★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
104_20200228095903164.jpg105_20200228095902726.jpg全身トロけるようなヌルヌル感に耳をくすぐるネチョネチョ音。柔肌にローションを組みあわせたねっとりプレイは万人に通ずる快楽であり、古く江戸時代には洗濯糊や寒天が用いられたとの文献もあるほどだ。しかしソープやへルスならいざ知らず、自宅でのローションプレイには難が多い。布団が汚れる、風呂が狭くてマットが敷けない…。
ここではそんなもどかしさに終止符を打つ、極上のローション遊びを紹介しよう。
ローション遊びの第一歩は、商品選びから始まる。
ただ、成分に関しては案ずることはない。市場に出回る種類は膨大だとはいえ、基本的に主成分はどれも同じ。水溶性高分子ポリマーという人体無害の物質と水からなっており、口に含んでも支障はない(フェラもオッケー)むしろ悩みどころは、そのバリエーションだろう。無味無色のノーマルタイプに始まり、香り、味、色付き、さらにはハーブや漢方入り。果てはホイップクリーム状のものや、温感ローション(ヒヤッとしない)まで、買う者の目を惑わせる。とりあえずここでは、メロンなどの甘ったるい香りのものだけは避けよ、と言っておく。肛門の匂いと混ざると互いに不快な香りを
助長するためだ。
続いて使い方だが、風呂場ならともかく、布団の場合は原液のままがベストだ。本来はお湯と混ぜてこそ真価を発揮するローションも、布団上では話が別。たとえバスタオルを敷くにせよ、粘着度の高い原液でジックリねっとり愉しんだほぅが汚れ対策上、都合がよい。また、女性にイチモツをほぐしてもらう場合にも原液を用いたい。ただし即座にコトに及ぶのではなく、事前にゴルフボール大ほどの量を手に取り、クチュクチュクチュ3〜60秒ほどこねくり回すこと。お湯なしでも人肌程度に温まる上、ネバり気が格段に増し、単なる手コキでアソコの吸い付きが体感できる。
布団上の地味な戯れではなく、王道のソーププレィを望むなら、子供用プールをマットの代用にしたい。ビニールシートではローションが薄く広がりすぎて使いものにならない。普通のニュルニュルでも十分楽しめるローションだが、ちよっと工夫すればさらに遊びの幅は広がる。以下にオリジナルプレイを紹介しよう。
まず、用意するのは製氷皿。できればミッキーマウスやハー卜型、卵型など種類は多いほうがよい。この中にお好きなローションを流し込み、お湯1〜2割を入れてよく混ぜる。皿の温度が下がったら、冷凍庫へ。もう予想はついたろう。「ナインハーフ」プレイだ。普通の氷愛撫だと、風呂場以外で使う際、溶けた水の処理が非常に厄介だが、原液(に近い) ローションで作った氷なら布団の上でも一安心。最初ヒンヤリ、溶けてヌルヌル、いつまでも楽しめる。
アナルやヴァギナに挿入したいときは? 簡単、簡単。卵型を用いればスンナリ入る。これ、かなり効果的で、女性日く『冷たいんだけど、トロトロで頭が変になる』そぅだ。
お次は、ローションの特製を最大限に活かしたプレイを。用意するのは、男性がTシャツパンツにトランクスと靴下。女性はシルクのパンティ、ブラジャーにストッキングとTシャツだ。そして互いにローションを掴み…ヨーイドン!
ビールかけならぬローションかけだ。あくまで全裸ではなく下着姿でプレィするのがミソ。身体をこすり合わせると、互いの衣服と肌の間に侵入したヌルヌル、微妙な皮膚感覚を楽しめる。パンティの中にたっぷり流し込みペチャペチャ叩いてやるのもいいし、ペニスに靴下をはかせてパィズリするのも一興だ。それでもまだ足りない、さらなる快感が欲しい、という方にはローション風呂をススめる。文字どおり、浴槽にローションを張り、その中で彼女とタプタプ戯れる遊びで、前後左右、縦横斜めと身体のすべてが柔らかい液体に包まれるため、その快來たるやマットの比ではない。
使用量がハンパじやないので、高粘着度、無味無色の業務用ローションを買うとよいだろう(ネッ卜で購入可) 。
高いと思うかどうかは当人次第だが、モトは十二分にとれるはず。重力のない宇宙遊泳のようなセックスは、他ではとても味わえない代物だ。最後に。プレィ後のヌルヌルを洗い落とすときには、シャワー前に塩を振りかけるべし。お湯だけで流すよりも断然スムーズだ。
ローションを使った超高級デリヘルの女のレベルとサービスの内容は?

