★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
37_2020030215362343f.jpg38_202003021536245da_202009051534349c7.jpg39_2020030215362645e_20200905153435a84.jpg40_2020090515343757c.jpg41_2020030215362999c.jpg続いて神社の一人娘と婚活デートの話

コミュニケーション教室唯一の美女、あみちゃんは、最終回の授業が終わってからやっとメアドを教えてくれた。といってもオレだけにじゃなく、クラスメイトのほとんどにだ。出し抜こうとするライバルもいるだろうから、ここは急がねばならない。すぐにメールだ。
〈赤澤です。今度食事にでも行きませんか?〉
対する返事は、
〈今ちょっと忙しいのでまた連絡します〉
だった。逆の立場になってみればわかるが、もし気になる相手から誘いのメールが来ればこうは返さない。いついつなら空いてるとか、何曜日ならOKとか、とにかくアポに結びつけようとするはずだ。
要するにこの返事が来た時点でゲームオーバー。5万円の受講費用はあっさりドブに捨てたことになる。いったいオレはこの2カ月、何をしてたんだ?
9月。例の父親の借金関係で大阪に帰省したとき、地元の友達が2対2の飲み会を開いてくれた。いまだ独身のオレを気遣って一肌脱いでくれたのだ。ミナミの居酒屋にやってきたのは、1人は赤澤採点で中の中ぐらいの感じだったけど、1人はなんと菅野美穂に似た超絶美女だった。28才、大手企業で働くインテリだ。
東京大阪の遠距離恋愛になったとしても、このレベルの子ならば頑張り甲斐がある。がんがんガッツいて、彼女、美穂ちゃん(便宜上こう呼ぶ)の歓心を買うことに集中した。
「やっぱ大阪の子ってええなあ。気楽にしゃべれるし」
「そうなんや。東京の子は冷たいん?」
「めっちゃ冷たいわー。メール返してくれへんかったりするし」
だから君たちはメールを返すようにと遠回しに圧力をかけておくこの周到さ。オレもなかなかの遣り手だ。ところで会の途中で気になる話題 が出てきた。この女子コンビ、この数年だけで、合コンに300回ぐらい参加してきたほどの合コン狂いなのだそうだ。
「えっと、そういうのって持ち帰りされたりとかあるの?」
「ないない。100%ないです」
「付き合ったりとかは?」
「それもないですねえ。なんでですかねえ」
これだけカワイイ子が場数をこなしてるのに彼氏ができないなんて、とても信じられない。好みがうるさいんだろうか。
「300回の合コンの中で今日の楽しさは何番目ぐらい?」
「うーん、50番くらいかなぁ」
なんだ、その中途半端な順位は。社交辞令でも1番と言ってくれたらいいのに。これは望み薄かも。
当初は、明日の土曜に東京へ帰るつもりだったが、解散間際に、美穂ちゃんを誘ってみた。「明日、大阪ブラブラしてみよっか?」
「えっと、昼間ならいいですよ」よし、まだ希望は捨てられん!翌日の昼過ぎに美穂ちゃんと再会し、通天閣近くの串カツ屋へ入った。大阪の子には、あえて庶民的な印象を与えた方が得策だろうという作戦だ。
案の定、美穂ちゃんは目を丸くしてはしゃぎっぱなしだ。
「こんなとこあったんですね。知らなかったです」
「うん、汚らしいけどウマイんやで」彼女はオイシイオイシイと言いながらむしゃむしゃ食べている。お上品じゃないところが玉にきずだけど、これぐらいは許してあげねば。界隈を散歩してから古ぼけた喫茶店へ入った。
明日には東京に戻るので、告白するなら今日しかない。後でメールでぐだぐだやっても、また〈忙しいから今度連絡します〉みたいな返事になるのは目に見えている。
ただ、いきなり「付き合ってくれ」と言う勇気もないので、やんわりと結婚観のようなものを聞き出すことにした。

「28才やったら周りとかもう結婚してへん?」
「してますねえ。子供2人目産んだ子もいるし」
「美穂ちゃんは結婚とか考えてへんの?」
その質問を聞いて、彼女の表情が少し曇った。
「私、神社の一人娘なんですよね。結婚するならウチの籍に入ってもらわないといけないんですよ」「え、それって旦那になる人は神主になるってこと?」
「じゃなくて神社をまもってもらうってことですね」
これは重大問題だ。名字ぐらい変わってもへっちゃらだけど、神社の経営という職業はどうなんだ。食っていけるのか?
