★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0090_201803311757443d3_20190813113249904.jpg0091_201803311757457c8_20190813113250e54.jpg0093_2018033117574815e_20190813113250ce5.jpg0092_20180331175747bd2_20190813113250fa9.jpg1_20200615205407e4b.jpg2_20200615205409503.jpg3_20200615205410c40.jpg4_20200615205412f13.jpg5_202006152054130f1.jpg6_20200615205415846.jpg
飲み屋ナンパ立ち飲みバーではワイン二人組を引き離せ
20190916233334.png
立ち飲みバーでよくナンパする男性に聞きたい。一緒に飲むところまではすんなり進んでも、たいていの場合、終電が近づくとともにメアド交換をして、以降それっきりじゃないですか。そんなもん、ナンパでもなんでもない。ドリンク奢り屋さんです。立ち飲みバーで即日持ち帰りをキメるなら、ワインを飲んでる子に絞ったほうがいいでしょう。しかもボトルを二人で分け合ってるような。
女2人組で2人とも酒に強いなんてことは滅多になく、あれ、だいたいが気の強いほうの意見で、気の弱いほうがワインにつきあってるパターンです。気弱な彼女、慣れないもんを飲んでます。「酔い冷まそうか」と引き離して、外を散歩すればフラフラ抱きついてくることでしょう。残りの気の強いほうにも、もう1本追加で飲ませればもらったも同然です。
20190916233347.png

居酒屋の手紙ナンパはこの文面を使ってください

居酒屋の2人客に手紙を渡し、4組中3組と一緒に卓を囲むことができました。以降もプライベートで同じことをやってます。ロケーションは居酒屋なので、こちらも最低2人で行動するのが基本。2人組の女の子を見つけたらメモ帳の切れ端に、なるべく大仰な文章で手紙をしたためるのが成功の秘訣です。
『こんばんは。さっきお店に入ってきたとき、何やら店内の一部がまぶしく光り輝いてるので目を凝らしてみると、そこにいたのはあなたたち2人でした。こんなまぶしい2人と一緒に飲めたら一生の思い出になるはずだと慌てて手紙を書いています。よければ一緒に飲みませんか?もちろん奢っちゃいます。OKなら手を振ってもらえませんか?」
恥ずかしい文面ですが、これぐらいの方が酒の席では笑いが取れるのかもしれません。仮に無視されても、別の席の子たちを狙えばいいわけで、臆する必要はありません。

警戒させない声かけ「今、そこで飲んでるんで」

すごく簡単な、それでいて女が警戒しないナンパを教えます。まず友達と2人で飲み屋に入ります。通りに面していて入り口がオープンになっている店がいいでしょう。こういう形態の飲み屋は繁華街であたりを見渡せばすぐに一つや二つ見つかります。店内に入ったら通りに近い位置に席をとり、女2人組が前を通りかかったら、1人がすかさず追いかけます。大事なのは第一声。「今そこで飲んでるんで、一杯だけ一緒にどう?」どこに連れて行かれるのかわからないナンパと違い、店が具体的にわかり、しかもオープンな形態だと、女は警戒しないものなんです。おもしろいほど簡単ですよ。

20190916233321.png

泥酔フラフラ女は朝の駅で拾う

泥酔オンナを探すのに、深夜の繁華街をうろつくのは非常に効率が悪い。おいしそうな獲物には得てして他の男ががっつりマークしているものだ。むしろ狙いは始発電車だ。オレの場合はよく新宿駅の始発ホームでターゲットを探す。探すと言ってもそのへんでうずくまったりしてるからけっこう見つかるものだ。その後、その子と同じ電車に乗って声をかける。「水飲む?」とか「オレも超酔っちゃったよ」くらいのノリで。酔ってるからか、会話に応じてくれる子がほとんどだ。そしてその子が降りたら自分緒に降りちゃう。んで駅を出てトボトボ歩く女についていって、部屋についたところで「まあまあ」とか言いながらあがりこんじゃうって感じだ。そんなウマイ話あるかって思うかもしれないけど、酒で思考が停止してるヤツなんて案外こんなもんだ。一度なんて3つくらいしか言葉を発しないで家まであがったこともあるし。

