★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_2020022421283071b.jpg2_202002242128204c2.jpg3_2020022421282267f.jpg4_20200224212823a6e.jpga162_20200224212825b2a.jpga163_2020022421282681e.jpga164_20200224212827907.jpga165_202002242128294a0.jpg
大阪で入院している父親を見舞うため、新幹線に乗った。退屈な車窓をながめながら我が人生のツマらなさを振り返っていたとき、売り子の女性が通路を通った。かなり可愛い。さてどうするべきか。ここは手紙しかあるまい。あわててメモに殴り書きする。
『ついさっきお姿を拝見しました。お近づきになりたいので連絡ください 090‐』
書き終わるや、隣のおっさんを蹴飛ばすように通路へ出て、売り子さんを追いかける。
彼女は一つ先の車両にいた。連結部分に入ったところで、後ろから声をかける。
「あの、すみません」
「はい」
「スーパードライください」「あ、はい」
きっかけ作りとして買い物は必要だろう。缶ビールを受け取ると同時に、さきほどのメモを渡した。
「あ、これ読んでください」
「はい?」
「さっき書いたんです」
「いえ、申し訳ないですが」
「どうして?」
「規則で受け取れないことになってますので」
規則と言われても困る。強引にワゴンの上にメモを乗せ、客席へと向かいがてら、ちょっと気になったので振り返ってみたところ、メモは床に落ちていた…。父親の見舞いを終え、夜のミナミを歩いていたら、パチンコ屋の店先でミニスカ店員を見かけた。新幹線の売り子なんかよりだんぜんカワイイ!またもや手紙作戦だ。
『道路から働いている姿を拝見しました。よく大阪には来るので友達になってください。090‐』
彼女はほぼ無言ながらも快く(↑そう見えた)受け取ってくれた。JR東海のようなしょうもない規則はないようだ。期待して待とう。その夜、深夜1時ごろ、ホテルでテレビを見ていたときに、知らない番号から着信があった。よもや!
「電話してみました〜」
どことなくアホっぽい声。あの子で間違いなさそうだ。
「仕事終わったの?」
「はい〜。それで〜、相談してもいいですか〜」
のっけから相談とは何だ。
「どうぞ。どんなこと?」
「あの〜、今月引越しするんですよ〜。それでお金がちょっと足りなくて〜」
ビジネスホテルの床を見つめながら、オレはスマホを握りつぶしそうなほど手に力をこめていた。ぐぅーーー、馬鹿にしやがって!
コケにされまくっただけの大阪見舞いを終え、東京へ。もう春ということで気分がソワソワしてきたことも手伝い、友人を誘って街コンに参加することにした。会場は恵比寿だ。誰とどんな会話をしたかは、この際どうでもいい。重要な出来事が起きたのは街コン終了後の夕方6時ごろだ。コンパ開始直後に向かい合ってしゃべった女性コンビの可愛い方が、2時間ほど経たいま、酔っ払ってフラフラになって路上を歩いているのだ。
その横にはお友達と、さらに怖そうな顔のニイちゃん2人。こいつらも参加者で、なんとかフラフラ彼女をモノにしようとしているのだろう。救ってやらねば! 
