★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0206_20200224090357f49.jpg0207_2020022409035926b.jpg0208_20200224090400ff7.jpg0209_20200224090402330.jpg0210_2020022409040371e.jpg0211_20200224090405644.jpg0212_202002240904069af.jpg0213_20200224090408a2f.jpg0214_20200224090409953.jpg0215_2020022409041127a.jpg0216_20200224090412827.jpg0217_202002240904149b6.jpg0218_2020022409041554c.jpg0219_20200224090417031.jpg
精液塗りつけフェチに女性が失する姿に興奮する変わった性癖
SnapCrab_NoName_2017-12-28_18-48-35_No-00.png
女性が失する姿に興奮するというちょっと変わった性癖を持っている。きっかけはネットで見た元日テレのアナウンサー、小野寺さんのシーンだ。絶叫マシンのレポートの途中でお尻をビショビショに漏らす清楚系アナウンサー。このハプニング映像にどれだけ衝撃を受けたことか。
以来、どうにかして女性が失する姿を目の前で見たいと考えるようになった。調べてみると珍しくないことがわかってきた。尿道が短いので少しの衝撃でも漏れやすく、特に出産経験がある女性は半数以上に経験があるんだとか。ってことは、自分で我慢するのがやっとの状態で、外から強い衝撃が加わればどうなるだろう。つまりトイレに駆け込む女の子たちに思い切りぶつかれば、目撃できるんじゃないか。早速、週末に市内のファッションビルに向かった。目指すは、階段の途中の踊り場にある女子トイレだ。入り口の脇に立ち、携帯をいじるフリをしながらターゲットの到着を待つ。しばらくすると、30代の女性が階段を小走りで駆け下りてきた。手元の携帯を見ながら女性の身体に思い切り体当たりする。「キャッ!」「ああっ!!すみません!!」
女性はその場で軽くよろめいたが、すぐに体勢を立て直しトイレに入ってしまった。もっと強くぶつからないとダメかも。その後も女性がくるたび携帯を見ながら体当たりを繰り返していると、ついにそのときが。
13人目、スカート姿の30代後半らしき女性にぶつかった瞬間、「キャッ!」と声を上げ、その場にしゃがみ込んだのだ。「ああっ! すみません!」
直後、スカートの下にピチャピチャと小さな水たまりができた。ナマだ。その間、女性は口を半開きにして身動き一つしない。漏らしている間は動けないのかも。
「大丈夫ですか?」「大丈夫です、大丈夫です」
女性はスカートを押さえながらそそくさとトイレに消えた。あれだけ下着を濡らしたら帰りも大変だろう。しばらくしてトイレから出てきた女性に車で自宅まで送ると伝えたが、「大丈夫です」を連呼しながらその場から消えてしまった。
翌週、通報を恐れて別のデパートのトイレ前で体当たりを繰り替えしていくと数人目で20代の女の子が半立ちの姿勢で失してくれた。スエットパンツの股間にみるみるシミが広がっていく間、やはり彼女は口を半開きにして身動き一つしなかった。最初の女性と同じだ。彼女もこちらの謝罪には見向きもせず、そそくさとその場を立ち去ってしまったが、21人へのトライで2つのナマ失を見ることができたのだから上出来だ。このときの映像は今も鮮烈に脳裏に刻まれていて、ズリネタとして重宝している。
不快な顔に興奮・精液塗りつけフェチ
SnapCrab_NoName_2019-7-24_6-11-51_No-00.png
自分の精液を塗りたくり、驚く女性の顔を見ながらシコる悦楽
様々なフェチを持った人間がいる。
パンストの貼り付いた脚やお尻、パイパンフェチにラバーフェチ等、限られた条件にのみ性的興奮を覚える人間は、想像以上に多いのかもしれない。俺の場合は、塗りつけフェチ、いや、不快な顔フェチと言うべきか。自分の体内から放出した精液を女性に触れさせ、さらにその手の臭いをかがせてしまう。そのとき女性が見せる表情に、たまらない興奮を覚えるのだ。彼女のこんな。不快な顔は初めてだ昔から覗きが趣味だった。覗きと言っても、メインは布。下着泥棒である。女性たちの顔を確認してから下着を盗み、日常のささいなーコマを脳裏に焼き付ける。表情や体のライン、しぐさなーどを思い出しつつ、自宅で戦利品を使ってオナニーに耽るのが、何にも代えがたい至福の悦びだった。