超高級デリヘルはモデル、ミスコン優勝者、イベントコンパニオンの最高級クラスの女から最高級のサービスが受けられるのか?高級クラブのナンバーワンホステスのような女性を頼んでみた。

自室でゴロゴロしながら電話をかければ、1〜2時間で女の子が到着、ペロペ口祇めてもらって、ハイすっきり!簡単お気軽なデリヘルは、いまや我々の生活にしっかりと根を下ろしているが、頻繁に呼べるのはせいぜい60分2万円ほどの店だ。しょせんひとヌキのお遊び、それ以上の高額となると誰もが二の足を踏んでしまうだろう。
本稿でいう超高級デリヘルとは、60分7万円程度の店を指す。フーゾク誌ではほとんどとりあげられることはないが、夕刊紙の広告やインターネットを見れば、十数種の業者が存在することがわかる・どこも女性のレベルの高さをうたっているのが特徴だ。気にはなる・男として生まれた以上、人生で一度は最高級クラスの女から最高級のサービスを受けてみたいものだ。たとえ本番はなくとも(あるに越したことはないが)、タレントのような女におしやぶりされれば精液も大量に放出されるに違いない。
にしても大7枚である・それだけ払う価値のあるデリヘルなど存在しうるのだろうか。相場のおよそ3倍。本番の確約されたソープよりも高く、素人の援助交際なら楽々3Pできる額だ。
よっぽどの女、よっぽどのサービス、それも想像をはるかに超えるようなものでなければ、7万円の価値はない。ちょっと可愛いだの本番アリだのといった話では到底納得できない、それが万札7枚の重みだ。確かめてみよう。フーゾク遊び歴10年のこの俺も、経済的な理由からさすがに手の出なかった超高級デリヘルを、この機会にじっくり査定してやろうではないか。
まずは店選びから・高級感漂うぺージをあれこれ見比べた結果、規模の大きさやすっきりしたデザインを参考に、東京、大阪、福岡などに全国展開する「マダムR」をピックアップした。VIPコース(女性のレベルが高いのか?)が60分7万、120分9万円と強気の料金設定だ。
在籍女性の写真をチェックしてみる・ほとんどが鼻から下のみの写真だが、それだけを見ても相当な美女だとわかる。プロフィールも、モデル、ミスコン優勝者、イベントコンパニオンなどなど、ソソる肩書きだらけだ・さらに完全顔出しの女性たちも実にレベルが高い・芸能界にいてもおかしくないようなこんな女たちが、ほんとにチンチンをペロペロしてくれるのか?
彼女らが相手をしてくれるだけで、7万はともかく5万円相当の価値はあると思える・なにせ普通に生活していれば出会えないような.ばかりなのだから。悩みに悩みぬいた末、俺は完全顔出しのHちゃんを指名することにした・タレントに例えるなら小林麻央か。高級クラブのナンバーワンホステスのような知的な雰囲気もある。もちろんスタイル抜群だ・麻央ちゃんが醜いチンチンをレロレロパクリ。想像するだけで勃起しそうである。
平日午後6時半。渋谷のホテルの一室でHちゃんの到着を待っていると、まずは入会手続きのために40才前後と思しき男性がやってきた。スーツ姿でずいぶん腰が低く、好感が持てる。普通こういうときに現れる男は半分フリーターのようなやさぐれたあんちゃんが多いのだが、さすが超高級店、しっかりした男を採用しているようだ。
「それではすぐに女の子が来ますので、お待ちください」
ひと通りの説明の後、料金を受け取って男は去っていった。そして5分後にピンポーン。いよいよHちゃんの登場だ。
「はいはいはい!」
どきどきしながら、俺はドアを開けた。60分7万円の女といよいよ対面できるのだ!
