★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_2020022420522284d.jpg2_20200224205223b1c.jpg3_20200224205224c38.jpg4_202002242052262cf.jpga162.jpga163.jpga164.jpga165.jpg
こたつに潜りこんだ母親が言う。
「あんた、今年は結婚すんの?」
「いや、ないやろ」
 その短いやりとりだけで、母親はすべてを察したらしく、黙り込んでしまった。30代での結婚はないと断言され、ちょっと沈んでしまったのかもしれない。年末年始の楽しい時期のはずなのに、今回はたいした出来事がなかったので、愚痴をこぼさせてほしい。実は最近、自分がウツ病なのではないかと思うようになった。毎日、1分1秒、どこを取っても楽しくないのだ。まずすべてを投げ出したい気分が日に日に高まってきていて、それだけでも憂鬱きわまりない。朝7時に起きて会社に向かい、帰りは深夜。寒い部屋の電気ストーブをつけて、ただ寝るだけ。いったい何のために生きているのか。かといって、高校や大学時代の友人が、奥さんや子供と一緒に一軒家に住んでいる話を聞いても、まったくうらやましいとは思えない。メンドクセーと感じるだけだ。性欲も減ってきた。デリヘルを呼んでも、体をくっつけられるだけで気持ち悪くなってしまうのだ。売女が馴れ馴れしくしてくんなよ、と。
 モテるために8年前に購入した車も、とっとと売り払おうかと思っている。維持費が年間100万円以上かかるというのに、これまで助手席に乗ってくれた女性は3人のみ。しかも誰ひとりとしてオトせていない。コストパフォーマンス最悪である。まったく無駄な8年間だった。唯一、最近見つけたガールズバーに通うことだけは楽しみなのだが、彼女たちに連絡先を書いて渡してもメールが来たためしがない。店内では「ありがとうございます」なんて笑顔で応えるくせに。ちくしょー、こっちは通うのを止めてもいいんだぞ!ん〜〜。新年早々、どうしてこんなに後ろ向きなんだろう。やはりウツ病なのか。
 1月、東京に戻った直後、ずいぶん前に合コンで知り合ったブサイクな子から、紹介したい女の人がいるんだけどと誘いがあった。連れてくる女性は42才の眼科医だと聞いて、すぐに断ろうと思ったが、
「42には見えないよ。ほんとに」とのこと。とりあえず顔だけは拝見してやろうかと、出向いてみることにした。流行の美魔女ってやつか。さらさら期待はしていない。でも、もし眼医者が32くらいに見えるなら、それはそれで前向きに考えてもいいだろう。開業医ならお金も持ってるだろうし、結婚したら養ってくれるかもしれない。当日、居酒屋の個室で待つこと10分。遅れてやってきたのは、以前よりブスになったブサイクちゃんと、その母親らしき上沼恵美子のような50代の女性だった。え、なんでオカンを連れてくるの?
「遅刻してごめんなさい。あ、こちらが京子さんです」
 薄々、勘づいてはいたが、やはりこのおばちゃんが、今夜紹介してくれる眼医者だった。「42には見えないよ」という台詞がよみがえる。確かに、逆の意味で42には見えない。ブサイク&上沼恵美子を前にして、またウツ病が再発してきた。こんなおばちゃんを紹介しようとする女。おばちゃん容姿のくせに男を紹介してもらおうとする女。この二大失礼女ども、いったいどういうつもりなのだ。オレはなめられてんのか?
いつもなら、そう毒づきつつも、2時間程度はお付き合いする弱気なオレだが、今年は違う。もうこんなバカバカしい時間を使っている余裕は人生にないのだ。会って5分でオレは席を立った。
「ごめん、トイレ」
 そのままバイナラだ。ブサイクからがんがん電話がかかってきたが、ずっと無視してやった。もう二度と会うこともないだろう。この顛末を、大学時代の友人で、大手商社に勤務する男に話したところ、説教を食らってしまった。
「お前は回転寿司の客のつもりで、古いネタをスルーして、いい皿が回ってくるのを待ってるんだろうけど、逆だからな。お前は皿のほうだぞ。ひからびたネタだぞ。それでも客に取ってもらわなきゃいけないんだぞ」
 グウの音も出なかった。ずっと「選ぶ側」だと勝手に思っていたのに、実は皿のほうだったなんて。39才取り柄なしの皿なんて、百周ぐらい回ったカッパ巻きみたいなもの。最後にはゴミ箱行きだろう。ますますウツになってきた。
秘書のともかさんに会う前日、オレはあらゆる妄想をはたらかせていた。自然と思い描かれるのは、ドスケベなストッキングをはいて重役を挑発するような姿だ。マジメ一筋のお堅い秘書じゃないことは確かだろう。
 当日、待ち合わせ場所に指定されたのは、有楽町だった。とりあえずは3人で夕食を、という趣旨らしい。俺にしてみれば最初から二人きりでもいいのだが、先方も不安だろうし、もしかして美人局の可能性もあるし、との配慮だそうだ。最近トミにオシャレ感を増した有楽町待ち合わせというのは、いかにも秘書らしくてゾクゾクする。仕事
を終え、ほっぺたを軽く叩いて気合を入れてから山手線に乗り込んだ。
 5分ほど遅れて有楽町に到着し、連絡した。
「いま、着きました」
「もう駅前の焼き鳥屋にいるし、はよ来て」
 焼き鳥屋? なぜそんなところに?
