★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
20180904103936.png

ショートカットが似合う女の子が好きだ。理屈ぬきで好きだ。というわけで、今回はショートカットの美人店員さんを見つけるたびに片っ端からラブレターを配ってみた。


藍ちゃん⇒こんばんは。○○の店員の藍です。先日はお手紙ありがとうございました。お礼さえ言えてなかったので、お返事しようと思ってたのですが、遅くなってしまいごめんなさい。お手紙に驚きましたが、わたしで良ければよろしくお願いします(^-^) ちなみに25才で、本を読むのはわたしも好きです。


自分⇒藍ちゃん、この前は驚かせてしまってすみません。メールありがとうございます。お手紙お渡しした甲斐がありました。お話してみたいので、よかったらご飯でも食べに行きましょう。よろしくお願いします!


藍ちゃん⇒こんばんは。お返事遅くなってごめんなさい。連休お仕事お疲れ様でした。休日もお仕事多いのでしょうか?わたしも連休は出勤でした(>_<)最近冷え込むようになりましたね。みのやさんも体調にはお気を付け下さい。


食事のお誘いはさらりと流されてしまった。もう少し様子を見て仕切り直そう。


自分⇒藍ちゃんこんばんは。仕事忙しいですか? こちらは連休も仕事になってしまいました。本格的に寒くなってきてるので風邪など引かないようにー


藍ちゃん⇒お疲れ様です。映像業界のお仕事はやっぱり忙しいそうですね。代休貰えないと身体もたないですよね。こちらもちょうどいまが1番忙しい時期です(^_^;)基本は平日休みなんですが、今の時期かなり変則的なシフトになっております。お休みは月の後半過ぎないとちょっと難しいかもしれないです。


自分⇒お疲れさまです。お仕事は相変わらず忙しいですか? あまり無理して体調崩さないようにしてくださいね。時間空いたら美味しいものでも食べにいきましょう。それではまた☆


藍ちゃん⇒こんばんわ。連絡遅くなってゴメンなさい。実は風邪を引いて寝込んでました…。もう治ってきたので大丈夫ですけど。ご飯でしたら大丈夫ですよ、ぜひ。ただ、わたしがお休みの日でも構わないですか?仕事の日ですと何時に退勤できるかはっきりしませんので…。


自分⇒風邪、大変でしたね。まだ治ってないなら無理しないでいいですよ。もちろん深谷さんの予定に合わせます。お休みがいつか教えてもらえれば調整できると思うので。シフトがわかったらお知らせ下さい。よろしくお願いしまーす