というのもあの子は席上で「真面目な男性が好き」と言っていたからだ。あんなラッパーみたいな怖い男どもにつきまとわれ迷惑していることだろう。歩く距離もどこか突き放そうとしてる感じだし。が、救うと言っても、あの場に割って入る度胸はない。さきほど聞いたラインで助け舟を出してやることにした。
『飲み過ぎてない? 喫茶店でお茶でもどうですか?』
既読にならない。早く気づけよ!フラフラちゃんと女友達は、ラッパーコンビと一緒に地下鉄へと消えていく。ヤバイ。これはどこかでレ〇プされるかも。
居ても立ってもいられず、その後を気づかれぬように一人で追いかけた。4人は地下鉄に乗り込んだ。隣のドアからオレも車内へ。
ふらふらちゃんがスマホを見た。ラインに気づいたか!既読ならず。何やってんだよ、もう!乗り換えをなんどか繰り返し、4人は川崎市内の某駅で降り、そしてそのまま連れ立ってコンビニへ。そのタイミングでラインの返事が来た。
〈これから部屋飲みなんで〉
絵文字もスタンプもなく、ましてや心配してやったことへのお礼もなく、ただ一言だけだ。遥か川崎まで尾行してこの仕打ちとは。だいたいあのラッパーどものどこが真面目に見えるんだか。ヤツらなんて、部屋飲み=セックスみたいな野獣のはずなのに。見る目のない女だな。街コンなんかに金払って損したわ。
不幸なことはもうひとつあった。要約すると、約束していた飲み会の連絡がなかなか来ず、不思議に思っていたら、参加者のフェイスブックが更新され、飲み会での楽しそうな男女の様子が写っていたという事件だ。しかも女子は粒ぞろい。赤澤はこのメンバーに似つかわしくないからとハズされたのだろうか。もうすぐ春だというのに包囲網でも完成しているかのごとく、あちこちからヒドイ仕打ちを受けまくるこの状況。打開策はありそうにない。東京に桜が咲き始めたころ、2対2のお花見に誘われた。合コンではなく、花見、というところに多少の期待が持てる。ガツガツした場よりもこういう軽い出会いのほうが、男女の仲は進展しやすいような気がするのだ。当日は朝から雨だった。昼間に花見の名所「千鳥が淵」に集合したのだが、ベンチや芝生に座るわけにもいかず、とりあえず4人で散歩することに。
さて、今回の大事件はそのメンバーである。女2人のうち1人がアイドル級の可愛いさなのだ。たとえて言えば乙葉をさらに5割増したような、ほんわか&可愛い系だ。さらにもう一人も、坂口杏里(坂口良子の娘)っぽい顔立ちで、ぜんぜん悪くない。なんて幸せな花見散歩だろう。2人は学生時代からの友人で、共にカレシはいないという。ラッキー極まりない。とりあえずは乙葉を中心に攻めていくとするか。
「ねえねえ。なんかアイドルみたいな顔してるね」
杏里が受ける。
「でしょー。モテまくりなんだよ。このあいだ、宅配の人に連続で手紙もらったんだよね?」
「うん…」
恥ずかしそうに乙葉がうなずく。なんでもつい先日、引っ越したばかりの彼女の部屋に、佐川とヤマトの兄ちゃんが前後して荷物を持ってきたのだが、なんとその2人共が、宅配の後にのこのこ引き返してきて、ラブレターを渡してきたというのだ。これ、並の女にはちょっと起きる出来事ではない。2人の男が仕事そっちのけで、なんならクビを覚悟でアプローチを仕掛けてきたのだから。よっぽどの美貌だということが、こ
のことからもわかるだろう。オレの人生が始めって以来、こんなにハイレベルな女性とお近づきになれたのは初めてのことだ。大事にせねば。散策のあと居酒屋に入り、あらためて二人の素性を聞いた。年齢は30才。共にちゃんとしたOLだ。
 今回の会合を主催してくれた友人はもう既婚者なので、恋愛レースには参加していない。つまりオレが好きな方を選んでいいのだ。もちろん乙葉を選択させてもらおう。客観的には釣り合いが取れていないかもしれないが、こんな子と結婚するために、オレは独身を貫いてきたのだ。今こそが人生のターニングポイントと言っていいだろう。さあ、気合いだ、気合いだ、気合いだ!
