★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0084_201803292137004ac_201908131413149e9.jpg0085_20180329213701a33_2019081314131510f.jpg0086_20180329213702932_2019081314131728a.jpg0087_20180329213704f58_20190813141318b57.jpg0088_20180329213705913_201908131413204c9.jpg0089_20180329213707d28_20190813141321a25.jpg
「同窓会幹事代行業者は見た」を読んで、居ても立ってもいられなくなった。業者に幹事を頼むとは、なんてもったいないことを。自分たちでやらなきゃドラマも生まれないだろうに。自慢がてら報告する。俺は学校一の美女と結婚することを目的に、同窓会の幹事を毎年担当し、9年目にして夢を叶えな男だ。
まずは今のヨメがどれほどの美貌だったかについて説明しておこう。静かな学校だったのが、夏を迎えるころに様相が一変した。他校の生徒や大学生っぽい連中が、彼女のスコート姿を見るべくフェンスにわらわらと集まり出したのだ。学校側がわざわざ緑のシートを張り巡らして騒動は落ち着くのだが、これで彼女の名前は学校の誰もが知ることとなった。3年時の文化祭では当たり前のようにミスコンで優勝。それでいて自分の美貌を鼻にかけるところがなく、誰からも好かれる性格だった。マジメ人間の多い進学校だったため、たぶん彼氏はいなかったと思う。ただ悲しきかな、彼女と俺の接点は、単に3年のときに同じクラスになったという、ただ一点のみだった。
授業中、奈々子の横顔を眺めながら、俺は偉大なる野望を抱いていた。
あいつと結婚するーロクに話をしたこともないくせに、しかもオナニーざん昧の童貞のくせに、いや、だからこそなのか、「ヤリたい」という軽い欲望ではなく、結婚への純粋な妄想が膨らみ続けた。何事もないまま、俺たちは高校を卒業した。彼女は隣県の、俺は地元の大学へ進学だ。これにて接点は完全になくなった。大学入学後も、彼女ができなかったせいもあってか、奈々子への想いは消えなかった。また逢いたい、しかし友達でもなんでもないので連絡を取るのは無理。そもそも俺の顔を覚えていてくれるかさえ不安なぐらいだ。成す術なく、俺は今で言うストー力ーのような行為に走った。暇を見つけては、小林家の近くを車で俳個したのだ。秋口だったろうか。その日の夜も奈々子の家の周りをグルグルし、車を下りて自販機に向かったところ、「あれ、山下君?」声の主は奈々子だった。急な出来事に、俺はすっとぼけるしかない。「あれ、家このへんなの?」「うん。久しぶりだね。学校どこ行ったんだっけ?」「A大だよ」ぼそぼそと近況を語り合う中で、奈々子が言った。「みんなどうしてるかな、懐かしいね」この瞬間、俺の結婚計画はスタートした。
「じゃあ同窓会しようよ。たちで幹事して」
有名人だった奈々子はともかく、地味だった俺は幹事をん受け持つような器ではない。しかしこのチャンスを逃して車はストー力ーのままだ。定期的に奈々子に電話をかける名目を得た俺は、頻繁に相談を持ちかけつつ、率先して同窓生に連絡を取り、店を予約しと、男気を発揮した。第一回同窓会は、その年の暮れ、地元のこじゃれた飲み屋で開催された。宴の終盤、誰からともなく声が上がる。「毎年やろうよ」「そうだな。今度は誰が幹事する?」迷わず手を上げた。「今回で慣れたから俺がやるよ。女子も今年と同じ小林さんで」奈々子は困った素振りもなく笑っていた。
目は、秋になってようやく電話巻かけた。「そろそろ準備しようか」「うん、そうだね」
はいえ、電話連絡ぐらいしかないのだ。
何かとかこつけて2人で会う機会を作る。今度の店を下見に行こうか。先生にお花でも買おうよ。あいつ引越したみたいだから部屋見に行こっか。2人きりで何度も顔を合わせれば、当然プライベートな話も出てくる。年齢的に、恋の話題は避けて通れない。「山下君、彼女は?」「いないよ。小林さんはどうなの」「うーん、バイト先に気になってる人はいるんだけどね」俺は毎年会えるのだ。いつか振り向いてくれればそれでいい。3年目、奈々子に彼氏がいることを知った。4年目、進学か就職かの相談を受けた。5年目、職場の人間関係の悩みを聞いた。6年目、長く付き合った彼氏と別れたことを知った。そして7年目。例年のことく、打ち合わせと称して集まった後、2人ば海ヘドライブに向かった。あくまで旧友として。奈々子が言う。「なんか山下君といると落ち着くね。力ッコつけなくていいし」あれは恋愛対象といっ意味ではなかったと今もヨメは言うが、俺は前向きに解釈した。