全国のナンパできる立ち飲みバー

①東京銀座・300Bar

近隣に2店舗ある立ち飲みバー。ここの面白いところは、男も女も9割がたナンパ目的の客しかいないところだ。実際行ってみればすぐに気づくだろう。OL3人組なんかがヒマそうに突っ立っていれば、すぐに男が近づいていく。ドリンクは300円なのでそれをおごってやり、会話がスタートする流れだ。埼玉や千葉からわざわざやってくる女も多く、出会いのモチベーションはすこぶる高いのでやりやすい。もちろん多少のコミュ能力は必要だけども。

②大阪難波・味園ビル2階
このビル2階は小さな飲み屋やバーが入っている。そのどれもが女客と気軽に近づけるようになっているのだが、オレみたいに女をひっかけに行ってる男は、店の外や廊下で声かけすることが多い。
ちょっとサブカルチックというか、小洒落た店が多いので、「この店入りたいけど緊張するし一緒に入ろうやぁ」の一言でオッケーだ。声をかけられる目的で来てる子もいるし、観光客女性2人組なんかもいて、かなり緩い空間になっている。

③福岡大名・fratt
こじんまりした店ですけど、仕事帰りのOLとかが多くて週末はけっこう混んでます。シャンパンやスパークリングワインの種類が豊富なので女の子が集まってくるんですね。ナンパのメッカとして有名なので、出会いの場として意識した女の子がやってきます。自分の周りだけでも何度も持ち帰れてますね。「一杯おごるから話そう」って普通に声をかけるだけで、あとは店員を交えてアホトークするのみです。