人生で最も大事な1時間を、こんな形で省略せざるをえない理由は他でもない。乙葉ちゃんが10分ほどで帰っちゃったからだ。その理由は、
「別の飲み会に呼ばれてるから」
美女である以上、引く手あまたなのは仕方ないにしても、この去り方はどうだろう。まるで、品定めだけのために顔を出して好みじゃなかったからバイバイ、みたいな感じじゃないか。イヤな女だ。というわけでそれからの50分、オレは無口なまま飲み続け、1時間が経過したわけだ。杏里ちゃんが残っているとはいえ、そして彼女もそこそこの容姿だとはいえ、乙葉ショックから立ち直れないオレとしては、どうにもやるせない気分だ。しばらくして会合はお開きとなった。ようやく機嫌が治ったのは、家に帰って杏里ちゃんからメールが来てからだ。
〝今日はごちそうさまでした〞
オレはお礼をしっかりする子に弱いところがある。しつけがちゃんとしている女性に惚れてしまいがちなのだ。思い返せば、居酒屋での杏里ちゃんは、サラダをよそってくれたり、メニューを渡してくれたりと、甲斐甲斐しい部分があった。うん、あの子、いいかも!ただ、乙葉ちゃんをあきらめきれない自分もいるので、ここはひとつ策を練ることに。あの2人は親友同士だから、同時に口説くようなマネはできない。まずは乙葉に当たって砕けてから、杏里に注力するとしよう。できれば砕けたくはないが。
『昨夜、●●ちゃん(本名)の夢を見ました。ビックリしました』
夢に見た作戦が心に突き刺さるとのことだが、さあどうだ!……いくら待っても返事は来なかった。(後に、出会った翌日に送っても気持ち悪いだけと気づいたが時すでに遅し)さあ、こうなれば残るは杏里ちゃんだ。まあいい。言い訳がましくてあれだが、性格的にはこっちのほうが好みなわけだし。
〝この前の花見は雨で残念でしたね。次の日曜、晴れそうなので新宿御苑で花見しませんか?〞この誘いに、彼女が乗ってきた。デート成立だ。
日曜当日。彼女はショートパンツ姿でオレの前に現れた。太ももがまぶしい。デートにこんな格好でやってくるのは気がある証拠だと、昔ホットドッグプレスで読んだ記憶がある。ついに春が来たのか!伊勢丹でカツサンドとマカロンを買って、新宿御苑へ。さすが有料の公園だけあって、ホームレスや変な酔っ払いがおらず、実にさわやかだ。
「吉村さん(杏里ちゃんの名字。まだ下の名前で呼ぶほど親しくない)、一人暮らしやっけ?」
「そうですよ。赤澤さんもですよね?」
「そうそう。モテると言われて目黒に部屋借りたけど、ぜんぜんアカンのよ」
「あはは、ウケますね」
過去にはさっぱりだった自虐ネタにもケタケタ笑ってくれている。長澤まさみとは程遠い子だけど、これくらいが結婚相手としてはいいのかもな。さわやかな青空。うまいカツサンド。白い太もも。3点セットに囲まれた生涯最高の花見は、夕方から彼女に用事があるとのことなので、1時間ほどで終了した。いきなり好意を伝えるのも軽々しいだろうから、今日のところはこれぐらいで解散しておくのがいいのかも。
「最期に一緒に写真、撮ろっか」
「いや、それはいいです。私が撮ってあげますよ」
あっさり提案を蹴られた。なんだなんだ?解散直後、杏里ちゃんからメールが。〝今日はごちそうさまでした〞礼儀正しい! これからもいっぱいご馳走してあげるからね!街コンに参加してるアラサー女との出会い

大変なことになった。発端は、見知らぬ番号からかかってきた電話だ。声の主は初老っぽい女性だった。
「赤澤さんの息子さんですか」「あ、はい」「お父さんが倒れて入院しました」
 父親はオレが中2のときに家を出て行き、それ以来、家族とはずっと別居状態がつづいている(離婚はしていない)。大阪で零細企業を経営し、そこそこ羽振りよく暮らしているとは小耳にはさんでいたが、20年以上ロクに会話もしていないオレにとっては他人のようなものだ。
 電話をくれた女性が誰なのかはよくわからない。わざわざオレのケータイを調べて連絡をくれるとは親切な人だ。
 と思ったら、ちょっと様子が違った。