「神社って羽振りはいいもんなん?」
「いやー、ウチは良くないですね」「ふーん」
頭の中で計算が働いた。菅野美穂をモノにしようとするなら、東京生活を捨てて大阪で神社経営。悪くないのか、どうなのか。
にしても、付き合う前からこういうことを言うのは、遊びで手出ししないでくれというメッセージに違いない。300回の合コンで彼氏ができなかったのも、たぶんこのためだ。そう考えると、彼女が不憫にも思えてきた。恋すらままならぬ美女。オレが踏ん切りさえすれば、すべてはハッピーにまとまるというのに!
「わかった。しばらく考えさせてくれるかな」
美穂ちゃんはキョトンとした顔だ。
「へ? 何をですか?」「何って、名字が変わることとか」
「誰のですか?」「オレの」「は?」
直後、新喜劇の客のようなバカ笑いが店内に響いた。
「ウケる〜。私、赤澤さんと結婚したいって言いましたっけ?」
ホントだ。頭の中で勝手に、オレ個人に向けられた命題だと勘違いしていた。
「いやいやいや、それぐらい好きな気持ちがあるんやでってことで」
「どうもありがとうございますってことで。ハハハ、ウケるわ〜」
軽く流されて、大事な会話は終わった。こりゃ脈ナシだ。

有名神社の巫女さん処女喪失は夜の境内で!
みなさんは巫女と聞いて何を想像されますか。大概の方は清く正しいなんてイメ—ジを抱いていることでしよぅ。さぞかし清楚な女性ばかりなんだろうと。いえいえ、現実はまったく逆です。
ムラムラくればオナニーもしますし、エッチだって好き。巫女だって人の子、四六時中お行儀よくできるワケがありません。
なんてエラソーなことをいう私、実はかって新潟県の某有名神社に就職、約1年間、巫女として働いていました。しかし、この神社ときたら、性根の腐った巫女がそろっているだけでなく、神主さんもイヤらしい人ばかり。真摯な気持ちでやってくる参拝客の方が気の毒なほど、デタラメなところだったのです。
短大卒業を来春に控え、私は少しでも条件と給料のイイ勤め先を選び、就職試験を受けまくっていました。でも、その意気込みもむなしく連戦連敗。会社によっては、面接にすらたどり着けないという有様です。焦りはつのる一方でした。幼いころに多額の借金を残して父が亡くなってから、母は昼夜を問わず働きつめ。私もそんな彼女を少しでも助けようと高校時代からバイトをいくつかかけもち、せわしない生活を続けていました。おかげで、そこそこモテていたにも関わらず、忙しさのあまり、結局1人も彼氏ができず仕舞い。暗い青春を抜け出すには、毎月それなりの給料をいただけるところへ就職し、ゆとりのある生活を送るしかない。私は真剣にそう考えていたのです。そんなとき、ひょいと助け船を出してくれたのが、就職課のおばさんでした。
「ねえ、まだ職が決まってないんでしよ?巫女はどうかしら」
「え?」
聞けばこのおばさん、地元新潟では有名な某神社の神主さんと知り合いで、いい子がいたらぜひ紹介してくれと頼まれているとのこと。世間知らずの私は、からかわれているのかと思いました。巫女?あの神社で働く?てか、あの人達、お給料もらえるの?
「大丈夫。給料はいいし、すごくラクな仕事なんだって。何だったら、話だけでも聞いてくればいいじゃない」
「はあ、でも…」
結局、まごつく私を無視し、強引に話をまとめるおばさん。面接は3日後とのことでした。
「あの、ごめんください」
面接当日、拝殿近くの事務所に通されると、いかにも一癖ありそうな滝本という神主さんが応対してくれました。
「まあ、そこにかけてラクにしてください。いまから簡単な確認を始めますから」「はい」
「えと、沢野さんはいま、彼氏はいないの?」「はい」
「本当の本当?…ふうん、ま、いてもいいんだけどさ」「はあ」
「で、処女なの?」「ええ、はい」
「本当の本当に?経験ないんだ?」
みなさんも薄々感づいているとは思いますが、いまどき巫女だからといって貞操を守っている女性なんかほとんどいません(もっとも、私自身はこのとき正真正銘の処女だったんですけど)。
処女かどうかはあくまでも自己申告で、神社側もただ建前上、簡単に質問をするのが普通です。しかし、滝本のソレは明らかにセクハラ行為でした。
「おチンチンを見たこともないの?同級生のコはみんなセックスとかしてるでしよ?」「え、さあ…」「でも興味あるでしょう?」「いや、それは…」
さすがにムッときました。ここで怒ってはせっかくの就職もパア。ただジッと、我慢するしかありません。果たして、私は見事に合格しました。滝本のことばを借りれば「真面目で清楚。沢野さんはまさに巫女向きですよ」ってことらしいです。