「彼氏いないんなら、俺と付き合ってくれんか?前から気になってたんよ」大学でも彼女はできず、いっこうに女慣れしなかった俺も、彼女にだけはストレートに物が言えた。オッケーしてくれたのは、何年も頑張って幹事を続けた俺に、男らしさの片鱗を見たからだと思うのだが、真相はもってわかならい。★2年後、俺のこっそり中出し作戦によって、2人はめでたくできちゃった結婚した。足かけ9年、高校時代の夢が現実のものとなったのだ。ちなみに今でも毎年、夫婦で幹事を受け持っている。もはや会を開く目的は何もないのだが。
40代が不倫カップルが誕生する最後のチャンス

43の時、はじめて中学の同窓会があって田舎に帰ったんです。私は普通に参加してただけなんですが、後で聞いたら、自分の知らないところで何組か不倫カップルが誕生してたみたいで。それがもう何だか羨ましくてね。で、それからちょうど10年後にまた同じ同窓会があったので、今度は俺も!と意気込んで参加したんです。びっくりしましたよ。10年っていう月日は恐ろしく人を老けさせるんだなって。
同級生の女の子なんてどれも完全なオバチャンで、アタックする気なんて起きないんですよ。比較的マシな部類はすでに前回の同窓会でカップルになっちゃってるし、こりゃどうしようもないなって。昨年も同窓会があったんですけど、言うまでもないでしょ?
女性なんて化粧したジーサンですから。おまけに初恋の人はすでに亡くなっちゃってるわで、もう寂しい思いしかありませんでした。40代の同窓会で乗り遅れたことが本当に悔しいです。
40代は同窓会が頻繁に開かれる時期でもある。みなさん、そのチャンスに乗り遅れないように!

40才の僕に言いたいのは、仕事でもプライベートでも、極力ヘマはやらかすなってことかな。失敗は成功のもとって言葉があるでしょ。失敗の原因を知ることが成長につながるって意味だけど、そんなことを言ってられるのは伸びしろのある20 代まで。40代となると大きく事情は変わって、ひとつのミスが命取りになるからさ。
たとえば会社で昇格し、はじめて部下を持つことになっても、自分のことでいっぱいっぱいになって周りが見えないようじゃもうダメ。部下の教育に手が回らないし、それによって仕事も回らなくなってと、悪循環をどんどん生み出してしまうわけ。
あるいは社内不倫。年齢的には40代上司と女性部下って組み合わせが一番ありがちだけど、これが職場にバレてしまったら気まずいだけでは済まないよね。左遷になって、そこから今度は嫁さんに浮気の事実を知られて
…てな風に次から次へと惨事が広がっていく。まあ、いま言ったことはすべて私の実体験なんだけど、思い出しただけでも吐き気がしてくるよ。とにかく40才の失敗は失敗のもとにしかならない。この事実を当時の自分の頭にたたき込んでやりたいね。

もはや失敗が許されないのが40という年齢だという。怖い〜。

大人になってわかった恋愛の真実教訓

無理目な女でも押せばなんとかなる
中学のころ好きな女のコがいたんです。いいとこのお嬢さんで、ちょっと石川秀美に似てて。まあ、学年のアイドル的存在っていうんですかね。だから告白なんてとても。勇気を出したところで、振られるだけだろうとあきらめてました。それが成人式のときだったかな、彼女が中学時代、同い年の男子と付き合ってたことが判明したんです。しかもその相手ってのが、しょうもないヤンキーで。そいつが飲みの席で「最初は断られたけど、しつこく交際を申し込んだらOKをもらった」って自慢するのを聞いて、何だか妙に納得しちゃいました。ああいう年頃のコって、まだ異性との付き合いに慣れてないでしょ。だから好きじゃない相手でも、強引に迫られたらフワ〜ッと勢いに流されちゃうんだなって。気づくのが遅すぎましたね。
★思わずなるほどと感心してしまった。この心理って、中学時代に限らず、大人の女性にも通じるかも?
