1_20210701110142791.jpg2_20210701110144d7e.jpg3_2021070111014637c.jpg4_20210701110147a67.jpg5_20210701110148189.jpg6_202107011101500ea.jpg7_20210701110151724.jpg8_20210701110153f83.jpg9_20210701110154ae5.jpg10_20210701110156f2e.jpg11_20210701110157112.jpg12_2021070111015917f.jpg
お盆に大阪に帰省した。今や母親は、奇っ怪な生き物でも見るような目でオレを蔑んでくる。
「あんたはどうせ結婚できひんやろ」「……」
「今ちゃんも岡村も結婚できひんし、あんたも無理や」
なぜ芸人と並べるのかわからないが、とにかく母親ももうあきらめているのだろう。39才にもなってカノジョの一人も紹介したことのない息子のことを。この悔しさを晴らすため、地元の友人(既婚者)と一緒に琵琶湖の湖水浴場へ向かった。友人いわく「あそこは関西の若い子が全員集まっとるから選びたい放題やで」とのことだ。もうこうなればナンパでも何でもやってやる。現地の砂浜は、確かに若い子が多かった。男女ともに10代〜20代だらけだ。しばらく様子見してから、うろうろ歩き回り、タイプの2人組に声をかけた。
「おっさんら、何してんの?」
「こんにちは」
この最初の行動がマズかった。工業高校を中退したばかりのようなガキども数人に囲まれてしまったのだ。
「おっさんら、何してんの?」「何ってなんでもないよ」「は? 俺らのツレに声かけてたやん」
「あー、ごめんごめん」「はよどっか行けや」
多勢に無勢。いそいそと浜のすみっこのほうに引き返し、それからはずっと湖を眺めることになった。
「赤澤、この歳でこんなとこでナンパやってるやつなんておらへんな」「そやな」
「結婚せーへんの?」「その前に彼女見つけんと…」「それもそやな」
 高校を中退して肩にタトゥーを入れてるようなヤツらが晴れやかな青春を満喫し、将来のために我慢して暗い青春を送った者が、あいかわらず暗い日々を過ごす。なんだ、この無慈悲さは。
 片道2時間もかけて琵琶湖くんだりまで出てきて、砂浜でうちひしがれる一日だった。東京に戻り、鬼ごっこ合コンという奇妙なイベントに参加することにした。以前、お見合いパーティの鎌倉ハイキング版ではさんざんな目に遭ったのだが、今回はそれの鬼ごっこバージョンだ。
 わざわざ鬼ごっこなんてくだらない遊びに参加してまで、男を求めている女なのだから、出会い欲求は相当に高いものと思われる。当日、公営の体育館に集まったのは男女それぞれ15人ほどで、いつものごとく瞬時の赤澤チェックによって、狙いは3人に絞られた。どの子も20代で、そこそこの美形だ。軽い自己紹介タイムのあと、鬼ごっこ開始となった。システムやルールは面倒なので省くが、いわゆる普通の鬼ごっこではなく、2チームによる対戦形式の追いかけっこゲームだ。
 本日の主目的は出会いなのだから、勝ち負けはどうでもよい。しかしゲーム内で多少のアピールはしておくべきだろう。さて、どう動くのが正解か。てなことを考えているのはオレだけのようで、参加者はみんな作戦を立てたり励まし合ったりと、どうも本気の様子だ。アホじゃないのか。
 作戦は決まった。先ほど選出した3人のうち、同じチームになった子、ミキちゃんに集中して話しかけるとしよう。ありがたいことに彼女、Tシャツの首のところがダラリとして、ときおり谷間が見え隠れしている。イコール、スキの多い子だと考えられる。
 鬼ごっこは1時間半ほども行われた。
「オレ、右から攻めるから、左に回ってよ」
「オッケーです」
 だとか
「今の惜しかったね」
「あー、もー悔しいです」
 などと、さわやかな会話をミキちゃんと交わし、印象付けはバッチリ決まった。一歩リードしたことは間違いないだろう。他の男たちは鬼ごっこに夢中で汗ばかりかいているのだから。何をしに来てんだろう彼らは。カップリングタイムがないので、ゲーム後はフリートークで終了となる。すぐさまミキちゃんの元へ走った。
「これから食事でもどう?」
「あー、すみません。明日仕事早いんで」