藍ちゃん⇒こちらに合わせていただいてありがとうございます。今の時点で30日、31日でしたらあいています。それまでには風邪も治ってるとおもいます♪


メールは丁寧だし、手紙を渡したときも大人しめな雰囲気だった彼女、身持ちが堅そうだがさてどうなるか。
「どうも。みのやです」
「ああ、どうも…」
待ち合わせ場所に現れた彼女は、言葉少なめにはにかんだ笑顔を返してくれた。胸はそんなに大きくないけど、私服姿が可愛い。
「もうちゃんと風邪治った? 大丈夫?」
「うーん、ちょっとだけ喉が痛いんですけどね。でも大丈夫ですよ」
「近くに水炊きの店があるんだけどどうかな?」
「ああ、いいですねー、わたし鶏肉好きなんで」
ということで、2人でお店へ移動する。
「下の名前は藍ちゃんだよね」
「はい」
「お酒飲めるんだっけ?」
「あんまり飲めないんですよ。今日は風邪のお薬も飲んでるんで…」
病み上がりに酒をガンガン飲ませるわけにもいかないか。結局、彼女がウーロン茶、俺はビールで乾杯。
「仕事忙しかったみたいだし、風邪も引いて大変だったでしょ」
「はい、ここ数日はホントに大変でしたね〜」
完治してないのにデートに付き合ってくれたってことは、前向きに考えてよさそうだ。
「でもよく返事くれたよね。お店で手紙もらったこととかあるの?」
「ないですよ! ウチは結構お客さん多いんですけど、手紙を頂いたのは初めてです」
「ところで、藍ちゃんって今は彼氏とかはどうなの?」
「えー…ヘヘ、突然ですね。一昨年別れたので、もう2年近くいないです」
「なんで別れたの?」
「わたしの方がそこまで好きじゃなかったんですよ。3カ月目くらいで気付いてしまって…」
「気付いた?」
「うーん、基本的なマナーというか…違うな。あえて言うなら、わたしの方がいっぱいご飯食べるんですよね」
「ん? どういうこと?」
「いや、何て言うか、わたしよりも体が細いし年下だし、なんか頼りないっていうか」
年下は頼りない。だからオッサンの俺にも返事をくれたのか。こういうラッキーは手紙を配りまくらないと起きないものだ。しばらくして彼女がすまなさそうに言った。
「すみません、ちょっと寒気がしてきちゃった」
「あらら、風邪悪化したらマズいね」
まだ時間は9時を過ぎたばかりだけど、さすがに今夜どうこうはできそうにない。
「藍ちゃん、来週の休みは何してるの?」
「まだ何も予定入ってないですよ」
「じゃランチでもしない?」
「わかりました。じゃ、それまでに風邪治しておきますね。何だかすみません」
本日はここまで。紳士的にお見送りして終了した。翌週の午後2時、元気になった藍ちゃんが、待ち合わせ場所に現れた。ジャケットを着て前回会ったときより少し大人っぽい雰囲気だ。タイツが色っぽいぞ。
「藍ちゃんどうもー。もう風邪は治った?」
「はい、もう元気ですよ。この前はすみませんでした」
2回目のデートだけに、彼女もかなりリラックスしてるみたいだ。今日こそはキメたい。少し繁華街をブラブラしながら、彼女も行ったことがあるというメキシコ料理屋に入った。
「俺はビールにしよっかな。お酒、何にする?」
「あー、お酒はやめときます」
キッパリ断られた。ランチを食べながら好きな本やら映画やらの話を振られ、なかなか色っぽい話をするタイミングがつかめない。強引に行ってみるか。
「そう言えばさ、前の彼と別れて2年近く経つって言ってたけど、そのあと恋人未満みたいな相手もいなかったの?」
「ああ…、いたにはいたんですけど、1、2回会っただけで、その後音信不通みたいな感じばっかりですね」
「じゃ、エッチもしてないの?」
「ええ〜?そんなこと聞くんですか?」
「あ、エッチが苦手とか?」
「ええ〜、別に普通ですよ。ここで話すのやめましょうよ…」
「ごめんごめん、なんか気になっちゃってさ」
普通、っていうのはどういう意味だろう。でもこれ以上しつこくすると本気で嫌われそうなので、この辺にしておこう。メキシコ料理屋を出て、散歩することにした。途中で本やDVDを扱う雑貨屋が目に留まった。
「ちょっと見たいものがあるから、そこ寄ってみてもいい?」
「あー、いいですね。私も見たいです」大量の雑貨がひしめく店内でウインドウショッピングを楽しむ。映画のDVDでも買えば、それを一緒に観ることを口実に部屋に連れ込めるかも。
「あ、このDVD、欲しかったんだよね。知ってる?」
「あ〜、この監督さん知ってますよ。こんなの出てたんですね」
よしよし、うまく食らいついてくれたぞ。彼女がいくつかの雑貨と文庫本、俺が映画のDVDを買い、外に出た。
「この映画楽しみなんだよね。ねえ、今から俺んちで一緒に観ない?」
「え〜、それはちょっと…」
「ん? なんか問題ある?」
「だって、まだ会ったばかりだし、お友達の関係なのに男性の部屋に行くのは…」
「映画観るだけなら問題ないでしょ?」
「ハハハ…そうですけど…」「大丈夫。絶対に何もしないから」
「じゃ…、わかりました」
よしよし。途中のコンビニでお菓子と飲み物を買い込み、部屋に到着した。時間は午後5時。まだまだ時間はあるぞ。
少し緊張気味の藍ちゃんに飲み物を出し、隣りに座ろうとしたところで彼女が口を開いた。「あの、本当に何もしませんよね?」「ん?」
「こういう流れでなんとなく変な感じになると、あとでギクシャクするっていうか…そういうのイヤなので」
「大丈夫だよ。何もしないって言ったじゃん」
「ですよね。なんかすみません」
ここまでハッキリと釘を刺されるとは。過去に嫌な思いでもしたんだろうか。なんとなく気まずい雰囲気になったので、彼女から少し離れた場所に座ってDVDを再生する。タイツにくるまれた彼女の脚を盗み見しつつ、悶々としながら映画を観るが、内容がまったく頭に入ってこない。一方の彼女は、コチラのことなどまったく気にしてない様子で、真剣な表情で映画に集中している。いま襲いかかったらマジ切れされそうだな。
結局、この近いようで遠い彼女との微妙な距離が縮まることはなく、肩に手を置くことすらできないまま映画は終了した。
「なかなか面白かったね」
「やっぱり映像がすごいですね。観れて良かった」
互いに映画の感想を言い合ったところで、彼女が立ち上がり
「そろそろ帰りますね」と言い放った。
「今日はご馳走さまでした」