可愛い女は結局イケメンが

大学生のころ、可愛い子に親しくされて、舞い上がっちゃうことがよくあったんですよ。授業のノート見せてとか、CD貸してよとか、そういう他愛ないやりとりに、ドギマギしちゃってね。このコ、もしかして俺のこと……とか期待しちゃうの。でも、キレイなコって大概、フレンドリーだから、それくらいのことは他の男どもにもやってるし、間違っても俺みたいな男とは付き合いません。もれな
く男前がかっさらっていくんです。甘い夢なんか見るだけ無駄ですね。
★美女と男前がくっつくこと、それ自体はよくある話である。が、その陰ではカワイコちゃんの悪気のない振る舞いに翻弄されるブサメンたちの悲哀が漂っているというこの現実。せつないっす。
ブサメンも若いうちは努力で何とかなる
若いころは自分のルックスに自信がなかったからあれだよね、女に対しててんで奥手だった。でも実際はさ、顔がまずくても流行りの髪型やオシャレでなんとなくイケてる風に装えるじゃん? 若いやつなんか特に。 当時、なんでこれに気づけなかったかなあって思うよ。今はおっさん向けのクラブとかでたまにナンパしたりするんだけど、この歳になると逆にオシャレでのゴマかしがムズいんだよね。下手に若作りしちゃうと寒いしさ。
★確かにいま、雰囲気イケメンって多いもんなぁ。若いってのはそれだけで武器になる、その通りです。
やれる女はブスでも行っといたほうがいい
いまはこんな見てくれやけど、若いころは男前でようモテたの。ほいじゃけ、一緒に遊ぶんはいつもええ女ばっかりよ。でもわしの友だちにブスとばーっかり付き合おうとるやつがおってね、何がそんなにええのか聞いてみたらこう言いよるわけ。ブスは最高じゃ。なんでもこっちの言いなりになりよるから、やりたい放題おまんちょができる。いっぺんオマエもやってみいって。アホ抜かせとそのときは思った。ほいじゃけんど、だいぶ後に、たまたまブスとおまんちょする機会があって、はじめて意味がわかった。もう変態よ。チンポ咥えだしたらまあ離さんし、わしにゆばりかけよるしね。こりゃ楽しいわいと。今はみすぼらしいじじいやけ、ブスを引っかけることもようできん。何だか寂しいねぇ。
★この下品極まりない会話は、そこそこ客の入ったドトールで行われている。おまんちょの台詞が飛び出すたび、店内が静まりかえるため、生きた心地がしませんでした。
薄い精子でも妊娠する
もともと精液が薄いんです。見た目がすごく透明で、触ってもあんまりネバネバしないっていうか。だから勝手に子種がないって思ってたんですね。実際、それまで付き合ったコたちにうっかり中で出しちゃったことが何度かあるんだけど、全然、孕まないし。けど、大学3年のとき、セックスフレンドだった女が妊娠したんです。もうビックリしちゃって。しかもそのコ、絶対に堕ろさないっていうし目の前真っ暗ですよ。結局、籍を入れることにしました。選択肢がなかっただけなんですけど、二度と自由に遊べないんだと思ったら泣けてきましたね。もちろん今は子供も成人したことだし、堕ろさなくてよかったと心から思ってますよ。でもあのとき、不用意な中出しをしてなかったらどう人生が変わってたんだろうとはいまだに考えますね。
★ネバネバしてないからって薄いと決めつけたことが間違いだと思います。ま、避妊はしとけってことですかね。
いつまでもセックスしたい女と結婚しろ
俺の嫁ってそこそこ美人なんだけど、性格がキツいからいつもイガミ合いになる。そうすると当然、エッチもぱったりなくなっちゃって、風俗に足が向いちゃうわけ。こんなバカなことないよね。
ちょっとくらいブスでもいいから、亭主に従順でおとなしい嫁だったらこういうことにはならないよ。それに何でも言うことを聞く嫁なら、色んなエッチもできるから楽しそうじゃん。仲良くエッチできるってのが本来の正しい夫婦の在り方だと俺は思うけどね。
★これはまさに正解かも。でも結婚前にはいつまでセックスしたいと思えるかわかんないんだよなぁ。
美人の妻をもらわないと引け目を感じる
僕が妻と結婚したのは、彼女の優しい性格に惚れたから。もちろん結婚後も夫婦仲はすごく良いんだけど、彼女、一重まぶたで太ってて、まあいわゆるブスの部類で。だから、一緒に人前に出るのが恥ずかしいっていうか、どこに行っても人から笑われてる気がするっていうか。ときどき隣でフガフガ肉まん食ってる姿を見ると、なんかこう、ふと虚しさを覚えるんだよね。いや、妻は悪くないんだよ。悪いのは、彼女と結婚したらこういう気持ちを味わうぞって予想ができなかった僕だから。痛恨の判断ミスだね。
