★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
210_2020061118334081b.jpg211_20200611183342d1e.jpg212_202006111833436d5.jpg213_2020061118334533a.jpg214_20200611183346e75.jpg215_20200611183348ede.jpg216_20200611183349881.jpg217_20200611183351920.jpg218_202006111833524ed.jpg219_2020061118335428c.jpg0184_202002291027309b4.jpg0185_20200229102731f4f.jpg0186_20200229102733edb.jpg0187_20200229102734c1c.jpg0188_202002291027367ec.jpg0189_20200229102737c9d.jpg0190_2020022910273985a.jpg0191_20200229102740cbc.jpg0192_202002291027420c4.jpg1_20191120202251450_2020011613293603f.jpg2_20191120202253d6f.jpg3_201911202022542ce.jpg4_20191120202256f89.jpg5_20191120202257825.jpg6_20191120202259617_20200116133304c4f.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
喜ぶべきか悲しむべきか。大型のチェーン店は雑誌広告、ティッシュ配りなどで大量宣伝することにより、知名度が上がり、コールも安定化する。しかし、外食産業を例にとるまでもなくサービスが均一化されると、どこへ行っても同じマニュアル、同じ味で飽きてしまう。ハンバーガーは飽きた。たまにはラーメンを食べたいと思うときだってあるのだ。
そういう意味で、独立系の駅弁テレクラには、ごちや混ぜコールの面白さがあった。
2年ほど前に閉店してしまったが、西武池袋線のひばりケ丘にあった店がそうだった。小さなマンションの一戸を改造したテレクラで、ベニア板で仕切った個室にはドアの代わりに汚れたカーテン。ギシギシいう古びた回転椅子。暖房は石油ストーブ。暗い蛍光灯。床にはゴキブリ。古いカレンダーの裏面を束ねたメモ用紙。俺が知るかぎり日本で2番目に汚いテレクラだった。後に淫行で逮捕されることになる「グロリアの狼」氏はここの常連だった。女と会えた確率では他店にひけをとらない。会った女、やった女。そのほとんどが近所の女たちで、ホテル入場禁止年代の女とは町外れのカラオケでハメた。
援交、冷やかしもどんどん繋ぐ。そのおかげでニセアポも見破れるようになったし、値切りのテクニ
ックも勉強できた。客同志の情報交換も盛んで、仲良くなった大工見習いの男からは2人の人妻を紹介してもらったこともある。俺がお返しに露出狂のデブ女を紹介すると、大いに喜ばれた。こういう手作りの味も捨てがたいものだ。家を出るとき確認した文字放送の関東レーダー画面から予想すると午後には雨は弱くなる。それに期待しながらコールを待つ。この日のために店側では前日から約3万枚のティッシュを用意、朝9時から駅周辺で配っていると聞いた。
コールもボチボチ。友だちからドタキャンくらって駅からかけてきた学生、バイトをすっぽかして遊び相手を探しているフリーター。こんなときに限ってオイシイコールがくるものだ。
だが、今日のターゲットは人妻。他の部屋に回す。案の定、外出したその客は戻ってこない。クソッ。ラッキーなヤツめ。
人妻の1本目がきた。話し方からいって常連か。「どこにお住まい?」と聞くと「その言葉であなたはチャンスをなくすのよ」と高ビーな返事が戻ってきた。「歳にしては大人じゃないわね」
「女を知らないんじゃない」
一言一言ムカつく女で、取材でなかったらとっくに切っているところだ。
これは取材です、と女にことわりディレクターと交替。テレクラにかける心理、夫にバレたときの
対応など落ち着いてインタビューしている。さすがプロ。終えると
「おいしい話はほとんど聞けました」と報告があった。よし、これからはフリーだ。
両足をひろげ催促する女の口にペニスを入れ、右手で性器をかき
回す。と、今度は「2本入れて」と注文。俺は女の肛門に薬指を突っ込んだ。
「これ、これ、いい」大声をだす君子。
「元気なチンチン。入れてえ!」
まだ早いぞ。挿入は、ここを紙めてからと俺は尻を突き出した。と、女が顔を動かしながら俺のを吸う。すかさずゴムをはめソファの上で結合した。
射精後ペニスを拭いているところへ携帯が鳴った。ディレクターからだ。
「いま接客が終わったのですぐ戻ります」
一方的に話をして切ると、君子は「忙しいのね」と不満そうに言った後、入り口にある自動会計機に札を入れた。しめしめ、今日の出費は往復の電車賃480円だけで済んだ。まあまあの女だし、きれいな空気も吸えたし、おまけにマッサージ付き。言うことはない。