閑話休題。ここで、以下のリポートをすんなり理解いただくため、読者様に調べものをしていただきたい。
1は『霊感ヤマカン第六感』に出演していた元女子プロレスラーのタレント
2はモダンチョキチョキズのボーカルで、『明日まにあーな』の声の人である。調べがついたろうか。では2人の顔を足し、2で割ってみよう・ビミョーな顔が出来上がったかと思う。そいっをよく脳裏に焼き付けてもらったところで、再びリポートに戻る。
ドアの前に立っていたのは、その顔だった。
「おじゃまします」
スルリと部屋に入って来た彼女は、上着を脱いでソファに腰かけた。何かの間違いなのかと、俺はさりげなく質問した。
「えっと、名前なんだつけ?」
「Hです」
合っている。デリヘルが同姓同名を使うわけがなく、ならば彼女があの写真の子ということになる。いったいぜんたいどういうトリックが隠されているのだ?確かに服装はイイ女っぽく見えなくもない。黒いノースリーブのワンピースに、白いショートコート。黒いストッキング。育ちのいいOLスタイルだ。安いデリヘル嬢に多いギャルっぽさや風俗臭のようなものは感じられない。しかしいかんせんルックスが・・・。
並んでソファに座った彼女は、カバンからワインとグラスを取り出した。豪華な雰囲気を醸し出す小道具のようだ。そんなとこに金をかけてもらわなくていいんだけど。写真は別人ではないのか、これは詐欺ではないのかと詰問したい気持ちは山々だったのだが、この後のサービスに影響するかと思い直し、質問をオブラートに包む。
「写真と印象違うね」
「うん、よく言われる」
「・・・」
「カメラマンさんがお嬢さんっぽく撮影したから。それにあれからかなり太ったしね」
そんな言い訳が通用してよいものなのだろうか。とりあえずこの段階で容姿レベルの満足度は百歩譲って一般デリヘル同様の2万円としておこう。ここから5万円分のリカバリーはありえるのか。かなり不安。まず一緒にシャワー。いたって普通である・液体ソープでチンチンを洗われるも、その場でパクリなんてサービスはない。やや半勃ちの状態でお湯を流して終了だ。バスタオルで全身ふきふき、なんてサービスもない。ゴージャス感を与えてくれたのはワインだけだったのか…。
やや拍子抜けしながらも、いよいよベッドイン・照明を落とした彼女は、軽いフレンチキスの後、股間へと頭を動かした。
フェラチオはさして下手でもないが、決して上手くはなかった。口に含んで上下する、よくありがちな方法だ。絶品、なんて表現はとてもじやないが使えない・タマなめは無し。全身リップも無し。乳首をわずかに吸われた程度。納得いかん。
「アナルはなめられる?」
「しないよ」
問髪入れずに即答されてしまった。そんな下品なことするわけないじゃんとでも言いたげだ。反応の鈍さを察したか、Hちゃんが尋ねる。
「ローション大丈夫?」
「ローション塗ってもなめられるの?」
「ううん」
「じゃあいらない」
危ないところだった。たまにいるのだ、ローションは体に悪いとの理由でなめなくなる女が。引っかかってたまるか。
そろそろ探りを入れてみよう。やっぱ7万円なんだから本番は普通にあってもおかしくないんじゃないのか。むしろあって当然だろう。だからこうやって、こういう具合にやれば自然とスブリと…。仰向けの体勢のままHちゃんを抱き寄せ、チンチンを股間にあてがってみる。
「ダメダメ、ダメだよ」
「え、ダメなの?」
「うん、そんなのやってないし」
あっさり撃沈である。まったくワケがわからん。やや怒り気味のHちゃんは片手で手コキを開始した。
「口でイっちゃダメなの?」
「ダメだよ」
これまた即答。ダメダメ尽くし。それでも7万円。ふう〜。これ以上サービスを求めても無意味だろうと、まもなく俺は手コキで発射した。どの風俗でも、店次第、女の子次第、という言い方はできるだろうとは思う。昨日指名した子は良かったが、今日の子はダメだったというパターンは少なからずあるものだし、それがフーゾク遊びの醍醐味でもあろう。しかし7万円もするデリヘルにハズレがあってはならないのではないか。指名写真と似ても似つかぬ女が、たいしたサービスもせずに高い金をせしめるなんて、許していいものか。俺は許したくない。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