★嫁選びのポイントは、はたして性格なのか容姿なのか。若いみなさん、迷っちゃいますね。
巨乳はすぐ飽きる
巨乳の女を見たら誰でも揉みたいと思うけど、あんなのすぐ飽きるから。美人は飽きないけど巨乳は一回揉んだらそれで飽きる。このことを若い自分に徹底的に教えてやりたい。なんでかって言うと、いっつも巨乳のブスと付き合ってきて、毎回後悔してきたから。うわ、う別れたい、でもウダウダ言われるのめんどくさいって。だから最初っから巨乳に興味を持たないように、もう学生ぐらいのときの俺に言ってやりたいね。
★ちなみにこの方、今はもうおっぱいに興味ないんですか、との問いに「いやぁ、やっぱり好きだねぇ」と答えておられました。
やりたいだけでも付き合ってと言え
女とイイ雰囲気になって、さあいよいよってタイミングで、「まだ私たち付き合ってないじゃん」って言うコいますよね。昔は、その台詞を聞くたびにリリースしてたんですよ。だって自分はいまセックスしたいだけで、彼氏になる気なんかこれっぽっちもないんですから。バカですね。平然と「付き合ってよ」と言っとけばいいんです。この台詞って、単にその場でセックスをするための手続きにすぎないんだし。あのころって深く考えすぎちゃってたんですよね。
★確かにこれは言えてる。正式に付き合ってしまえばいいのだ。たとえ一晩の付き合いであっても。
女と二人きりになったら絶対やれ
これはもうそのまんまだよ。女がカラオケとか自宅とか、とにかく男と2人きりになるような場所にのこのこ付いてきたら、99%ヤレるってことを昔の自分に言いたいね。
若いころ、つい紳士ぶってそのまま帰しちゃうってことを何度繰りかえしたことか。今日のところは優しい一面を見せておいて、次回確実にいただこうってのはダメ。むしろ次回はありませんって方が多いんだから。ヤレるチャンスは1人につき1回、それも初回に限る。これを肝に銘じてほしいね。
★わかる。わかりすぎる。チャンスが二度ないこともめっちゃよくわかる。
ローションオナニーはやめとけ
うーん、昔の自分にアドバイスするなら、ローションオナニーについてですかねぇ。あれは確かに気持ちいいですよ。たぶん、セックスの10倍くらい。でも、だからこそ味を知ってしまうと非常にマズいというか。最高の快感に慣れちゃったら、もうそれ以外のものではイケなくなるから。カミさんとのセックスレスの原因にもなるし。
★なるほど、単純な肉体的快楽だけでいえばローションオナニーが最高峰かもしれない。今すぐ止めよう。
女は意見など求めていない
しょうもない口ゲンカで女と別れることってよくあるじゃん。昔の俺もそうだったんだけど、その原因の大半は、相手の質問にマジで答えてしまうってことだったんだよな。たとえば女が「あの映画、面白かったよね」って、聞いてきたとする。ここで「いやいや、あの映画はああでこうで」と返しちゃ、もうダメなの。正解は「そうだね」のひと言で済ませちゃう。本当は言いたいことが山ほどあるけど、ぐっと我慢してうんうん頷いておくのが無難なの。女がああいう話を切り出すときって、別にこっちの意見など求めてない。単に同意してほしいだけなんだから。いい関係を続けたいならこのルールを守るしかないのよ。
★これもまた若いころには気づきにくい真実だ。義務教育の科目に入れるべきテーマかもしれない。
フーゾク嬢のオマンコはまったく思い出せないのよ
40過ぎてから愕然としたことなんだけどね。俺、フーゾクに500万ぐらい突っ込んだ自信があるんだけど、あいつらのオマンコまったく思い出せないのよ。あのさ、40過ぎるとAVとかじゃなくて、昔の思い出でオナニーすることが多くなるんだけど、いや、これホントにそうなんだけど。で、そのときに頭の中に出てこないのさ。フーゾクのオマンコが。それで、ああムダなことしてたんだなぁって思って。思い出にも残らないような射精なんて意味ないでしょ。これはちゃんと伝えておきたいよね。
★そう言われて我が事を振り返ってみれば、確かにまったく思い出せない! あれはムダな射精だったんだ! 俺もタイムマシンに乗って教えてやらねば。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内