 現在、時刻は21時。少しぐらいならいいだろうと思うのだが、本人が無理と言うならしょうがない。メアド交換だけして、服を着替え、体育館をあとにした。
〝今日は楽しかったね。また遊びましょう〞
 駅へ向かう途中、メールを打ってみたが返事は来ず、ちょっとすねながら歩いていると、入り口がオープンになっている若者向けの飲み屋に、さっきまで鬼ごっこをしていた男女数人の姿が見えた。
 そしてそこにはミキちゃんの笑顔も…。これはいったい何事なのだろう。明日の仕事が早いんじゃなかったのか。そもそもあの男どもは、いつどこで彼女を誘ったのだ。
(どうせサクラだったんだろ。あの男たちも実はスタッフなんだろ)
 と無理矢理な理屈で納得しようとしたのだが、どうにも気分が収まらず、手コキ付きマッサージですっきり落ち着かせてから家に帰った。ミキちゃんからの返事はまだ届いていない。
39才になって早くも3カ月が過ぎようとしている。ぼやっとしてるうちにすぐ40才になってしまうことは明らかだ。
40ともなれば、さすがに20代は付き合ってくれないだろう。30代前半の子でも二の足を踏むかもしれない。
40という数字はそれほどマイナス材料だと思われる。 
今のオレの皮算用は、29才ぐらいの子との恋愛なので、残された期間はあと9カ月しかないことになる。もはやなりふりかまっていられない。今月は水族館で行われる婚活パーティに参加した。
当日やや遅れて現地に到着したところ、参加者は男女それぞれ10人ほどで、ダンプ松本のような体型の女性が3人もいた。ダンプ率3割。デブは魚が好きなんだろうか。むしろ肉だろうに。
本日のパーティは、男女5人ほどのグループに別れ、水族館をぐるぐる回りながら親交を深めていく形だ。特にプロフィールカードなどはないので、まったく一からのスタートとなる。これはかなりの社交性が必要だ。
魚になどなんの興味もないオレだが、とりあえず水槽を眺めつつ、隣の女子に話しかけてみる。
「へぇ、これって何て魚だろ?」 
その女子には無視され、代わりに同じグループの男が返事をくれた。
「それはタマカイだよ」
まるでさかなクンのような知識を持つこの男、どうやらこのパーティなら優位に立てると目論んでいるようだ。
引き続き館内をゾロゾロ歩く。女たちはどういうわけか男と会話する気もなさそうで、「カワイイ」を連発しながら水槽の中にばかり注目している。何をしに来てんだ?
カリブ海を模した水槽があった。ここでブルジョアぶりのアピールだ。
「カリブ海、行ったことあるけどこんな魚おらんかったなぁ」
隣りの女がこちらを見ずにあいずちをうつ。
「潜ってないからでしょ」
まったく興味を示してくれない。こいつら全員サクラか?
グループメンバーが入れ替わりながらすべてを見終わり、最後に連絡先交換タイムになった。まだ名前も年齢も知らない女性陣たちと輪になって会話をかわす。
「オレは目黒区なんだけど、みんなはどこから?」
千葉、草加(埼玉)、江戸川区など、しょぼい地名が返ってくる。なんだよ、庶民どもが。だから魚ぐらいでキャッキャ騒ぐんだな。
そんな庶民の中でも、唯一マトモだと思えた子とラインの交換をし、水族館をあとにした。おかしかったのは、さかなクンがダンプと一緒に帰っていったことだ。なんだよこれ。お互いモノズキなんだな。夜、マトモちゃんに連絡をする。
『今日はお疲れ様でした』
返事は20分後に来た。
『お疲れ様でした〜ありがとうございました』
ずいぶんシンプルな内容だが、まあいいだろう。
『ありがとうございました!遅刻してすいませんでした。今度お茶でもどうですか?お互いバックボーン知らへんけど』
反応はなかった。既読にすらならない。
既読にならないという現象がオレにはどうしても理解できない。最初からそうなら何かのトラブルかもしれないが、一回は返事があって、なのにその直後の誘いは既読にならないなんて。読まないってオカシイだろうに。読むでしょ普通。だんだんわかってきた。女の立場はこうなのだろう。とりあえず最初の一通は読んじゃった以上、既読スルーも失礼なので、社交辞令を返しておく。でも面倒だからその時点で『ブロック』を押す。二通目からは届かない。
きっと正解だ。ヒドイ。なんてヒドイんだ。
オレが最近気に入っている、Googleの社則「邪悪になるな」を例にすれば、メールの返事をしない女など、邪悪の最たるものだ!