テレクラでやりたい盛りの欲求不満熟女を焦らす快感
ムチャなウソはつかない気がする
テレクラの不景気は春日部にも及んでいた。個室に入って待てど暮らせど電話が鳴らないのだ。ようやく最初のコールがあったのは、入店して1時間も過ぎたころだ。
「あ、もしもし」「こんにちは。今日はどんな人を探してるんですか」
「これから会える人を探してます。手短に言いますけど、7月に仕事をクビになってから仕事が見つからなくて、ガスも止められたんです。本当に困ってて」
ふむ、つまりワリキリ希望なんだな。
「で、あとケータイ代も明日までに払わないと止められちゃうんです。実家の母もいま電話がつながらなくなっちゃってどうしようかと思ってて。私、シングルマザーで、いま子供が熱を出しちゃってるから栄養のあるもの食べさせてあげたいんですけど、ええっと…」
たしかこの人、さっき「手短に話します」って言ってなかったっけ? なんかめっちゃダラダラ話してるけど。
「要するに、お金が必要なんですね? ワリキリで会いたいと」
「あ、はい。そうなんです。すみません。こういうところに電話するの初めてなので」
「え、そうなんですか?」
「は、はい。友だちにここの番号を教えてもらったんです。その……男の人とホテルに行けばお金がもらえるよって。でも、すいません。ちょっと緊張しててナニを話したらいいかわかんなくて」
「大丈夫ですよ。ちょっと僕から質問していいですか?」「はいどうぞ」
「いまどこにいます?」「〇〇駅です」
 意外と近い。春日部から数駅離れたところだ。
「その近くにホテルあります?」
「わかんないですけど、会ってくれるなら春日部駅まで行きます」
「希望金額はいくらですか?」「できれば1万3千円ほどもらえると助かります」
「あと、年齢と体形は?」
「34才で、身長155センチの56キロです。ちょっとポッチャリして見えるかもしれません」
34才、ぽっちゃり。通常、こんなデータを受け取った場合は即座に「41才、クソデブ」と変換するのだが、どうも今回の申告は額面どおりに受け取ってもいいように思える。
話した感じ、テレクラが初体験というのは本当のことっぽいし、であればいつもの化け物たちのように、ムチャなウソはつかない気がするのだ。てか、今回はマジで大当たりじゃね? ふふふ、絶対そうだって。『34才、ぽっちゃり』でこんなに喜ぶのもなんだけど。
「あの、どうでしょうか? ぜひ会ってほしいんですけど。お願いします。絶対に最後まで気持ちよくさせますから。しっかりとイカせますから」
思わず「しっかりと」のことばに吹き出してしまったが、同時に期待も大きく膨らむ。ぜひ会いましょう!ナチュラルに頭が悪いのか?
電話を切って30分、春日部駅で待っていると、携帯に電話が入った。
「もしもし、春日部駅に着きました。いまホームです。どのへんにいますか?」
「えっと、西口の改札を出たところだけど」
「じゃあ、電話を切らずにこのままでいいですか? 急いでそっちに行きますから」
まもなく、改札の向こう側にそれらしき女が現れた。聞いていたとおり、チェックのシャツを着ているので間違いなさそうだ。それにしても、いったい何なんだあのルックスは! 髪型は宅八郎、顔は世界のヘイポー、体はがっつりデブだなんて、期待を木っ端みじんに打ち砕くにもほどがある。
教訓を得た。テレクラというところには、ベテランだろうが初心者だろうが、所詮、同じ人種しかやってこないのだ。ああ、マジで具合が悪くなってきた…。絶望の淵でフラフラ揺れていると、スマホからヘイポーの声が。
「あの、改札の方まで来てもらえます?」
「…どうしたの」
「お金がないから入場券で電車に乗ったんですよ。清算するのでちょっと協力お願いします」
 口調こそ丁寧だが、当然のように電車賃を他人に負担させる態度はいかがなものか。あるいは、テレクラ女に常識を求める俺の方こそ間違っているのか。
「はい、これ…」
 千円札を柵越しに渡してやった。
「ありがとうございます」
 しおらしく笑顔を浮かべるが、不細工すぎて正視に耐えない。ようやく改札から彼女が出てきた。挨拶もそこそこにホテルへ向かおうとすると、ヘイポーがピタッと立ち止まる。
「どこ行くんですか」
「え、西口のラブホだけど」
「だと思った。東口にもすごくきれいで安いホテルがあるの知ってます? そっちの方が絶対にいいですよ」
へえ、そいつは知らなかった。じゃそっちにするか。しかし、彼女を先頭に歩き出してすぐ、雲行きが怪しくなる。
「あれ、おかしいなあ。あっちの道だったかな」
「場所忘れちゃったの?」
「たしか、この辺だと思ったんですけど…」
結局、東口周辺を散々歩かされたあとで、彼女がペコリと頭を下げた。
「あのう、すいません。そのホテルがあるところ、別の駅の東口だったかも。春日部駅じゃないです。ふふふ」
ナチュラルに頭が悪いのか?なにヘラヘラ笑ってんだよ。なんかムカつくわぁ。
「何だったら弁償しますんで」
西口のホテルに入った。ひとまず風呂を沸かそうとすると、ヘイポーが手で制する。