ナンパ待ちスポットの立ち飲みバーで出会い即SEXに挑戦

東京・新橋に、ドリンク代が格安の立ち飲みバーがある。ここは都内でもダントツのナンパ待ちスポットと言われている。
金曜の夜ともなれば、店内は身動きが取れないほどOL&リーマンであふれ、なにやら睦まじい感じになっているのだ。金曜、夜7時半。新橋駅から5分ほど歩いたところに店はあった。店内から、低音の効いた音楽が聞こえてきており、いかにも楽しいことが待ってそうな雰囲気だ。階段を下りていくと、客の多さにビックリした。コンクリ打ちっ放しの広い店内は、20代30代のサラリーマンたちで、満員電車なみの混雑ぶりだ。女性は全体の三割ほどだろうか。2人組とか3人組がほとんどで、ガヤガヤ感を楽しむように、隣りの客に肩をぶつけながら酒を飲んでる。
イイじゃんイイじゃん。ナンパ待ち臭がプンプンするぞ。 
にしても男どもはいったい何してんだろ。どいつもこいつも女のほうをチラチラ眺めては「お前、声かけろよ」的な草食系態度だ。せっかく女たちが待ってんのにもったいない。こりゃもらったな。今晩は、オレが女の子ごっそりいただいちゃいますよ。ただ今日のオレは単独行動。2人組女子を引き離してお持ち帰りするまでの実力は持ってないのでメアド収集に専念するとしよう。口説くのは後日メールでゆっくりすればいい。では、どの子からいこうか。向こうの2人組、話しこんでるみたいだけど、マジで語りたいなら静かな飲み屋を選ぶハズ。こんなうるさい店にいるってことはナンパ待ち決定!トーク中に割り込むなんて失礼千万。だなんて気を遣ってちゃナンパなどできっこない。こういうときはカンパイ作戦だ。グラスを2人の前につきだして、はい、カンパーイ。
「え?」
「はい、カンパーイ。はい、君もカンパーイ」
2人はニヤっとしながらグラスを当ててきた。
「今日、2人で来てるの?」
「うん、オニーさんは?」
「オレ、1人」
「へぇ」
会話は普通に進んだ。彼氏はいるとかいないとか、近くに勤務してるとか、そんな他愛ない感じで。しかし長話をする気はない。一区切りしたところで切り上げだ。
「そろそろ行くよ。せっかくし、メアド交換しとこうか」
「うん、いいよ」
あら、幸先のいい出だしだこと。お次のターゲットもすぐに見つかった。このネーさん、ツレの女友達が男と話しこんでるから、一人でツマんなそうにしてる。話し相手になってあげよう。
「こんばんは」
「はぁ…」「オレの友達、向こうでしゃべり込んじゃってさ」
「へえ、そうなんですか」
「カンパイしようよ、はい、カンパーイ」お次も2人組に狙いを定めた。ナンパ師セントウ、彼女らのグラスが空になりかけてるのを見逃さない。
「ういっす、なんかドリンク奢ろっか?」
「え、ホント?じゃあビール」1時間あまりで4人のメアドをゲットできてしまった。もうお腹いっぱいになりそうだ。
でもまだやるぞ。次はあそこにいる、めっちゃ好みの女2人組だ。ただ、オレが店に来たときから、彼女らはグループとしゃべってる。たぶん仲間同士って関係ではない。この場で肉食クンに声をかけられたのだろう。あそこに割り込んでいくまでの勇気はさすがにない。じゃあどうするか。待つ。待つのだ。ドリンクの注文やトイレなどで、必ず女の子は1人になるときがくる。先にツバつけられたからって、他の男が話しかけちゃいけないなんてルールはないのだからね。ほら来た、1人がトイレに向かったぞ
「ちわっす、飲んでる?」「はい」
「トイレ待ちの間しゃべろうよ」
「いいですよ」
しばらくして彼女のトイレ番がやってきた。ケータイはカバンに入ってるというので、オレは自分のケータイを彼女に手渡してお願いした。
「トイレしながらメアド打ち込んでよ」
 ボクちゃん賢すぎ!ちゃんと打ってきてくれたし!
10時を回り、店内はいよいよ混んできた。押すな押すなの混雑ぶりだし、音楽もガンガンかかってる。バーというより、もはやクラブみたいだ。DJブース前のスペースでは、ラユユラ揺れてる人間も何人かいる。おっと、女子1人もいるじゃないの。人目を気にせずユラユラできる女は、ノリがいいに決まってる。一緒に踊っちゃおっと。リズムを取りながら近寄っていき、勢いにまかせて肩を抱く。
「イェーイ」
「びっくりしたぁ。イェーイ」
やっぱりノリはよかった。そしてそのまま会話が始まった。スピーカーがうるさくて聞こえにくいけど、互いに顔を近づけてしゃべるのはサイコーだな。いい臭いするし。