男の友人とメシを食ってるときに、その友人にメールが入った。女友達からで、いまワイン教室の仲間と飲んでいるから一緒にどう?ってな内容だ。こういう、ざっくばらんな出会いは望むところだ。ぜひ一緒に合流させてもらおう。到着した恵比寿のバーでは、女性陣が5人ほどワイングラスを傾けていた。年齢は全員30ちょいぐらいか。
「初めまして、赤澤です」「どうも〜。赤ちゃんも飲んで飲んで」
気さくに迎えられ、とりあえずよくわからんワインを注文する。ツマミはピクルスにでもしておくか。注文直後、女の一人がつっこんできた。
「それはチーズでしょー」
そのワインに合うのはチーズだという意味らしい。 
うざい。学んだばかりの知識をひけらかしやがって。アジア人丸出しの黄色人種のくせに、何がワインだ。お前は抹茶でも飲んでろよ。と、心の中で毒づき、その女は真っ先に対象から外した。 
が、他の女もワイン通ぶりたがるとこは似たり寄ったりでわきまえたおしとやかさんは一人だけだった。解散時にその子とラインを交換し、さっそく連絡だ。
『今度、ワインの美味しいお店にでも行きませんか?』
返事はすぐに来た。
『付き合う気のない人と食事をしても時間の無駄なので勘弁してください』
目が点になった。
1 付き合う気がない
2 時間の無駄
3 勘弁してくれ
伝えるべきことをこれほど的確に伝えた文面は初めて見たかもしれない。
先ほどの例で言えば、しっかり返事をくれた彼女は〝邪悪〞ではない。でもここまでこっぴどく断らなくても…。ここ最近、何を楽しみにして生きていけばいいのかわからなくなっている。
人生の楽しい時期はもう過ぎてしまったんじゃないのかというのが率直な思いだ。その楽しいはずの時期が楽しくなかった人間は、いったいなんのために生まれてきたんだろう。
40才前後、独身で彼女ナシ。オレと同じような境遇の男性は、日々どんなことを考えて生きているんだろう。何か楽しいことはあるんだろうか。オレには、ない。たとえば明日急死したとしても、あまり後悔することはないんじゃないかとも思う。
ああ、生きる希望が欲しい。日本人の女がイヤになってきた。まだ10代の幼い純真な子はいいのだが、20代ともなるとあいつらは本当に生意気で軽薄になりやがる。男を金ヅルとしか考えていなかったり、優しくしてもらって当然と思ってたり。まったく、穏やかで古風なやまとなでしこは、どこへ消えてしまったのだろう。
結果的にオレの志向はガイジンへと向かった。やれイケメンやれ勝ち組だと、メディアに踊らされたアホだらけの日本人より、まだガイジンのほうがマシだと思うのだ。というわけでハロウィン翌日、とあるパーティへと向かった。英語圏の外国人と、英語を学びたい日本人の集まるフランクなパーティだ。「24」のジャックバウワーの娘のような子と知り合いになって、クリスマスを一緒に過ごせれば何も言うことはない。
当日、会場に到着した時点でその場にいたのは、ガイジン男数名と、日本人の男女数名だけだった。ジャックバウワーの娘はおろか、白い肌の女は一人も来ていない。すみっこのイスに座って、しばらく様子を観察することにした。会場真ん中では、ダサダサの白人男に、アホそうな日本の女が群がり、ハウアーユー的なしょうもない会話をしている。なんだろうな、この国辱シーンは。戦争に負けたからこうなるんだよな。
待てど暮らせど、ガイジン女はやってこない。ならばここにいる日本人オトコは何をしているかというと、勇気がなくてガイジンに話しかけられない日本人女を狙って、ちょこまか声をかけているようだ。ハイエナかよ。パーティ開始から1時間が経った。人数は増えているが、メンバーのバランスはあいかわらずだ。きっとジャックの娘もそれに類する子も来ないだろう。もう帰ろうか。
と思ったが、さっきから積極的な動きを見せている男性のことが気になった。背中に英語で「パークアベニュー」と書いたトレーナーを着た50代らしき中年男性で、あちこちの女に果敢に声をかけては煙たがられているのだ。あの人にしてみれば、若い女としゃべる機会などこんな場所しかないのだろう。