続いては若くて可愛い素人の女のコとハメ撮りできた体験談

『仙台のテレクラがこのご時世に鳴りまくっている。しかも若くて可愛い素人の女のコが多い』

 ネットでこんな書き込みを見かけたのは、いまから半年ほど前のことだ。たまたま見つけたその情報を頼りに、今回は仙台を選んでみた。毎回化け物を相手にしているオレだが、実はまだテレクラに一縷の望みをかけたいとも思っているのだ。仙台市内に唯一存在するテレクラは、繁華街からずっと離れた仙台港近くのバイパス沿いにあった。低予算で建てられた小さなレンタルビデオショップのような外観で、かつてはこうした郊外型のテレクラが全国各地にあったのだろうと思うと感慨深い。入室後、壁の落書きが目に入った。電話の来ない最低の店だとかなんとか書いてある。が、すぐにコールは鳴った。鳴りがよいというウワサを信じてよかった。
「もしもし」
「あの〜、エッチ付きサービスで会いたいんですけどー」
噂の後半部分は間違っていた。声からしておばちゃんだ。それにしてもエッチ付きサービスとは初めて聞く言葉だ。仙台では一般的な言い回しなのか。要するにワリキリってことだと思われるが。
「はい、大丈夫ですよ」
「え、ホントに? そんなに即答しちゃっていいの?」
「はい、お会いできれば」
「でも、私おばちゃんよ?」
「いえ、年上の方でも大丈夫ですよ」
「でもさあ、会ってから断られてもねえ…」
 今まで何度か断られたことがあるのだろう。彼女なりに転ばぬ先の杖を身につけているのだ。「でしたら、簡単にどんな方なのか、おっしゃっていただいてもいいですかね」
「そしたらね、身長、年齢、体型でしょ? あとはなに言えばいいですか?」
「うーん、じゃあとりあえずそれを教えてください」
「身長は148センチ、年は36才で体重は50キロ、胸は…Fカップね」
何度も言ってきたであろう台詞を、彼女はスラスラと披露した。最後の「Fカップ」には明らかに自信の色が伺える。
「あ、でもちょっと太ってるから」
「わかりました。ちなみに…容姿はどんなかんじですか?」
「似ている芸能人って言われたことないのよ。でもね、目がパッチリしてる方ですねって言われたことはあるわよ」
 そんなの、何も言ってないに等しいよ。ニホンザルだって目がぱっちりしてるんだから。
「わかりました、でしたらそちらまで伺いますかね」
「うん、●●駅のバス停の前で待ち合わせしよっか」
どうやら彼女(小野さん)の自宅の最寄り駅らしい。ワリキリ額はホテル代別で1万3千円。東京の相場より少し安い。 
 ●●駅は遠かった。ダイヤの少ない在来線を何度か乗り換え、ようやく到着したのは電話を切ってから1時間半後のことだ。バス乗り場を見渡す。それらしき女性は…いた。立っているのは彼女だけ、間違いないだろう。
「すみません、遅れちゃって」
「あら、若いこと!」
 黒いぶかぶかの皮ジャケットを羽織った女性がゆっくり会釈してきた。見た目は…ピンクの電話の太ってる方、竹内都子(ミヤコ)に似ている。
「タクシーでホテルに行こうと思うんだけど、いい?」
「はい、このへん詳しくないんでおまかせします」
 2人してタクシーに乗り、郊外の住宅街を走る。
「ごめんね。こんなとこまで来てもらって。車で迎えに行ければよかったんだけど」
「いえいえ」
「家にクルマ1台しかないのよ。旦那が出張で使っちゃってるから」
なるほど、旦那が遠く離れてる間に小遣い稼ぎってやつか。エッチ付きサービスで。タクシー内で沈黙するのもバツが悪いので、家庭環境のようなものを聞いてみた。
「専業主婦さんなんですか」
「そうそう、息子も大きくなってきてね」
「息子さん、おいくつなんですか」
「中学2年生。来年受験なのよ〜」
 ミヤコさんは、息子が抱える思春期特有の心のゆらぎについて語り始めた。
「まずね、今年に入ってから部屋に鍵をかけたいとか言いだしてね」
「はい」
「私が風呂上がりに茶の間に来ると、自分の部屋に逃げちゃうのよ」
「それは裸ですか」
「タオル巻いてるわよ」
「うーん、でもそれは息子さんにとっては微妙でしょうね」
「それからベッドの下にエッチな本があるでしょ?」
「はい」
「たぶんね、エッチなサイトも見てたりするのよ」
「それくらいはすると思いますよ」
「それでオナニーしてさ」
「してるかもですね」
「性に目覚めてるのよ、きっと。イヤよね〜」
 エッチ付きサービスでバイトする母親よりも、息子さんのほうがよっぽどマトモな感覚の持ち主に思えるのだが。ホテルに入ると、ミヤコさんは慣れた動きでテレビをつけた。家でも彼女は、いつもテレビばかり見ているらしい。ローカルニュースでは、翌日にひかえた楽天の優勝パレードについての報道が流れている。