「やばい超楽しいよ」
「わたしも〜」
でしょでしょ。じゃあ、ぼくちゃんとメアド交換しようか。ひと踊りしたあとは、ドリンク注文の列へ並んだ。おっと、目の前は女の子1人じゃないか。
「ちょっとゴメン、財布わすれたんで、ここの順番取っといてもらえる?」
小芝居をかまして、再び列に戻ってきたところで、
「ありがとう。お礼に一杯おごらせてよ」
「え、いいんですか?」「うん、なに飲む?」
オレ、いつのまにこんな熟練のナンパ師になってたんだ?おやおや、女5人組なんて大所帯がやってきたぞ。しかも3人はそこそこイケてるじゃないか。う〜ん、なんとかしたい!5対1でもこの店なら戦えそうな気もするけど、やっぱりここは仲間がほしい。そうだ、あそこの草食リーマン2人に加わってもらおう。
「ちわっす。あそこのグループとしゃべりに行きませんか?ボクが声かけるんで」
「え、ああ、はい」
ふふ、君らも女の子と話したがってるのわかってんだから。ほら、付いてこい。声の掛け方はやはりカンパイだ。真似するんだぞ。
「はい、どうも。カンパーイ」
「あ、カンパーイ」
ニコやかに女たちがグラスを合わせてくる。このバランスならおかしくない。
「女同士でなに話してたの?」
「まあいろいろ」
「恋バナでしょ。それなら男の意見も聞いたほうがいいよ」
リーマン2人もニタつきながら「どこから来たの?」だの、しょーもない会話を始めている。よしよし、お前たち。しっかり間を持たせろよ。一晩で集まったメアドは11人分。こんなことが可能な場所は全国どこを探してもあの店しかない。
居酒屋の2人客だ。
よくあるだろぅ。男友だちと2人で飲みに行くと、近くの席にOL2人組がいるよぅなパターンが。
話しかけたい。できれば一緒に飲みたい。でもどうやって声をかけよう…。
そこで手紙を使うのだ。
飲んで騒ぎに来てる子たちに真摯な文章は重い。ここは笑いを取るのが正解だろぅ。
こんな軽〜いノリの人たちなら一緒に飲んでも楽しそぅかも。
そう思わせれば勝ちだ。週末の夜、友人チハラを連れ、渋谷に繰り出した。向かったのは大衆向けの和風ダイニングだ。店員の誘導で空席に座ると、隣の後方に女性客2人組がいた。
テーブルにはすでにグラスと何枚かの皿が並んでいる。そこそこアルコールも進んでいるよぅだ。あらかじめ書いておいた手紙を取り出し、店員さんを呼ぶ。
「あそこの2 人に渡してもらっていいですか」
店員さんは快くメッセンジャーになってくれた。手紙を渡しながらこちらを指し示してくれている。
2人が笑顔を浮かべて我々の方をチラ見してきた。すかさず手を上げてみたが、すぐに目をそらされる。失敗か?
と思ったら、1人がバッグからペンを取り出し、何やら書き始めた。しばらくして別の1人が立ち上がり、そのメモを無言で持ってくる。
中を開くと小さな文字でメッセージが(左)手紙には手紙で。粋な返答をくれたものだ。どぅやらこの店で飲むなら問題ないっぽい。
でも早く帰ると宣言されたのはおいしくない。盛り上がったところでメアド交換が精一杯か。
次に行こう。
顔を見合わせて笑ってるぞ
居酒屋を出て、立ち飲みバーへ向かった。最近の立ち飲みはやたらと女客が多いのでターゲットには困らないだろぅ。
いたいた、2人組。カウンターに向かって何やら楽しそうに話し込んでいる。では手紙だ。今回は店員が忙しそうなので、友人クンに直接持つていかせることにしよう。
「これ、読んでください」
読んでる。顔を見合わせて笑ってる。いいぞいいぞ。
しかし、しばらく待ってみたがこちら側に近づいてくる気配がない。こうなりゃ直接呼びに行くしかないだろう。
「あの、手紙読んでもらえた?」
「あ一、すごい混んでるから見えなくて。手紙くれたのが誰かわからなかったんですよね」
「混んできたい他のお店に移らない?」
「ん一、そうですね」
簡単に成功した。すごいぞ手紙。あんな文面なのに。気が変わらぬうちに、4 人で近くの居酒屋へ移動した。
「じや、あらためてカンパーィ!」
黒髪の色白美人がマィコちゃんで、茶髪のちょいポチャがアヤちゃん。女子高時代の同級生で、每月一度は立ち飲み屋で会合を開くのが決まりらしい。
現在、2 人とも事務職のOLさんをしていて彼氏はいないそうな。
さて、こうして一緒に飲めただけでも及第点ではあるが、やはり今日この勢いのまま最後まで持っていきたい。2 人を引き離したいところだが…。