「いや、なんか彼女、飾らない店が好きみたいなんよ」
 ほう、それはそれは。好感度がアップした。庶民的な秘書ってのも悪くないじゃないか。ずいぶん小汚い焼き鳥屋ののれんをくぐり、奥の個室へ。そこで待っていたのは…。さて、どう書けばいいのやら。正直、タイプではなかった。何度も言うように、オレのタイプは美女である。長澤まさみとまでは言わずとも、学年で5本の指に入るくらいの美貌は最低限備えてもらわねばならない。その厳しい条件に照らし合わせれば、彼女は不合格と言わざるをえない。ただ、ヤラシさだけは会った瞬間に感じられた。ざっくり開いた胸元から、白い谷間がチラチラ見え隠れしていて、お色気作戦でオレをオトそうとする意図がうかがえる。
「初めまして」
「ともかです。会っていただいてありがとうございます」
エロいのに礼儀は正しい。このギャップはなかなかいい。微妙に心が動く。のっけからサトウ氏が彼女に問いかけた。
「なんでファンなの?」
 それに対し、彼女は
「とにかくやってることが面白いんですよ」
と言う。要するに、行動や考え方が面白いから、なんか気が合いそうだと思った、ということらしい。男としてカッコイイ! 的な惚れ方ではないようだ。それもそうだろう。この連載において、オレのカッコ良さなど表れたことはないのだから。美女の範疇ではない、でもエロい。そんな女性を前にし、オレの心中は複雑だった。彼女の瞳の輝き方からして、カッコ良さは感じていないとはいえ、オレと交際したいという意思は見て取れる。オレがOKすれば、今日からでも付き合いは始まるかもしれない。
 しかし、偉そうなことを言うようだが、できればオレは最初から本気で結婚を考えたくなるような美女と付き合いたいのだ。だからやっぱり今回はお断りだな。そんな苦悩に気づく様子もなく、人間性に興味津々のようだ。
「あの文章ってわざと悪態ついてるんですよね?あんなヒドイこと思ったりするんですか?」
しょっちゅうブサイクだなんだと書くことについての疑問らしい。わざとどころか、むしろ控えめに書いているつもりなのだが。
「いや、わざとというか、抑え気味に書いてるんやけど」
「じゃあ今日の私もひどく書かれるんですね(笑)」
「いやいや、そんなことないよ」
と一応は答えた。ひどい部分などないし、ブサイクでもないし、悪く書こうなんて思わない。ただ琴線に触れる部分がないだけのことだ。なにかの話の流れで、ともかさんが言った。
「最初はタイプじゃなくても、付き合ううちに好きになっていったりするものですよ」「いやー、オレそんな経験ないし」
「顔と中身ならどっちを重視しますか」
「顔やね」
迷うことなく即答だ。このへんが悪態をついてるように見られるのだろうか。嘘偽りない本音なのだが。とりあえず今日は顔合わせ程度と考えて、今度は二人きりで出かけてみれば?と提案があった。二人きりか。まあ、デートでもしないと人となりはわからないものだしな。
「じゃあ温泉でも行こうか」
 突飛でスケベな提案に、彼女は笑った。
「温泉いいですね」
 え、いいんだ?
「混浴温泉でも?」
「あー、いいですねぇ」
 いいですね? 混浴に行ってくれるってのか?
「泊まりでも?」
「はい、大丈夫ですよ」
 なんだろうこれは。何かのワナなのか。あるいはファン心理とはこういうものなのか。出会って早々に裸体を見せる覚悟ができてしまうほどに、俺のことが好きなのか。彼女が言うように、最初はタイプではなくても、付き合っていくうちにだんだん好きになることがあるのだとすれば、ここは温泉に向かうべき場面かもしれない。白い乳房を拝み、丸い尻を愛でれば、そこから恋愛に発展するかもしれないのだから。はたして彼女はどう考えているのだろう。温泉=結婚、とまではいかずとも、さすがに裸体をさらす以上は、それなりの責任を求めていそうなものだ。そのへんはサッパリしているのか。ここは悩みどころだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