肝心の給料は手取り18万で、休みは週2日。これなら普通のOLより好条件です。私の腹は決まりました。朝は、まずお清めから始まります。といっても社務所に備え付けられたお風呂に浸かり、軽く体を洗い流すだけ。何ら特別な儀式などありません。
お風呂から上がれば、装束を着、髪を後ろに束ねて准祷磐元了。竹ボウキで境内や周辺の掃除をしてから、ようやく仕事に取りかかります。神社には新人の私以外に、先輩巫女が4人おり、参拝客にお神酒を振る舞ったり、お守りを売ったりする外勤と、賽銭の額の確認やダイレクトメールの宛名書きをする内勤とに分かれて仕事を始めます。どうってことない内容です。
もっとも、最初のころは、いろんな儀式の作法や小難しい祝詞を覚えるのに四苦八苦し、結婚式、厄除け、ご祈祷などの行事でも一々リハーサルがあり大変でしたが、それだって、慣れてしまえばラクちんラクちん。特に、お守り売りなどは、日がな一日、読書ができるほどヒマなのです。
そう、日がな一日ずっと…。
それは、巫女になって何回目かの外勤のときでした。先輩巫女のヨーコさんと交代すべく、お守り売場に出向くと、あら?ヨーコさんがいない。トイレかしら。と、売場の裏手に回ろうとしたとき、かすかなうめき声が私の耳に。
ん、何?つ、つ、つ
改めてよく売場を覗くと、奥の部屋から寝転んだヨーコさんの足だけが見えます。どうしたの?ヨーコさん、交替ですよぉ。
「えわ、わかった。ちょっと待って。いま行くから!」「は-い」
慌てて売場から出てきたヨーコさんは、さも落ち着きない様子で社務所の方へ歩いていきました。彼女が奥の部屋にレディコミを隠し、ときどき1人エッチをしているとわかったのは、それから少し後のことでした。
風呂場のガラス戸から目玉がギョロリ
「とにかくイメージが大切だから、神社にいる時はもちろん、プライベートでも素行には十分気を付けるように。誰が見てるかわからないからね」
私が新人のころ、神主の滝本が口酸っぱく言っていた台詞です。神聖な場所で働くのだから当然といえば当然。悪い噂が立つといけませんしね。しかしョ-コさんの件でもわかるとおり、この決まり、裏を返せば、参拝客にバレなければ裏で何をやってもOKの意味なんですね。
それは神社のお偉いさん、神主とて例外ではありません。社務所での彼らの態度は、参拝客の前とは大違い。もしアメリカなら、訴訟でウン十億の慰謝料が取れるほど、あからさまなセクハラをしかけてくるのです。この神社には、全部で3人の神主さんがいたのですが、やはり群を抜いてヒドイのが滝本のバカタレでしょう。たとえば夏の暑い日。ヤツはよくハカマの裾をめくり、こんなことをしでかしました。
「沢野くん沢野くんコレな〜んだ?」
処女の小娘に向かって、おチンチンぼろり、ですよ。
「こんなの見たコトないだろ」「キャー、止めてくださいっ!」
とは言いながら、興味がまったくなくもないので、顔を覆った両手の隙間からチラチラ。まったくかわいいものです。が、その点、先輩たちはサスガというか。
「まあ、小さくて可愛らしいムスコさんですこと」
「ハイハイ、粗チンはわかりましたからもうしまって下さいね」
見事なまでのあしらいです。そして、そのうち私もまったく動じなくなっていくのですから、慣れとは恐ろしいものです。それが面白くないのか、滝本はエスカレートするばかり。ある時はぶつかった拍子に尻を撫で、またあるときは大胆にも胸元に手を突っ込み、揉みしだく。タマったものじゃありません。そぅいえば、風呂場を覗かれたこともありました。
ある朝の、お清めのときです。湯船に浸かり、ク—ッと伸びをしていると、上部のガラス戸が少し開いてるではありませんか。そして何ともイヤらしい目玉がギヨロリ。
「イヤー」
いい加減にしてよ!私は湯船の水を窓に向かって思いっきりぶっかけ、慌てて浴室を飛び出しました。「あの、止めてほしいんですが」
装束に馨えた後、滝本に詰め寄ります。
「え、何?」「とぼけないで下さい。じゃあ何で髪が濡れてるんですか」
「もうバレバレなんですからね」
「あ—うるせ—な—。いい—じやん、別にいい—じやん」私は、自分がトンでもないところに就職したことを改めて悟りました。
こんな数々の先輩に相談したところで、まともに取り合つてもらえません。どころか剌々しい口調で「それはアナタに隙があるからじやないの?」とこき下ろされる始末。ま、理由はわかつてるんだけど。実は、5 人いる巫女の中で私だけが圧倒的にセクハラを受ける頻度が高かったのです。自分で言ぅのもナンですが、私つてけっこうカワイイ。で、他の4人は揃いも揃ってブサイクちゃん。「あのコだけ可愛がられてる」ってなってもおかしくありません。