「私、お父さんに1500万円貸してるんです。返してもらえますか」―いろいろと聞いてみたら、とんでもないことになっていた。父親はあっちこっちから会社の運転資金を借りまくっていて、ウン千万単位、ヘタをすれば億ぐらいの借金を抱えているらしい。電話の女性も、債権者の一人のようだ。
 のっけから、連載テーマとはまったく関係ない話になってしまったが、このことによってオレの精神はすっかり病んでしまっている。弁護士に相談したところ、母親やオレまでが借金の肩代わりをしなければならない可能性が出てきてしまったのだ。
 もはや長澤まさみだなんだとのたまってる場合じゃなくなってしまった。人間なんて、心に余裕がないと恋愛なんかする気になれないものなのだ。マッサージ嬢のかおりとも疎遠になった。借金のことで頭がいっぱいなのもあるし、よくよく考えれば、やっぱりアイツはオレのことを奢り男としか見ていないような気がする。あぁ、出るのはタメ息ばかりだ。飲みながらそのようなことを友人に愚痴っていたら、彼が街コンで知り合ったという1人の女性を電話で呼び出してくれることになった。元気づけようとしてくれたのだろう。
「まあ、若くはないけど、性格は明るくてイイ子だよ」「顔は?」
「まあ、それは自分で判断して」
自分で判断か。ただ、この精神状態で紹介されても、困るといえば困る。なにより実の父親が借金まみれだったら結婚もしてくれないだろうし。
…そんな心配は杞憂だった。待ち合わせのバーにやってきた女性ハルコは、おばちゃん顔の35才で、オレの理想と遠くかけ離れていたからだ。35才で街コンに参加してるぐらいなのだから、普段から結婚にあせっていて、今日もこうやってわざわざ出てきたのだろうけれど、申し訳ない、まったく興味がないです。しかしわざわざそんなことを口に出すこともないので、適当に話を合わせることに。
「赤澤さん、飲まないんですか?」「うん、クルマやから」「へえ」
「モテようと思って買ったんやけど」「モテますか?」「いやー、あかんね」
 ああ、こんなどうでもいい会話をしてる場合じゃないのに。オヤジの借金、
どう処理すればいいんだ。頭が痛い。適当なところで理由をつけて帰ろうと思っていたのだが、なかなかタイミングがつかめないまま、だらだらした会話が続いた。
 興味はないけど、一応、礼儀として尋ねてみる。
「ハルコちゃんはどんな仕事してるん?」
「病院です。放射線技師って仕事」
 放射線技師。ずいぶん稼ぐ仕事だと聞いたことがある。なんでも彼女は医大を卒業し、いまの仕事に就いたという。そんなに優秀だったとは。
 ちょっと心が動いた。
 これまではバイトだろうが無職だろうが、容姿と性格さえ良ければ、金の有る無しはどうでもいいと思っていた。結婚したら専業主婦になってもらい、自分の稼ぎで養っていく。そう考えていたからだ。 しかし今、親の借金がのしかかるか
もしれない将来を思うと、金持ちの子と結婚したほうが幸せになれるような気がしてきた。独身男性のみなさんも一度は迷ったことがないだろうか。金のない美人か、金のある不美人かどっちが幸せな人生を送れるんだろう。迷う。といっても今は、両者からアプローチを受けて二者択一に悩んでいるわけじゃない。今後の生き方として、どちらを目標にするかという話だ。とりあえずここは、興味ナシの態度をあらためて、ハルコもまた交際相手候補としておくほうが賢明だろう。
「ハルコちゃん、彼氏いるの?」「いやー、いないですよ」「結婚願望は?」
「そりゃありますよ」
「ふーん、そしたらオレみたいな男はどう?」
この台詞はオレの得意なジャブだ。ほんのり好意を持っていることを伝えられるうえに、「いやーどうでしょう」みたいな曖昧な回答をされてもさほどショックを受けない便利な文句なのだ。しかしハルコの反応は、そのセーフティーネットをあっさり破ってしまった。
「ないですね」「え?」
「うん、ないなー。うん、ない」
ここまでハッキリ否定されるとは。なんてことだ。金持ってる女なんてロクでもないな。さてそんなわけで現在は、借金問題のせいで、将来をマトモに考えられる状況ではなくなっている。ミニスカ女子とすれ違っても目で追う気力すらないほどだ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