「やっぱり楽天ファンなんですか?」
「うん、一応、応援してたけど、私こっち来たのつい3年前くらいだからね」
「それまではどこにいたんですか?」
「うち、旦那の転勤が多くて北海道から岡山まで10回くらい引っ越してるのよ」
「その場所ごとでテレクラかけてたんですか」
「ううん。テレクラはこっちきてから初めて。旦那が教えてくれたのよ」
 ある時、ミヤコさんと旦那さんが2人で車に乗っているとき、たまたまテレクラの前を通過した。そこでミヤコさんの旦那が看板を見てぽつりと漏らしたそうだ。
「仙台ってまだテレクラあるんだな〜って。それで私がテレクラって何? って、旦那から仕組みを一通り聞いてね」
 旦那さんはテレクラが出会いの場として機能していたかつての栄華を語り、現在はワリキリ目的のおばさんしかかけてこないという旨を簡単に彼女に伝えたそうだ。よく知ってらっしゃる方だ。
「その話を聞いててね、これだ!って思ったのよ」
「それは、旦那さんも不覚でしたね」
「テレクラにかければ私みたいなおばちゃんでもお金がもらえるじゃんって思ってすぐかけたのよ。旦那がいないときに」
「どうでした?」
「それでかけてみてね、今のとこ5人くらい会ったかな?」
素直すぎる奥さんを持つと、旦那さんも大変なんだな。風呂をあがり、ベッドに横になったオレのバスタオルを取り、ミヤコさんがチンコに手をかけた。と、ここで動きが止まった。
「…ちんちんってさ」
 チンコを左手で握りながらミヤコさんがつぶやく。
「エッチになったときとで違うから、なんとも言えないのよね」
「はぁ」
「おじいちゃんでもそうなのよ」
「おじいちゃん?」
「むかし介護士してたのよ。だからおじいちゃんのちんちんはもう何百本も見てきたから。おじいちゃんでさ、しっこのときはピンポン玉くらいなのに、勃起するとフランクフルトくらいになる人がいてさ。ちんちんが大きいかどうかなんてわかんないもんねって思ったもんよ、仕事中」
 なぜこのタイミングでつぶやかねばならないのかわからぬ長い独り言を吐き出し、ミヤコさんはフェラに突入した。
「ああ、大ひぃ、あっ、アン」
「……」
「大ひぃね、ああっ、あっ!」
しゃぶりながらこれほど喘ぐ人も珍しい。こっちはどこも触ってないのに。突然、チンコから口が離れた。
「旦那がさ、結婚してからもずっとフェラチオにうるさくてね」
「はい」
「もうね、毎晩毎晩やらされてたのよ」
「それは鍛えられますね」
「舐めるときってさ、喘ぎ声出したほうがいいんでしょ」
 そっか、旦那の教えを守ってただけなのか。
「あと、ほらお尻の穴のとこに指入れるといいんでしょ?」
 中指の先がケツの穴に触れる。
「いや、それはちょっと。別に普通で大丈夫です」
 考えてみれば不思議な話だ。テレクラの存在を教えたのも旦那、フェラのテクを仕込んだのも旦那、そのおかげで彼女がワリキリ女として生きているなんて。夫婦とは何かということをあらためて考えさせられる。いざ挿入に移ったが、ユルマンのせいで勃起が維持できない。さらにワザとらしい喘ぎ声がよけいに萎えさせる。
「ああんっ! ああんっ! ああんっ! イッていいよ! イッていいよ!」
 イクどころか勃起すらしてないんですけど。旦那さんならそろそろ発射するかもしれませんけど。今回は射精はムリだな。あきらめてチンコを引き抜くと、あれだけ喘いでいたミヤコさんがベッドからすくっと立ち上がり、無表情で口を開いた。
「お金、まだだったわね」
「あ、すみません」
手渡した1万3千円を大事そうに財布にしまうミヤコさん。口元がニンマリしている。
「このお金は、貯金するんですか」
「ううん、1万円は母親に渡さなきゃ」
 ミヤコさんは、思い出したように家族の話を再開した。
「母親の弟夫婦がうちの母親にお金貸してって言ってさ」
「貸したんですか」
「最初貸したのよ。1000万円くらい」
「けっこうな額ですね」
「でもそれ、飲み代とかに使っちゃったみたいで」
そのとんでもない親類に1000万円を奪い取られた母親が、それを補填するため、娘であるミヤコさんにカネをせびってくるのだという。
「テレクラするたび1万円渡してるからこれで6万円になるかな。もうイヤんなるよね」
残り994万とするならコンスタントに週2でワリキリしても後10年はかかる計算になる。オレとしては頑張ってくださいと言うしかない。それまで客が付きつづけるかどうかは、はなはだ疑問だけれど。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