こんな状況では、イジメに遭わぬ方が不目然ってものです。
最初は「少しくらいカワイイからって調子に乗るんじゃないわよ」といったノリで、交代制のトイレ掃除を毎日押し付けられたり、無駄な雑用をやらされたりといった程度でした。けどそれは、私の不用意な、しかもしょうもない一言で、がぜんヒートアップしていきます。
ある日の昼休み、ふと社務所に顔を出すと、先輩たちがテレビの音楽番組の話で盛り上がっていました。ここは強引にでも入っとかなきや。え—と、何を話そぅかなぁ—。なんかみんなが好きそぅなバ
ンドないかな。
「やっぱいまはミスチルがカッコいいですよね〜」
ふと見ると、リ—ダ—格のミホさんが鬼の形相で睨んでいました。わ何なんでしょぅ、この気まずい
のは。アタシ、マズイこと言いましたっけ?後で知ったのですが、このミホさん、超がつくほどのグレイフアン。私の一言が触れたらしいのです。
「アンタは今日休みなのに何で来てるの?帰んなさいよ」
間違いなく出勤日なのに、ムチャクチャです。しかし、あまりの剣幕に圧倒され、すごすご帰る私。案の定、欠勤扱いとされてしまいました。それだけじゃありません。別の日にはこんなことも。セクハラやイジメがてんこ盛り。普通の人ならとっくに辞めて当然です。
しかし、なんで私がそうしなかったのかと聞かれれば…。給料がそこそこいい。仕事もラク。そういうことになるんでしょうか。ただイジメはともかく、処女で、なおかつ性に興味津々だった私としては、いつしか神主さんのセクハラを心の奥で楽しみだしていたというのも偽らざる本音かもしません。神社のメンバー全員で佐渡へ社員旅行に行ったときのことです。一通り観光も終わり、予想どおり繰り広げられたハレンチ宴会。例によって例のごとく、滝本から歌えだの服脱げだのと命令され、コンパニオン紛いの扱いを受けめげていると、神主の1人、青木がススっと近寄ってきました。
「ゴメンな。あのオッサン、悪酔いしてるみたいだから」
「いえ、だ、大丈夫です。慣れてますから」
この青木、神社では比較的常識のある人物で、暴走しがちな滝本や先輩女たちから、時おり私をかばってくれることがありました。むろん、相手は下心がバリバリ。このときも、単に気遣ってくれてい
るのかと思いきや、素知らぬ顔で、私の膝をスリスリしちゃってます。
「なあ、ところで俺の部屋に行って飲み直さない?」
「いえ、すいません。気分が悪いんで」1人先に部屋に帰った私は、カギをかけずに布団に入りました。必ず青木はやってくる。そう確信した上での行動です。
別に好きでも何でもありません。でも同時に、あの人なら処女を奪われても、なんてコトも考えていました。間もなく宴会も終了したようで、静けさが戻ってきました。ああ、これからアタシは抱かれるんだ。アソコを舐められ、足を大胆に開かされ。ああ、想像しただけでアソコが濡れちゃう、果たして、青木はついぞやってきませんでした。何でも、他の神主連中たちと風俗にドャドャ繰り出したそうです。まったく、煮ても焼いても食えぬ男です。
しかし、私の処女喪失は、それから間もなく、意外な形で実現します。
誰もいない夜の境内で初体験
世の男性からしてみますと、やはり巫女という存在は一種の憧れなのでしょう。参拝客からのナンパは珍しくなく、「オネーちゃん、今度電話ちょうだい」などとケータイの番号の書かれたメモを受け取ることはしょっちゅうです。が、そんなモノ大抵はゴミ箱に直行。しかも神社は、世間の目を気にするあまり今神社の半径100メートル周辺で男性と親しげに話すのは禁止なんてバカげた規則を作るくらいで、待ち伏せすらできないのです。
けど、あまり大きな声では言えませんが、一度だけ誘いに乗ってしまったことがあるのです。それも会ったその日に、誰もいない夜の境内で初エッチ…。
そのサラリーマンは、これ以上ないほどもろタイプ。むしろ私が彼を誘惑したのです。
それから3カ月ほど後、私は巫女を辞めました。その彼の赤ちゃんを身ごもり、結婚することになったのです。神社側は執拗に引き止めてきました。理由が笑っちゃいます。
「君が売り子だと、お守りの売上が2倍から違うんだよ」
パーカ。売り上げ制のホステスかつつの。
ま、とんでもない所ではありましたが、運命の人に出会えたことについてはとりあえず感謝しています。ひょっとして神様って本当にいるのかも?
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内