★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
224_20200227183006b70.jpg225_20200227183007d19.jpg226.jpg227.jpg228_2020072415441028b.jpg229.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】南国サイパンにナンパ島と呼ばれる、引っかけ放題ヤリ放題の島があると耳にしたのは今年9月頭の
ことだった。
「マニャガハ島って離島やねんけど、行かなソンするでってガイドがうるさいねん。日程が合わんかったから行けへんかってんけどな」
1週間ほど前、サイパンから帰ってきたばかりの友人の話。わざわざオレに電話をかけてきたってことは、ネタ提供のっもりだろぅ。何とも頼りない情報ではある。場所は、もともとナンパのメツカ、サイパン。南国で浮かれ気分の女が落ちやすいってのはモノの道理だ。その島には、プラスaの何かがあるといぅのか。
露出度満点のビキニギャルがわんさか集まり、こちらが海に座ってるだけで女から声をかけてくるなんて、夢のよぅな状況が…あるとは思えんなぁ。
が、しかし、それでも確かめずにいられないのが、女好きライターの悲しい性。オレは即座に昔のバィト仲間、遠山を連れサイパンへ乗り込むことを決意した。
マジメなコが多いから食いつきはいい
9月30日、関西空港を飛び立ち4時間。サィパンのホテルに到着したオレたちはマニャガハ島のツア—予約を入れ、その翌朝さっそく目的地を目指した。迎えのタクシ—で走る海岸通りの向こうにはハィビスカスが揺れ、エメラルドグリ—ンの海がのぞく。このカラッとした暑さは常夏の国ならではだろう。船着き場に到着。受付で25ドルを支払いスノーケリングセット、魚のエサなどを受け取った後、4人乗りの小さなパワーボー卜に乗り込む。運転手は短パン姿の若い日本人男性だ。ちょっと探りを入れてみるか。
「マニャガハ島ってナンパ島って呼ばれてるってウワサやけど」
「あれ、オニーさんたち、よく知ってますね」
男が驚いたように手を止めたところを見ると、ウワサは本当だつたらしい。というより、彼自身、何度かお持ち帰りの経験があるという。さらには、現地では、島で日本人女性の観光客を引つかけるのがもはやになつているとまで言い切るから、心強いつたらない。
「いつたい向こうはどないなつてんの。ナンパ島なんて呼ばれるからには理由があるんやろ?」
「まず、本島よりライバルが少ないつてのもあるし、こういうツアーに申し込むのつてナンパ慣れしてないマジメそうなコが多いから、食いつきがイイんですよね」
つてことはマジメそうな子を狙う方がええわけか。なかなか使える情報やぞ。
「んじゃ、行きますよ〜」
運転で、勢い良くボ—卜が海に飛び出す。と、まもなく彼方に緑の点が見えてきた。どうやらあれが目指すマニヤガハ島らしい。全長500メ—トルほどの無人島で、本島との行き来は自由(クルーザーのは別) 。レストランやカフェはもちろん、逆バンジ—ジャンプ、パラセ—リングといったアクティビティも充実している。なんてパンフレットには書いてあったな。
ビーチの3分の2 が若い日本人女性!
で入島料の5ドルを支払い、右手に折れると、すぐにビ—チが広がった。真っ白な砂に、静かに波打つ広大な海。太平洋戦争の名残と思しき朽ち果てた軍艦の姿も見える。まさに息を飲む美しさだが、オレが目を見はったのは他でもない。ビ—チで戯れる50人ほどの観光客。そのうち約3分の2が若い日本人女性のグル—プなのだ。残り3分の1の男たちは、オッサンやヒモ付きばかりで、ライバルらしき連中は皆無。
「けど、大丈夫かの〜。オレ、ナンパはからつきしやで〜」
弱気な台詞の遠山を尻目に、さっそくオレは行動を開始する。運転手クンのアドバイスどおり、狙う
は比較的マジメそうな女のグル—プだ。
片っ端から声をかけ、午前中だけで4 組にアタックした。結果から言うと失敗である。誰1人として誘いに乗ってくる者はいない。が、次につながる失敗とでもいおうか、決して落胆すべきものではなかった。例えば「ナンパ?超バ力」とキヤツキヤと騒ぎたてたOL2人組は、実に申し訳なさそうに「遊べなくてごめんね」と謝り、またオレのカメラを見るや「撮って撮って」とねだった大学生3人組は、1人のブス女さえ不機嫌でなければ確実にどうにかなった。
他にもアイスを食わせてくれた3人組がいたし、全体の感触は極めて良好。都会の路上では当たり前の、無視する態度を取る相手など一人もいなかった。ここが南の島であることを差し引いても、悪くない食いつきである。当たりを引くのも、もはや時間の問題ではなかろうか。日が高くなり始めたころ、2人組の女が捕まった。巨乳だけが取り柄といった21才のミチョと、下が妙にたくましい茶髪の20才トモミ。ルックス的にはイマイチだが、とりあえずスレた感じはなさそうだ。