その特殊な性癖が、ある女性との出会いをきっかけに激変する。
近所のスーパーで見かけた山口智子似の和風美人。
一人一分の食材を寵に入れてレジを一通り過ぎていく彼女の顔を見一た瞬間、体に電気が走った。うまく表現できないが、とにかく瞬時に魅せられた。気が付くと後をつけていた。声をかける勇気はない。ましてやレ〇プする度胸があるわけでもない。
運よく彼女はアパートの一階に住んでおり、以後毎晩のように部屋を覗きながら、イチモツをしこいた。バレるのが嫌で下着は我慢した。
それから2カ月ほど過ぎたある日のこと、いつものように彼女のアパートへ足を運ぶと、部屋の荷物が段ボール箱に詰め込まれている。
まさか引っ越しちゃうの?声をかけたい、でもかけられない。セックスしたい、でもできない。
焦りに焦った。早く何か手を打たないと。そんな極限状態で決断を迫られた俺に、突然衝動が襲う。自分の精液を彼女に触れさせたい。
翌日、自宅で彼女のことを思いながらシコり、放出した体液を空のフィルムケースに閉じ込めた。さあ、アパートに出かけよう。すでに彼女の生活パターンは熟知している。仕事帰りに近所のスーパーに買い物に立ち寄るのが日課だ。駐車場で待ち伏せし、彼女が車を停めて店内に入った瞬間、すかさずフィルムケースの中身を車のドアノブにタラーリ。大丈夫、うまくいった。そして待つこと四分。き、来た
すかさずズボンを下げてペニスをしこき始める。買い物袋を持った彼女がドアノブを握る。瞬間、ビクリと手を引っ込め眉間には深い雛。そして、俺の精子がついたその手を確認するかのように、自分の鼻へ。思わず手を振り払う彼女。今まで見たことのないほどの不快な表情だ。このときの感動をなんと言えばいいだろう。俺の精液が彼女の体に触れ、鼻から喉を通り肺の中に入ったのだ。セックスなど比較にならないほどの強烈な快感だった。
冷蔵庫に保存した精液を日付の古い順に常温解凍彼女がいなくなってからも、俺は、行為を繰り返した。若い、俺のタイプの女なら誰でもよかった。精子塗りつけのポイントは、自転車のハンドルと車のドアノブだ。駅やバス停付近に停めている多くの自転車のハンドルに塗りつけ、車の中でオペラグラスで鑑賞しながらペニスをしこいた。
下校時間、女子たちの反応を見られるのが気持ちいい。皆さんは思うかもしれない。手当たりしだい自転車に塗りつけていたら、男女も関係なくなるではないかと。
心配は無用だ。女の子風の力ラーリングや車体に書かれた名前で十分判別できる。が、男か女かわからない名前の時には、貴重な精液を男性に付けて無駄にすることも少なくない。その点、車のドアノブの場合はミスが少なくてすむ。
大型ショッピングセンターの駐車場入り口付近で待てば、確実に女かどうかわかる。相手がタイプなら、あとは最初の女と同じ方法で精液を塗りつけるまでだ。ちなみに、最近は大胆にもターゲットの隣に車を停めて、肉眼で彼女たちの表情を堪能することもある。
距離が近いだけに悲鳴も聞け、興奮倍増だが、やはり危険度は高い。よほどの上玉以外は、ある程度の距離を保つようにしている。現場での目的はあくまで寸止め。射精まではしない。その場で精子を放出するのは勿体ないし、一度出すとすぐに家に帰りたくなる。複数の女性で楽しむためにも、ぎりぎりまでテンションを高めて寸止めするのが俺のやり方だ。
とはいえ、時に誤射してしまうこともあるため、空瓶も携帯している。どうしても間に合わなければ、タバコのビニール袋をとっさにペニスに被せてぶっ放すまでだ。普段は寸止めで自宅に戻り、その情景を思い出しながら、ゆっくりオナニーに耽る。我慢し続けただけに量もハンパじゃない。最近は精子を小瓶に詰めて日付を記入、自宅の冷凍庫に保存し、次に出動するとき、日付の古い順に常温解凍している。精子を一滴も無駄にしないよう考え出したアイディアだ。私のフェチへの傾倒はとどまることを知らぬ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内