その姿を見て、将来の自分のことが頭をよぎった。オレもこのまま行けば、パークアベニューさんのようなウザいオヤジになるのでは。いや、現時点ですでにパークアベニューサイドなのでは。歳をとってからあたふたするのは勘弁だ。
とりあえず今日のところはガイジン女はあきらめて、日本の子と仲良くなっておこう。そんな勇気がわいてきた。どの女もガイジン狂いの尻軽にしか見えないが、よく見れば一人だけ、オレ好みの清楚そうな子がいる。ちょっと声をかけてみよう。缶ビールを片手に、彼女の元へと向かう。
「こんにちは」
「あ、こんにちは」
「どこから来たの?」
「えっ、出身ですか? 京都ですけど」
現住所を尋ねたつもりだったのだが、幸いオレと同じ関西出身ということがわかった。ラッキーだ。
「あ、オレ大阪」
「へえ、そうなんですか」
というきっかけでスタートした会話は大いに盛り上がった。出身高校に関する話題や、探偵ナイトスクープにまつわる話などで、ぐんぐん距離が近づいていく感じがする。日本の子でもこれだけすがすがしい性格だと、上手くやっていけそうだな。彼女、マキちゃんは32才。一人暮らしをしながら、東京の専門商社で働いていて、そのため少し英語の勉強をしたがっているそうだ。
「ふーん。で、彼氏はいるの?」
「彼氏ですか。ビミョーですね」
「微妙?」
「ええ、付き合ってるのか付き合ってないのか中途半端な感じで。だからこんなふうに遊んでるんですよ」
きっとこれはセフレ扱いされてるんだろう。チャンスはあるぞ。
「じゃあライン交換してくれる?」
「あ、いいですよー」
「でもさー、既読にならなかったり、返事くれなかったりとかするんでしょ」
「あー、私そういうのは絶対しないんですよ。断るときははっきり断る主義なんで」
ほう、わかりやすくていいじゃないか。じゃあ交換しましょう。マキちゃんと離れ、また一人でポツンとしていたところ、変な酔っ払い女が寄ってきた。
「アーユー・コリアン?」
「いや、日本人だけど…」
「あら、Kポップスターかと思ったわ」
この酔っ払いおばちゃん、年齢は47才だという。
「あなた、素敵よ。新大久保に行けばモテるよ」
悪い気はしないでもないのだが、韓国人に見えるというのは、この一重まぶたと、出っ張ったほお骨のせいじゃないのか? これって誉められてると考えていいのか?
「あ、ありがとうございます」
「もう本当にKポップスターみたいね」
と言いながら体をペタペタ触ってくるおばちゃん。白人に相手にされないので、次は韓国人狙いにしたのか。ていうか、オレ日本人だけど。こんなに仲良さげにしてるとこをマキちゃんに見られたくないんだけどな。
「さっき中国の女の子2人いたのよ。連れてきていい?」
「ああ、はい」
いったい何がしたいんだ。東アジア人同士、仲良くしろってか。やってきた中国コンビは、デブ&ガリの、いくよくるよのようなペアだった。泣けてくる。
「パーティ終わったら4人で飲みに行こうよ。ねっ、Kポップスター」
「あ、え、ああ…」
答えに窮するオレだったが、おばちゃんも、チャイニーズ版いくよくるよも、えらい乗り気だ。
「それじゃ、後で声かけますんで」
と、いったんトイレに逃げ、外の空気を吸って会場に戻ってきたら、もう撤収が始まっていた。マキちゃんの姿も見えない。逆にあのトリオはしっかりオレのカバンの横に座っている。そっと近づき、カバンを手に持ち、無言で外へ向かう。背後から3人がくっついてくる。ヤバイ。とっさに階段を二段飛ばしで駆け上がったオレは、そのまま後ろを振り返りもせずに駅までの道を突っ走った。電車に乗り込んですぐマキちゃんにラインを送った。
『今日の今日でいきなりやけど、今度二人で食事でもいかがですか?』
すぐ既読になった。さあOKなのか、はっきり断られるのかどっちだ!?
それから2週間、返事はまだない。日本人の女、ヒドすぎないか?
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内