さっそくとばかりに、オレと遠山は2人をビーチバレーやレストランに連れ回した。遊んでも食っても大はしやぎのミチョとトモミ。この警戒心の薄さは、ナンパ慣れしてないことの証明だろう。
昼の3時、すっかりうち解けたころあいを見計らい、夜の約束を取り付ける。テンションの上がった2人が断るわけもない。ククク、これはもらったも同然や。ところが、ここから少し雲行きが怪しくなった。
「ボートで帰ろう」と誘ったところ「ツア—の関係でフェリ—で帰らなければいけない」と断られ、ならばと、宿泊先のホテルのル—ムナンバ—をたずねたものの、こちらもNG。あくまで時間と場所を決めて待ち合わせたいという。
「あら、自分ら、オレらに襲われるとか思うてんの? そんなことし—ひんもんなぁ、遠山」
「でもやっぱり怖いもん」
う—ん。ヘタにゴリ押しして気が変わられても困るし…
「そしたら、夜の9時にホテルのロビ—ってことでどうや」「わかつた〜」
別れ際の笑顔を見れば、まだ不安はなかった。ミチヨにするか。トモミがいいか。いや4Pつて手もあるな。頭の中は幸せいつぱいだつた。しかし、約束の場所に彼女らが現れることはなかつた。早い話がスッポカシである。連絡しよぅにも部屋の番号もわからんし。
なんでじゃ!オレら、何がワルかつてん。ナンパ島におつた女やど。こんなアホなことあるかい!
スノーケリングを楽しんでるコなら
アホなことが起きたその晩、オレたちは重い体を引きずりつつ、市内一の繁華街ガラパンにぁる一軒のクラブに出かけた。フラれたまま部屋に戻るなどあまりに情けない。店は30人ほどの客で賑わつていた。5 組ほどいる日本人女性のグループはナンパ島と違い、みなコギャルのよぅなルックスだ。
若い日本人男性の姿も7人見える。連中、あからさまにナンパ目的で、積極的にアプロ—チをかけている。が、男がどんなに必死に食らいついても、女の態度はつれない。うまく仲良くなつたヤツらも、酒だけおごらされて終わりだ。やはり、こんな場所ではウマクいきつこないのだ。
翌日の朝9時、気を取り直して再び島へ。ざつと見て、20組ほどの若い日本人女性のグループがいるだろうか。一方、ライバルと思しき若い男の姿はゼロ。まつたくもつて素晴らしき環境だ。
昨日の二の舞になるわけにはいかな。きつちりテキを見定め、必勝を期すべきだ。とりあえず砂浜でのナンパは止めとこう。周りの目があるぶん、女も誘いに乗つてきにくそうだ。ダイビングやパラセ—ルなどのアクティビティに参加するつてのはアリだが、帰りは本島に直行。手を出さない方が無難だ。かといって、レストランは店員の目が光ってるし、逆バンジ—ジャンプは人気がない。売店の女はナンパのタイミングがなく、現地スタッフのフリをするってのもイマイチ。うむ…。足りない頭を振り絞ること30分、最終的にたどり着いたのは、スノ—ケリングを楽しむ女に、海の中で声をかけようという作戦だ。これなら周囲の目は気にならないし、きっかけ作りも水中カメラを向けることでスム—ズにいけそうだ。相手が乗ってくれば、浜に上がりバナナボートや浮き輪で仲良くなって、その後…。完璧だ。海の中で声をかけること5組目、ようやく獲物を確保した。辻元元議員をカワイクしたような瑞恵と、長い脚が魅力のキミコの2 人組。ルックス的には不満が残るが、とにかく食いつきがいい。試しにエロネタを振っても嫌がる態度は皆無。調子に乗って腰を振ったらキヤッキヤッとはしやぎ回る有様だ。キミらその調子で最後まで付き合ってや。
「でもさ—、あなたたちつて変わってるよね—」
オレが狙いを付けていた瑞恵が笑いながら言う。
「ん?どういうこと?」
「だってさ—、みんなiでナンパするんじゃないの」
アホやのう。そこがミソやんけ。
「ところで、君ら夜ヒマ?ガラパンにうまい中華レストランがあんねやけど、行けへん?」
「どぅする。キミコ?」
「心配あらへんて。オレらのおごりやし。行こ行こ」
「ぃぃの?」
「あたりまえやん。ほな、いつしよのパワ—ボートで帰ろうか」
「うん」
よつしや、もらった—島に戻り、自信満々夜のガラパンへと向かう。レストランでメシを食い、バ—
でガンガン飲ませ、ディスコでも大盛りあがり。もはやセックスは目前だった。
しかし、オレたちはよほどツメが甘いんだろう。眠いから帰るとのことばに、あっさり女どもをリリ—スしてしまったのだ。もう自分でもワケがわかん…。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