「そうじゃありませんか」
アダチさんに電話で愚痴る。

「じゃあ、純粋に見せるのが好きな女のとこ行きなよ。中には露出した後、見に来た男と本番しちゃうのもいるしさ」

「マジですか」

驚くオレに、アダチさんは実際に何度かそんな女性に遭遇したことがあると話す。見られてオナるだけじゃ飽きたらず、男に愛撫を要求したり、ナニをくわえる女も珍しくない、しかも帰りがけ、気に入った男をホテルに誘うこともあるらしい。露出を見て、その女とエッチ。

クワー、これぞオレの求めてたもんじゃんーオレは血眼になって露出狂女のメッセージを探した。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