11時を過ぎたあたりで「次に行こうか」と誘ったところ、マィコちゃんから気のない返事が戻ってきた。
「明日、結構早いんですよね」
一方のアヤちゃんはまだ飲めそうだ。往々にして2人組ナンパはこういうことになりがちである。共倒れを避けるため、友人にマィコを送らせ、オレがアヤをもらうとしよう。
が、会計を済ませて外に出ても、2 人はピタリと寄り添い離れようとしない。結局、アヤちゃんも「明日も仕事なんで帰ります」と言い残し、駅の中に消えてしまった。
翌日、2 人に同じ文面のメールを送ってみた。翌週の金曜、夜7 時、再び渋谷へ降り立った。向かったのは無国籍料理を出す居酒屋だ。店内は客の入りが少なく、空席だらけだ。とりあえずカウンター席の中央に陣取り、女性客の入店を待つことにした。
30分ほど経過したころ、カウンター席に若い女子2 人組がやつてきた。漏れ聞こえる会話を聞いた感じ、かなり久しぶりに再会したようで、途切れることなく会話が盛り上がっている。
落ち着いてきたところを見計らい、手紙を差し出す。
「あの、手紙を書いたので、読んでもらえますか?」
「え?はい。手紙だってえ」
「え一?アハハハ」
2人は顔を寄せ合うようにしてノートの切れ端を広げ、笑いながら読みはじめた。
「こんな隣なのに、手紙書いたんですか?」
「まあね、盛り上がってるみたいだから、声かけるのもアレかと思って」
「アハハ、笑える一」
なんだかとってもいい雰囲気で、ごく自然に一緒に飲むことになった。やっぱりすごいぞ、手紙!
2人は1 年ぶりに再会した高校時代の友人同士で、奥のユィちゃんが都内の大学生。手前のカナコちゃんは北海道の看護学校に通う学生さんらしい。
横一列に並んで、4 人は大いに盛り上がった。とにかく2人共カワイイので何でも奢ってあげたくなる。好きなの食べてね。小一時間ほど経ったところで切り出した。
「そろそろ二軒目、いく?」
かなり酔ってるみたいだから、次でワインでも飲ませりゃイチコロだろう。
しかしユイちゃんが言う。
「久しぶりの再会なんで、もう少し2 人で話したいんで…すみません」
メアドだけは一父換したが、一人が彼氏持ちで一人がすぐ北海道に帰るようでは厳しすぎる。気を取り直して、レストラン & バーへ。女性2人組がワィンを飲んでいるのを見つけ、近くに陣取る。よし、さつさと渡しちまおぅ。
「あの、手紙書いたんで読んでもらえますか?」
「え?マジで〜」
「ごめんね、こんな至近距離で」
「ホントだょ」
この子たちも笑つてくれている。手紙つてほんとにすごいんだな。
「てか、いつあいてたの?」
「今だよ。嚙みしめて読んでね」「このノート何?」
「大学ノート。コレだよ」
「なんでそんなの持ち歩いてんの? マジゥケるんだけど」
「男同士で飲んでても寂しいからさ、一緒に飲もうよ」
「ん一 ぃぃよ」
素晴らしいと言うしかない。店員さんに4 人席をセッティングしてもらって飲み直しだ。
「じゃ以降はこちらに付けてくれていいので」
「ヤッタ!.じゃガンガン飲もうつと」
「私は食べよ一」
色白のユゥコちゃんはかなりお酒が強いらしく、一方の日焼けしたリコちゃんは腹が減ってるので食べる気満々だ。共に社会人2 年目の24才で、普段からよくつるんでは渋谷で夕飯を食べているそぅな。現在2人とも恋人がいないとのことなので、今夜中にばっちり決まるかも。
「彼氏ほしくないの?」
「私はオラオラ系の男の子が好きなんだけど、みんな自分勝手だから疲れる。だからしばらくいらないの」
「私もいらないかな一。色々めんどいし」
順調に会は盛り上がり、夜11時をすぎたところでユウコちやんの電話に着信があり、もぅ一人の女友達、チヒロちゃんが合流することになつた。
「この人たち、手紙くれたんだよ」
「へえ1、ゥケるね」
2対3。ナンパには適さないが、これはこれで楽しい。
深夜0時、日焼けのリコちゃんが先に帰宅したところで攻めに出た。
友人とアイコンタクトを交わし、俺が色白ユゥコちゃんの横をマークする。
「もぅちょい飲めるでしょ?どっか行かない?」
「いやいや、実は私も明日8時から仕事だから無理」
う一ん、即日セックスってのは難しいもんだな。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内