「ゆっくりしててください。私がお湯ためてきます」
ふむ、いい心がけだ。戻ってきた彼女に尋ねてみる。
「そういや仕事クビになったって話してたけど、職探しはしてないの?」
「面接に行っても全然受からないから面倒くさくなちゃって、最近はあまりやってないんです」
シングルマザーのセリフとは思えない。育児に対する責任感はないのだろうか。
「でも探せば仕事くらいあるでしょ。派遣のバイトとか」
「それがないんですよ。だから生活保護がいいなぁって思ってるんですけど」
「じゃあ、役所の福祉課にはもう行ったの?」
「うーん、それも面倒くさくて。どうせ働けるからダメって言われるのわかってますから」
なかなかのクズっぷりだ。そりゃ仕事もクビになるわ。おもむろにヘイポーが立ち上がった。
「コーヒーでも入れましょうか」
「…あ、うん」
テレクラ女にコーヒーを勧められるなんて初めてのことだ。先ほどの風呂といい、こういうところはやけに気が利くんだよなあと感心していたところ、両手にカップを持った彼女がテーブルの角にヒザをぶつけ、コーヒーを派手にこぼした。床に置いてあった俺のリュックはなんとも無残なことになっている。おいおい…。
「あ、すいません!」
「いいよ、ワザとじゃないし」「何だったら弁償しますんで」
出来もしないくせに、イケシャーシャーと弁償を口にするこの性根は何なんだろう。駅で電車賃をせびってきたときも感じたが、どうもこいつには、内心、他人を舐めきっているフシがある。
思わず説教を食らわせてやりたい衝動に駆られるも、すんでのところでグッとのみ込んだ。ここで怒鳴ったところで、俺が得るものなど何ひとつない。
「それよりもう風呂が沸いてるんじゃない? 入ろうよ」
「そうですね。じゃあちょっと見てきます」
その数秒後、風呂場からヘイポーの素っ頓狂な声が。
「あれっ!?え? え〜〜…」ん、なんだ?様子を見にいき、俺はゆっくりとまぶたを閉じた。湯船に栓がされておらず、お湯が全然たまっていなかったのである。頭の血管がいまにもブチ切れそうだ。
「できたらナマがいいです」
「すいません。もういっかい溜めなおしましょうか」
「もうシャワーでいいよ」
この時点で俺の感情は石のようになっている。一刻も早くやるべきことを終え、ホテルを出たくて仕方ない。すばやく裸になる俺の隣りでヘイポーも服を脱ぎだした。汚い妊娠線。腹回りにあるナゾの黒ずみ。股ズレの跡。フルコースで醜悪な女体がいらだちに拍車をかける。
手早くシャワーを済ませてベッドへ。シーツの上で仰向けになると、両脚から割って入る形でヘイポーがもそもそと股間に近づいてきた。
「じゃあ、フェラしますね」
温かくて心地いい感触が亀頭をジワリと包み込む。おや、結構うまいじゃん。
「サオの方も舐めてくれる?」
「ふぁい。こうでふか?」
「ああ、そうそう。それ気持ちいいわ」
先ほどまでのイライラが急速にしぼんでいく。人間、チンコが喜んでいるときは不機嫌になれないものらしい。ふと股間に視線を落とすと、血管を浮かせてガチガチになった我がチンコをヘイポーが美味しそうに舐め上げている。醜い容姿でありつつも勃起を維持させ続けるとは、本当に大したテクの持ち主だ。ヘイポーがチンコから口を離した。
「そろそろ入れます? 私はゴム無しでもいいですよ」
「いや、ゴムつけるよ」
こんな汚い女と生ハメだなんてスリリングすぎる。
「でも私、ゴム好きじゃないんで、できたらナマがいいです。病気とかないから心配ないですよ」
無視してコンドームを装着した。しかし、そのままぶっとい両脚を開かせ、いざ挿入しようとした際、緊急事態が。猛烈なマン臭だ。アジの干物にパルメザンチーズを山盛りかけたような発酵臭が鼻をついたのだ。くっせ! 
すぐさま口呼吸で対応し、ピストンをはじめたものの、受けたショックはあまりに大きかったようだ。チンコはまたたく間にしぼみ、ピストン運動は不可能に。
「あれ、元気なくなりましたね」
「うん。なんか調子悪いみたい」
しかし、こいつには絶品のフェラがある。こうなったら口で抜いてもらうとしよう。と思っていたら、ヘイポーがいそいそと服を着始めている。
「あの、ちょっと。まだ終わってないんだけど。フェラしてよ」
「え? もう無理です。ちょっと時間がないんで」
熱を出した子供が学童保育で迎えを待っているのだという。そういや、最初の電話でそんなこと言ってたっけ。じゃ仕方ないか。
「でも、あと3千円くれたらフェラしますよ」
結局、カネ次第かよ! 子供の熱はいいのか?その途端、今日あったいろんな出来事が頭を駆け巡り、急激に怒りの感情が湧き上がってきた。無言で、ヘイポーのカバンを思いっきり蹴り上げる。
「ちょっとなにするんですか!最低! 帰ります!」
床に散乱した私物をカバンに詰め込むや、ヘイポーは顔を真っ青にして部屋を飛び出ていった。バーカ、いい気味だ。冷静になれば俺も大人げなかったと反省しきりだが、ああいう人を舐めた手合いには、やはりガツンとかましてやった方がいいのだ。この連載でこんなに気分がスッキリしたのは初めてだし。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