34_202002281831453b8.jpg35_2020022818314705f.jpg36_20200228183148e74.jpg37_20200228183150293.jpg38_20200228183151f8b.jpg39_20200228183153714.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
目の前で、女が股を開いてくれるわけでもチンポを哩えてくれるわけでもない。私は数え切れぬ相手にエロト—クを繰り返してきた、テレホンセックスマニアである。
素人と会話できる新しいメディアは全国に広がる。私が初めてテレクラに足を踏み入れたのは、空前のブ—厶が訪れる直前だった。最初の相手は40くらいのオバさんである。簡単にアポが取れ、待ち合わせ場所に出向くと、彼女は着物に日傘だった。そして、そのままホテルへ。出会ってから30分で、は一糸まとわぬ姿となり、私の下で感極まる声を上げた。感動以外の何物でもなかった。そんなテレクラ三昧の日々で、覚えたのがテレホンセックスだった。昔を知る方はご存じだろう。
「もしもし、はじめまして」
「テレクラつて何をする所なんですか?」
「ココはねえ、男がセンズリこくところなんですよ」
「セ、センズリつて何です?」
いい時代だつた。こんなセリフを本気で口にするほどウブな有閑マダ厶が、大量にコールしたのだ。
しばらくテレホンセックスに興じ、アポを取り、体を貪り合ぅ。それはそれで楽しい興奮もする。
が、究極のエロチシズムは想像の中にこそ見いだせるのではないか。肉体を重ね合わせる即物的な快楽より、イメ—ジで興奮するテレホンセックスの方が、高いステ—ジではないか。
「はい、センズリ企画で」「……センズリ企画でお調べいたしましたが、ご登録はないよぅですが」
104は必ずリピー卜してくれるのでありがたい。が、さすがにそればかりでは芸がない。
私は新たな展開を模索し意見を募るテレビの番組に目を付けた。狙いはむろん、電話の受け付け嬢だ。何度も何度もリダイヤルし、よぅやくつなげることに成功。話題は政治だ
「コレからは女性の時代だから……アナタたちマスコミの…マンコ……こぅいぅ問題は歴代の総理が悪いんですよ…マコン」
真面目な意見の間に、小声で挟むのがミソ。かなり高度な技だが、コツを掴んでくると、最後にハッキリと「オマンコ」と発音しても切られなくなる。ポイントは、たとえオマンコと発立日した後でもまともな意見を伝え、話を元に戻すことだ。相手は切るに切れない。
「私もね、このには感心が高いので一生懸命活動してるんですよ。右手で」
「は?はい…」
もはや、こちらのペースだ。
「あなたさ、頼むから少しの間、ハイって返しててよ」「ハイ…」
「よし、それじや早くケツだしなよ、アンタのオマンコ舐めてやるから」
「ハイ?」「オレのチンポ入れたくてしょうがないんだろ。イクぞイクぞ…」
で、にイッた。惜しむらくは相手が若かったことだが、心は大きい。他にも、会社の所在地を尋ね、それを親切丁寧に教えてくれる相手をいたぶるという編み出した。この業種は何でもいい。
「△駅を降りましたら、橋を渡っていただきまして…」
「え—と、そこは確かマンコ橋ですよね」
「はい?^^ですか?」
「いや、コーマン橋っていうのが近くに…」
「あの、コ、コーマン橋という橋はないですね。そこを右に曲がったところに…」
相手はイタズラだと気付いていない。が、時には例外もあって、
「それでね、実はセンズリしてるんだよ」「あら、そうなんですか」
「アナタの声がすごくいいからさ。もうイキそうなんだ」
「あらそう、頑張ってね」
よほど会社がヒマらしい。デパ—卜で名札を確認してから私はさらなる刺激を求め動きだした。本人の顔を見てから、かけたらどうだろう。これなら確実にオバサンを狙えるし、本人を見ているだけに、より大きな興奮が得られるのではないか。二—ズに合った業種がある。デパー卜だ。直接、店に足を運び好みのオバさんを物色。胸元を覚えた後、呼び出せばいい。
「…はい、かわりました」「Sさんですか?日本橋の新堂ですけど」
「新堂さん…?わたし、存じ上げておりませんけど」「ほら、こないだヤッたじやない。
「忘れたのかよ、あんなに燃えたのにさ一」「あの、すみませんけど…」「思い出して興奮してるんだよ…」
彼女は、別の売り場のと間違って自分が出てしまったのか、単なるイタズラなのか判別ができない。
だからすぐに切れないのである。
相談所はエロの宝庫ということになりはしないか。長時間のテレホンセックスが期待できよう。
読みは、まんまと的中した。
「お歳は40才ですか。今までお付き合いしたことは?」
「それが、実はボク、変態なんですよ。だから、なかなか難しくて…」「まぁ…」
自分の性癖のため流れの中で当然、出てしかるべき話だ。
そして、彼女らは聞いてくる。
「どのようなのがタイプなんですか?」
「実は、アナタのような声の姦にいじめられるのが大好きなんです」
「変わってますねえ」
「僕、ものすごいマザコンなんですよ。アナタのような大人だと、すぐにイカれちゃいますね」
「お上手いって(笑) 」
市毛良江似の相談員とラブホテルへ
この女、落ちる。
「僕のようなのはお嫌いですか。アナタの言うことなら何でも聞けそうですよ」
「あらそうかしら?」
「ウソなんか付いてませんよ。アナ夕がお望みなら、お尻の穴だってキレイにキレイに舐めあげますから」「…ちょっと…」
「僕のチンポあなたのオマンコに入れられたらどんなに幸せだろうな」
「僕もぅ、声を聞いてるだけで、チンポの先から汁が出てきましたよ。こすってる日、聞こえますか」「…言わないで…」
「アナタのオマンコも濡れてるんでしようね。トロトロに光った汁が出てるんしようね」
「…や、やめ…て…」
「どこが濡れてるんですか?」
「いや、…言わせないで…」
「言ってください。お願いします。」
「オ、…何ですか」「オ…マン…コ…」
さすがにここまでのは滅多にないが、それでもかなり他の業種とは比較にならぬほど、満足に足るやり取りできた。ついに金脈を掘り起こしたのである。
そして、まもなく私は、らの1人と会い、実際にセックスまでやらかしてしまう。
ある日、ハアハアとアエギ声を出しながら相談員を誘うと、我が耳を疑うようなことばが返ってきた。「今だったら少し時間あるわよ」
からかわれてるのかと思ったが、実際に婆は現れた。市毛良江を少し崩した40代半ばだった。
彼女は私に教えてくれた。実は、結婚相談所で結婚していない人が多く、もし中に好みの男を見つけたら、本人が口説くのだと。
「といぅことは、僕はアナタに気に入られたってことですか」
「ハハハ。細かいことはいいじやない。私だって、たまにはストレス発散したいわよ」
果たして、とのセックスは、さほど興奮できるものではなかった。これまでの会話の大半はテ—プに録音し、昔を懐かしむように、センズリの、ネ夕として利用している。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる
SnapCrab_NoName_2018-9-30_13-17-15_No-00.png


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